有名人の家訓

 

家訓を持っていますか?

家訓と言っても、ほとんどの人は自分に関係ないものと感じることでしょう。しかし、世の中をじっと見渡してみると、家訓をもっている家庭はまだまだたくさんあります。

 

家族を守るために日夜がんばるお母さんや、お父さん。そんな家族を守り育てる効果が家訓にはあります。家訓は家の精神的支柱となる「言葉のお守り」です。

 

子供たちのために、そして、孫やひ孫の代まで遺せる家訓をつくっていただくために家訓二スト協会では、セミナーの展開や著作を発表しています。

 

l今回のブログでは、著名人の家に引き継がれてきた家訓を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロッケ家訓

  「あ」せるな 

  「お」こるな 

  「い」ばるな 

  「く」さるな 

  「ま」けるな

 

コロッケ

生誕:1960年3月13日

 

コロッケさんは、ものまねタレントです。 熊本県熊本市出身で、近年、中学生のころから中耳炎による聴力障害で右耳の聴力をほぼ失っていることを告白されました。

 

コンプレックスを成長の糧に

親の離婚で母と姉の3人家族となり、生活が厳しくなったそうです。7歳の頃にプールで耳に水が入り中耳炎となるが、生活が厳しかった事もあって母に言い出せずにそのまま放置、さらに膿んでしまって耳から悪臭が漂い、学校でいじめに遭うが、母に迷惑を掛けまいと黙っていた。14歳になって耳に激痛が走り、聴力を失ったそうです 「この障害で骨伝導で音を聴くようになったことが逆に音に対する感覚に敏感となり、現在の芸風確立につながっている。またこれが芸人を目指すきっかけとなった」と語っています 家訓は、あおいくま(あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな、の頭文字を合わせたもの)で祖母から贈られた言葉です

 

「あおいくま」の家訓に学ぶもの

人に歴史あり・・・ 人知れず障がいを抱えながら、逆境を力にし、それをも財産にしている様に感動します。

コロッケさんは著作のなかで、この「あおいくま」の家訓を紹介しています。 貧乏であったこと、しかし家庭には笑顔があふれていたことなど、モノマネの際には決して見せないコロッケ本人の素顔をみることができます

「あおいくま」の家訓。ゴロがよく、なおかつ人生で大切なものを端的に表す家訓です! 子どもたちにも楽しんで唱和ができる「あおいくま」はおススメの家訓です。家訓は、ビビっとくれば、モノマネでも素晴らしいことだと思います。ぜひご家庭でも実践いただき、

笑顔の絶えない家庭を構築ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上野家 家訓

 はい、という謙虚な心

 進んでするのが「人の上」 

 真似してするのが「人の中」 

 言われてするのが「人の下」 

 言われてせぬのが「人の屑」

 

上野 由岐子

福岡県福岡市出身のソフトボール選手(投手)。2004年アテネオリンピック銅メダリスト、2008年北京オリンピック金メダリスト。

 

2004年のアテネオリンピックではオリンピック史上初の完全試合を含め3勝をあげたが、銅メダルに終わる。2008820日、北京オリンピック準決勝のアメリカ戦、同日夕刻の決勝進出決定戦の豪州戦と2試合続けて登板、いずれも延長戦となり合計318球を投げ完投。そして翌21日のアメリカとの決勝戦も先発して7回完投勝利、2日間3試合413球を投げ抜き、球技としては1976年モントリオールオリンピックの女子バレーボール以来となる日本の金メダルに大きく貢献した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

菅野家の家訓

 『仕事と健康と貯金は無くなってからでないとありがたみがわからない。』

母が祖母に言われていた家訓。色紙かいて飾ってあるとのこと、子どもの頃からほしいものは自分で仕事をして買いなさいと言われていました。

 

菅野 美穂(かんの みほ)

生誕:1977年8月22日 -

 

日本の女優、歌手、タレント。愛称は菅ちゃん。埼玉県坂戸市出身(出生は神奈川県伊勢原市)。研音所属。夫は俳優の堺雅人

 

2015年、待望のお子さんが産まれ子育てで忙しい生活を送っていた菅野美穂さんは、今年10月からのドラマ「砂の塔」の主演と「べっぴんさん」で女優業へ本格復帰することが決まりました。結婚当初、旦那さまである堺雅人さんとの夫婦仲はかなり良いものでありましたが、一部では離婚説もあったようです。結婚から3年が経った現在、女優業復帰で夫婦仲はどうなっていくのでしょうか。結婚までの馴れ初めや夫婦円満の秘訣などについてもご紹介します。

 

 

夫婦円満の秘訣

じつは、菅野さんが家で気をつけていることがあるそうなんですよ。それは、堺さんが仕事を終えて帰ってきたら、必ず笑顔で“おかえりなさい”と迎えてあげるということ。いま日本一の売れっ子と言ってもいいのが堺さん。そんな夫を見て、『私まで一緒になって休みなく仕事をしたら、生活がすれ違っちゃう』と彼女は心配しているんです」

 

