家訓にみる組織論

家訓にみる組織論

 

 

組織の悩みは、そこに働く人、そして組織を率いる人、それぞれに尽きることのない悩みです。そんな悩みは、現代だけでなく、有史以来、ずっと続いてきたものではないでしょうか?

 

日本は創業200年以上つづく老舗の数が世界一の老舗大国と知られています。老舗の歴史は、数々の困難を乗り越えてきた歴史です。歴代の経営者は、困難を乗り越えるための教訓を「家訓」として託し、次の世代、そして次の世代とつないできました。

 

たとえばある商家では、後継ぎ(長男)が出来が悪かったら、優秀な番頭さんを選び、婿にしろっとの家訓を伝えています。老舗の数だけ家訓(教訓)がある家訓天国、日本。そんな中でも、一番の家訓が遺された時代が戦国時代の武将たちによる「家訓」です。

 

荒々しいイメージの強い戦国武将たち、しかしその実態は、領国経営にいそしむ敏腕経営者だったのではないでしょうか?たえずライバル企業との領地(シェア)争いに巻き込まれ、

隙をみせれば、部下にも寝首をかかれる下剋上の時代、武将たちはどんな「家訓」を遺したのでしょうか?

 

黒田家の場合

 

黒田長政の「異見会の三つの掟」 

希代の軍師として知られる黒田如水(官兵衛)の息子、長政。長政は、父、官兵衛の跡をつぎ福岡を発展させ、今に続く、繁栄をもたらした名経営者です。黒田長政は生存中、毎月日を決めて「異見会」を開いていました。「異見会」とは、いまでいう会議です。その三つの掟とは、

 

一、身分を忘れる

二、何でも言い合っても後にしこりを残さない

三、秘密を守る

 

出席者は、部屋の釈迦像に向かい、手を合わせてこの三つを誓う。この「異見会」は幕末まで続き、黒田家の安泰の礎となった。また長政は嫡男忠之へ遺言として、次のような言葉を遺しています

 

兵法は平法と心得よ 

(意:居ながらにして、天下を平らげることこそ真の兵法。民百姓まで安楽にあってこそ兵法である)                         

 

 父、黒田如水(官兵衛)は「異見会」の基となった子の長政や部下たちに残した訓戒も紹介させていただきます。

 

 すべて人には、相性が良い、悪いということがある。主人と家来の関係でも同じだ。多くの家来の中にも、主人の気に応じる者と応じない者が居る。応じる者は相性が良いと言ってよいだろう。しかしこの者がもし善人であったならば、国の重宝となるが、悪人であったとすれば、国家の妨げとなるのだから大変な違いである。したがって、家来の中に、例え自分と相性が良いものがあっても、それを専ら近く召使い、心を奪われることは危険である。それは相性が良い場合には、ともすれば悪い事を見逃すこともあるから、良く注意して、そういう点を発見し、自分に対して諫言もさせるとともに、またその者が良い気になって行儀が悪かった時には、傍らに呼びつけて意見をすべきである。

 

黒田藩のガバナンスを考える

日本では、大企業になればなるほど、ガバナンスの重要度が増してきます。しかし、ガバナンスを徹底させるために会議につぐ会議をするというのも、逆にいい結果を生まないのではないでしょうか?黒田藩で採用されていた「異耳会」は、会議を有意義なものにするための知恵がたくさん詰まった「家訓」です。 経営者にとって自分と異なる意見を持つ社員さんの存在は疎ましいもの、しかし黒田藩では、そうした異分子を大事にしてきた歴史があります。そして、官兵衛は、YESマンばかりだとまずいとの訓戒を遺しています。

 

現代を暮らす我々にも、会議の仕方、そして人材登用の妙を、黒田衛、長政の親子の「家訓」から学ぶことができます。

 

 

 

 

「決断なき上司は無能と思え。社長へ直訴せよ」(日清マン10則より)

 

 

 

組織をみれば会社がわかる、ここでは現代を代表する2つの会社の違いすぎるガバナンスを商会します。

 

ネットで話題 「?」」すぎる組織論

リコール隠しでも問題となった三菱自動車、そのCEOの益子氏は、100年に一度の大変革期を迎えるあたり、新しい人材の登用を望みつつ、いまの若い人たちへの働きかたに苦言を呈しています。

 

