榎本武揚 辞世の句

 

 

 

 

辞世の句

隅田川 誰を主と言問はば 鍋焼きうどん おでん熱燗 

 

 

 

 

 

 

 

榎本 武揚(えのもと たけあき)

生誕:1836年10月5日(天保7年8月25日)

死没:1908年(明治41年)10月26日)

 

 

榎本武揚先生は伊能忠敬の元弟子であった幕臣・榎本武規(箱田良助)の次男として生まれる。12歳で幕府の昌平坂学問所に入学し儒学を学びました。26歳のとき幕府初の海外留学生に選ばれオランダに留学。4年余の間に洋式海軍技術、国際法、農業、工業などを学び、蘭・仏・独・露の4 ヵ国語を身につけました。

 

帰国後、幕府海軍の指揮官となり、戊辰戦争では旧幕府軍を率いて蝦夷地を占領、いわゆる「蝦夷共和国」の総裁となった。箱館戦争で敗北し降伏、東京・辰の口の牢獄に2年半投獄された。

 

戊辰戦争によって幕府は倒れ、明治新政府が発足。しかし明治初期の日本にあって、榎本先生は近代科学の知識と国際感覚をもつ時代の先駆者であり、万能の人ともよばれました。

 

敵将・黒田清隆の尽力により助命され、釈放後、明治政府に仕えた。開拓使で北海道の資源調査を行い、駐露特命全権公使として樺太千島交換条約を締結したほか、外務大輔、海軍卿、駐清特命全権公使を務め、内閣制度開始後は、逓信大臣・文部大臣・外務大臣・農商務大臣などを歴任、子爵となった。

 

また、メキシコに殖民団を送ったほか、東京農業大学の前身である徳川育英会育英黌農業科や、東京地学協会、電気学会など数多くの団体を創設した。

 

明治時代も落ち着いた頃、徳川慶喜が公爵となったとき(1902年)、旧幕臣が集まり祝宴を開いた。その際、慶喜一家とともに榎本も加わって写真を撮ることになったが、榎本は主君と一緒の写真など失礼なことはできないとして遠慮しているとの逸話が残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻に終わった北海道独立国(蝦夷共和国)

蝦夷共和国とは、1868年から1869年にかけて蝦夷地(北海道)に存在した政権の通称である。

 

戊辰戦争の最後の決戦場、北海道の函館五稜郭。ここは、新撰組の副長土方歳三、最期の地として知られています。この五稜郭で旧幕府軍を率い戦ったのが、総裁であった榎本武揚でした。 

 

榎本武揚率いる旧幕府海軍が奥羽越列藩の残党を吸収しつつ蝦夷地に上陸。府知事を敗走させた後、蝦夷地を占領した。彼らは、更に独立政権として認めるよう函館にいた諸外国の領事に要求した。この時、蝦夷共和国が事実上の政権と認められた。

 

首都は箱館。公用語は日本語、他にアイヌ語。総裁は榎本武揚。副総裁に松平太郎。1868年12月15日に成立を宣言。一応、政権としての体裁は整えたが必ずしも一枚岩ではなかった。ちなみに、日本で始めて選挙で官職を決めた(公選入札)。

1869年5月17日、政府が新政府軍に降伏し、その他の人も次々に降伏。事実上崩壊した。

 

陸軍奉行大鳥圭介、陸軍奉行並土方歳三の率いる、歩兵四個連隊を中心とした陸軍、および荒井郁之助が海軍奉行を務め、旗艦開陽以下千代田形など軍艦6隻、輸送船6隻からなる海軍を有していた。北洋の風浪のため多くの軍艦が失われ、千代田形や蟠龍といった残存艦も新政府海軍との海戦の挙句喪失した。陸軍は五稜郭と周辺の砲台に拠って抵抗したが、激戦の後敗北・降伏し解体されている。

 

 陸軍奉行をつとめた大鳥圭介は、五稜郭の戦いで敗北が決定的になった時、徹底抗戦を主張する同僚に対して「死のうと思えば、いつでも死ねる。今は降伏と洒落込もうではないか」と開き直って降伏を受け入れたと伝わる。土方歳三ら、死中に活をもとめたものもあったものの、榎本武揚はこの進言をとりいれ、投獄されることとなりました

 

当然、敗戦後は責任を取らされて不遇の人生を・・・と思いきや、榎本は大臣を歴任し華族に列せられます。どうして、賊軍である榎本は新政府に許されたのでしょうか?

