山縣有朋 「一介の武弁である」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わしは一介の武弁である」 武弁=軍人。

山縣有朋の口癖。

 

山縣 有朋(やまがた ありとも)

生誕:天保9年閏4月22日(1838年6月14日)

死没: 大正11年(1922年)2月1日)

 

日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。内務大臣(初・第2・第3代)、内閣総理大臣(第3・9代)など多くの役職を経験。国軍の父とも言われた

 

伊藤博文と並び、明治維新期に低い出自から栄達を遂げた代表的人物である。長州藩においては出世も見込めない下級武士の家に生まれるも、高杉晋作が創設した奇兵隊に入って頭角を現し、後に奇兵隊の軍監となる。

 

明治政府では、大村益次郎の立ち上げた日本陸軍の引き継ぐ形で発展をにない「国軍の父」とも称されるようになった。山縣は様々な形で人脈をひろげ「山県系」「山県閥」などといわれた。 晩年も、陸軍のみならず政官界の大御所、「元老中の元老」として隠然たる影響力を保ちつづけた。

 

ただし国政に深く関与するようになってからも、自身では「わしは一介の武弁」と称するのが常であった。

 

汚職の神様?

倒幕を成功した「薩長土肥」の勢力は、明治維新で権力を手にすると本性を現すかように事件を起こしていきます。なかでも長州出身者のお金にまつわる問題は度が過ぎており、数々の問題を引き起こすことになります。なかでも、当時の国家歳入の10%もの大金を使い込むこととなった「山城屋事件」は有名です。

 

奇兵隊出世インで、御用商人となった山城屋和助は、同郷の山縣と結託し、陸軍省から借りた膨大な公金を使込んだ事件です。山城屋自身は、割腹自殺、事前に帳簿と長州系軍人への貸金証文を焼却したため事件は迷宮入りとなりました。もちろん、山城屋に公金を貸した山縣有朋は、薩摩系陸軍人の厳しい追及で失脚・・・っと思いきや、人生最大のピンチをチャンスにかえ、のちの総理大臣就任までつなげるしぶとさを見せるのでした。

 

山縣は、同じ長州閥の人脈をつかい汚職を追求した政敵・江藤新平の追い落としに成功。江藤は、その後佐賀の乱を起こした罪で絞首刑になります。また同じく薩摩閥には、西南戦争で政府軍を指揮。ここでも政敵を滅ぼすことに成功したのです。

 

一介の武弁である・・・

「一介の武弁である」と称していた山縣有朋。その実、政治家以上の政治的手腕を発揮し、明治維新から明治、大正まで生き続けた権力の妖怪となったのでした。東京都心にあり、結婚式場としても有名な椿山荘は、山縣の私邸を引き継いだものです。あれ?給料だけでこんな生活ができるの!?との疑惑は当時の人も感じた違和感なのではないでしょうか?

 

そもそも、出世のきっかけとなった奇兵隊では高杉晋作の手柄を横取り。さらに戊辰戦争の時には、大村益次郎の命令で、実戦で足手まといになる山縣を留守役を命じられています。

 

さらに、日清戦争の際には、首相経験者でありながら陸軍司令官として朝鮮に出征、平壌を陥落させるものの、大本営の命令を無視した山縣は、敵を深追いし、敵に重包囲され甚大な損害を被っています。

 

日露戦争では、総司令官として出征を志願するものの、用兵に難があるうえ口うるさい山縣ではやりにくかろうとの明治天皇の英断で日本に留め置かれます。しかしただでは起きない山縣は政界工作に専念。以後、山縣有朋は元老筆頭として影響力を保持し、栄耀栄華に包まれたまま84歳で大往生しています。

 

1歳違いの高杉晋作は、20代で命を落とし、伊藤博文・山田顕義・板垣退助・大隈重信ら政敵の誰よりも長生きwpした。山縣有朋は伊藤博文と同じく国葬で送られたが、大隈重信の「国民葬」が空前の参列者で賑わったのと対照的に人出の少ない寂しい葬儀であったといわれています。

 

一介の武弁であると自称した山縣有朋。幾多の英雄が闊歩した幕末から維新の政治において、一番の成功と、一番の闇を抱えた人物ではなかったのではないでしょうか?