たとえば、メールばかりで、職場が機械的で殺風景であると指摘。さらに若い社員が、時に直属上司を飛び越して部長や役員に直談判する点を「秩序が乱れてよくない」断罪しながらも、上下の風通しのよい会社にしたいとの、「?」すぎる見識をしめし、ネットで話題になりました。

 

 

日清食品の過激すぎる組織論

一方、即席麺の大手、日清食品には、「決断なき上司は無能と思え、社長に直訴せよ」との行動指針があり、会社のHPにも掲載されています。戦後、台湾からの移民であった安藤百福によって創業された日清食品は、「チキンラーメン」を発明、その後、チキンラーメンの好評を見て、追随する業者が多く出たときも、1社だけの利益でなく業界の発展を考え、日本ラーメン工業協会を設立し、メーカー各社に使用許諾を与えて製法特許権を公開・譲渡しました。この時安藤は、「日清食品が特許を独占して野中の一本杉として栄えるより、大きな森となって発展した方がいい」という有名な言葉を残しています。実際、特許の開放後、安藤の狙いどおり、即席麺は日本をのみならず世界中のマーケットを席巻しました。 

 

日清マン10則=行動指針 

1、顧客の満足のために、本物だけを全力で売れ。

2、日清食品のグランドデザインを描け。

3、ブランド・オーナーシップを持て。

4、ファースト・エントリーを誇りとせよ。

5、常にカテゴリーNo.1をめざせ。

6、実感したことを、自分の言葉でしゃべれ。

7、逃げるな。立ち向かえ。

8、不可能に挑戦し、ブレーク・スルーせよ。

9、セクショナリズムと闘え。

10、決断なき上司は無能と思え。社長へ直訴せよ。

「決断なき上司は無能と思え。社長へ直訴せよ。」とはすごいメッセージです(*_*)

 

本当に直訴した例があるか?気になるところですが、会社の目的や存在意義がビリビリ伝わるメッセージではないでしょうか

  「個性」を殺す?日本の組織論

 

話題のツイート

新宿鮭さん(@shinjukushake)の投稿が話題になっています。以下のツイート。

 

小学校→個性は認めない

中学校→個性は認めない

高校→個性は認めない

大学→個性的な人かっこいい

就活→あなたの個性を見せて

社会人→個性は認めない

 

この投稿にはリプライで様々な反応が集まっています。「日本の協調性は同調性」と言った言葉や、個性自体の認識については「他人と違うことを好き勝手やって目立つこと」と勘違いしているという指摘。また、同調圧力に負けやすい日本人の性質についても話が波及し、さらには「個性に加えて大事なのは問題意識かと思う」といった意見などなど、5万8000回のリツイートと9万回以上のいいねが付けられ議論が進んでいます。

 

個性を殺す日本の教育?

いまの「ゆとり教育」がはじまる前、学校では、「つめこみ」っと言われる教育スタイルが一般的でした。生徒と先生の関係も完全な縦のラインで、どんな理不尽なことでも、ルールはルール。やぶったら鉄拳制裁がまっています。僕自身をふくめ、ながい学校生活のなかで、「そんなもんだ」っと変な割り切りがすすみ、先生のルールが守れず殴られる同級生をみても、逆に、空気を読めない?同級生を攻めていたような気もします。そんな環境で「個性」は育てられるでしょうか?

 

今までの「個性」を無視してきたひずみがこの時代になって現れ始めてきています。家訓ニストの同級生が財閥系の銀行に入社し、数年後に再会した際、おしゃれだった友だちが、白シャツに黒いスーツで現れ驚いた記憶があります。社内の内規でカラーシャツや、派手な服装は禁止。とにかく同調性が求められるとぼやいていました。

 

そもそも、厳しい内定試験を勝ち抜く間に、「個性」は徹底的に削られるものなのかもしれません。異分子こそが会社(組織)を強くする。しかし、組織はそんな異分子を徹底的に排除する・・・ ツイッターで話題になった投稿には案外深い、日本の病が隠れているのではないでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっふっふ・・こうみえてもボクはやさしいんだ」 (ドラゴンボール・フリーザの名言より)

 

 

 

