教科書では教えてくれない日本の神話と天皇さまの秘密

西暦はページ、改元は章

 

タモリさんは改元を記念した特集番組のなかで、「西暦というものが、 ずっと(続く)本のページ数だとすれば、元号というのは日本だけが持っている『章』。その章があるから(時代の)切り替えができますよね」と、日本人なら誰でも納得できる言葉で改元を解説してくれました

 

改元とは? 

「元号」とは基本的に東アジアで行われた「国家の年齢の数え方」で、これは国家を支配する君主が土地人民だけでなく時間をも支配するという考え方に基づく。これと対照的なのがキリスト教紀元やイスラム教紀元などの「紀元」で、これは時間を支配するのは神で国王も平民もそれに従うべきだという考え方です。たとえば、西暦2018年だが、これはもともとキリスト教紀元でイエス・キリストがこの世に赤ん坊の形で降りてきた年を紀元1年とし、それから何年経過したかを示すものです。

 

憲法のもと、国家、国民の象徴として即位された令和の新天皇さま。そのお仕事は、国の象徴として、災害が起こった際の慰問や、外国との交流。そして、法律や重要な人事をつかさどる、玉璽を押印されることなど多岐にわたります。その中でも、最もお時間やご負担がかかるものとして、宮中三殿における神職としてのご祈祷があるそうです。国の安寧と世界平和を願い、日々お祈りをかかさない今上天皇さま。天皇さまは国家の象徴としての存在と同時に、日本における神道の最高権威でもあらせられます。カソリックにおけるローマ法王と同意の仕事と、王族としての公務を同時にこなされる激務がそこにはあります。

 

31年にわたっての天皇としての旅をつづけられてきた上皇陛下さまに安らかな日々が続くことを、また新たに即位された令和の新天皇さまのご健勝をただただ願うばかりです。 

三種の神器とは?

 

令和元年5月1日、剣璽等承継の儀がおこなわれ、三種の神器が令和の天皇様に承継されました。これにともない三種の神器は、皇居から、新天皇様のお住まいとなる赤坂御所にご移動されました。

 

三種の神器は、有史をこえ神代からの様々な伝説に彩られた宝物です。西欧では、こうした王家に伝わる宝物を「ガリア」と呼び、その所有権をめぐって時には戦争にもなったほどです。実際、日本でも、700年前ほどまえ、ご皇室の中で、三種の神器の正統性を主張しあう南北朝時代がありました。

 

三種の神器の1つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)には、こんな伝説があります。日本書紀神代紀正文には「この剣は元の名は天叢雲(あめのむらくも)という。八俣大蛇の上に常に雲の気が漂っていたからかな~」と書いてあり、この剣が帝から新帝に継承される今日と明日は雲が湧き雨を呼ぶと言われ、実際、キンキン照りのGWのなかにあって、承継の儀の間、東京は雨に見舞われました。。。神話は神話にあらずです(ー_ー)!!

 

信じるか信じないかはあなた次第・・・

古くから,天皇が皇位の璽 (しるし) として、代々伝えた3種の宝物。「八咫鏡 (やたのかがみ) 」、「草薙剣 (くさなぎのつるぎ)」「八坂瓊曲玉 (やさかにのまがたま)」の3つを三種の神器と呼びます。「記紀」の伝承によれば,アマテラスオオミカミがこれら三種の神器を孫のニニギノミコトに与えたという。鏡は垂仁天皇のときに,伊勢の五十鈴川のほとりに (伊勢神宮の起源) 、剣は日本武尊が東征の帰途尾張に祀った (熱田神宮の起源) といわれる。代々伝えられる鏡と剣は模造品である。鏡は宮中の賢所 (かしこどころ) に安置され、剣は壇ノ浦の合戦で海に没したが、玉は初めのままといわれている。

 

キングギドラのモデルは、ヤマトノオロチ

草薙剣は、神話の中で、スサノオが倒したというヤマタノオロチのシッポから出た剣。そして八咫鏡は、スサノオの振る舞いに怒ったアマテラスさまが、岩戸にお隠れになった際、困った神々が岩戸から出ていただくために一計を案じた際に使われた鏡とされます。

 

映画ゴジラシリーズのなかに登場する怪獣「キングギドラ」は、8本の頭があったというヤマトノオロチに由来します。教科書では教えてくれない神話であっても、日本人のアイデンティティは、こうして守られて?きたようです

 

 

