近衛文麿 家訓「皇室の藩屏」たれ

 

 

 

 

 

  

  

 近衛家家訓

『皇室の藩屏(守護者)たれ』

 

近衞 文麿(このえ ふみまろ)

生誕:1891年(明治24年)10月12日

死没:1945年(昭和20年)12月16日)

 

貴族院議員、貴族院副議長(第10代)、貴族院議長(第9代)、内閣総理大臣(第34・38・39代)、外務大臣(第57代)、拓務大臣(第13代)、班列、農林大臣(臨時代理)、司法大臣(第43代)、国務大臣、大政翼賛会総裁(初代)などを歴任した。

 

五摂家の近衞家の第30代目当主。後陽成天皇の12世孫にあたる。父である近衞篤麿は、第7代学習院院長や第3代貴族院議長など活躍していたが、文麿が成人する前に病没した。父の没後、近衞家を継承した。ちなみに、第45・46代熊本県知事や第79代内閣総理大臣を務めた細川護煕とは外孫にあたる。

 

昭和恐慌といわれた時代、政治家は腐敗し、軍部に実権が移りつつある情勢のなか、天皇の血筋を引き継ぐ五摂家筆頭という家柄に加えて、一高から二つの帝大に入った高学歴や、180cmを超す当時では高い身の丈で貴公子然とした端正な風貌と、対英米協調外交に反対する既成政治打破的な主張で、大衆的な人気も獲得し、早くから将来の首相候補として注目をあびます。結局、3度にわたり内閣総理大臣に指名されることとなり、日中戦争の開戦時も首相を務めていました。

 

太平洋戦争中には、吉田茂などとヨハンセングループとして昭和天皇に対して「近衛上奏文」を上奏するなど、戦争の早期終結を唱えます。また、戦争末期には、独自の終戦工作も展開していた。太平洋戦争終結後、東久邇宮内閣にて国務大臣として入閣し、憲法改正に意欲を見せたものの、A級戦犯に指定され服毒自殺しています。 

 

皇室の藩屏として

「藩屏」とは垣根の意味であり、防備のための囲いという意味が転じて、王室を守護するものを意味する言葉です。藤原氏の流れをくみ、公家の筆頭でもあった近衛家では、つねに「皇室の藩屏」としての行動が求められ、いつしか近衛家の家訓となっていきました。

 

近衛文麿は、日中戦争を拡大させた首相として知られるもの、他方で、日米開戦を回避するための活動も行っています。君主でありながら、自らの意志を発せられない昭和天皇にかわって、太平洋戦争の回避のため、「皇室の藩屏」につとめた一生を送ったのではないでしょうか

 

藤原氏と近衛家

かつて政治が行われていた京都御所(ごしょ)には、貴族たちの仕事を記したものがのこされています。『年中行事障子(しょうじ)』です。儀式(ぎしき)や行事の数は200以上。なかには今に伝わるものもあります。3月には、子どもの病気をはらうため川に人形を流す行事が行われ、今の「ひな祭り」として伝わっています。天皇に相撲(すもう)を見せる行事もありました。五穀豊穣(ごこくほうじょう)をいのり、作物の出来ぐあいをうらなうために行われたそうです。平安時代の天皇や貴族が行っていた行事が、現代に伝わっているのです

 

近衛家は、鎌倉時代に成立した藤原氏嫡流で公家の家格の頂点に立った5摂家(近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家)。近衛文麿や細川護熙も、五摂家の流れをくむ超一流の血筋です。御三家はいずれも侯爵ですが、五摂家はいずれも公爵(最高位)。藤原鎌足を祖として1300年間、日本の上流に君臨する公家・華族です。

 

 

陽明文庫(ようめいぶんこ)は、京都市右京区宇多野上ノ谷町にある歴史資料保存施設です。この施設は、近衛文麿が先祖から伝わる膨大な資料を未来に遺すため建設されたもので、平安時代の貴族文化を伝える貴重な資料がのこされています。

 

典籍、記録、日記、書状、古美術品など約10万件に及ぶ史料が保管されており、近衛家の遠祖にあたる藤原道長(966 - 1028)の自筆日記『御堂関白記』を筆頭に、20世紀の近衛文麿の関係資料まで、1,000年以上にわたる歴史資料を収蔵し、研究者に閲覧の便を図るとともに、調査研究事業、展示出陳事業、複製本の刊行などの事業を行っています。

 

近衛家の歴代当主は、藤原道長の日記『御堂関白記』をはじめ、先祖の日記や朝廷の儀式関係などの重要な文書記録を大切に伝えてきた。近衛家の当主は代々、摂政関白等の政治上の高い地位を占め、鎌倉時代以降は実権は伴わなかったとはいえ、朝廷の儀式などに関与し、摂関家としての権威を保ち続けてきた。そうした政務や儀式のよりどころとして、歴代当主の遺した日記や文書記録を保管することは近衛家にとって重要なことでした。 

 

ノブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務

イギリスの貴族の間には、ノブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務)という考えがあるそうです。貴族は、優雅な生活をするだけではなく、国難の際には、誰よりも先頭にたち、国のため、王室のために血を流すという覚悟を示す言葉です。実際。20世紀になっても、第二次世界大戦ではエリザベス2世がイギリス軍に従軍し、フォークランド紛争にもアンドルー王子などが、実際に戦場に立たれた経験をもっています。

 

近衛文麿の半生をみると、幼いころから「皇室の藩屏(守護者)」と言われて育つことの意味と厳しさを痛感させられます。

政治家として難しい選択を求められる一方、文化の担い手として、1000年に渡る一族の歴史を後世に遺すことに情熱をかたむけた半生には、ノブレス・オブリージュなしには、華族の歴史、そして近衛文麿の生涯を語れないとをあらためて感じました。

 

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      大人気・家訓ブログが本になりました!

       

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感! 家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が、 初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

         

書籍概要  

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方  

著者 : 幡谷哲太郎  

発売日: 201561  

出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税   

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063