子育て中の贅沢時間 

女優の菅野美穂が6日放送のNHK情報番組「あさイチ」(月~金、あさ8時15分)のプレミアムトークにゲスト出演。子育てや美肌の秘訣を明かした。

  

菅野は俳優の堺雅人と2013年4月に結婚し、2015年8月には長男を出産。現在、初の子育てに奮闘中だそうで、番組では“ママ友”であるタレントの坂下千里子にアンケート。「みぽりん(菅野)は肝っ玉母さん」と評され、一緒に外食をした際に子供が泣き出し「みぽりんは抱っこひもで抱っこし、中腰でスクワットしてあやしていました。周りにお客さんもいる中、たくましいなと思いました」とエピソードも披露された。
菅野はこのエピソードに「覚えてないや。美しい感じではないですよね。迫力が出ちゃいました」と苦笑い。坂下からはアドバイスだけでなく、腹帯、産着のお下がり、ジャングルジムなどをもらい、助けられているそうで「足向けて寝れないです」と笑顔で坂下へ感謝した。

 

視聴者から、子育てと仕事の両立の中での自分の時間について質問されると「自分の時間はしばらくないんだなと思ったんですけど」と率直に語った菅野。子供が保育園に行っている間に台本を読むそうで「気分転換に外でカプチーノ飲んでから、台本開くんですけど。子どもが生まれる前は何気ない時間でしたが(今は)カプチーノ飲む時間が『なんて贅沢なんだろう~!』と思いました」と明かした。

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

■中居家 家訓

   『求めるな。与えよ』

 

2015年、SMAP(当時)の中居くんが、お父さんを亡くされていたことを告白されました。 闘病中も、バラエティー番組に出演し続け、苦しい胸のうちを見せることもなく、笑いをお茶の間にお届けしてきたことに、プロ根性を感じます。 今回、ご紹介させていただく中居家家訓は、そんな中居くんを育てたお父さんが、闘病中に伝えた家訓です。

 

死期が迫るなか、中居くんは父親に家訓を遺してもらうことを依頼します。その時、伝えた言葉が、「求めるな与えよ」です。息子に伝えた家訓にはどんな思いが込められていたのでしょう?

 

短い言葉ですが、人生で一番大事なこと、そして「求めるな与えよ」との一文が中居くんそのものの人格を表すようにも思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜷川 実花 家訓 

父の教え10箇条

(1)いつでもどこでも男を捨てられる女であれ

(2)経済的にも精神的にも自立せよ

(3)出来るだけたくさんの男と付き合え

(4)なにしてもいいけど妊娠だけはするな

(5)従順なだけの女にはなるな

(6)男に騙(だま)されるな、騙せ

(7)なにより、かっこいい女になれ

(8)自分が正しいと思ったら、なにがなんでも突き進め

(9)過激に生きろ

(10)妬(ねた)むより妬まれろ。

 

蜷川 実花(にながわ みか)

生誕:1972年10月18日

 

日本の女性写真家、映画監督。世界的な演出家として知られる蜷川幸雄とキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の娘さん

 

平成28年5月蜷川幸雄さんが逝去されました、厳しい指導が有名で、数多くの演劇人を育てた幸雄氏。

その最高傑作ともいえる最愛の娘に与えた演出が、「父の教え10箇条」として読み取れます。

 

世の道徳や、観念などは時代、時代で変わるもの。蜷川幸雄氏の「父の教え」には、そんな固定概念を痛快なまでにぶっこわす教訓がこめられています^^

 

かっこいいお母さんにはかっこいい子どもが育まれます。女性を賛美する「父の教え」には、輝く女をつくるたくさんの秘訣がつまっています。

なかなか自由に生きられないのもとの常。しかし、家訓(父の教え)は蜷川実花さんの人生を確実に後押ししてきたのではないでしょうか?かっこいい女・蜷川実花さんには、かっこいい父ちゃんと、かっこいい「父の教え」があります。そんな蜷川家のDNAがどんな才能をみせてくれるのか、いまから子ども達の成長が楽しみです^^ 

 

実花さんが実践する「父の教え10箇条」には、嫌われる勇気と共に、子どもを、何よりお母さんの人生をキラキラさせる秘密がつまっています。実花さんのように、過激に生きるのは大変でも、かっこいい女でいるように、振る舞うことをお奨めします^^

 

そして、全国のお父さん、「父の教え10箇条」には、こんな一文があります。

「いつでもどこでも男を捨てられる女であれ」っと。・・・捨てられないように男を磨いていきましょう(*_*) 母ちゃんが輝くとき、また父ちゃんも輝くもの。その輝きは、家庭を、地域を、日本をまぶしいものしてくれます^^

 

 

  

       

神木家家訓

 性格のかわいい人でありなさい

 真逆の意見も一度は受け入れなさい

 実るほど頭を垂れる稲穂かな

   

神木 隆之介

生誕:1993年5月19日

 

埼玉県出身。アミューズ所属。 出生当初は大病をしており、「助かる確率は1%だったらしい」と本人は語っている。母親が生きている証を残したいと「セントラルグループ・セントラル子供タレント」へ入団させたのが芸能界に入るきっかけとなる。

