AI時代の家訓と家系図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婚活に活用されはじめた「AI」(人工知能)

 

ウェジー (参照:https://wezz-y.com/archives/57298

 

ここ数年のコンピューターの進化はすさまじく、とくに「AI」といわれる人工知能は、チェスや将棋、囲碁の世界チャンピオンを次々にやぶり、AIによってなくなる職業なる研究も発表され、コンピューターが人類をおびやかす・・・とまで言われるようになりました。

 

AIの特徴は、人智をこえた数万、数億のビックデータを駆使し、人間では気づきにくい法則性をみつけだすことです。これからもさらに進化するAIは、わたし達の生活をより便利に、そして豊かにしてくれる事でしょう。最新技術を活用した様々なサービスが登場する中、特に異彩を放っているのがAIによるマッチングサービスです。

 

愛媛県の「えひめ結婚支援センター」では、AIに蓄積されたビッグデータから、利用者の好みに合いそうな相手をマッチングするシステムを導入しており、これまで約900組のカップルを結婚に導きました。AIによるマッチングのメリットは、肩書きからは見えない部分での相性の良し悪しを分析してくれる点だろう。「性格」や「相性」というのは、長い時間を共にしなければわ分かりません。最高裁判所が公表している「司法統計年表」によると、平成27年の離婚の申立動機は「性格が合わない」が男性(10900件)、女性(19380件)と共に最多。2番目の動機は男性が「異性関係」(2637件)、女性が「暴力を振るう」(10882件)であり、性格の不一致が突出していることがわかる。サービスを利用したりAIを活用したりするなどして、客観的に性格を分析したうえでのマッチングは、少なくとも「性格が合わない」が原因での離婚リスクを減らせる可能性はあるのかもしれません。

 

自分の好みほどいい加減なものはない?

なぜ人生を決める結婚でAIが活躍するのか?その前提となるのが、人は自分が思っているほど、自分の好みを理解していないという残念な真理です。AIが活用される前、フィアンセをみつけるために、背が高いとか、収入だとか、その他もろもろの好みを担当に伝え、マッチング相手を探していたそうです。しかしどうにも効率?が悪い。そこでAIは、これまでマッチングに成功した事例をビッグデータで洗い出し、本人も気づいていない好み、そして運命の相手を紹介するそうです。この時、AIが参考にするのが、家族構成や友達のシンクロ率です。人間の性格や好みはこうした環境によって大きく作用されます。コンピューターは本人も気づかない深層心理を教えてくれるツールになってきたのでしょう。

 

一見、最新鋭とも思えるAIよる婚活。しかし、数十年前は当たり前だったお見合い結婚。そしてどこの街にもいたであろうおせっかいおばさんによる仲人も、結局AIと同じシステムでマッチングを実現していたのではないでしょうか?

 

仲人さんが、お見合い相手を探すとき、参考にしたのは家族構成であり、親の性格や人柄、その他もろもろの情報であったと推測されます。逆に、無視?したのは本人の意向だったのかもしれません。実は、家訓ニストの祖父・哲郎は、地域では有名な仲人おじさんでした。年頃の男女がいると聞いては手帳に書き留め、親同士で勝手に縁談をすすめるのが祖父のスタイルです。会ったこともない相手を伴侶に選べるのか?という疑問はさておき、結果として50組ちかくの縁談を成功させ、離婚もほとんどなかったというから驚きです。

 

祖父・哲郎と、祖母・千代子自身も、お見合い結婚です。時代は昭和の初期。披露宴の日にはじめて顔をあわせた夫婦は仲つつましく人生を歩むこととなります。祖母の本音は、あったこともしゃべったこともない相手を結婚相手にすることに不満があったと漏れ伝えています。しかし、「小川の幡谷さんなら問題なかっぺ」という根拠のない周囲からの奨めに従い、結果幸せな伴侶をみつけることとなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家系図分析で結婚がうまくいく?

 

家系図分析による素敵な効果の数々が発見され注目を浴びています。会計士であり、中小企業の立て直しに尽力されてきた天明先生は、そんな家系図分析の第一人者です。家庭の文化力と関連する事項は、子どもの養育の問題、家庭での教育、子どもの問題、世の中の問題、壮年期・老年期での人間観、世界観などが問われることとなります。家庭とは社会が構成する最小の単位であり、その構成は夫婦という横の関係と、親子という縦の関係の二つで成り立っています。AIがビックデータをつかって導きだす結論。その結論は本人も気づきにくい深層心理に根差したものです。同じように、家系図も、本人が気づかない、祖先からいただいたビックデータそのものではないでしょうか?

