木戸孝允の最期の言葉

 

 

 

 

 

 「西郷もまた大抵にせんか、予今自ら赴きて之を説論すべし」

 意:西郷、いいかげんにせんかい!

 ※ 桂小五郎の辞世の句はのこっていません 

 

 

 

木戸 孝允(きど たかよし)/ 桂 小五郎 (かつら こごろう)

生誕:天保4年6月26日(1833年8月11日)

死没: 明治10年(1877年)5月26日)

 

日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。長州藩士として討幕に努め、薩長同盟を推進。明治維新に貢献し、維新の三傑の一人に挙げられた。維新政府では総裁局顧問専任や参議を務め、版籍奉還、廃藩置県を実現。岩倉使節団にも同行した。西南戦争中に病死。

 

長州藩出身。吉田松陰の教えを受け、藩内の尊王攘夷派(長州正義派)の中心人物となり、留学希望・開国・破約攘夷の勤皇志士、長州藩の外交担当者、藩庁政務座の最高責任者として活躍する。特に志士時代には、幕府側から常時命を狙われていたにもかかわらず果敢に京都で活動し続けた。

 

維新後、総裁局顧問専任として迎えられ、当初から「政体書」による「官吏公選」などの諸施策を建言し続けていた。文明開化を推進する一方で、版籍奉還・廃藩置県など封建的諸制度の解体に努め、薩長土肥四巨頭による参議内閣制を整えた。海外視察も行い、帰朝後は、かねてから建言していた憲法や三権分立国家の早急な実施の必要性について政府内の理解を要求し、他方では新たに国民教育や天皇教育の充実に務め、一層の士族授産を推進する。長州藩主・毛利敬親や明治天皇から厚く信頼された。

 

しかし、急進派から守旧派までが絶え間なく権力闘争を繰り広げる明治政府の中にあって、心身を害するほど精神的苦悩が絶えず、西南戦争の半ば、出張中の京都で病気を発症して重篤となり、夢の中でも西郷隆盛を叱責するほどに政府と西郷双方の行く末を案じながら息を引き取った。

 

その遺族は、華族令当初から侯爵に叙されたが、これは旧大名家、公家以外では、大久保利通の遺族とともにただ二家のみであった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桂小五郎/木戸孝充とは?

 

尊皇攘夷を第一線で牽引する存在だった長州藩における中心人物であった木戸孝允が維新志士として明治維新に果たした功績は計り知れないものがあることは疑いない事実です。さらに彼は維新後も明治新政府内で政治家としてその才能を遺憾なく発揮しています。

 

維新志士として挑んだ薩長同盟締結

維新志士・木戸の第一の功績として欠かすことができないのは薩長同盟締結です。土佐藩出身の坂本龍馬が仲介をしたことに注目が集まりがちですが、決して相まみえることのできないと思われていた薩摩との同盟実現の背景には木戸の人柄と才覚がありました。

 

何より、薩摩藩・大久保利通は簡単に他人を認めるタイプではなかったといわれていますが、そんな彼も認めるところだったのが木戸だったのです。

 

薩長同盟締結の会談に同席した品川弥二郎は、木戸が薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通を前にこれまでの薩摩藩の背信行為を正々堂々と叱責したことに、手に汗握るほど心配したと語っています。しかし、この堂々たる姿勢に西郷は大変感動したといわれています。

 

また、締結した6カ条に及ぶ同盟が反故となることを心配した木戸は、仲介役を務めた坂本龍馬に締結内容を書いて送り、その紙背に奥書をするよう求めています。もちろんその後薩摩が同盟を破るようなことはありませんでしたが、思慮深い性格の木戸だったからこそ、この同盟を確固たるものにすることができたと言われています。

 

 

五箇条の御誓文の起草 

1868年3月14日、明治政府の基本方針である五箇条の御誓文を天皇が天地神明に誓う形で示されました。戊辰戦争が未だ終結しない中で発布されたこの「誓」は木戸孝允の発案でした。木戸は由利公正が起案し、福岡孝弟が修正した五箇条に加筆・修正を加えて提出しました。

 

その修正点を見ると彼の果たした功績が小さなものではなかったことがわかるのではないでしょうか

 