神話から現代へ現代から神話へ

はるか神話に由来をもつ3つの神器。ただしこの神器は天皇さまさえ、見てはいけないという秘中の秘の宝物です。天皇さまが天皇さまとあらしめす証拠の品でもある宝物は、天皇さまがご移動になる際には、草薙剣 、八坂瓊曲玉をともにされます。(八咫鏡は安置されるのが通例)。アメリカの大統領が来日された際、大統領のソバに革の鞄をもった兵士がいつも併走していたのをご存知でしょうか?この鞄には、核兵器の発射をするボタンがあると言われ、世界が常に緊張状態であることを教えてくれます。

 

アメリカは、核だけでなく圧倒的な軍事力で、世界を覇権しています。一方、神器を携えた天皇さまは、あまりにも無力であるようで、その実、数千年の歴史を脈々とつないでいます。江戸城が宮城(現在の皇居)と名をかえ東京に御所を開く前、天皇さまは、奈良、そして京都にお住まいをお持ちでした。国民から尊崇をあつめる天皇さまの住居(御所)には堀もなく誰でもこえられるほどの簡素な塀があるのみだったことが知られています。

 

天皇さまの存在は神話にもとづくもの、そしてその神話は現代にもつづく壮大なものです。神話から現代へ、そして現代から神話へ。。。 天皇さまを頂く私たちの国、日本は、そんな不思議な国なのです。 

神話から続く天皇さまの御代

 

あなたは、日本の神話を語ることができますか?

   

世界的な歴史学者として知られるアーノルド・トレンビー博士は、「民族の神話を学ばない国は間違いなく滅びる」と述べています。

 

国際化!と言われて久しいなか、真の国際化とは、自分の国を、自分の言葉で伝えることです。幼少期からの英語教育・・・というのも何だか滑稽で、まずは、しっかりとしたアイデンティティをもつこと。そしてそれをつくるものが、神話であるべきだと家訓二ストは考えます。

   

家訓づくりプログラムで問うものは、あなたの価値観。それは、アイデンティティです。そして、日本のアイデンティティーをみつめるもの。それが神話であると確信しています

 

 

あなたの常識をためす、神話クイズです。

 

Q:今年は、2013年です。では、西暦の始まりの由来はなんでしょう?

A:キリストの生誕をゼロ年としてカウントしたもの

 

Q:クリスマスは誰の誕生日?

A:イエス・キリスト・・・ではありません。ローマ時代に後付で冬至のお祭りを組みあわせたものに由来しているそうです。

 

Q:日本の建国したのは、いつでしょう?

A:2672年前の2月11日 奈良県橿原で建国されました。

 

Q:では、建国したのは誰でしょう?

A:初代天皇に即位することになる神武天皇です。

 

 

キリスト教徒でもないのに、聖書のことって知識として知っている人も多い気がします。ドラマであったり、クリスマス会であったり、外人さんは上手にアイデンティティを紹介する術をもっているようです^^; 外国のカルチャーを否定するつもりはありませんが、どうせなら、日本のことを知っておくべき、そして子どもたちに「日本」を伝える必要ってないでしょうか?

 

「伝える」前に、子育て世代である我々が知らない日本の建国歴史を、子どもたちに伝えることなどできません。では、なぜ知らないのか? 答えは簡単、「習ってない」から。それは戦後のGHQ主導の教育改革の中で、日本を緩やかに弱体化させるべく、「神話」を否定したことに由来します。

 

 初代神武天皇より、10代にわたり100歳をこえる歴代天皇が登場することから、神話に由来する建国の歴史を、「科学的でない」っと否定する意見も多いようです。 しかし、クイズでも紹介したように、西暦の始まりや、あるいは聖書、新約聖書の中では500歳をこえる方、方舟で有名なノアなどは、300歳で、子どもを、500歳で洪水。そして950歳で死去っと、現実的ではない記述がみられます。

 

「ノア」は、いませんでした!っというのは、簡単。でも、ノアから連なる西洋の歴史すべてが否定できるのでしょうか? 神話の整合性でなく、伝えれてきたっという事実と向き合う姿勢。そして、この伝承を次の時代に引き継ぐ責任がぼくらにはあります。

 

神代から現代へ

神話はおとぎばなしでもなく、地域地域に神話に由来を根ざすご祭神があり、秋祭りあるいは、初詣と、暮らしの中で共に息づくものです。 平成の世のたばねる天皇陛下ご自身も、神代より系譜を連ねる奇跡の存在でもあります。