 

そして、山縣が総理大臣はもとより、時には天皇さまをも超える権力を振るう原動力としたのが「統帥権」という悪魔の権力です。「統帥権」は、軍隊の兵士を天皇の赤子と定義し、憲法の規定を逆手に取る形で、天皇さまは三権を超越した存在である以上、赤子である軍隊も等しく、超越した権力を振るうことができるっと考えるものです。

 

山縣が存命中は、山縣自身の権力欲を満たすために使われていた「統帥権」。しかし、山縣の死後、陸軍内では、統帥権が鬼子のように生き続け、日中戦争、そして大東亜戦争での惨事を招くことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

長州閥と汚職の歴史

 

山県は権力と金の亡者

伊藤は女狂いの色キチ

そして両方とも汚かった井上

 (司馬遼太郎)

 

国内でも、政治家や公務員による公金横領や特定の企業を優遇する不公正が起こることがあります。海外では大統領までもが汚職に積極的に関わっていることもあります。酷い時には、国家がかたむく程の腐敗を生む「汚職」。しかし日本では、報道の印象ほどは「汚職」が問題になることはありません。そんな中、史上まれにみる汚職に汚れた時代がありました。それが明治時代のお話です。

 

新しい時代の担い手をめぐって、新政府側、そして幕府側と厳しい攻防が繰り広げられた明治維新の前夜。おのおのの信じる正義をめぐって、意地とプライドをかけた戦いは龍馬や、高杉晋作など幾多の英雄を生み出しました。しかし英雄は概して早く死ぬもの。英雄が命をかけてこじ開けた扉は、大した功績のない?男たちが引き継ぐことになったのです。

 

革命という果実を手にしたのは、薩長土肥といった倒幕側の藩士たちでした。そして幕府という共通の敵のいなくなった新政府内では、銃でなく政治的な駆け引きによる新しい戦争がはじまります。

  

汚職が少なかった江戸時代

時代劇を見ていると、お奉行さまと越後屋が悪だくみをしている場面がたびたび出てきます。越後屋じゃなくても三河屋でも何でも構わないのですが、奉行と商人がつるんで米相場を吊り上げたり、ライバル店をつぶしたりしますよね。この時、商人から奉行に賄賂が贈られることもありますし、奉行が商人のために公金を勝手に使うこともあります。

 

奉行と商人が結託して悪いことをするのは時代劇のお話。明治の新政府は江戸時代を悪い時代と決めるつけることで、自分達の政権をピカピカなものにしたかったのかもしれません。江戸時代にも多少の汚職はあったものの、当時、汚職がみつかれば、当事者は切腹。御家は、絶という恐ろしい罰が待っていました。「武士は食わねど高楊枝」との言葉が伝わるように、権力を握っていた武士階層は、総じて貧乏であり、清廉な政治を行っていた証拠なのではないでしょうか?

 

一方、明治初期にはお奉行さまと越後屋の悪だくみでは済まないような二大汚職事件が起こっています。一つは明治4年の井上馨が関わった汚職事件で、もう一つは山県有朋が関与した山城屋和助事件です。 

 

長州のズブズブ事件簿

井上馨が関わった汚職は、旧南部藩の藩営であった尾去沢鉱山を私的に取り上げて親戚の岡田平蔵に指名落札させたものです。それまで鉱山の採掘権を有していた村井茂兵衛が、司法卿の江藤新平に訴え出たことで事件が明るみになりました。

 

山城屋和助事件は、山県有朋の部下であった山城屋和助に公金を自由に使わせた結果、生糸相場で回復不能な損害を発生させた事件です。政府歳入の12%が失われたというのですから、とんでもない大損害です。

