河童と天狗?と地域の伝承

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河童と天狗と?地域の伝承

 

家訓づくりプログラムで採集した地域の伝承を、「おばあちゃんの知恵」として紹介させていただきます。

 

埼玉県 狭山 Iさんの伝承

川遊びをするときは、キュウリを一本もっていくこと!」

 

解説:

川遊びは楽しいものです。しかし、同時に命をおとす怖い遊びでもあります。統計をみると子どもの水難事故は、平成19年で45人。内17名が川での事故。これは事故原因としては、海やプールよりも多いものでした。

「危ない!」っと知識で知っていても、遊びに夢中になっていると、ついつい注意が散漫になり事故に会うのもまた必然。

 

古来より日本では、こうした危険を「かっぱ」伝説と結び合わせて伝承してきたのではないでしょうか?「いくな!」と言われたら逆にいきたくなるのが人情。しかしカッパがいて「イタズラされるぞ!」っと言われるほうが合理的ともいえます。

 

前述のIさんのご家庭では、川遊びをする前にキュウリを一本投げ入れ、「イタズラしないでください!」っとお祈りするのが習慣になっていたそうです。

 

実際、カッパ伝説が残る地には、川の流れが澱んだ場所に残っているともいわれます。ちなみに、茨城は、カッパのお話が多く残る地です。カッパが牛を引きずりこんだので「牛くい沼」⇒「牛久沼」。その他、沼、川が多い地形から、多くの市町村でカッパのお話をきくことができます^^

 

埼玉狭山も、川のある場所。Iさんのおばあちゃんは、キュウリを一本持たせることで、川遊びは危ないものだ!っということを間接的に教えてくれているのです。もしくは、おばあちゃん自身が、カッパに助けられたので、お礼にキュウリを届けている・・・

 

・・・後者ならいいな~( ̄▽ ̄) 

カッパいるよね?

川遊びに「きゅうり」おすすめです。その他カッパの伝承をお持ちの方は、家訓二ストに一報ください!

 

おばあちゃんの知恵は、たくさんの言い伝えとして僕らの潜在意識に眠っています。

さいごに、先日の那珂湊のセミナーで聞いたこんな話を紹介させてください

 

曰く「お盆に海にいくと地獄の釜の蓋があく・・・」

地獄の釜・・・ちょっと怖い(><)

 

おばあちゃんからの言い伝えは、生活の知恵。夜、口笛を吹いちゃいけない理由も、朝蜘を殺しちゃいけない理由も、よくわかりませんが、たぶんおばあちゃんも、その上のおばあちゃんに聞いただけのことだとおもいます。

 

地獄の窯のふたを決して開けないように?

あなたの家に眠る「おばあちゃんの知恵」をおばあちゃんとの思い出と共に伝承ください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風土にのこる縄文の匂い

 

歴史は、教科書の中でなく、普通の暮らしのなかにこそ、眠っていると家訓二ストは考えます。そして、学校の教科書に足りない物の1つに体温があります。とくに歴史の教科書は、文字の羅列がつづき、ひどく無機質に感じなかったでしょうか?

 

時代ごとに、ブチブチ切断しておしえていくせいで、眠気との戦いの中、1つ1つの時代が別の星でおこったような遠ささえ感じます。たとえば、明治維新後、一気に近代国家になったとしていますが、行政システムや、経済の面では、江戸時代に、その端をみることができます。事実、老舗といわれる企業群は、江戸時代に起業され、今なお、隆盛をほこっています。教科書は教科書、しかし庶民はたくましく、ずっとこの日本列島で暮らしてきたというのが、教科書にのらない本当の歴史です。

 

画像は、鉾田氏在住の井川くんが、FBで投稿していた鉾田市烟田小学校の守り神です。じいちゃんの、そのまたじいちゃんの代から受け継がれてきた謎の人形は一説には1000年の歴史があるそうです。  同じような風習は、秋田を中心に東北にみられ、秋田ではこれを「鹿島さま」と言っているそうです。村に禍いをもたらす邪気を追い払う効果があるといわれています。妄想をふくまらせれば、「鹿島さま」のお姿は、どこか天狗を連想させます。

 

古代に暮らした人にとって、疫病が一番怖い病です。また医療が進んでいない時代には、病気は、祟りや、村人を襲う悪魔と考えていたことでしょう。そんな災いを村に入れないために、大きな守り神をつくったっというのが真相ではないでしょうか?「科学」が発達する前、病気や、自然の脅威は、人々の生活を脅かす一番の敵でした。そうした脅威を河童や天狗といった妖怪の姿を借り、人々は立ち向かってきたのでは?と幡谷は考えます。

