藤沢周平 家訓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤沢周平(ふじさわしゅうへい)

生誕:1927年12月26日

死没:1997年1月26日

 

山形県鶴岡市出身。山形師範学校卒業。28歳という若さで妻ががんにより急逝。強い衝撃を受け、やり場のない虚無感をなだめるために時代小説を執筆するようになる。1971年「溟い海」でデビュー。

 

山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現在の鶴岡市高坂)に生まれる。父小菅繁蔵と母たきゑの第四子(兄弟は順に繁美、このゑ、久治、留治、てつ子、繁治)。実家は農家で、藤沢自身も幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わり、この経験から後年農村を舞台にした小説や農業をめぐる随筆を多く発表することになる。郷里庄内と並んで農は、作家藤沢周平を考えるうえで欠くことのできない要素ではないでしょうか

 

多数の映画化からわかる藤沢作品の人気

たそがれ清兵衛(2002年 配給:松竹 監督:山田洋次 出演:真田広之、宮沢りえ)

隠し剣 鬼の爪(2004年 配給:松竹 監督:山田洋次 出演:永瀬正敏、松たか子)

蝉しぐれ(2005年 配給:東宝 監督:黒土三男 出演:市川染五郎、木村佳乃)

武士の一分(2006年 配給:松竹 監督:山田洋次 主演:木村拓哉、檀れい)

山桜(2008年 配給:東京テアトル 監督:篠原哲雄 主演:田中麗奈、東山紀之)

花のあと(2010年 配給:東映 監督:中西健二 主演:北川景子)

必死剣 鳥刺し(2010年 配給:東映 監督:平山秀幸 主演:豊川悦司)

小川の辺(2011年 配給:東映 監督:篠原哲雄、主演:東山紀之、菊地凛子)

一茶(2017年公開予定 監督:吉村芳之、主演:リリー・フランキー)

 

 

 藤沢家 家訓

 

1.普通が一番

1.挨拶が基本

1.何事にも感謝する

1.間違いがあった時は謙虚に非を認める

1.派手なことはせず、目立つことはしない

1.自慢しない

 

普通に生き、平凡でいい、ひたむきに生きる姿勢は、私生活だけでなく、多くの藤沢作品にみられる共通点です。

いまも、多くの人に愛される作品には家訓が反映されているように感じます

 

 

  

 

 

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      

 

大人気・家訓ブログが本になりました! 

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

 

 書籍概要

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

 著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 201561

出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税  

 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063