春日局 辞世の句

 

 

 

 

  

 

 春日局の辞世の句

西に入る 月を誘い 法をへて 今日ぞ火宅を逃れけるかな

 

 

 

 

 

春日局(かすが の つぼね)/斎藤福(さいとう ふく)

生誕:天正7年(1579年)

死没: 寛永20年9月14日(1643年10月26日)

 

安土桃山時代から江戸時代前期の女性で、江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母

 

父は美濃国の名族斎藤氏の一族で明智光秀の重臣であった斎藤利三。江戸城大奥の礎を築いた人物です。朝廷と徳川家をつなぐ役目をおい、天皇に謁見するため、特別な位と名前を朝廷からいただくことになります。「春日局」とは、そのとき朝廷から賜った称号です。近世初期における女性政治家として随一の存在であり、徳川政権の安定化に寄与したと評価されています。

 

 

 「西に入る 月を誘い 法をへて 今日ぞ火宅を逃れけるかな」.春日局の辞世の句

 

「火宅」は、仏語で、煩悩や苦しみに満ちたこの世を、火炎に包まれた家にたとえた言葉です。当時の女性としては異例の出世をとげた春日局ですが、その半生をみると、波瀾万丈なものでした。父・斉藤利三は優秀な武士であり、明智城下で何不自由のない幼少期をすごします。しかし、本能寺の変で、明智光秀は謀反をおこすと、つづく山崎の合戦で、利三は絶命。家長を失った家族は、金銭的に苦しく、また裏切り者との汚名をおびた一家は、極貧のどん底を経験します。

 

その後、結婚をへて3人の子どもにも恵まれたお福でしたが、人生をかえる一大転機が訪れます。それが将軍家のお世継ぎである家光(当時の竹千代)の乳母として白羽の矢が立ったのです。苦しい生活から一転、将軍家での栄誉ある生活も、考え方次第では、それまでの人生を捨て、子どもや旦那をすてる業(カルマ)の深い選択を意味しました。辞世の句にある「火宅」とは、こうした心境を吐露したものだったのではないでしょうか

 

当時の乳母は、単にベビーシッターというだけでなく、幼い竹千代の衣食住、そしてそれを支える女性たちを束ねる仕事もありました。「奥」とは、政治の世界を司る男たちの世界を「おもて」として、将軍の日常生活をみる裏方を「奥」とするものです。とくに、世継ぎをつくる必要のある将軍をもてなす女だけのハーレムを作り上げたのが、春日局の功績です。

 

また乳母という立場をこえ、次期将軍の指名を家康から引き出したことも特筆すべき功績です。 3代将軍徳川家光は、慶長9年(1604)に徳川秀忠の次男として江戸城で生まれました。幼少期は小心者で、家光の弟国松(松平忠長)がおり、両親は活発な国松を寵愛していました。しかし、元和2年(1616)、廃嫡の危機を感じた春日局は、家康に直訴。これに応えるように家康は家光を世継ぎに指名し、次期将軍の地位が確定しました。

 

こうして、裏切り者の娘。普通の主婦、そして、将軍の後継人にまで上り詰めた春日局の生涯は、ドラマされるなど、政治家として、そして一人の女として、いまなお注目をあびる存在です。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

三代将軍 徳川家光とは

 

徳川 家光(とくがわ いえみつ)は、江戸幕府の第3代将軍(在職:1623年 - 1651年)。2代将軍秀忠の次男(嫡男)である。母は浅井長政の娘で織田信長の姪にあたる江。乳母は春日局(福)

 

慶長10年(1605年)、家康は秀忠に将軍職を譲位して大御所となる。幼少時の家光は病弱で吃音があり、容姿も美麗とは言えなかったと言われる。慶長11年(1606年)に弟・国松(後の忠長)が誕生する。家光と忠長の間には世継ぎ争いがあったとも言われ、『武野燭談』に拠れば、秀忠らは忠長を寵愛しており、竹千代廃嫡の危機を感じた福は駿府の家康に実情を訴え、憂慮した祖父・家康が長幼の序を明確にし、家光の世継決定が確定したと言われる。

 

秀忠は政権移譲した後も、大御所として父・秀忠の権勢はおとろえず、幕政は本丸年寄と西の丸年寄の合議による二元政治のもとに置かれました。寛永9年(1632年)1月に秀忠が死去すると二元政治は解消され、将軍から公方として親政を始める。