 

そして、大胆に推測を加えれば、こうした風習は、ずっとずっと前の縄文時代から続いてきた習慣と考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縄文時代とは

  

氷河期が終わるとともに、石器を主な道具としていた旧石器時代は終わりを告げ、約1万5,000年前に縄文時代が始まりました。この時代の文化を縄文文化と呼びます。急速に温暖化が進み、ドングリ類やクリ・クルミが実る豊かな落葉広葉樹の森が広がり、海面の上昇や降雨によって運ばれた土砂の堆積によって、魚介類が豊富に生育できる地形や環境が形成されました。

 

縄文人達は、先ほどのシカやイノシシの他、猿も狩猟しましたし、キジ、カモやガンなどの鳥も弓矢で狩猟し、食します。

 そんな縄文人のお友達が、イヌ。現在の柴犬ぐらいの大きさで、彼らと一緒に一緒に出かけ、怪我をしても大事に育てていたようです。大切な仲間だったんですね^^

 

縄文時代の開始とともに、縄文人は土器を発明します。土をこねて思いどおりに形を作り、火熱による化学変化を起こすことで、より強度な容器を手に入れました。それにより、「煮る」などの調理や「貯蔵」も容易となりました。「煮る」ことにより、堅いものが柔らかくなり、植物のアク抜きもでき、より多くの自然の恵みを利用できるようになりました。土器の出現は、縄文人の食生活に大きな安定をもたらしたと考えられます。

  

食生活の豊かさも縄文人の特徴です。メニューも豊富で、ハンバーグや、どんぐりをつかったクッキーの跡も確認されています。また海の幸も豊かで、ハマグリ、シジミやアサリなどの貝を食したのはもちろん、サケ、マス、カツオやクロダイなどの数多くの魚を釣って食べ、なかには外洋に出てマグロや鯨も獲ったいた人々もいるようです。また発掘調査の結果、縄文時代の人々は「お酒」(果実酒)も飲んでいたと推測されています。

 

江戸時代と明治時代は、別に切れちゃいないように、1万6000年前の縄文時代も、それに続く弥生、そして現代まで、庶民の歴史は続いています。

 

画像は、縄文時代に登場した火炎式土器です。「芸術は爆発だ!」との名言をのこした岡本太郎は、火炎式土器を絶賛しています。3000年前にこんなアバンギャルドな土器をつくっていた縄文人がいたのです。そして縄文人も、今の我々につづくご先祖さんです。また人類の歴史のなかで土器は、縄文人が発明したという学説も有力です。世界中で発掘された土器のなかで、日本で発掘された土器が一番、古く、そして最多の数を誇っています。

 

政権を倒すことよりも、味噌汁の味を変える方が難しい

ユネスコの世界遺産にも登録された「和食」は、日本の多様な自然と、繊細な料理もあいなって世界の注目を浴びています。こうした多様性のベースには、縄文由来の「くいしん坊」の遺伝子が作用しているのではないでしょうか?たとえば、日本人が大好きな「鍋料理」も、世界的にはユニークな料理と受け止められています。一番の面白さは、鍋を囲んでみんなで、料理しながら食べること、そしてそもそも、「煮込み料理」の多様さも「和食」の特徴です。この「煮込み料理」こそ、縄文由来の文化です。日本列島の多様な自然と、多様な食材は、好奇心旺盛な縄文人によって、料理され食卓をにぎやかにしてくれたことでしょう

 

料理や味は、民族の根源的なファクターであり、最も保守的な部分です。「政権を倒すことより、味噌汁の味を変える方が難しい」という言葉があります。しかし縄文人由来の「なんでくってみっぺ」というチャレンジャースピリッツは、生魚をたべてみたり、あるいは猛毒のフグに挑戦したりと、いまなお進化をとげながら、私たちの食生活、ひいては、人生を豊かにしてくれているのです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの側の身近な「縄文」

 

画像は、諏訪大社の大祭、御柱祭りです。 諏訪大社は、全国の神社でも縄文の記憶が深く眠る神域です。御柱のお祭りの面白さは、その雄大さとは、反対に、誰も祭りの起源も、理由も分からない点です。少なくとも、おじいちゃんの、そのまたじいちゃんの代から続いていたのは事実です。 他にも、蛙を串刺しにしたり、鹿の頭を何十個も奉納したり、ある意味、野蛮な、そして泥臭い、縄文の匂いを今に伝えています。 

 

私たちが意識しないだけで、縄文の匂いは、土器だけでなく、生活の隅々に眠っています。 その代表例は、「お盆」ではないでしょうか?実は、仏教の行事じゃない「お盆」。ではお盆と何なのか? 家訓二ストはその答えを「縄文の記憶」と考えます。ご先祖さんが山や川から帰ってくる!という思想そのものが、「縄文」から続く信仰そのものなのです。

 

たとえば、神社のある場所。東京の神社の場所を調べると、縄文時代の海外線に沿って建てられているといわれています。日本列島は、氷河期や、川の堆積をへて形もかわっているなか、数千年の歴史を古い記憶を神社の位置は、今に伝えているのです。また、味噌や餅の違いなど、東西の食文化の差も、縄文時代にさかのぼると指摘する研究者もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも「お盆」とは?

