備後福山 虎屋家訓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 株式会社虎屋本舗(とらやほんぽ)は、1620年創業の、広島県福山市に本社を置き和菓子及び洋菓子を製造・販売する広島県の菓子業界で最も歴史のある企業である。和菓子のとんど饅頭や虎焼、近頃はお好み焼きやたこ焼きを始めとする様々な食品を模した洋菓子の元祖・本物そっくりスイーツシリーズは、全国のマスコミに取り上げられ一躍有名になり、今では地元の観光資源となっている。様々な伝統的、革新的でユニークな商品に加え、江戸時代から続く商訓「和魂商才」と「商人道経営」でCSRにも積極的に取り組み、独創的な経営を行っている

 

 

 

(参照:備後福山 虎屋家訓)

https://www.tora-ya.co.jp/company/

 

  

 ■虎屋の歴史

 

高田屋 兵庫にて廻船問屋と染物屋を営む

 

元和4年1618年頃徳川家康公の従兄弟にあたる 福山藩主 水野勝成公の要請により初代高田宗樹 京都から三艘の船で伏見櫓を運ぶ。その後吉津に土地を拝領し永住する。

 

そして殿様より宿老を仰せつかる。

 

元和6年(1620年) 菓子匠開業す。よってこの年を創業年度とする。元和8年正月 初代宗樹  福山城築城茶の湯の会に召されお菓子を献上す。その献上したるお菓子の味をいたく賞賛され、これを水野勝成公より「左義長」(とんど)と名づけられ、(現在の とんど饅頭) 以来  福山藩の御用菓子司となる。

 

寛延3年(1750年)8代当主 高田助四朗が虎模様のどら焼き(現在の虎焼)を開発する。

 

この年に高田屋から虎屋に社名を変更し、菓子屋に専念する事となる。

 

屋号の由来は、初代宗樹が寅年ということと、昔から虎は開運招福を授ける守護神として崇められ、非常に縁起がいいということ、思いやりの気持ちがあること、勢いがあること、美しいこと、そんな思いを社名に託し虎屋とする. 

 

当主に就任したら.まず法隆寺を参拝する。その後大和国信貴山に入り、備後福山虎屋の奥義を良く理解し、当主になるための十の請願を建てる。

 

 

■虎屋の家訓

 

商訓  和魂商才

 

商人道

 一)  先義後利

 二)  富の主は天下の人々なり

 三)  百工は肆に居て其の事を成す

 四)  正直 勤勉 調和 堅実 倹約

 五)  新しきは我発明する所なり

 六)  一日一新

 七)  誠の商人は先も立ち我も立つ

 八)  我が道は一をもってこれを貫く

 九)  一銭軽しと云うべきに非ず

 十)  商人の売買するは天下の相なり

 

 

  

 ■ご購入はこちら 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063