 

「生まれながらの将軍」

家光の生まれた時は、祖父である家康は将軍に任じられ、まさに徳川幕藩体制が整えられる重要な時代でした。家光は俗に「生まれながらの将軍」と自らをたたえ、全国の諸侯をかしづかせたと言われています。その意味は、家康も秀忠も、部下であった時代があり、戦国時代をともに戦った仲間がいたのに比べ、家光は、生まれながらに絶対権力をもつことを宣言したのでした。事実、家康からみれば、関ケ原の大恩のある加藤清正の率いた肥後藩も、あっさり改易のうえ、おとりつぶし。また寛永12年(1635年)の武家諸法度の改訂では、大名に参勤交代を義務づける規定を加え、全国の大名たちをしぼりとる体制を整えたのでした。

 

対外的には長崎貿易の利益独占目的と国際紛争の回避、キリシタンの排除を目的として、対外貿易の管理と統制を強化していきます。島原の乱をへて、長崎を通じた貿易の管理・統制である「鎖国」体制を完成させました

 

時代は、太平の世の中に

天下人となった家康ですが、信長、秀吉の失敗を身近にみてきた経験から、敵を倒すことよりも、平和な時代をつづけることがいかに難しいことか痛感していた政治家でした。

なくなる前、ようやく大阪の陣をしかけ、豊臣家を滅亡させることに成功します。そして、死をまじかに感じながら最後に手掛けた政策が、三代将軍の家光の指名だったのです。春日局のつげくち?も効いたこの選択には、長男が世襲するというルールを強いたことで、無用な争いを避ける意味がありました。

 

下剋上が当たり前だった時代、兄弟は一番近いライバルであり、また、そんなライバル争いを制した強い世継ぎだけが戦国の世を勝ち抜く当主となることができました。事実、信長が弟をころし、また伊達正宗は、弟に加え実の父をも手をかけています。

 

家康は徳川の時代を長く続ける為に、これまでの歴史から学び、優秀だろうが愚鈍であろうが、長男が跡を継ぐ絶対のルールをしいる一方、将軍個人の能力によって右往左往しない盤石のバックアップ体制を整えたのでした。

 

これらの、家光の代までに取られた江戸幕府の一連の強権政策は「武断政治」と言われます。「文句あんなら刀でやりあうべっ」というのが武治政治。一方、家光は、武力でなく法律で大名や庶民をしばる「文治政治」です。武力から官僚型の政治の変換に立ち会ったのが家光の政治家としての功績でした。家康がえらいのはもちろん、秀忠、家光と三代に渡って聡明な政治家を輩出した事が徳川264年の歴史をきずきました。

 

家光は、父・秀忠よりも祖父である家康をリスペクトしつづけ、家康のために世界遺産にもなった日光東照宮を絢爛豪華に改築させました。また、家康と同様、自分を将軍におしあげた功績者として、乳母である春日局を大事にしていたと伝えられています

 

家光と春日局 

家光は、将軍の指名の際の春日局の行動に大変感謝したそうです。お福の子、稲葉正勝ものちの徳川家光側近となりました。お福はまた、徳川家光の側室選びに心を配り、嫡子誕生に苦心しました。家光が疱瘡になったとき、お福は生涯薬を飲まない誓いを立て、水を浴びて祈ったといいます。

 

家光の成長とともに、お福の江戸城での立場はゆるぎないものとなり、大奥での権力は絶大なものとなります。家光の妹・和子が、時の天皇・後水尾天皇に嫁いでいたこともあり、家光はお福に様子を見に行かせますが、身分は斉藤家のお福。宮中に入れる身分ではありませんでした。家光は将軍家の威光をもって、お福を縁のある三条西実条の仮の妹という名目で宮中に入れました。これに対して後水尾天皇はお福に「春日局」の称号を与えています。

 

天才政治家・松平信綱、大剣豪・柳生宗矩、大奥の長・春日局。家光を支えた鼎の三足の一人とあげられています。お福が死去する前に薬を飲まないことを知ると、家光は自ら薬を飲ませようとしましたが、お福は飲んだふりをして誓いを守りました。六十四歳で閉じます。

 

家光と春日局は、ある種本当の親子以上の関係であり、また政治家として一蓮托生の同志として、徳川の太平の世をきずきあげたのでした。

 

 

 

  

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      

 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

 

家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が、書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

 

書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 201561

出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税  

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063