彼が修正した点は以下2点です。

1.「列侯会議を興し」を「広く会議を興し」に修正

2.「旧来の陋習を破り天地の公道に基づくべし」を加筆

 

こうして見ると木戸は江戸時代まで脈々と受け継がれてきた封建制度その他の慣習を否定し新しい秩序を模索していたことがわかると思います。特に「陋習」という言葉は「悪い習慣」を意味し、木戸がこれまでの身分秩序などに対し良い感情を抱いていなかったことがわかります。

 

後に内閣総理大臣も務めた肥前藩出身・大隈重信は木戸が薩長の派閥を嫌い、

 

"

「もし二藩の人をして跋扈させるならば、幕府の執政と異なったことはない。既に300藩を廃して四民平等をなした以上は、教育を進めて人文を開き、もって立憲国にしなければならない」

"

と常々語っていたと伝えています。実際には明治政府で薩長閥による専横があったのですが、私は木戸のこうした「旧来の陋習」を打ち破りたいという考えが明治政府の基本方針として示されたことに一つ重要な功績があると思います。

 

また、この五箇条の御誓文が新政の折々に掲げられたことを考えると、明治期の国のあり方に大きな影響を与えたことは間違いないでしょう。

 

版籍奉還、廃藩置県の断行 

版籍奉還、廃藩置県は木戸が新政権の発足直後から主張し、尽力した分野です。版籍奉還は「版=土地と籍=人を天皇に還す」というもので、奉還後は藩主が知藩事に任命されるという点を考えるとあくまで形式的なものであったと考えられます。

 しかし、その実行においては新政府内部から疑問や批判が相次ぎ、木戸自身も疑惑や誹謗を受けたといいます。関ケ原の戦いの雪辱を晴らし、これからは長州藩が国を主導するんだと考えていた長州藩士たちからすると、中央で木戸ばかりが重用されることが妬ましかったのかもしれません。

 

その上、土地を天皇に、などと言えば長州藩をないがしろにしているという批判がでるのも当然の流れでした。それでも木戸は世界各国と並立するためには「至正至公」の精神に基いて版籍奉還を実現することを急務と考え、出身藩である長州藩主・毛利敬親を説得しています。

 

敬親は「そうせい侯」とあだ名され暗愚であったともいわれていますが、木戸が版籍奉還を相談しに行った際に、「これほどの変革を行なうには、その時機を見計らうことが大事」と助言したといいます。木戸はこの時藩主に深い敬意をいだいたそうです。結果として大きな暴動もなく実行することができたのも、1の条件から32の結果を考えることができるといわれた木戸がいてこそだったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の独立宣言書「五箇条の御成文」

 

五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)は、慶応4年3月14日(1868年4月6日)に明治天皇が天地神明に誓約する形式で、公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針である。正式名称は御誓文であり、以下においては御誓文と表記する。

 

五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)とは1868年に明治天皇が示した新政府の基本方針です。公議世論公議(公平に議論・世論)の尊重、先進国の文明の吸収などが述べられています。これにより、日本が近代的な立憲国家として発展していく方向が切り開かれました。

 

 

 

五箇条の御誓文の内容と現代語訳

 

一 広ク会議ヲ興シ 万機公論ニ決スベシ 

 (広く会議を開いて、すべての政治は、世論に従い決定するべき)

 

一 上下心ヲ一ニシテ 盛ニ経綸ヲ行ウベシ 

 (治める者と人民が心をひとつにして 盛んに国家統治の政策を行うべき)

 

一 官武一途庶民ニ至ル迄 各其志ヲ遂ゲ 人心ヲシテウマサラシメンコトヲ要ス 

 (公家と武家が一体となり、庶民にいたるまで、志をとげ、人々の心をあきさせないことが必要)

 

一 旧来ノ陋習ヲ破リ 天地ノ公道ニ基クベシ 

 (古い悪習を破り 国際法に基づくべき)

 

一 智識ヲ世界ニ求メ 大ニ皇貴ヲ振起スベシ 

 (知識を世界に求め、おおいに天皇政治の基礎を盛んにすべき)  

  

 

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      大人気・家訓ブログが本になりました!

 

 

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

 

家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

 

 

 

書籍概要

 

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

 

著者 : 幡谷哲太郎

 

発売日: 201561

 

  出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税  

 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063