大谷吉継 辞世の句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも』

 (関ケ原の戦い後 大谷吉継の辞世の句)

 

 

 

大谷 吉継(おおたに よしつぐ)

生誕:永禄2年(1559年)

死没:慶長5年9月15日(1600年10月21日)

 

 

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。官途は刑部少輔で、大谷刑部(おおたにぎょうぶ)の通称でも知られる。業病を患い、晩年は頭を白い頭巾で隠していたとも言う。

 

大谷吉継はかなり高い評価を得ていた武将だった。豊臣秀吉は「大谷紀之介(吉継)に100万の軍勢を与えて、自由に軍配を指揮させてみたい」と語っています。

 

 吉継が「義に厚い名将」として名を広く残した理由は関ヶ原における壮烈な活躍にある。西軍は日和見や裏切りが相次いだのに対し、吉継とその軍のみは寡兵ながらも最後まで奮戦して吉継は自害した。同時代の神龍院梵舜も吉継の死に感銘を受けたためか、小早川秀秋の裏切りと共に吉継が自害するまでの記録を梵舜日記に詳細に書き記している。関ヶ原における大谷軍の奮戦は目覚しく、「士卒皆其恵に懐き、敢て離反する者なし、其敗るるに及びて、決然として自屠し、陵辱を受けず、人皆其智勇に服せり」とあるように、大谷軍は一人も戦線から離脱せずに吉継の指揮に従って勇猛に戦ったという

 

  

関ケ原の戦いまでの大谷吉継の半生 

もともと吉継は、母が豊臣秀吉の正室・高台院の侍女の東殿との説もあるように、秀吉に仕えました。

秀吉の存命中は、あまり表舞台に出てくる事はなかったのですが、数々の戦場で武功をたてたり、算術を得意としたため石田三成と共に戦の兵糧・武器・馬などの手配をこなしていたため、秀吉に重用されていました。

 

天正11年(1583年) 賤ヶ岳の戦の直前、敵の吉村又吉郎の調落に成功。今尾城の開城に立ち会っていたことから、参戦できず。これにより官吏面での才をかわれるようになる。

 

天正14年(1586年) 病気治癒のため千人切りを行っているという噂を立てられるが、真犯人が見つかり無実となる。

 

天正17年(1589年) 越前国敦賀5万7千石を拝領、敦賀城主になる。

 

天正18年(1590年) 石田三成らと小田原城攻めの際、北条方の支城攻めを行うが、失敗。

 

天正20年(1592年) 文禄の役(朝鮮出兵)で、軍監として自らも渡海。

 

慶長3年(1598年) 秀吉が死ぬと、徳川家康に接近する。

 

■関ケ原の戦いと光成との友情    

 

慶長5年(1600年) 徳川家康に従い上杉討伐へ向かう途中、美濃国の垂井で親友石田三成へ使いを出し、家康との和睦のため三成自身か子の石田重家の上杉征伐への同道をすすめたが埒が明かず、自身佐和山へ向かい三成と会談。逆に三成に説得され、西軍につくことを決意。関ヶ原の戦では藤堂高虎らと激突、善戦するが、小早川秀秋や脇坂安治らの裏切りによる横槍をまともに受けて隊は壊滅、その中で自刃。辞世は「契りあらば六つのちまたに待てしばしおくれ先立つたがひありとも」

 

 

大谷吉継が関ヶ原の戦い、およびその前後で述べた名言を3つご紹介します。

 

大将の要害は徳にあり。徳あるところ、天下これに帰す

この言葉は、大谷吉継が親友の石田三成に述べた名言として今でも伝わっています。

  

関ヶ原の戦いに備えるため、三成が居城の佐和山城を改修しようとした際にかけた言葉と伝わっています。

本当に固まった城とは大将が持つ人望であり、人望がある人の所に天下は巡ってくるという意味になります。

 

金のみで人は動くにあらず 

この言葉も、吉継が三成に述べた名言として有名ですね。

 

関ヶ原の戦いを起こそうとする三成が吉継を味方に誘おうとした際、吉継はこの言葉を述べて三成を諭したと言われています。

 

つまり、お前(=三成)は利益(=金)によって人を動かすのは得意だけど、戦いにおいて人を動かすのは金ではなくて大将の能力と人望であり、この2つにおいてお前は家康より遥かに及ばないよ、ということを述べたかったのですね。

  

人面獣心になり、三年の間に祟りをなさん

 

関ケ原の戦いを趨勢をきめた小早川秀秋の裏切りに対して、吉継が放った名言として知られています。

 

3年の間に呪ってやるぞ!と言いながら切腹した吉継。 

そしてこの言葉通り、秀秋は関ヶ原の戦いの2年後、21歳にして急死しています・・・

 

