徳川四天王 井伊直政 辞世の句

 

 

 

 

 

井伊 直政 辞世の句

祈るぞよ 子の子のすへの 末までも

まもれあふみの 国津神々

 

井伊 直政(いい なおまさ)

生誕:永禄4年2月19日(1561年3月4日)

死没:慶長7年2月1日(1602年3月24日)

 

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。井伊氏第17代または24代当]。 上野国高崎藩の初代藩主。後に近江国佐和山藩(彦根藩)の初代藩主。

 

徳川氏の家臣(家臣になった当時は外様)。遠江国井伊谷の出身で、『柳営秘鑑』では榊原氏や鳥居氏と並び、「三河岡崎御普代」として記載されている。また、江戸時代に譜代大名の筆頭として、江戸幕府を支えた井伊氏の手本となり、現在の群馬県高崎市と滋賀県彦根市の発展の基礎を築いた人物でもある。

 

徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられ、家康の天下取りを全力で支えた功臣として、現在も顕彰されている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤鬼の成り上がり伝説

 

井伊直政は1561年2月、父である井伊直親の屋敷(浜松市祝田)で生まれた。井伊直親が井伊家の当主となり今川方に殺されると、虎松(直政の幼名)も命を狙われるなど、幼少期から過酷な環境で過ごす。

 

1568年には、井伊直虎が今川氏真の徳政令命令を受け入れて出家するに伴い、虎松も龍潭寺へ。母のひよ、祐椿尼(直虎の母)と一緒に同寺で暮らすが、井伊家を継ぐ貴重な男児・虎松は、それでも危険に脅かされ、浄土寺で匿われるなどの逃亡生活が続いた。

 

過酷な運命が一変するのが1575年。鷹狩に出かけて上機嫌だった徳川家康への面会を果たし、それを機に仕官することになる。かくして徳川家でお家再興を許された虎松は井伊万千代と名乗り、戦場や外交でも大活躍。

 

例えば本能寺の変直後には、家康の「神君伊賀越え」を助けて褒美に陣羽織を拝領したり、旧・武田家の家臣を率いて「赤備え」を結成すると、小牧・長久手の戦いでは激しい戦闘で大活躍し、一躍その存在を知られるようになった。

 

三河武士の中では外様だった井伊直政であるが、死に物狂いで奮闘していると、酒井忠次、本多忠勝、榊原康政と共に「徳川四天王」の一人に数えられ、後に彦根藩30万石の藩祖となる。

 

しかし関が原の戦い(1600年)における鉄砲傷がもとで1602年に死亡。享年42であった 

 

 

 

 

 

 

 

井伊氏とは

井伊氏は藤原北家の後裔(系譜上では藤原良門の息子である藤原利世の子孫とされる)として、江戸時代の『寛永諸家系図伝』で、公式に称している。おなじく藤原南家(為憲流工藤氏)の後裔とする説もあり、室町時代後期以来「藤原」を称している史料は現地に残っている。

井伊氏は中世に約500年間、遠江国井伊谷 の庄を本貫として治めたとされる

 

南北朝時代、井伊谷の豪族であった井伊道政は遠江介であるゆえに井伊介とも称した。道政は比叡山延暦寺座主である宗良親王の元に参じて南朝方として挙兵、遠江国の居城・井伊谷城に招いて保護した。また宗良親王の子・尹良親王も井伊城に生まれていると伝承されている。しかし、北朝方の高師泰・仁木義長らに攻められて井伊谷城は落城した

 

北朝方、駿河守護今川氏と対立していたが、やがて今川氏が遠江の守護職を得るとその支配下に置かれる。しかし、花倉の乱や河東の乱では今川義元と対立する側に付くなど、守護である今川氏とは微妙な関係であり、今川義元が尾張国の織田信長に敗れた桶狭間の戦いの際に井伊直盛は今川氏に従い討ち死にしたが、戦後まもなく謀反を企てたとして井伊直親は今川氏真に討たれている。

 

この、一族を多く失った「遠州錯乱」時期に、直盛の娘の井伊直虎が家督を継いだが、勢力は大きく衰退し、井伊谷の城と所領は家臣の横領や武田信玄の侵攻により数度失われている。

 

近世大名としての井伊氏

1575年(天正3年)、直親の遺児の井伊直政は今川氏を滅ぼした徳川家康を頼り、多くの武功をたて、1590年(天正18年)には家康の関東入府に伴い上野国箕輪12万石、関ヶ原の戦いの後には近江国佐和山に18万石を与えられる。直政の死後、直政の子の井伊直勝は1604年(慶長9年)に近江国彦根に築城したが、1615年(元和元年)幕命により弟の掃部頭直孝に彦根藩主の座を譲った。直孝の代には30万石の譜代大名となる。

 

江戸時代の彦根藩家は直澄、直該、直幸、直亮、直弼と5代6度の大老職を出すなど、譜代大名筆頭の家柄となる。また、堀田家、雅楽頭酒井家、本多家などの有力譜代大名が転封を繰り返す中、彦根藩家は1度の転封もなかった。

 

彦根城は、18万石の城として築城されたもので、築城にあたっては幕府が諸大名に御手伝普請をさせた。幕府が、大名の城を他の大名に普請させたのは、異例中の異例であって、京・大坂に備える城という意味があったといわれている。

 

江戸時代後期に直弼は老中阿部正弘の死後に大老となり、将軍後継問題では南紀派を後援し、一橋派への弾圧である安政の大獄を行うが、桜田門外の変で暗殺された。直弼の死後、幕政の混乱の責任を直弼に押し付けられる形で10万石を没収されたことから、大政奉還後には譜代筆頭にもかかわらず新政府側に藩論を転向。鳥羽・伏見の戦いでは新政府側に属し、続く戊辰戦争にも転戦する

 

明治・大正から昭和まで

明治17年(1884年)伯爵となり華族に列した。また、最後の藩主井伊直憲の双子の孫の内井伊直愛は、井伊家の旧領である彦根市の市長を1953年から9期の長きにわたって務めた・・・ つい最近まで彦根を支配していたリアル殿さま、それが井伊家です

 

 

 

 

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      

 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 

 

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

 

 

 

書籍概要

 

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

 

著者 : 幡谷哲太郎

 

発売日: 201561

 

  出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税  

 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063