松岡修造 家訓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松岡 修造(まつおか しゅうぞう)

生誕:1967年11月6日 -

 

東京都出身の日本の元男子プロテニス選手、兼スポーツキャスター、スポーツ解説者。現日本テニス協会理事強化本部副部長。身長188cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)、ダブルス1勝を挙げた。

  

現役引退後はジュニア選手の指導やテニス大会の運営、日本テニス協会の理事を務めるなど引き続きテニスに携わりつつ、スポーツキャスター、タレント、日本オリンピック委員会スポーツ環境専門委員、ミズノスポーツ振興財団顧問[3]などとしても活動している

 

松岡修造家の家訓五カ条

 

その1:親に勘当されても己の選んだ道を最後までやり遂げろ

 

その2:人生に正解はないので何度も何度も疑問に思え

 

その3:夢は口に出して有言実行せよ

 

その4:勝負のチャンスは一瞬なので決断は即断即決せよ

 

その5:熱血である前に冷静であれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松岡修造は、華麗なる一族

 

曾祖父:小林一三(阪急東宝グループ創業者)

曾祖叔父:田邊七六(衆議院議員)

曾祖叔父:田邊宗英(後楽園スタヂアム社長)

祖父:松岡辰郎(東宝社長)

従祖叔父:田邊圀男(総理府総務長官)

父:松岡功(東宝名誉会長)

母:千波静(宝塚歌劇団卒業生)

妻:田口恵美子(元アナウンサー)

兄:松岡宏泰(東宝東和社長)

義兄:辻芳樹(辻調理師専門学校校長)

義伯父:小林公平(阪急電鉄社長)

従叔父:鳥井信一郎(サントリー社長)

従兄:小林公一(阪急阪神HD取締役)

 

松岡修造の華麗なる血脈は、曽祖父である小林一三から始まります。小林は、阪急グループの創始者として知られ、実業家だけでなく、本業を発展させながら、情報、レジャー、文化というコンセプトを次々に生み出し、グループ全体の付加価値を高めた経営者でした。とくに、文化産業の生みの親として知られ、今も根強い人気を誇る「宝塚歌劇団」、日本のハリウッドを目指した「東宝映画」、新聞社を巻き込んだ「夏の高校野球」といったイベントを考案し、ビジネスとして発展・成長させた天才起業家です

 

華麗なる一族の子息として生まれ何不自由なく育った修造。しかし、テニスの魅力にひきこまれ、幼稚舎から通っていた慶応を独断でやめ、テニスの強豪校として有名な九州の柳川に転校してしまいます。その後、プロ転向の際には父から一切の援助は行わないと条件を付けられており、松岡のプロ生活は金銭の工面に苦労することからはじまりました

 

 

親に勘当されても己の選んだ道を最後までやり遂げろ(家訓より)

 

当初は貧窮に堪えながら世界中を転戦していました。ホテルの朝食に出たクロワッサンを隣のテーブルから盗んで食べたこともあったという。宿泊するのは3流以下の安モーテルの一室で、更にそれを知り合った外国人選手と折半。ランキングが下の松岡はいつも汚い床の上で寝ていたという

 

しかし、松岡は、苦しい状況のなかでもプロとしてスキルをあげ、日本テニス界のパイオニアとして、ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)、ダブルス1勝を挙げた。

 

また、1995年ウィンブルドン選手権男子シングルスで日本人男子として62年振りにグランドスラムベスト8に進出した人物である。また現在、ウィンブルドン選手権では日本人男子最後のベスト8進出者となっている。また、ウィンブルドン選手権での通算7勝は2015年に錦織圭に抜かれるまで日本人最多の記録となりました。 

 

怪我との戦いでもあったプロとしての現役生活をおくった松岡は、引退後はテニス界の発展のため、後身の育成に尽力します。テレビにも積極的に出演し、熱すぎる言動も話題になっていきます。日本を代表する元トッププレイヤーが、恥も外聞もすて、話題づくりに奔走したことで、多くの注目が集まります。そうした環境のなか、有望なジュニア選手が生まれることになります。そんなジュニア選手のひとりが、いま世界で注目をあびるテニス選手、錦織圭でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「想い」だけでは破れない壁

  