 

創業200年をこえる会社が3000社。これは2位のドイツ800社を大きく上回る老舗大国であることは、プログラムでも取り上げさせていただきました。「古い」ということは、「長く続く」ということ。長く続くということは、不断の努力はもちろん、価値観の継承がしっかりされ、なおかつお客様、地域に愛され「徳」を育んできた証拠に他なりません。

 

これは、企業だけでなく「国」でも同じことがいえるのではないでしょうか?戦乱の絶えない人類の歴史の中で、建国が、2672年前。これは世界中で日本が一番古く尊い国ということを表しています。

 

最近の考古学の調査では、建国の地とされる奈良県橿原から多くの出土物がでてきており、3世紀に登場する古墳群の存在、4世紀の朝鮮に残る好太王碑文の記述、お堅い歴史学者が、実在を認める天皇までさかのぼっても、実に1500年の歴史を誇っているのです。日本の次に古い王族は、英国王家の1000年です。桁違いに古い歴史をもつことは自覚と、自慢をしなければなりません!

 

日本ってすごいっ! て思いませんか?

そんなすごい日本に生まれ育つってことは、幸せではないでしょうか ?

  

 

 

  

建国の日を知らない子どもたち

 

どこのご家庭でも、子ども達の誕生日には、お祝いをすることでしょう。

そこに理由なんていりません。

 

またキリストさんが生まれた(とされる)クリスマスにも盛り上がります。古今東西、自分が生まれた日、そして国が生まれた誕生日は、盛大なお祝いをするものです。しかし、今の日本では、建国記念の日の意味さえ分かっていないそんな寂しい現状があります。少なくとも、キリストさんの誕生日よりも注目してもバチは当たらないのではないでしょうか?

 

 

建国記念の日にあわせ、産経新聞をの一面に日本JCの取組が紹介されました。JCでは、日本の建国について、1万人以上の皆様からアンケートを集めて調査したそうです。ほとんどの方が2月11日が建国記念の日とは知っているものの8割の方が、いつ、どこで誰が建国かしたかはわからないという内容でした。

 

日本は世界で一番古い国

建国の日は、紀元前660年2月11日。初代天皇である神武天皇が橿原(奈良)の地で即位されたことを祈念する祝日です。子ども達にとって、神話までさかのぼる世界で一番古い国に住んでいるという事実は、様々なプライドをもらたしてくれるはずです。

 

意地悪な識者が、初代天皇なんていなかった!っと言われたとしても、実在が確認できる継体天皇までさかのぼっても建国は1500年前で世界一。紫式部が、世界最古の長編小説を「源氏物語」かきあげたのが1000年前。ここでようやく、日本につづく二番目に古い国、デンマーク王室が誕生します。さらに、鎌倉幕府ができた1192年頃、イギリス王室がようやくできたとのこと

 

古い歴史があることは、子ども達に誇りをもってもらえることに繋がります。国を愛することは、家族、周りの人を愛し、笑顔を育み、広げることにつながります。そもそも、日本を誇りにおもう。そのことが悪いことでしょうか?


右、左、まんなか? それぞれの主張があってこその民主主義ですが、国史教育を施されたのち、子ども達自身が、判断すればいいだけのこと、大人たちの勝手なバイアスで、歴史を伝えなことは、無知でなく、犯罪です。

               

日本は最古の?民主主義国家

 

 

皇室にもゆかりが深い竹田恒泰さんは、その著作のなかで、日本人の多くは、民主主義のお手本とされるフランス革命が、大虐殺やカオスを生み出し、世界史的な悲劇をもたらしたことを知らない。一方、実は日本こそ、現存する最古の民主国なのである。天皇のもと、各時代の為政者は、民の意見を積極的にすくいあげ、人々の幸せを求めて「徳治政治」を実践してきた。と紹介しています。

 

信じる者は救われる? 結構怖いキリスト教の世界

田舎道を走ると、時々みかける「神と和解せよ」なんて看板をみたことがあるでしょうか?喧嘩なんかしてないよ・・・っと思う反面、キリスト教がベースとなっている西欧諸国や南米、アフリカの国々にとっては切実な問題なのかもしれません。キリスト教の重要な教義では、世界の終末の際に、キリストが降臨し、人類の罪に対して神が審判をされるとされています。この審判には、死者も生者も裁かれ、天国と地獄とに所属が分けられるそうです。

 