 

 

 

 敗北を受け入れず、幕府海軍を率いて蝦夷地へ遁走

折角、西欧の最先端知識を吸収し幕府の役に立とうとした榎本ですが、時代は、もう徳川幕府を必要とはしませんでした。鳥羽伏見の戦いに敗れた徳川慶喜が薩長連合軍に降伏した後も榎本は断じて降伏せず、幕府艦隊を率いて江戸湾を脱出し、蝦夷地(現北海道)に向かい、ここで蝦夷共和国を樹立します。

 

榎本は、国際法の知識を駆使して、蝦夷を独立国として諸外国に承認させますが、相次ぐ海上での事故で、軍艦を失い、戦費が枯渇して士気が低下すると、欧米列強は明治政府に肩入れし、蝦夷共和国は崩壊に向かいます。国際法の辞書を黒田了助に託した縁で助命される

 

蝦夷共和国軍は、兵士が逃亡し、弁天台の火砲を新政府軍に破壊されて、攻撃力が喪失し、榎本は降伏を決意します。そして、若い頃から肌身離さず持っていたオルトラン著「万国海律全書」を戦災から守る為に新政府軍の参謀、黒田了介(後の清隆)に送ります。

 

黒田は、万国海律全書に克明に記された注釈の多さに驚き、榎本の才能に感服すると同時に、この人物を殺してはならないと決意します。そして、新政府軍要人を説得し、とうとう榎本の助命を実現させるのです。榎本の博覧強記が、榎本の命を救ったのでした。

 

榎本は、自らの死を覚悟しながらも、「日本」という国の在り方を憂い「万国海律全書」を敵将に預けました。そうした行動や、また榎本自身の人柄もあったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本初の本格的な外交交渉

終戦から70年以上たち、いまだに解決していないのが、不法占拠されたままとなっている北方領土の問題です。

 

交渉は1874(明治7)年から、ロシアのサンクトペテルブルクで行われました。日本から派遣された旧幕府海軍副総裁・榎本武揚です。榎本は新政府と旧幕府側の最後の戦いとなった箱館戦争(五稜郭の戦い)で破れ、投獄されますが、オランダ留学中から肌身離さず海洋法に関する「海律全書(海上国際条規)」を持つなど国際法に通じていたことから、助命され、明治政府の一員となりました。交渉時は日本初の海軍中将、駐ロ特命全権公使に任命され、約1年近い交渉の末に、ロシア外務大臣ゴルチャコフとの「樺太千島交換条約」締結にこぎつけます

 

新政府にとり、財政力でも防衛力でも広大な樺太を統括する力がなかったとはいえ、面積的に見れば7万6400平方キロメートルある樺太を放棄し、総面積1万数千平方キロメートルしかない千島列島との交換は割に合わないようにみえます。

 

しかし、ロシアの海洋進出を警戒していた英国政府のアドバイスもあり、地政学上、オホーツク海と太平洋を分ける千島列島は海洋戦略上、重要な地点という認識を、明治政府が持っていたとみられます。また千島列島は南北に約1200キロの長さがあり、水産業にとっては大きな意味を持ちました。

 

 また、「樺太千島交換条約」の文面をみると、日本に譲渡されるウルップ島以北の18島の名称はありますが、択捉・国後・色丹・歯舞の北方四島は含まれていません。既に先の「日魯通好条約」で択捉島以南が日本領であるということが両国間で明確に認識されていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京農業大学を設立

ユーモラスな?大根踊りで有名な「東京農業大学」。その創立にかかわったのも榎本武揚の功績です

 

1885年、榎本が中心となり、旧幕臣の子弟に対する奨学金支給のため徳川育英会を設立。この徳川育英会を母体に、1891年(明治24年)3月6日、東京・飯田橋に「育英黌」を設立し管理長に就任した。育英黌は、農業科(現在の東京農業大学)、商業科、普通科の3科があった

 

留学や政府の激務を通じて諸外国の産業を視察した榎本先生は、日本が国際社会で競争できる国力をもつためには、安定した農業生産力の発展が欠かせないと考えました。そして1891(明治24)年に自ら創設した育英黌農業科(現在の東京農業大学)は、近代農業の技術を国内各地に広めるリーダーたちを育成するという、高い目標を掲げる学校でした。

 

実学主義の提言

当時、官立(国立)の農学校が理論優先の教育をおこなっていたのに対し、榎本先生は「教育とは、セオリー(理論)とプラクティス(実践)の二者が車の両輪のように並び行われることで、はじめて完全なものとなる」とし、実習を重視する教育の必要性を強く唱えました。

 

多忙な公務にもかかわらず、学生が校外実習に出るときには、彼らの身分証明書のすべてを自らの手書きによって発行したといいます。榎本先生の掲げた理念は“実学主義”の草分けとなり、120年以上を経たいまも、東京農業大学の教育の原点として力強く受け継がれています。