 

このような二大汚職事件の発生に失望した江藤新平は明治政府を去り、故郷に戻って佐賀の乱を起こしました。また、西郷隆盛も当時の明治政府の腐敗を嘆き故郷鹿児島に帰ります。そして、明治政府に不満を持つ士族たちに担がれて7ヶ月に及ぶ西南戦争を起こしたのです。 

 

現代の視点でみれば、義があったのは、江藤や西郷です。しかしその正義のためにかれらはほろび、あまつさえ賊名を着せられています。そして、皮肉なことに西郷を討った政府軍の総司令官は山県有朋でありその軍費の工面をしたのは、井上馨でした。作家の司馬遼太郎さんは、皮肉をこめ「こういう言い方は子供っぽいかと思われるが、かれらはのちに公爵あるいは侯爵になる。」とその著作に記しています。

 

 

汚職は国民の労働意欲を失わせる 

西南戦争のような内戦が起これば、さすがに政府も「これはいかん」となって汚職の対策をするものの、その法律をつくるのは汚職で偉くなった人ばかり。さらに、名前の残る山縣や井上はまだまだかわいいもの、江戸時代には出世を見込めなかった低い身分から桁違いの出世をとげた名もなき多くの長州の藩士たちはそろって蓄財、あるいは散財に励んでいたと指摘する声があります。

 

現代では、大汚職事件は、マスコミも大きく報道しますから政府も以後の対策をしっかり行います。でも、小さな汚職であれば、現在の仕組みを変えるような対策は行われず、現場に注意する程度で済ますこともあるはずです。しかし、この小さな汚職が社会に大きな影響を与えるのではないでしょうか? 

 

政治家・官吏、あるいは教育者たちの汚職ほど社会に元気をうしなわせるものはないのである。むろん物質的にも損害をあたえる。また入学や資格試験の合否にカネが動くとすれば、国民は自己が属する社会に対する敬意をうしなってしまう。よき国家はそのような億兆の敬意の上に成りたっている。汚職が悪だというのは、国民の士気(道徳的緊張)をうしなわせるものだというのではないでしょうか?

 

汚職事件が報道されるほど、国民は自分の努力が報われないような失望感を味わいます。働いて稼いだお金の一部を税金として納めているのに、その税金が一部の人を肥え太らすために使われていると思うと労働意欲も減退するでしょう。

 

小さな汚職でも、発覚するたびに国民の労働意欲がちょっとずつ失われていけば、国に大きな打撃を与えるはずです。汚職事件が起こるたびに国民の労働意欲が0.01%失われたとしたら、1万2千人分の労働力が消失することになります。これは西南戦争での戦死者数とほぼ同数です。 

 

どんなに小さな汚職でも、それが国民の労働意欲減退につながり内戦が起こったのと同じ損害が出るのです。

権力と汚職にまみれた山縣と井上馨。一方、同じスキャンダルでも度がすぎた女好きだった伊藤博文。

 

伊藤の女道楽は明治天皇の耳にも入り、伊藤を維新以来の忠臣として信頼していただけに明治帝も「少しは慎んではどうか」とお叱りの言葉を与えました。しかし、伊藤はその言葉にこう答えました。

 

「博文をとやかく申す連中の中には、ひそかに囲い者など置いている者もいますが、博文は公許の芸人どもを公然とよぶまでです」 

この陰湿さのない堂々としたところが伊藤の魅力だったのかもしれません。

 

英雄は先に死に、あれよあれよと、革命という名の果実を手にした長州の仲良し三兄弟。もちろん、3人の遺した功績は今の世に引き継がれている一方、彼の遺した明治の闇は、しら~っと昭和、そして平成にまで引き継がれているのではないでしょうか?悪い奴ほどよく眠る・・・ 歴史を学ぶことは現代を学ぶことに他なりません。