琉球王朝 尚家の家訓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚 泰王(しょう たいおう)

生誕:1843年8月3日(道光23年7月8日)

死没:1901年(明治34年)8月19日)

 

第二尚氏王統第19代にして最後の琉球国王(在位:1848年6月8日 - 1872年10月16日)、後に日本の華族として琉球藩王(在位:1872年10月16日 - 1879年4月4日)、侯爵。父は、第18代国王尚育王。

 

1848年6月8日(道光28年5月8日)にわずか4歳(数え年では6歳)にして即位した。

 

1853年(咸豊3年)にはペリーが琉球に来航し、翌1854年に琉米修好条約を締結した。さらに、1855年には琉仏修好条約、1859年には琉蘭修好条約を結んだ。

 

元来、琉球は薩摩藩の附庸国かつ清の朝貢国として一定の独自性を保っていたが、他府県の廃藩置県も済んだ翌年の1872年(同治11年、明治5年)に、日本は琉球国王尚泰を琉球藩王に封じて華族とし、東京に藩邸を与えた。そうして1879年(光緒5年、明治12年)の琉球処分により琉球藩に沖縄県が設置されると、藩王の地位は無くなり居城の首里城も出ることとなり、琉球藩は消滅した。

 

尚泰たちは琉球王家の屋敷の一つ中城御殿に移ったが、明治政府より東京移住を命令され、華族として東京へ居を移した。次男の尚寅、四男の尚順は後に沖縄に帰ってきている。のち華族令の発令に伴って尚泰は侯爵となった。1901年(明治34年)に急性胃腸カタルのため59歳で没。墓所は沖縄県那覇市の琉球王家の陵墓・玉陵(たまうどぅん)。なお、尚家は現在も存続している 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚王家の家訓

 

琉球王国最後の王・尚泰王の三男で尚順(しょう・じゅん)という人物がいました。尚順は男爵となり、首里の松山御殿(まつやま・うどぅん)に居をかまえていました。現在でもその末裔の方が同地にお住まいです。

 

この尚順の松山御殿家には、家訓があったそうです。その家訓とは、次のようなものです。

 

人一倍、勉強しなさい。

人一倍、働きなさい。

人一倍、おいしいものを食べなさい。

人一倍、キレイな着物を着なさい。

人一倍、遊びなさい。