宇宙一のCEO?フリーザ様に学ぶマネジメント 

 フリーザは、漫画『ドラゴンボール』に登場する悪役のキャラクター。最強の存在として登場し、宇宙の帝王と恐れられる宇宙人です。数多くの部下を従えて環境の良い惑星の生命体を絶滅させ、自らのコレクションとしたり、他の異星人に売り飛ばすなどの悪事を行いました。作者の鳥山明先生も認めるように、フリーザのイメージは、「宇宙の地上げ屋」。ただし単に強いだけでなく、全宇宙から戦闘力が高い人材を集めて配下を増やしていく姿は、一流の経営者では?との指摘もあり、一部のファンからは、畏敬の念をこめ、「さま」と敬称をつけ、そしてフリーザ様は宇宙一のCEOだっと呼ばれるに至りました。

 

フリーザ様にみる理想の上司像

部下が失敗したときこそ上司の器が試されます。フリーザ様は、失敗しても大きな声では怒りません。丁寧に部下を「さん」付けで呼びながらこう言うのです。「もし次に失敗したら、わたしがあなたを殺しますから・・・」っと、フリーザは、チャンスを与えながら、なおかつ、プレッシャーを与えることも忘れない上司であることがわかります。

 

フリーザは、つねに部下や敵であっても、「さん」付けを欠かさない紳士的な一面を持っています。また戦闘中も、丁寧な言葉遣いをされることが特徴です。立場を利用してむやみに部下を威嚇したりせず、また攻撃避けることもできるがあえて受け相手の実力を直接確かめることもありました。きっと履歴書や成績表だけで部下を判断しないのでしょう。アメリカの経営学者ドラッカー博士は、「経営者が学びえないが、どうしても身につけていかなければならない資質がひとつある。それは品性だ。」と述べています。フリーザは、宇宙一の極悪人でありながらも、「品性」に満ちたリーダーという側面をもっています。

 

「いちおう最後に聞いておこう…どうかな、僕の下で働いてみる気はないか?」とは、宿敵である孫悟空との闘いの中で発せられた名言です。フリーザにとって、目的は敵を倒すことでなく、事業をスムーズに成長させること、そのためには私恨をすて、敵であっても優秀だと判断すればスカウトする柔軟性を持ち合わせふフリーザは。、まさに理想の上司なのかもしれません。

 

悪の組織論?

フリーザを筆頭に、いい印象のない?悪の組織ですが、丁寧にみれば、そこに一種の合理性がみえてきます。たとえば、極悪非道と恐れられ、世界帝国をきづいたモンゴル帝国では、武力による平定がクローズアップされるなか、実はその内政は穏やかなものだったことが知られています。征服した国には、納税の義務だけをかし、宗教の自由も、商売の自由も与えており、巨大帝国の統治には、現代に通じる合理的な側面もあったようです。

 

ここで、フリーザ様をはじめ、多くのテレビ、アニメで登場してきた悪の組織について、いくつかの例をあげ、研究してみます。 

 

正義の味方の特徴

1 自分自身の具体的な目標をもたない

2 相手の夢を阻止するのが生きがい

3 単独~小人数で行動

4 常になにかが起こってから行動

5 受け身の姿勢

6 いつも怒っている

 

  

悪の組織の特徴

1 大きな夢、野望を抱いている

2 目標達成のため、研究開発を怠らない

3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している

4 失敗してもへこたれない

5 組織で行動する

6 よく笑う

 

ん~悪、いいね^^

 

個人プレイが主のヒーローに比べ、悪の組織には「人」が活きる仕組みがあります。実際、フリーザ様は、失敗した部下にも寛容で、失敗をせめず、挽回するチャンスを与えました。もしあなたがサラリーマンだったとして、部下になりたいのはどちらでしょうか?そして、もしあなたが経営者だったら、どんな反応をみせるでしょうか?社員が失敗をおそれチャレンジしなくなったらその会社の成長は止まります。地球征服という最終目標は、悪であっても、社員のやる気を奮起し、才能をみとめ点には学ぶべきものがたくさんあります。

 

組織の数だけルールがある

組織には異なる背景のもつ様々な人が集います。意見だって異論反論があって当たり前、むしろ「違う」ことを前提にしてはじめて、組織のガバナンスが始まるのかもしれません。家訓や、社訓。そしてフリーザ様まで、あなたの所属する組織に似たところはあったでしょうか? 

 

組織の数だけルールがあり、そして100点の答えがないと知っていても絶えず、改善をしていく必要があります。いいところはどんどんマネして、悪いところは、教訓にしていってください

 

 

 

 

 大人気・家訓ブログが本になりました!

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

“家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、

初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~

   

■書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

 価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063