今川家 家訓 「今川状」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今川 義元(いまがわ よしもと)は、戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。今川氏第11代当主。婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。「海道一の弓取り」の異名を持つ。

 

 

最高の噛ませ犬?桶狭間で敗れた義元 その実情

桶狭間の戦いでは、当主の「今川義元」が大軍を率いていながら、少数の兵しか持っていない織田信長に敗れて戦死ししてしまったため、世間では信長が世に出る噛ませ犬役程度にしか思われていません。さて、今川家は本当に、ただの引き立て役だったのでしょうか・・・?

 

実は今川家は、将軍に何かがあって将軍家が絶えてしまうような事があった時に、その将軍職を引き継ぐ権利を持っていた名家中の名家でした。今川家は元々「駿河(静岡県東部)」を支配していましたが、今川義元の父「今川氏親」は、関東を支配していた北条早雲と同盟を結び、「遠江(静岡県中部~西部)」に進攻して制圧、さらに三河や尾張にも勢力を伸ばそうとしました。

  

その一方で政治的にも優れており、領内の検地(田んぼや畑を調査して税金などを決める事)や、家来・役人への給与制度の改革などを当時としては非常に早い段階で徹底して行い、国を治める元となる法律「今川仮名目録」を制定するなど、運営にも尽力していました。

 

家柄がよく、軍事的にも政治的にも優れていた事こそが、今川家が戦国時代の初期に大勢力となり得た理由だったのです。 名門の誉れに加え、政治的、軍事的にも優れた今川家。義元にとって不幸だったのは、同じ時代に織田信長という天才が生まれたことです。信長がいなければ、今川家こそが、歴史の中心にいる存在でした。

 

作家の司馬遼太郎さんは、織田信長の存在を、「すべては信長から始まった」と最大限の賛辞をおくっています。その始まりの始まりは、桶狭間の戦いであったことを考えると、今川義元もまた巨人。鎌倉時代からつづく、中世を代表する義元を殺害したことで、戦国時代は幕を開けたとも言い換えられます。

 

今川家、そして今川義元は、信長を誕生させる装置であり、日本史以上の残る最高の噛ませ犬だったと断言できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外に知られていない桶狭間後の今川家

 

NHK大河ドラマ『女城主 直虎』は、戦国時代の三河地方で、今川、武田、織田など勢力に翻弄されなれながら、しぶとく生き残る井伊家の歴史を描いています。このドラマのなかでは、一般のドラマでは触れられない桶狭間の戦い以後の今川家のその後も描かれています。

歴史好きの家訓ニストも忘れていた?その後の今川家の歩みを紹介します^^;

 

今川氏真(うじざね)は「海道一の弓取り」と言われた東海道の大名・今川義元の嫡子です。父が織田信長に討たれた後、9年ですべてを失って大名としての今川氏を滅ぼしています。その後はかつて父の家臣だった徳川家康の元で生きのび、子どもや孫は旗本に取り立てられ、小さいながらも今川氏を存続させることには成功しました。

 

義元の予想外の死によって、氏真は今川氏の全権を担うことになります。しかしその統治は初めからつまづくことになりました。三河で父の家臣だった松平元康が自立を宣言し、今川氏の支配から離脱してしまったのです。そして1562年になると、元康は父の仇である信長と同盟を結び、今川氏に敵対する姿勢を明らかにします。これを受け、氏真は自ら軍勢を率いて三河の牛久保城を攻撃しますが、元康の反撃を受けて撃退されてしまいました。元康の「元」の字は義元から与えられたものでしたが、今川氏から離脱したことを明確にするため、松平家康と改名しています。

 

家康はその後、東三河の要衝である吉田城を支配下に収め、今川氏の勢力を三河から完全に駆逐しました。

   

1562年には謀反の疑いがあった国人領主の井伊直親を、家臣の朝比奈泰朝に命じて誅殺させていますが、こうした強硬な措置はさらなる反発を招くことになります。

 

 

元祖バカ殿?連歌や茶会にふける 

今川氏が危機に陥る中、氏真は連歌の会や茶会を盛んに催しています。このように、政務を一部の寵臣に任せ、氏真自身は遊興にふけっていたことが、今川氏に急速な衰退をもたらす原因になったと言われています。氏真からすれば、父の死後は日に日に悪化していくばかりの政情に嫌気がさし、現実逃避のために和歌や茶会などに興じていたのかもしれません。