修造チャレンジ 

松岡修造と日本テニス協会の強化本部およびジュニア育成本部との共催で、世界を目指すトップジュニアを対象とした強化キャンプです。優秀な選手を育てるためには、こうした技術面のサポートに加え、金銭面のサポートが欠かせないものになっています。

 

修造自身は、裕福な実家の支援に頼らず、自身の根性だけで、こじ開けていった世界への壁。しかし、金銭面の心配なくプレイヤーに集中できることの必要性も人一倍感じていました。そうした環境づくりのため、修造は、とくに優秀なジュニア選手を海外に留学させる仕組みづくりを始めます。

 

若いうちに海外のトップスクールで学ぶことは、トップ選手になるためには、必要不可欠なファクターです。しかしそのためには、年間にして数千万の金銭的負担が必要です。「想い」だけでは破れない壁がそこにはありました。ここで修造は、自身のテレビ出演をテコにして、政財界にスポンサーを募る活動をはじめます。この活動では、修造の華麗なる血脈が役にたつこととなり、修造の兄が社長をつとめる映画会社の東宝をはじめ、多くの資金が「修造チャレンジ」に集まることとなりました

 

バラエティー番組では、ピエロのようにいじられる松岡修造。熱すぎる芸風?もあいなって、松岡修造が夏の猛暑に影響しているとの都市伝説まで生まれました。しかしその裏には、トップ選手の育成のためのビジョンにそった冷静なジャッジがあったのです。曽祖父である小林一三氏に勝るとも劣らない事業家としての才能なのでした。そして、そのビジョンに導きかれるように修造を超える逸材、錦織圭が誕生するのです。

 

錦織圭「“第二の錦織”を育てたい」10億円で叶える夢計画 

大会直前の会見で並々ならぬ意気込みを語っていた錦織圭選手(24)。16日にロンドンで閉幕したATPツアー・ファイナルで、快進撃を続けた錦織。年間ランキングのトップ8だけが出場できる夢の頂上決戦では、準決勝進出の快挙を果たした。そんな今大会に臨んだ錦織には特別な思いがあったという。

 

「彼はいま、“賞金をなるべく多く稼ぎたい”という気持ちが強いんです。というのも賞金を貯めて、子供たちのための、テニスの学校を作りたいという思いがあるからだそうです」(テニス関係者)

 

 錦織は11歳で松岡修造(47)の主催するジュニア育成合宿『修造チャレンジ』に参加し、才能が開花するきっかけとなった。さらに13歳で米国のテニス・アカデミーに留学できたのも、盛田正明テニス・ファンドの支援があったからだ。このファンドは、ソニー副社長だった盛田正明氏が個人の私財で立ち上げた“トップテニスプレーヤーを育成する”ための財団だ。このアメリカ留学がなければ、現在の錦織の活躍はなかっただろう。

 

「今回のファイナル出場で得た賞金を上乗せすると、錦織の生涯獲得賞金は8億円超となりました。盛田ファンドの資産は約10億円です。錦織選手は、テニス学校や基金を設立するという夢を叶えるため、10億円を目標にしてお金を貯めているそうです」(別のテニス関係者)

 

錦織が「世界一の挑戦」に秘めていたのは、恩返しの思いなのだ。

 

「錦織選手は、松岡さんや盛田さんに感謝してもしきれないという気持ちなんです。こうやって世界のトップに駈け上がれたのも、彼らの支援や指導のお陰だと実感しているのでしょう。ですから、今度は自分自身が『日本の子供たちを自分と同じく世界の舞台に立たせたい』という使命に燃えているようです」(前出・別のテニス関係者)

 

 第二の錦織を自ら育てたいという悲願のためにも――。来シーズンも、果敢に世界の頂点を目指して戦う日々は続く 

 

 

 

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=151x1024:format=png/path/s8fd5e74b72495120/image/i1b06056c366cd801/version/1458779739/image.png      大人気・家訓ブログが本になりました!

 

 

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

 

家訓のスペシャリストの幡谷哲太郎氏が、

 

初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

 

 

 

書籍概要

 

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

 

著者 : 幡谷哲太郎

 

発売日: 201561

 

  出版社: セルバ出版 価格 : 1,600円+税  

 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063