山縣有朋

 

 

 

 

 

 

「わしは一介の武弁である」

武弁=軍人山縣有朋の口癖。内閣総理大臣を二度務めるなど、国政に深く関与するようになってからも、山縣が常に口にしていた

 

 

山縣 有朋(やまがた ありとも)

生誕:天保9年閏4月22日(1838年6月14日)

死没:大正11年(1922年)2月1日)

 

日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級爵位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵。内務大臣(初・第2・第3代)、内閣総理大臣(第3・9代)、元老、司法大臣(第7代)、枢密院議長(第5・9・11代)、陸軍第一軍司令官、貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。

 

長州藩領内の蔵元仲間[注 2]三郎有稔(ありとし)の子として生まれた。幼名は辰之助、通称は小助、のち小輔、さらに狂介と改名。明治維新後は有朋の諱を称した。高杉晋作が創設した奇兵隊に入って頭角を現し、後に奇兵隊の軍監となる。

 

明治政府では軍政家として手腕をふるい、日本陸軍の基礎を築いて「国軍の父」とも称されるようになった。官僚制度の確立にも精力を傾け、門閥や情実だけで官僚文官官吏が登用されることのないように文官試験制度を創設し、後進を育成[1]。山縣が軍部・政官界に築いた幅広い人脈は「山県系」「山県閥」などと称される。

 

晩年も、陸軍のみならず政官界の大御所、「元老中の元老」[2]として隠然たる影響力を保ち、「日本軍閥の祖」の異名をとった。ただし国政に深く関与するようになってからも、自身では「わしは一介の武弁」と称するのが常であった。伊藤博文と並び、明治維新期に低い出自から栄達を遂げた代表的人物である。

 

自身が得た最高位の階級は陸軍大将だが、元帥府に列せられ元帥の称号を得ており、元帥陸軍大将と呼称された。国外でも大英帝国のメリット勲章など、勲章を多数受章している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1872年(明治5)に発覚した汚職事件。陸軍省の御用商人で山県有朋と親交のあった横浜の貿易商山城屋和助に対する陸軍省の不正融資が発覚、和助は自害、山県も陸軍大輔を辞任した。

 

 

 

1872年(明治5)に起きた山城屋和助(わすけ)の陸軍省公金費消事件。長州藩の奇兵隊隊長であった横浜の貿易商山城屋和助(本名野村三千三(みちぞう))は、同郷の山県有朋(やまがたありとも)の下で御用商人となり、生糸貿易を営み、諸省に出入りして巨富を蓄えた。ところが生糸相場で失敗、陸軍省公金60万円余の不正融資を受け、1871年12月にその金で洋行した。しかしパリで豪遊していたことから疑惑がもたれたため、陸軍大輔(たいふ)山県有朋の電報で帰国したが、返済不能のため1872年11月29日陸軍省の教官詰所で自殺した。関係書類はいっさい焼却済みであったが、山県への疑惑は強く、1873年4月に起きた三谷三九郎(みたにさんくろう)事件とも相まった司法卿(しほうきょう)江藤新平の厳しい糾明もあって非難が収まらず、同年4月、ついに山県は陸軍大輔をも辞任して責任をとった。明治初年の軍部の腐敗ぶりを反映した汚職事件である