 

芸は身を助く 家康から領地を安堵される

 

やがて家康が征夷大将軍となり、幕府を開いた後に面会し、氏真は領地の安堵を受けて今川氏を存続に成功しています。

家康は、旧時代の名家の一部を、高家として採用し、石高こそ小さいものの、礼儀作法や、京都の公家勢力との取次を担わしていくこととなります。この高家には、今川家の他に、忠臣蔵で有名になる吉良家などが任命されていました。

 

 

また、かつの主家であることから、律儀な性格である家康からは、一定の配慮がなされていたと思われます。

 

氏真が早くに武将を辞めて野心を捨てていたことも、平和になった時代ではかえって好ましく思われたかもしれません。遊びほうけていた?氏真でしたが、人畜無害の存在がかえって命をつなぎ、お家を存続させたとも言えます。氏真からみれば、家康は、部下であり、元人質であり、幼少期を共に暮らした仲でありながらも、裏切られ天下どりの踏み台にされたにっくき敵ともいえます。

 

しかし、氏真には幸か不幸か、才覚もなく、また野心もありませんでした。歌や酒におぼれるバカ殿は、バカに徹したからこそ、戦国時代をいきのび、家康に組みいることで明治時代まで家名を保つこととなりました。

 

芸は身を助く・・・バカは身を助く(ー_ー)!!

家康が仕えた主君は2人、ひとりは今川家、もう1つは、豊臣家です。今川家は許されたものの、バカになりきれなかった豊臣家はつぶされること成りました。これはこれで、立派な処世術だったのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

日本最古級 今川家 家訓 『今川状』

 

室町時代の初期,今川了俊 (貞世) が弟仲秋のために記した家訓。政治,生活,教養など武士の心得を 23ヵ条にまとめたもので,中世の家訓のなかでも代表的なものである。近世になって,『今川状』『大橋流今川状』『今川童蒙解』という名で流布し,寺子屋の教科書などに多く用いられた。また『寺子今川状』『百姓今川淮状』などのように「今川」の名を借用した派生的な教科書も出回り,他方では『女今川』のように女子教訓書として流行したものまであった。

 

駿河、遠江(静岡県一帯)を支配下に収め、戦国時代初期に最大規模の勢力を持っていた大名が、この「今川家」です。

 

今川状は、今川家が桶狭間の戦いで歴史の表舞台から消えた後も、道徳訓として広く流通し、江戸時代をつうじて、子供の手習い本、修身書とされ広く親しまれることになりました。

 

 

一 文道不知而 武道終に勝利不得事

 

一 鵜鷹逍遥を好 無益の殺生を楽しむ事

 

一 小過之輩糾明を遂げず 死罪を行はしむる事

 

一 大科之輩 贔屓之沙汰為て 宥免致す事

 

一 民を貪り神社没倒しめ 栄花を極める事

 

一 先祖之山荘 寺塔以下破壊し私宅を荘る事

 

一 君父重思忘却せしめ忠孝を猥る事

 

一 公務を軽んじ 私用重く天道不恐働の事

 

一 臣下善悪弁ず 賞罰を正さざる事

 

一 我臣下の働き知如く 君又同前為可 事

 

一 過乱両説を企て他人之愁を以て身を楽事

 

一 身の分限を知らず 或は過分或は不足事

 

一 他人之理を失 濫望致し権威に募る事

 

一 賢臣を嫌い佞人を愛す 非分沙汰致す事

 

一 非道而正路の富を羨不可 而衰を軽可からず事

 

一 酒宴遊興勝負長く家職を忘る事

 

一 己利根に迷い万端に就いて他人を嘲る事

 

一 人来則(とき)虚病を構へ対面能ず事

 

一 独味を好み人施能ず 隠居せしむ事

 

一 出家沙門 尤も尊崇致し礼儀正す可事

 

一 分国於 諸関を立て往還旅人を煩はしむる事

 

一 武具衣裳己過分而 臣下見苦い事

  

一 貴賤因果道理を弁えず安楽に住 事