坂本龍馬 辞世の句

 

 

 

 

 

  

  

「世の人は 我を何とも 言わば言え 我なす事は我のみぞ知る」

 

 

 

坂本 龍馬(さかもと りょうま)

生誕:天保6年11月15日(1836年1月3日)

死没:慶応3年11月15日(新暦・1867年12月10日)

 

江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。

 

土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えるなど、重要な働きをした。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。

 

 龍馬の半生

1835年、土佐(現在の高知県高知市)の郷士(下級武士)坂本家に次男として生まれる。龍馬が生まれる前の晩に、母親が龍が天を飛ぶ夢を見たことに因んで龍馬と名づけられる。商家出身の坂本家は下級武士であったが、非常に裕福な家庭であった。

 

少年時代の龍馬は気弱な性格であり、いじめにあって抜刀騒ぎを起こし、漢学の塾を退塾させられたという。以後、姉の乙女が武芸や学問を龍馬に教えた。12歳のときに母が死去。13歳で剣術道場に入門して小栗流を学ぶ。

 

1853年、18歳のときに剣術修行のため江戸に出て、北辰一刀流の桶町千葉道場の門人となる。同年、ペリー提督率いる米艦隊が浦賀沖に来航。

 

1854年、江戸修行を終えて土佐へ帰国。翌年に父が他界する。1856年に再び剣術修行のため江戸に出て、武市半平太らとともに築地の土佐藩邸中屋敷に寄宿。1858年に土佐へ帰国する。

 

1861年、武市半平太が土佐藩を尊王攘夷の方向へ導くため、土佐勤王党を結成。龍馬も加盟する。しかし、勤王党の尊王攘夷の主張は藩内の支持を得ることができず、1862年3月に龍馬は土佐藩から脱藩。この時期に、長州藩の久坂玄瑞、高杉晋作らとも交流。

 

1862年8月に江戸に出て小千葉道場に寄宿。その後、勝海舟の門人となる。その後は日本の未来のために志士として活動し、1865年には、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成。

 

1866年には、雄藩として大きな影響力をもつ薩摩藩(西郷隆盛ら)と長州藩(木戸孝允)の同盟の斡旋や江戸幕府の終焉となる1867年の大政奉還の成立に尽力し、倒幕および明治維新に影響を与えた。

 

しかし、大政奉還成立の1ヶ月後に龍馬は近江屋事件で暗殺され、満31歳の生涯を閉じた。

 

 

■龍馬の人物像 

英雄は英雄をしる。龍馬の人物像を語るため、同時代の2人の言葉を紹介します

 

勝が数日して竜馬に西郷をどうみたかを訊ねた。

竜馬は次のように返答している。なお、以下は勝の語録からの抜粋である。

 

氏(竜馬)いわく、

われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り。大きく叩けば大きく鳴る。」

  

礼記の一句をふまえて、竜馬は西郷の人物像を表現したのであろう。ここで、勝は「知言なり。」と感心している。さらに、評価する者が第一級の人物なら、評価される者も第一級の人物だと、勝は日記に書き残した。

 

龍馬に高く評価された西郷隆盛。

ちなみに彼もまた龍馬を評価する言葉を残しています。

 

天下に有志あり、余多く之と交わる。然れども度量の大、龍馬に如くもの、未だかつて之を見ず。龍馬の度量や到底測るべからず』(千頭清臣著坂本龍馬伝)

 

西郷隆盛は坂本龍馬をかなり評価していたようです

 

■辞世の句

「世の人は我を何とも言わば言え我なす事は我のみぞ知る」

 

意訳:「世の中の人が自分の事を何と言おうと自分のすることは自分だけがしっている」

 

 ※暗殺されたため辞世の句自体はありません

動乱の幕末、志士たちはいつ命を落とすか分からない過酷な日常をすごしていました。当時、辞世の句を書いておくことは、武士のたしなみの1つであり、生前かかれた句を辞世の句として取り上げさせて位いただきました。

 

■船中八策

船中八策(せんちゅうはっさく)は、江戸時代末期(幕末)に土佐藩脱藩志士の坂本龍馬が慶応3年(1867年)に起草した新国家体制の基本方針とされるものの俗称。

  

一、天下ノ政権ヲ朝廷ニ奉還セシメ、政令宜シク朝廷ヨリ出ヅベキ事。

一、上下議政局ヲ設ケ、議員ヲ置キテ万機ヲ参賛セシメ、万機宜シク公議ニ決スベキ事。

一、有材ノ公卿諸侯及ビ天下ノ人材ヲ顧問ニ備ヘ官爵ヲ賜ヒ、宜シク従来有名無実ノ官ヲ除クベキ事。

一、外国ノ交際広ク公議ヲ採リ、新ニ至当ノ規約ヲ立ツベキ事。

一、古来ノ律令ヲ折衷シ、新ニ無窮ノ大典ヲ撰定スベキ事。

一、海軍宜シク拡張スベキ事。

一、御親兵ヲ置キ、帝都ヲ守衛セシムベキ事。

一、金銀物貨宜シク外国ト平均ノ法ヲ設クベキ事。

以上八策ハ方今天下ノ形勢ヲ察シ、之ヲ宇内万国ニ徴スルニ、之ヲ捨テ他ニ済時ノ急務アルナシ。苟モ此数策ヲ断行セバ、皇運ヲ挽回シ、国勢ヲ拡張シ、万国ト並行スルモ、亦敢テ難シトセズ。伏テ願クハ公明正大ノ道理ニ基キ、一大英断ヲ以テ天下ト更始一新セン。

