江戸の豪商・白木屋とお家騒動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「商いは 利益を取らず 正直に 良きものを売れ 末は繁盛」

 (白木屋 家訓)

 

画像は、歌川広重「名所江戸百景」に描かれた幕末期の白木屋

 

 

 

白木屋(しろきや)は、東京都中央区日本橋一丁目に存在した江戸三大呉服店の一つで、かつ日本の百貨店の先駆的存在の一つである。

 

かつて日本を代表した百貨店の一つ。法人自体は現在の株式会社東急百貨店として存続しており、1967年(昭和42年)に商号・店名ともに「東急百貨店日本橋店」へと改称した。その後、売れ行き不振のため1999年(平成11年)1月31日に閉店し、白木屋以来336年の永い歴史に幕を閉じた。跡地にはコレド日本橋が建設されて2004年(平成16年)3月30日に開業した

 

白木屋の歴史 

大村 彦太郎 (初代)(おおむら ひこたろう、寛永13年(1636年) - 元禄2年1月20日(1689年2月9日))は、江戸時代初期の近江商人。百貨店白木屋の創業者

 

慶安年間に京都の寺の内に材木商として白木屋を開いたのが始まりである。

初代大村彦太郎の母方の河崎家は近江の国の材木商であり、その商売を手伝った後、白木屋の屋号をもらって独立する。

この京都の白木屋は材木商の傍らで木綿類や日用品の販売も手掛けており、このことが後の呉服店へ繋がることになった。

 

大村は江戸の繁華街へ出て商売を行うことに早くから強い意欲を燃やし、1662年に日本橋通り2丁目に間口一間半の小間物商としての白木屋を開いた。開店から3年後の寛文5年(1665年)に当時の一等地であった日本橋通り1丁目に移転し、近隣を買収しながら徐々に店舗の拡張を進めていった。贅沢品の毛織物を含めた一般呉服物を売出すなど江戸の町人文化の開花に合わせて販売品目を広げ、越後屋(現・三越)や大丸屋(現・大丸)と並んで江戸三大呉服店の一つに数えられる大店に成長した

 

第2次世界大戦後も1946年(昭和21年)8月に本店が進駐軍向けの配給所であるPXとして供出させられてすぐに通常の営業に戻れなかった。こうした売上が伸ばせない状況下で、1952年(昭和27年)5月には日本橋本店が全面的に返還されたため本格的に営業を再開し、小売事業の本格的な復活に向けてようやく動き出すことになった。

 

この様な日本橋本店の営業再開が困難な状況が続いたために業績の低迷が続いたことから、横井英樹と堀久作が株式の過半数を握ることになった。

 

そして、この買収騒動の収拾策として東急電鉄が株式の過半数を取得したため、当社は1956年(昭和31年)1月に東急の傘下に入ることになった。

 

この東急グループ入りの直後に第2次百貨店法の施行が決まったため、分店の運営に制約がかかることを警戒して五反田と大森、高円寺の3店は白木興業として分社化され、同社が1957年(昭和32年)4月1日に東横興業(現・東急ストア)に合併してチェーン店の一部として継承されることになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■白木屋乗っ取り騒動

 

日本の経営史上に残る経営紛争

 

1949年(昭和24年)、日本橋交差点の好立地にありながら業績が伸び悩んでいた白木屋に対し、当時繊維関係の商社を経営していた横井英樹が株の買い増しを開始。経営権の獲得を目指し買い占めを行っていたが、1953年(昭和28年)に日活社長の堀久作の持株と合わせると同社の過半数の株式を掌握することが判明したため、両者は共謀。白木屋に対し両者の役員就任等を迫った。間もなく堀は白木屋株を山一證券へ売却してこの一件から手を引いたが、1954年(昭和29年)遂に白木屋経営陣と横井は全面対決をすることとなり、両者がそれぞれ株主総会を実施して役員を選出するといった異常事態になった。

 

 

白木屋乗っ取り事件 

創業家だった大村家が経営から手を引き、一時は日曹財閥や大丸が経営権取得に動くなど経営の主導権をめぐって内紛状態にあった。

 

関連企業での不始末に目をつけ、親会社の内紛白木屋が経営的に不安定だったことを察知。これを動機として昭和25年に同社の乗っ取りを開始、株の買い占めにかかり昭和28年には発行株式数の4分の1を超す102万8000株を買った。

 

同じく白木屋の株を買い占めていた日活の堀と手を結び過半数となった。これに焦った白木屋側は財界に働きかける。

 

白木屋の社長である鏡山は「白木屋は江戸時代から300年続く名門だ。横井君がどのような手段で株を集めたのかは知らないが、どこの馬の骨とも素性の明らかでない者を重役に迎え入れることは絶対にできない」と言い放った。すると横井は「私は、なるほど、鏡山さんのいわれる血統とかは素性とかはたいしたことないかもしれない。しかし現在は資産30億円、借金20億円、差し引き10億円を持っている。たとえ私が最後の一人になっても、この資材を投げこんで、全株数を握ってみせる!」と反論した。

