正岡子規 辞世の句

 

 

 

 

 

 『糸瓜(へちま)咲て 痰のつまりし 佛かな』  

正岡子規

 

  

  

正岡 子規(まさおか しき)

生誕:1867年10月14日(慶応3年9月17日)

死没:1902年(明治35年)9月19日)

 

日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。

 

俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。

 

世に有名な<柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺>の句は余りにも有名な句である。松山に生まれ日本新聞社に入り、俳諧を研究、後に日清戦争にも従軍する。明治22年「夏目漱石」との交遊が始まり、人材を輩出することになる。(子規山脈)同年肺病で吐血し、以来「子規」と号する。

 

明治26年俳句革新運動を始め「松尾芭蕉」の奥の細道を1ヵ月間訪ねる。日清戦争からの帰路に吐血し「須磨保護院」に移るが、その後「子規庵」に戻り、29年の1月3日の子規庵句会には「森鴎外」「夏目漱石」「高浜虚子」「河東碧梧桐」らが参加する。                            

 

■「野球」の名づけの親

晩年は米国から入ったベースボールに興味を持ち、自身の号「昇」からとって「野球」(のぼーる)とつけ、野球用語を作ったことは有名である。子規によって日本に野球が広められたことで「ベースボールを愛する国」といったイメージを太平洋戦争当時の米国は持ったらしいが、そのために「出来たら日本は攻めたくない」 と思っていた、と言う話を聞いたが、何よりもベースボールを愛する国、そう思っても不思議ではない。   

平成14年野球殿堂入りが決定し、表彰を孫の浩がうけとっています

        

■辞世の句

正岡子規は二十代の若さから肺結核、脊髄カリエスに冒され、床に伏せったままの闘病生活を送りながら、旺盛な文芸活動を行いました。

 

36歳で亡くなるとき、かねてより用意していた唐紙に有名な「糸瓜三句」をしたためました。その一つが、次の俳句です。

 糸瓜(へちま)咲て 痰のつまりし  佛かな   正岡子規

 

糸瓜は、秋口にきゅうりや南瓜とよく似た黄色い花をつけます。 

糸瓜の花が庭の棚に明るく咲いているが、私はこのひどい痰で窒息して仏になってしまうのかという句意です。

私が子供のころは、糸瓜のつるを途中で切り、そこからぽたぽたと出る糸瓜水を化粧水などに利用していました。子規は、庭に植えた糸瓜の水を痰の治療に使っていたようです。

 

子規のあたりから、「辞世の句」というやや大げさな言葉はなくなってきたようで、この俳句も特に「辞世の句」と呼ばれるわけではありません。この最後の俳句にちなみ、子規の命日9月18日を糸瓜忌と呼びます。

 

 

■ご購入はこちら 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063