 

お盆って本当にいい習慣です。お盆になると、ご先祖さんが、山や川から、戻っていらっしゃいます。実家では、お義母さんが、姪っ子にこんな話を聞かせていました

 

義母:「キュウリに足をつけるのは、馬に見立てて、ご先祖さんが早く帰ってこれるように、そして、茄子に足をつけるのは、牛に見立てて、ゆっくり帰ってもらうように」っと・・・

 

ご先祖さんから受け継いだ伝統を、おばあちゃんから孫へ。手渡しできるというのも、お盆の素晴らしさなのではないでしょうか?

  

いつも静かな田舎の集落が、お盆のときだけ、子ども達の声があふれ、山、川、田んぼ、そして神社での盆踊り・・・

 

消えつつある日本の原風景が、お盆の数日だけ復活しているのかな?と最近感じ始めました。おじさん、おばさん、従弟っと、普段、都会にすみ、顔を合わせない親戚が集い、亡き祖先のお話しや、たくさんの話しができるのもお盆の良さ、そして日本の夏の素晴らしさです。

 

「お盆」は仏教の行事にあらず

そもそも「お盆」とはどんな行事で、何をする日なのでしょうか?

一般的に「お盆」とは仏教行事である「盂蘭盆会」(うらぼんえ)を指します。しかし、仏教の用語は使っているものの、中味は実に日本的。もっといえば、縄文的な行事です

 

盂蘭盆会とは「地獄の苦しみをうけている人々をこの世から供養することの功徳によって、その苦しみを救いたいという行事」ということらしいです。地獄でご先祖様が苦しんでいるのであれば助けたいと思うのは今に生きる我々の使命かもしれませんね。であるからお盆にはお墓にいき、ご先祖様の供養をするのでしょう。

 

でも皆さんがお墓の前で手を合わすとき、次のことを考えませんか?「いつも見守ってくれてありがとうございます。」など、感謝の気持ちを伝えることはありませんでしょうか?この感謝の気持ちでお参りすることこそ、日本古来の考え方、つまり神道的な考えなのです。神社では先祖を敬い感謝することを「祖先崇拝」と呼びます。

 

実は日本のお盆とは、仏教の「先祖供養」と神道の「祖先崇拝」が混ざり合った行事なのです。 

 

祖先崇拝、または祖霊信仰とは、亡くなった祖先が生きている我々の生活に影響を与える、または与えることができると考える信仰です。 今の世に我々が生をもって活動できるのは、自分達を産んでくれた両親がいたからこそ。 そしてその両親を産んでくれた祖父母、さらにはその両親・・・と永遠に近い長さで繋がってきた命のリレーがあります。昔から日本人はこのことに畏怖の念を感じてきました。

 

古くは縄文時代から環状列石による祖先崇拝を中心とした祭祀・儀礼が行われてきたことがわかっています。天国や地獄という言葉が生まれるずっと前から、私たちの先祖は、ご先祖さんの霊は、山や自然に帰り、お盆やお正月に村に里に帰ってくると考えていました。

 

  

     

  

 

 

 

 

 

 

 

日本人はどこからきたのか?

画像は、青森県の三内丸山遺跡です。この遺跡の発掘から、それまでの狩猟生活におわれ、不安定だったとする縄文観は一新されました。1500年に渡って集落を維持し、山海の珍味を楽しみ、また縄文のポシェットといわれる装飾品も発掘され、文化に恵まれた生活をしてきたことが分かりました。この1500年という数字は驚くべきものでした。たとえば、東京は400年の歴史、京都であっても、1200年の歴史しかありません。わたしたちの祖先である縄文人は、すごい文化をつくっていたのです。

 

縄文人と弥生人

NHKの番組「分かってきた縄文人のDNA」では、1万数千年前から2千数百年前まで繁栄を誇った縄文人のDNAが日本人の体にはしっかり刻み込まれており、東アジアの人びとと日本人は外見こそよく似ているが、DNAを見比べると大きな差があるという事実が紹介されました。