 

その一方で白木屋の社長の鏡山は、総会屋の大物である久保祐三郎を参謀格にし、横井の買い占めに対抗する。その後、お互いに訴訟合戦を繰り広げ、総会屋や、ヤクザに右翼をまじえた泥仕合となる。この模様は世間の耳目をあつめ、のちに小説や、映画化されることとなる

 

翌、昭和29年。裁判は長期化し、白木屋側、横井側も疲弊する。そこで横井は東急の五島慶太に買収を頼む策を講じる。五島は、横井の求めに応じ、白木屋の株を買い取る。その後、白木屋は東急百貨店日本橋店となりました

 

 

鎌倉を倒したものは鎌倉、平氏を倒したものは平氏。

この言葉は、德川家康がのこした名言です。江戸時代から続く名門企業は、創業家が経営をひいたあとの混乱のなか、横井という世紀の乗っ取り屋の餌食となりました。

300年続く名門企業をつぶしたものは、横井でなく、内部に潜む「欲」であり、「功名心」であり、名門意識でした。創業者・大村がのこした家訓には「商いは 利益を取らず 正直に 良きものを売れ 末は繁盛」とあります。

 

家訓の中に、商いの教訓を託した大村でしたが、300年後に家業をひきついだ経営陣は、売りでも買いでもなく、社内の出世競争や、財界の世間体だけを気にしていたのではないでしょうか?

 

 

 

 ■「のっとり屋」横井英樹の数奇な運命

 

横井 英樹(よこい ひでき、1913年(大正2年)7月1日 - 1998年(平成10年)11月30日)は、日本の実業家。1953年(昭和28年)の老舗百貨店、白木屋の株買占めや東洋郵船設立による海運業への進出で脚光を浴びた。

 

 

実業家への道

貧しい農家の二男として育った横井は、早くから東京日本橋のメリヤス問屋「渡辺商会」へ丁稚奉公。17歳の時に独立し「横井商店」を開業。29歳のとき、第二次世界大戦をきっかけにボロ儲けのチャンスを得る。横井は海軍中将にうまく取り入り御用商人となり戦争成金となった。終戦後は、進駐軍御用工場となるが、繊維業界が先細りとなることを察知し、全工場を閉鎖させた。横井は不動産の暴騰を見越し不動産業に乗り出す。

 

その後、鎌倉、熱海、軽井沢、箱根の土地を買いあさり、銀座のビルをも買収した。横井の土地の買い方は全て5年月賦で支払い、払い終わる前に土地の値段が暴騰し、資産は20億円以上になっていた。この資金が白木屋買収の足掛かりとなった。

 

横井は財を築いたとはいえ、財界からはただの成り上がりにしかみられなかった。横井は財界人と認められたいという野望を抱き日本橋にある白木屋の買収を画策する。

 

白木屋ののっとりは失敗に終わったものの、その後も横井は財界の鬼子として世間をにぎわします

 

「のっとり屋」横井の命運

1959年には東洋精糖の株買占めに乗り出す。買占め側、経営陣側にも総会屋やヤクザ・右翼が大勢絡む格好となり、さながらオールスター総出演の様相を見せていた。ところが後一歩で経営権を取得できるところまでいったところで、横井英樹襲撃事件が発生し銃弾をうける

 

その後も横井は度々、世間をにぎわせ、バブル期にはニューヨークのエンパイヤ―ステイトビルの買収に成功。

しかし、所有権をめぐって、当時の愛人との間で訴訟を起こされるなど、恒例のドタバタぶりをみせました。

 

横井が所有していたホテルニュージャパンは、ドケチ経営の結果、必要な防火対策をこうじず、火災の結果、多くの宿泊者の命をおとす事件をおこす。この事件は、横井の経営者としての命運をたち、禁固3年の実刑判決を受け、平成8年に出所。横井の資産のほとんどは安値で売却され、最後まで所有していたのはダイエー碑文谷店と池上のボウリング場のみであった。

 

平成10年11月30日、日課であったダイエー碑文谷店と池上のボウリング場を巡回していたが、急に気分が悪くなり、そのまま昏睡状態に陥り病院に運ばれた。その日の午前11時42分に虚血性心疾患で死去。85歳であった。荼毘にふされた遺体からは襲撃事件で打ち込まれた弾丸が発見されました

 

盛者必衰は世の理。

昭和という時代をかけぬけ、金の亡者といわれた横井の半生は、とても褒められたものではないけれど、徒手空拳で財界、世間を振り回す不思議な魔力をもった快男児でした。

ヤクザに、右翼、総会屋・・・ 横井だけでなく、防衛する企業側も、いまじゃ考えられない闇の深いお話しばかり(*_*)

なんだか、昭和という時代のエネルギーにうらやましさを感じるのはなぜでしょうか?

 

 

 

 

 ■ご購入はこちら 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063