世界でキリスト教を信仰する信者の数は20億。ちなみに2位となるイスラム教(11億)においても、最高神は一緒という考えですので、おおよそ世界の半数の方は、キリスト教でいう神を信じていることとなります。

 

民主主義というのも、キリスト教の考えがベースにあるもので、神さまは人間をおつくりになるあたり、上(王様)も下(庶民)もないっと考えたことがきっかけです。実際、何億も納税をする人も1票、あるいは犯罪者だって1票、けっこうざっくりな民主主義ですが、神様を軸にすることで、西欧諸国がうみだした発明品ともいえます。

 

民主主義が誕生する前のキリスト教社会は、残酷な面が多々ありました。魔女狩りと称して異端者を投獄したり、虐殺したり。あるいは神の名のもとに軍隊を組織し、イスラム諸国を蹂躙(十字軍)。極め付きは、新大陸での植民地支配の際には、数億ともいわれる先住民を殺し、騙し、財宝を奪い、跡形もなく新しい国を建設してしまいました。

 

なんでそんな酷いことができるのか?その理由は信仰の力です。現代の感覚では狂ったようにみえる大虐殺さえ、神の恵みを届ける聖戦と名前を変えることで可能にしてしまう恐怖がそこにあります。ヨーロッパの歴史はキリスト教の歴史、しかし、あまりに巨大で時に暴走する宗教の力を正しい方向に向かわせるため、先人たちは多くの血を流しながら、政治と宗教を切り離すことや、あるいは、王様による絶対君主制をやめることなど、現代の民主主義につながる制度を整えていったのでした

 

しかし竹田氏のとなえる日本の民主主義は、もっとスマートで、合理的なものだったのです。

 

ザビエルをうならせた若者の質問

戦国時代の日本に来日し、布教活動に従事した宣教師のザビエル。その彼を困らせる質問がありました。

 

それは、「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本にこなかったのか」ということでした。そして、「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、今、どこでどうしているのか」ということでした。つまり、自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけれども、洗礼を受けず死んでしまったご先祖はどうなるのかという不安でした

 

元来、キリスト教においては、洗礼を受けてない人は地獄いきです・・・ザビエルも当然、そう答えました。すると日本人が追求するわけです。

「あなたの信じている神様というのは、ずいぶん無慈悲だし、無能ではないのか。全能の神というのであれば、私のご先祖様ぐらい救ってくれてもいいではないか」っと・・・

 

ちょっと意地悪なくらいキリスト教の矛盾をついた戦国時代の若者の質問力。結局、「正しい」「正しくない」でなく、感じること、そして意見が違う他者も、受け入れることが大切だと分かってもらえたでしょうか?

 

天皇さまの御出自や、三種の神器は、「神話」そのものです。では、神話だっと一刀両断に切り捨てることが正しいことでしょうか?同じく、キリスト教の教えも、多くの矛盾を内包しています。一方、神の教えの基、有史以来多くの人が安らぎと安寧を手にしてきたことも事実です。どっちが正しい?などと突き詰めてしまえば、最後は戦争になるだけ、違うものは違う、そしてよそ様の違いは、違いとして受け入れることが何よりも大事なのです。

 

君臨すれども統治せず、最古の民主主義国家・日本

歴代の天皇さまは、その御代において、象徴として君臨され、実際の政治や争いに登場されません。幡谷の認識では、建武の親政をになった後醍醐天皇さま。そして終戦の御聖断をされた昭和の天皇さま以外、思い当たりません。こうした「君臨すれども統治せず」といった支配体制は、教科書的には、イギリスの王室が代表格であるものの、よく考えれば日本の皇室は、こうした体制を1000年以上前から構築してきたのではないでしょうか?

 

日本の民主主義では、現代においては、選挙に選ばれた国民の代表(総理大臣)を、そして、中世においては、源氏、足利氏、徳川家など、武士の統領たる征夷大将軍を、統治者として任命してきました。中世における武士は、自分の領地をまもる市民であり、その利益の代弁者が統領であり、のちに殿様となります。

 

一人1票という、ざっくりした民主主義は、もちろん民主主義。利益の代弁者をたてる中世の封建社会もある種の民主主義なのではないでしょうか?いずれも、利点もマイナス点もあります。人類は、有史以来、世界中の国々で、たえずトライ&エラーを繰り返し、国の在り方を模索している最中なのかもしれません。そう考えると、日本の天皇さまの統治は、世界に誇る素晴らしい知恵だと断言できます。