 

これまで真しとやかに語られてきた、「日本人南方起源説」や「騎馬民族日本征服説」が最新の科学によって否定される研究結果です。人種の違いを識別できる「血液型Gm遺伝子」の分布から、日本人の先祖はロシアのバイカル湖から南下してきたことが判明しました。「日本民族バイカル湖畔起源説」が有力になりました。

 

さらに、DNA研究の進化によって、新人(ホモ・サピエンス)が15万年前にアフリカ大陸に生まれ、その後世界各地に散らばっていったことも証明された。それだけではない。人類の祖は大きく3つのグループに分かれてアフリカを旅立ったが、その3つの遺伝子すべてが、日本列島にやってきたことがわかりました。このような例は、世界中見渡しても稀で、ここに日本人の特徴が隠されているという。  

 

バイカル湖畔から南下し華北に暮らしていたD系統だが、漢民族の圧迫から逃れるためにさらに南下し日本列島にやってきて、縄文人の中核を形成した。かたや、弥生時代に渡来した人々は長江流域で水稲栽培をしていたO系統だ。やはり、漢民族に滅ぼされて逃れてきたという。また、朝鮮半島の人びともO系統である。  

 

現代の日本人の体の中に占めるD系統の割合は3割、O系統は5割と、渡来系の比率が高い。この数字だけ見れば、やはり渡来人に先住民が圧倒されたと思えてくる。しかし、稲作の導入による食糧事情の変化は、出生率の上昇や、人口爆発を可能したとの仮説もなりたちます。

 

弥生時代の始まりとともに、渡来人の血が少しずつ染みるように先住民の中に受け入れられながらも、縄文時代から続く列島人の風習と伝統は、次の世代、また次の世代へと受け継がれていきました。わたし達の日本人は、そうした伝統を受け継いだ縄文人の末裔です。  われわれの御先祖様たちは「敗れ、渡り来たった者たち」を寛容に受け入れ共存し、豊かな感性を磨き、当時の中国や朝鮮半島の先進の文物を貪欲に学び取り、世界に冠たる文化を花開かせてきました。その歴史を、われわれはもっと誇りにすべきではないでしょうか?

 

言い伝えのなかにこそ、「日本」はある 

 

縄文から続く、最大の風習がお盆です。仏教の行事と誤解される「お盆」ですが、ご先祖さんが、山から帰ってくるっという信仰は、神道。そして、はるか前の縄文時代から続いていると多くの研究者が指摘しています。教科書にぶつ切りにされた日本史は、所詮、文字だけのこと。DNAの研究がすすみ、縄文型と弥生型と、日本人の先祖をさかのぼる調査も始まっています。いまあなたの中にも縄文人の血が流れている(かも)しれません^^

 

本当の歴史は、教科書の中でなく、あなたとあなたをとりまく生活のなかに、ひっそりと眠っています。

家訓二スト協会では、地域の歴史、そして一族の歴史のなかに、本当の「日本」を探していきます

 

「お盆に海にいくな」という言い伝え

「家訓」とは、言い伝えや教訓を子孫に残す文化で、古来より日本に根付いてきました。しかしある調査では7割の家に家訓がないとのデータもあり、多くの人が、古臭いもの、あるいは名家や、老舗にあるもので、自分の家とは関係ないものと感じている現状があります。 

 

「家訓」は、おじいちゃん、おばあちゃんの知恵であり、人生で本当に大事にしなければならい金言がそこには溢れています。たとえば、「お盆に海にいくな」っという言い伝えをあなた聞いたことがありますか?家訓二ストもおばあちゃんによく言われていました。その理由は、お盆をすぎるとクラゲがでるからかな?と自分なりに解釈していましたが、最近の研究で、お盆を境に、海流がかわり、離岸流という恐ろしい波が発生することが分かってきました。おばあちゃんの知恵は、たぶん、その上のおばあちゃんから、あるいはもっと前のご先祖さんから伝えれてきた知恵なのではないでしょうか?

 

本当の歴史は、教科書の中でなく、あなたとあなたをとりまく生活のなかに、ひっそりと眠っています。家訓二ストは、河童や天狗、地域の伝承、おばあちゃんの知恵の中に、本当の「日本」を探しています。ほとんど妄想ですが、いい考察ができました。ぜひ、読者の皆様も、あなたの街の不思議な風習をおしえてください

 

 

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      大人気・家訓ブログが本になりました!

 <新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

  

書籍概要 

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方 

著者 : 幡谷哲太郎 

発売日: 201561日 

出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税  

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063