安藤(歌川)広重 辞世の句

 

 

 

 

 

 

 『東路へ筆をのこして旅のそら 西のみ国の名ところを見ん』

 

 

 

 

 

 

歌川 広重(うたがわ ひろしげ)

生誕:寛政9年(1797年)

死没:安政5年9月6日(1858年10月12日)

 

江戸時代末期の浮世絵師。本名は安藤重右衛門。江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどうひろしげ)とも呼ばれた。ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。

 

広重は、江戸の火消屋の子として誕生。文化6年(1809年)2月、母を亡くし同月父が隠居し、数え13歳で広重が火消同心職を継ぐ。同年12月には父も死去。幼い頃からの絵心が勝り文化8年(1811年)15歳の頃、初代歌川豊国の門に入ろうとした。しかし、門生満員でことわられ、歌川豊広(1776年-1828年)に入門。翌年(1812年)に師と自分から一文字ずつとって歌川広重の名を与えられ、文政元年(1818年)に一遊斎の号を使用して武者絵や美人画を描いた。

 

それから5年後の文政6年(1823年)には、祖父方の嫡子仲次郎に家督を譲って、鉄蔵と改名し後見となった。家業の火消同心を辞め、絵師に専心した。

 

始め役者絵から出発。やがて美人画に手をそめたが、文政11年(1828年)師の豊廣没後は風景画を主に制作した。天保元年(1830年)一遊斎から一幽斎廣重と改め、花鳥図を描くようになる。

 

天保3年 (1832年)、正式に職を譲ってから浮世絵師として独立した。この年、公用で東海道を上り、翌年から「東海道五十三次」を発表。風景画家としての名声は決定的なものとなった。

 

以降、種々の「東海道」シリーズを発表したが、各種の「江戸名所」シリーズも多く手掛けており、ともに秀作をみた。また、短冊版の花鳥画においてもすぐれた作品を出し続け、そのほか歴史画・張交絵・戯画・玩具絵や春画、晩年には美人画3枚続も手掛けている。さらに、肉筆画・摺物・団扇絵・双六・絵封筒ほか絵本・合巻や狂歌本などの挿絵も多く残している。そうした諸々も合わせると総数で2万点にも及ぶと言われている。

 

安政5年没。享年62。死因はコレラだったと伝えられる。墓所は足立区伊興町の東岳寺。法名は顕功院徳翁立斎居士。友人歌川豊国(三代目)の筆になる「死絵」に辞世の歌が遺る。

 

 

東路へ筆をのこして旅のそら 西のみ国の名ところを見ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■浮世絵とは?

江戸時代に成立し、広く江戸の大衆メディアとして当時の庶民に愛された「浮世絵」。そのはじまりはおよそ17世紀後半と言われている。白黒の明快なコントラストに鮮やかな色彩をまとった浮世絵は、260年以上も続いた天下泰平の世ならではの開放感をいまに伝えています。

 

 

 

浮世絵(うきよえ)は、江戸時代に成立した絵画のジャンルです。一般的には多色摺りの木版画錦絵のことを指すことが多い。「浮世」という言葉には「現代風」という意味もあり、当代の風俗を描く風俗画である。

 

大和絵の流れを汲み、総合的絵画様式としての文化的背景を保つ一方で、人々の日常の生活や風物などを多く描いている。演劇、古典文学、和歌、風俗、地域の伝説と奇談、肖像、静物、風景、文明開化、皇室、宗教など多彩な題材がある。当然、木版画が量産されるようになる以前には肉筆画のみしか存在しなかったわけで、巻物などの肉筆浮世絵も含まれる。肉筆浮世絵は、形式上、屏風絵、絵巻、画帖、掛け物、扇絵、絵馬、画稿、版下絵の8種類に大別される。また、浮世絵師は和装本の挿絵、表紙の仕事も並行して行った。

 

浮世絵は大衆文化の一部であり、手に取って眺め愛玩された。現代の美術展等のように額に入れて遠目に眺めるものではなかった。しかし、現在は手にとって眺めるほかに、額に入れて美術館や家庭などに飾られることが多くなった。草双紙や絵巻物、また瓦版(新聞)の挿絵の役割も果たした。絵暦と呼ばれるカレンダーの制作も行われ、絵の中に数字を隠すなど様々な工夫を凝らしたものが作られた。江戸から国元への土産にも、その美しさと嵩の低さが喜ばれた。玩具絵のように切り抜いて遊ぶものもある。

 

はっきりした図柄と大胆な構図、影の表現を持たないこと等が表現上の特徴である。遠近法も取り入れられた。遠景の人物を逆に大きく描く北斎の『釣の名人』のように、意図的に遠近をずらされたものもある。

 

また、絵師による誇張や意図などを考慮する必要はあるが、描かれている風景や現在では変化・消失した名所、人々の生活や生業、文化などを伝える歴史資料としても活用されている。

 

■世界に誇る「浮世絵」と江戸の文化

江戸時代は、西洋文明に著しく遅れを取った時代」という見方があるなか、西洋文化が日本文化を模倣していた事実もあります。それが「浮世絵」です。

 

有名な「東海道五十三次」は、版画であり重版もふくめ多くの作品数が今に伝えれています。

 

版画のメリットは同じ物がたくさん作れ、また一枚の値段が安くできるメリットがあります。それまでの文化は襖絵や彫刻、建物など、それたった一つという文化でした。お金や権力を持った人だけの文化だったわけです。

 