 

2歳で芸能界に入り、6歳で初めてドラマデビューを果たすと、次々に話題の映画やドラマに出演し、瞬く間に天才子役と呼ばれるようになります。23歳となった今も、2017年3月に公開される『3月のライオン』や実写『ジョジョの奇妙な冒険』など、出演作が目白押しの人気俳優です。 

 

そんな神木さんですが、子役時代から人気があったにも関わらず、態度が横柄になったという噂は聞いたことがありません。2017年3月10日にNHK『あさイチ!』に出演した神木さん。彼が第一線で活躍し続けられる理由に、イノッチことV6の井ノ原さんが迫りました。

 

お母さんは厳しい言葉をかけつつも、節目節目ではしっかりと話を聞いてくれていたと語ります。 そんなお母さんが、神木さんに幼いころから「絶対に忘れてはいけない、これをテーマに生きなさい」と語っていた言葉があります。番組ではその言葉を『神木家家訓』として紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水木しげる家訓

 『世間の常識より、父親の常識』

 

水木 しげる(みずき しげる)

生誕:1922年3月8日

死没:2015年11月30日

 

日本の漫画家。文化功労者、傷痍軍人。本名は武良 茂(むら しげる)

 

鳥取県境港市出身、東京都調布市在住。ペンネームは、紙芝居作家時代に経営していたアパート「水木荘」から名付けた。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。40歳を超えてから人気作家となった異例の経歴で、その苦労と半生を紹介した「ゲゲゲの女房」は、ベストセラーとなり、NHK朝の連続ドラマ小説としてドラマ化され、人気を博した。

   

2015年11月30日、永眠。生きる妖怪が、本物の妖怪になったっと、惜しむ声とこれまでの歩みを賛辞する声がちまたに溢れています

 

 

水木先生の子育て論

妖怪ランキングで上位にくいこむ?水木先生の子育て論も、作風に似て、どこかユーモアにあふれる独特のものです。大人気となった朝の連ドラ『ゲゲゲの女房』でも、子ども達が、寝ることが最高の幸せとの持論に従い、寝坊を推奨する?姿が描かれました。

 

武良家家訓(先生の本名)は、「世間の常識よりも、父親の常識」というもの。

一見、亭主関白にも思わせながら、ユーモアと先生の人生論を背景にした素晴らしい家訓です。

 

そんな先生の子育て論が、著作である『水木しげるの幸福論』では、水木先生の人生観を反映した幸福の7カ条として紹介されています。  

 

幸福の七カ条  

第一条  成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条  しないではいられないことをし続けなさい。

第三条  他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条  好きの力を信じる。

第五条  才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条  怠け者になりなさい。

第七条  目に見えない世界を信じる。

    

■目に見えない世界を信じる  

先生自身の人生観を反映した幸せの七カ条の6番目と7番目にはこんな格言がのっています

第六条 怠け者になりなさい。

第七条 目に見えない世界を信じる。

 

水木先生は、ご自身の目で、「マジメ」な兵士が無駄死にしていく様を幾度となく見たことでしょう。怠けもののすゝめは、本質をみぬく慧眼にあふれた教訓です

そして、「目に見えない世界を信じる。」との一説が、幸福論の最後によせられています。

 

世界随一の妖怪研究家でもある水木先生ですが、実はジャングルの中を昼夜を問わず逃げ惑う最中に、ある妖怪に出会ったことを告白されています。その妖怪とは「ぬりかべ」です

 

真っ暗なジャングルをさまよう内に、突然大きな岩のようなものにぶつかり、行く手を遮られたそうです。疲労困憊していたこともあり、水木先生はその場で眠ってしまいます。

何時間かして、明るくなり目が覚めると、大きな岩はどこにもなく、目の前は、海へと落ちる断崖ぜっべきだったそうです・・・

 

「ぬりかべ」に命を助けられたという水木先生。人生を左右する瞬間なんて、紙一重で決まるものです。それが右なのか、左なのか、あるいは崖なのか・・・ 「幸運」と一言でいっても、自分の力で、できることなど、実はほとんどありません。目に見えない世界には、人生を助けてくれる秘密や、妖怪が?たくさんつまっているのでしょう

 

2015年11月30日 水木先生が永眠された旨、報道がされました。

心のどこかで、先生はずっと生きているっと思い込んでいましたが、残念でしかたありません。

 

しかし、生きる妖怪? 水木先生が、ようやく本物の妖怪になることは、先生の本望だったかもしれません

これからは、心置きなくたくさんの妖怪たちに囲まれて第二の人生を歩まれることを祈念します・・・ 合掌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

■大人気 家訓ブログが本になりました!

 

口コミだけで7,000人以上が共感! “家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売。本書は、簡単な家訓づくりのコツを教え、それを通じ、家族はもちろん、子供の成長、さらにはお孫さんの代まで、役立てるコツを指南する。 

 

■ご購入はこちら ↓↓↓

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063