 

 

公議政体論のもと、

1.大政奉還

2.上下両院の設置による議会政治

3.有能な人材の政治への登用

4.不平等条約の改定

5.憲法制定

6.海軍力の増強

7.御親兵の設置

8.金銀の交換レートの変更

 

など、当時としては画期的な条文が平素な文章として記されている。 龍馬と交流のあった勝海舟、大久保一翁の影響、福井藩の政治顧問であった横井小楠からの影響も指摘されている。

 

8番目の経済政策は、海援隊を組織して貿易を行なっていた龍馬らしい着眼点といえる

 

 

■龍馬の名言集

 

日本を今一度 せんたくいたし申候

 

・世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る

 

・義理などは夢にも思ふことなかれ 身をしばらるるものなり

 

・事は十中八九まで自らこれを行い 残り一、二を他に譲りて功をなさむべし

 

・恥といふことを打ち捨てて 世のことは成るべし

 

 ・何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり

 

・文(ふみ)開く衣の袖は濡れにけり 海より深き君が美心(まごころ)

  

・丸くとも 一かどあれや人心 あまりまろきは ころびやすきぞ

 

・世界の海援隊でもやりますかな

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

■現代もいきつづける龍馬の夢

 

土佐藩士・岩崎弥太郎は、明治元年に土佐藩の負債を肩代わりし、船2隻を手に入れて海運業の会社を始め、のちに三菱財閥の創設者となります。設立した「三菱商会」の三菱のマークは、土佐藩藩主・山内家の三葉柏紋と、岩崎家の三階菱紋の家紋を合わせて作られ、日本はもとより世界中の人に知られる「スリーダイヤ」のエンブレムとして存在感をしめしています。

 

「世界の海援隊でもやりますかな」 

坂本龍馬の言葉として、陸奥宗光の回想録でそんな言葉が登場します。坂本龍馬には海援隊をより大きくしたいという夢もあったといわれています。31歳という若さでなくなった龍馬でしたが、その想いは、海援隊の経理を担当していた岩崎弥太郎に引き継がれていきました。

 

現在、岩崎弥太郎が創業した三菱財閥は、グループと名をかえ、世界中で多くの事業を展開しています。戦車からブラジャーまで?網羅した規模は、「三菱は国家なり」と言わしめるほど、実際、グループ企業の年商の合計は300兆円っと言われています

 

世界の海援隊を夢みた龍馬の夢は、いまも「スリーダイヤ」と一緒に、世界を駆け抜けています^^

  

■弥太郎と坂本龍馬の関係とは?

 

 龍馬と弥太郎が知り合ったのは慶応3年(1867)3月の長崎です。同じく高知・土佐藩の出身であった二人は意気投合しといわれています(※出会った年の11月15日に龍馬は暗殺)

 

岩崎は脱藩の罪を許された坂本龍馬が隊長を勤める海援隊が、土佐藩の外郭機関となった際に、藩からの命令で隊の経理を担当することとなります。いろは丸事件の際には、坂本龍馬・後藤象二郎と共に交渉をした事により、多額の賠償金を獲得し一躍その名を知らしめました

 

長崎時代の弥太郎の日記には、「龍馬が来て酒を置いていった」とか、「自分は龍馬と密談した」とか、龍馬が大政奉還運動のため長崎を去ったときなどは、「自分と仲間は龍馬を見送った。自分は不覚にも涙を流してしまった」と、記されています。

 

ただ龍馬は金遣いが荒いため、土佐商会の主任をしていた弥太郎は不満を持っていたといいますし、弥太郎は海援隊のルールについても厳しかったのですが、枠にはまりたくない龍馬はお構いなしで、両人は顔を合わせるたびに揉めていたといいます

 

龍馬が立ち上げた亀山社中(かめやましゃちゅう)は日本発のカンパニー(株式会社)といわれ、当初は、貿易を行い、交易の仲介や物資の運搬等で利益を得ながら、海軍、航海術の習得に努め、その一方で国事に奔走していきます。

 

その後、龍馬は、グラバー商会などと取引し、武器や軍艦などの兵器を薩摩藩名義で購入、長州へ渡すなどの斡旋を行い、険悪であった薩摩と長州の関係修復を仲介するなどし、のちに薩長同盟の締結に大きな役割を果たすことになります。

 

志なかばで凶弾にたおれた龍馬の夢は、政治家ではなく世界をまたにかける商人であったとも言われています。

亀山社中は、その後海援隊と名をかえ、維新後には解体。しかし、その業務を引き継ぐ形で、岩崎弥太郎は、事業を拡大していきます。龍馬が願った夢を弥太郎がひきつぎ、いまなお成長をつづける巨大企業としてスリーダイヤのエンブレムは輝き続けています。  

 

龍馬暗殺後の弥太郎は、土佐商会での業績が認められ上士の身分が与えられ、さらに小参事のポストにまで出世します。土佐藩上士の中でも上位の役職ですから、大出世をしたことになります。 

 

土佐藩士であった弥太郎は、実業家への道を歩むことになります。台湾出兵や西南戦争の軍事輸送で業績を上げた三菱は明治政府から信頼を得て大きく成長していきます。

 

坂本龍馬と岩崎弥太郎は、仲が良くなかったとも言われていますが、岩崎の日記には、龍馬と共にお酒を酌み交わしたなどの交流があったと、記されています。

 

  

 ■ご購入はこちら 

大人気・家訓ブログが本になりました!

 書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063