その原因は、今で言うところのアルコール依存症による内臓疾患だと言われているのですが、当時の人々は吉継の祟りによって呪われた事が原因だったのではないか、と噂し合ったそうです。

  

 

秀吉亡き後は、徳川家康と懇意にしていました。それで家康が上杉討伐軍を起こした際に、自ら軍を率いて討伐軍に参加します。その途中に、親友の石田三成の居城・佐和山城へ立ち寄り、三成の息子を討伐軍に加えようとしたのですが、そこで三成から家康を討とう持ちかけられてしまうのです。

 

吉継は、再三三成を説得しようと試みますが叶わず、敗戦を覚悟した上で三成に加勢することを選ぶのです。

 

その後の関ヶ原の戦いで、西軍にいた小早川秀秋の裏切りを見抜いた上で小早川軍を牽制しつつ、東軍を苦しめる戦いをしますが、やはり裏切った小早川秀秋と他の西軍にも裏切られ、四方から攻められた大谷軍は壊滅し、吉継は自害を選ぶことになったのです。

 

光成との友情 

運命の1600年。家康は天下取りに向けて本格的に動き出す。6月、家康は五大老の1人上杉景勝(会津)の討伐準備で江戸に入り、諸国から兵を集めた。7月11日、三成も水面下で反家康の行動を開始。まず最も親しい越前敦賀の大名・大谷吉継に挙兵計画を打ち明けた。吉継は「今の家康に勝てるわけがない」と忠告したが三成は「秀吉様の遺言をこれ以上踏みにじらせぬ」と譲らぬため、吉継は“三成は昔からの親しい友だ。今さら見放すわけにもいかない”と腹をくくった。

 

大谷吉継はハンセン病を患っていたと伝えれます。秀吉に「100万の兵を与えてみたい」と激賞された名将だった。当時の人々はこの病を感染病と誤解していたので、吉継は普段から顔や手を布で覆い隠していた。ある時、秀吉の茶会で吉継に茶碗が回った時、彼は飲む振りをして次に回すつもりが、傷口から膿みが茶に垂れてしまった。列席した武将達は絶句し、一同はすっかり青ざめてしまった。吉継は茶碗を隣に回せなくなり、場の空気は固まった。その時、三成が立ち上がる。「吉継!もうノドが渇いてこれ以上待ちきれぬ、早くまわせ!」と茶碗をもぎ取り、そのまま最後の一滴まで飲み干したのだ。石田三成の剛毅と、吉継との友情が伝わる逸話です。 

 

 

辞世の句(平塚為広の辞世の句とセット)

 

平塚為広も秀吉の家来として仕えていて、戦の時など吉継の下で働いていたとされています。2人の間柄は主従関係とも言えますが、とても親密な間柄だったようです。そして吉継と共に三成の挙兵を諌めていました。

 

そのため、関ヶ原の戦いでも為広は大谷軍の前備えを率いていましたが、西軍の裏切りにより状況が厳しくなると、敵兵の首と共に吉継へ辞世の句を送ったとされています。

 

2人の辞世の句を見ていきましょう。

 

吉継の辞世の句は、以下の通りです。

 

"

契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも

"

これは、関ヶ原の戦いで吉継と共に行動していた平塚為広の辞世の句への返句といわれています。

 

"

名のために(君がため) 棄つる命は 惜しからじ 終にとまらぬ浮世と思へば

"

 

辞世の句の意味

 

為広の「永遠に生きられる訳ではないのだから、君の為に捨てる命は惜しいはずがない。」

 

これに対して吉継は、「約束通り来世の入り口でしばらく待っていてくれ、遅れて、または先に死ぬことがあっても。」と返句を詠んで自害したとされています。

 

お互いに西軍の敗戦を覚悟の上で参戦したので、あの世での再会を約束していたのでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大好評発売中!

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063

 

 

 ■著者 幡谷哲太郎(はたやてつたろう)氏 経歴

茨城県水戸市生まれ。日本青年会議所「徳溢れる心醸成会議」に所属中に家訓づくりを始める。

家訓づくりを広める活動を「家訓ニスト」と命名し、全国160カ所以上、7,000人の受講者に対し、家訓づくりのセミナーを開催。セミナー後に、「家訓を作り、家族での唱和を実践した」という家庭の100%が、「家族に変化があった」と回答するなど、大きな変化を与えている。

セミナー開催数、受講者数、WEBアクセス数、いずれも日本一の実績(協会調べ)を誇り、自他ともに認める家訓づくりのスペシャリスト。現在は、明るい豊かな社会の実現のため、家訓ニスト協会(仮)を立ち上げ、ノーベル平和賞受賞をめざし活動を広げている。