 

平成30年8月、天明先生の主催する家系図分析の勉強会に参加させていただきました。家訓づくりのセミナーでも、曽祖父までの名前を書いていただくワークショップを取り入れています。とはいっても、家訓ニストの家系図づくりは、3分ほどのママゴトのようなもの、先生の勉強会では丸一日の勉強を4回にわけて学ぶものです。この日は、普段は講師として受講者に書かせてばかりの家系図を自分の手で書き込むこととなりました。っていうかむずい(>_<)

 

家系図を分析することで幸福になっていく手法を展開する天明先生。昔、あるとき恩師の事務所を訪ねます。先生は人間性テストのテストを試されます。「あなたは毎日ご両親に挨拶をしていますか」と問われ、天明さんはしていないと返事をした。するともの凄い剣幕で叱られます。「親に頭を下げられない者がどうして他人に頭を下げられるか。人に対する指導などはできない。人らしい人になることだ。ご先祖に繋がることだ」と

 

そこで、家系図を調べることを思い立ち調べると、ご先祖さんのなかで何度も嫁姑、親子の間での確執があり、争っていたことが判明します。そうして悪い流れを断ち切るために、すぐに墓を探し出し、供養することとします。すると不思議に良いことが続いて起ります。彼自身が変わり、周りが変わってきたそうです。先祖が徳を積んでいるかいないかで子孫の幸福度が違ってくると先生は訴えます。

 

一見、オカルト?にも思える家系図分析と、ご先祖さんとの縁やお墓まりの効用。しかし非科学的にも思える幸福の連鎖は、非科学でなく、「未科学」なのではないでしょうか?最新の科学である「AI」が婚活に活用されると、結局、昔からのおっせかいおばさんと同じ視点でした。

 

勉強会後の宴席では、家系図づくりのエキスパートのTさんの体験談として、家系図を調べていったら、自分自身に余裕?がうまれ、結婚相手にも恵まれたとのエピソードを教えていただきました^^ 企業の業績アップのための勉強会だけでなく、婚活にも有用だというのが驚きです。「家系分析で良縁にめぐまれる方法」なんて本を出したらベストセラーになるかもしれません

 

家系図と家訓と、幡谷の場合

家訓のスペシャリストを自称する幡谷、その活動のスタートは2010年にさかのぼります。この年、死にかける程の交通事故にあい、自分自身がボンヤリ生きてきたこと、そして家族や社員さん、友達に何か遺してこれたのか、あまりの薄っぺらい人生観に愕然とすることとなります。王貞治さんの家訓には、「出かけるときには新しいパンツをはく」という一節が登場します。その意は、その日死んだとしても、恥ずかしくない装い、そして生き方をしろっという意味です。こうしてナマッチョロイ幡谷は覚悟をきめ、家訓づくりを広げる活動をはじめ、それから9年の歳月、全国をとびまわる生活をつづけています。

 

その間、恐ろしいほどの時間と金を散逸することとなったものの、幡谷の人生は好転しています。会社の業績も好調で家族間には待望の長子が誕生。10年にわたって薬を服用し悩まされていた不眠も嘘みたいに解消されました。理由はわかりませんが、「隠徳あれば陽報あり」との格言のとおり、ちょっとは徳をつんでこれたのではないでしょうか

 

実は幡谷には、家訓づくりに没頭する前、家系図を調べていた時期もあります。調べるというか、親戚の家に行ってみようっとの企画で、大学生の夏休みを利用して、疎遠になっていた曾おじいさんの実家や、おばあちゃんの兄弟の家などアポなしで訪問した経験があります。突然なのにどの家でも歓待いただき、はじめていくとこなのに、どこか懐かしい・・。そんな場所をめぐる旅にもなりました。

 

家系図はインプット。そして家訓づくりは、アウトプットなのかもしれません。家訓づくりはもちろん、天明先生の教えを頂戴し、家系図を通じてよりディープにインプットをしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご購入はアマゾンにて^^

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%81%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%B5%8C%E5%96%B6%E8%80%85%E3%81%AF%E3%81%94%E5%85%88%E7%A5%96%E3%82%92%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%A4%A9%E6%98%8E%E8%8C%82/dp/4800910714

 

 

 ■ご購入はこちら 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063