浮世絵は、安く大量に生産できるので、お土産やブロマイドの代わりとして使われ、町民の間に広がりました。

そして、そのうちの何枚かが、鎖国をしていた当時の日本からヨーロッパに渡り、現地で話題となります。一説には、陶磁器の輸出の際、食器が割れなくする緩衝剤として、浮世絵が混ざりこんでいたとも言われています

  

  

広重をパクッたゴッホ(広重をインスパイアしたゴッホ)

ゴッホは当時、「新しい画法はないか」と探していました。その頃に、浮世絵と出会いました。単純で明るく軽い感じがあるとゴッホは感じていたようです。おなじように、多くの画家が、東洋から来た不思議な版画のとりこになっていきます。やがてその一団が、「印象派」として、世間を席巻していくことになるのです。

 

日本からはるか遠いオランダで、広重が亡くなって 30年もたって、ゴッホは、浮世絵を模写しました。版画としてではなく、自分の油絵の中にそれを取り入れたのです。油絵の背景に浮世絵を取り込んだ作品がたくさんあります。

 

 当時のヨーロッパは「ジャポニスム」という日本ブームが起こっていました。ゴッホは、浮世絵を 400枚も買ったそうです。モネやドガなどの有名な画家も浮世絵に感動してパクリました。パクリとは、シンスパイヤすること。

 

江戸時代の町民文化である浮世絵が、世界中の画家たちに影響を与えていました。 

 

あの有名なゴッホが、江戸時代の日本人が描いた浮世絵の真似をしていたなんてびっくりしませんか?

江戸時代の日本人、そして町民文化は、世界にほこる豊かさをもっていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 日本の芸術を研究すると、紛れもなく賢明で、達観していて、知性の優れた人物に出会う。 彼は何をして時を過ごすのか。地球と月の距離を研究しているのか。 違う。 彼が研究するのはたった一茎の草だ。 しかし、この一茎の草がやがては彼にありとあらゆる植物を、ついで四季を、風景の大きな景観を、最後に動物、そして人物を素描させることとなる。 (ゴッホの書簡より)

 

(参照:浮世絵ギャラリー) 

http://www.ukiyo-e.jp/japonisme/2

  

印象派と浮世絵の関係

 

ところでゴッホは、なぜこんな風に浮世絵の模写なんかしたのでしょうか?

 

単なる日本びいき?

 

いえいえ、とんでもない。

ゴッホだけではありません。モネ、マネ、ドガ、ルノワール、ピサロ、ゴーギャン、ロートレック。

印象派を代表するこれら画家たちは、みな浮世絵の影響を大きく受け、浮世絵に学ぶことによって新たな絵画の可能性に目覚めていったという共通点を持つのです。

 

そのきっかけは、19世紀後半のフランスはパリを中心として、ヨーロッパ各国で開催された万国博覧会でした。

浮世絵を中心とした日本の美術工芸品が大々的に紹介され、大変な日本ブームを巻き起こしたのです。

人々は争って日本の美術品を求め、やがて浮世絵や伊万里を持つことが上流階級のステータスとされるまでになったのです。

 

それまでヨーロッパでは絵画といえば、戦争画や宗教画、貴族の肖像画ばかりでしたから、庶民の日常をのびのびと描く浮世絵の自由な画風や明るい色彩、大胆な構図は、ヨーロッパの人々には大変な驚きだったのです。「こんな絵があったのか!」と。

 

なにより大きなショックを受けたのは若い芸術家たちでした。

いつの時代もそうですが、若い芸術家というのは伝統的なものに対して反発し、そのエネルギーが次の新しい芸術を生み出す原動力へとつながってゆくものです。

後に印象派と呼ばれる、パリの若い芸術家たちもそうでした。

彼らは皆、サロン絵画の古臭いセンスに飽き飽きしていて、いつも息苦しさと、新しい芸術への飢餓感を感じていました。

 

そこに出会ったのが日本の浮世絵です。

皆、夢中になってこれに飛びつきました。

ゴッホのようにそっくりそのままではないにしても、同じように浮世絵をお手本にしながら研究し、伝統絵画から脱却した新しい芸術を生み出そうと努力したのです。

 

そうして誕生したのがいわゆる「印象派」でした。

 

そう、印象派はまさしく日本の浮世絵が生み出したものなのです。

 

よく「浮世絵は印象派に影響を与えた」といわれますが、正確にはそれは正しくありません。

影響を与えるもなにも、ヨーロッパには(浮世絵到来以前に)印象派そのものが誕生していなかったのですから。

 

正しくは、「浮世絵は19世紀の若い画家たちに」影響を与え、その結果として「印象派が誕生した」のです。だから、浮世絵は「印象派の生みの親」というのが正しい認識です。

 

アメリカのメトロポリタン美術館、シカゴ美術館、ボストン美術館はどれも印象派のコレクションが充実していることで有名です。

 

これら美術館の印象派コーナーに立って、展示されている印象派の絵をぐるっと眺めていると、ヨーロッパの絵画でしかも油彩画なのに、なぜかどことなく日本風というか、浮世絵っぽい不思議な感覚を覚えます。

まるで浮世絵の子供たちのよう。「浮世絵のDNAを引き継いでいる」という感じでしょうか。

 

そしてさらにそのDNAを引き継いで、アール・ヌーヴォーという次の和風芸術が後に誕生することになるのです。

ビートルズの登場で世界の音楽が大きく変わったように、日本の浮世絵はヨーロッパ絵画を根底から変えてしまうほどの影響を与え、印象派に始まる近代芸術の大きな流れを形作ったというわけです。

 

残念ながら、浮世絵の生みの親である日本人自身がこの事実をあまり知らないのですけどね

 

 

 

  

 ■ご購入はこちら 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063