西行法師 辞世の句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ』

 

 

 

 

  

意訳 :

できることならば咲き乱れる満開の桜の下で死にたいものだ。釈迦入滅の如月(二月)の望月(十五日・満月)の頃に。

 

 

西行(さいぎょう)

生誕:元永元年(1118年)

死没:文治6年2月16日(1190年3月31日

 

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人。

 

秀郷流武家藤原氏の出自で、藤原秀郷の9世孫。佐藤氏は義清の曽祖父・公清の代より称し、家系は代々衛府に仕え、また紀伊国田仲荘の預所に補任されて裕福であった。

 

16歳ごろから徳大寺家に仕え、この縁で徳大寺実能や公能と親交を結ぶこととなる。保延元年(1135年)18歳で左兵衛尉(左兵衛府の第三等官)に任ぜられ、同3年(1137年)に鳥羽院の北面武士としても奉仕していたことが記録に残る。和歌と故実に通じた人物として知られていたが、保延6年(1140年)23歳で出家して円位を名のり、後に西行とも称した。

 

出家後は心のおもむくまま諸所に草庵をいとなみ、しばしば諸国を巡る漂泊の旅に出て、多くの和歌を残した。

 

 

 

 

 ■吟遊詩人?西行の生涯

伊勢神宮で詠んだとされる歌伊勢神宮を参拝した時に詠んだとされる

何事のおわしますをば知らねども かたじけなさに涙こぼるる

 

という歌があり、日本人の宗教観を表す一例に挙げられる。

 

 

西行は全国各地を行脚する生涯を送った。

 

宮中や貴族の邸宅での歌合わせに参加することは無かったが、各地を回りながら歌を詠み、その名声は出家前にも増して高まった。また西行は、平重衡の焼き討ちで消失した東大寺を再建する高僧・重源に協力し、再建と大仏建立の勧進も行った

 

この際西行は、平泉の奥州藤原氏当主・藤原秀衡や、鎌倉幕府の源頼朝とも対面した。かなり顔が広かったことが窺える。

 

頼朝と会見した後、頼朝から銀の猫の像を拝領したが、西行は道ばたで遊んでいる子供に惜しげもなくあげて去って行ったという。他にも、出家前に仕えていた崇徳上皇の菩提を弔うために、讃岐を訪れたこともある。この話を基に、小説「雨月物語」では怨霊と化した崇徳院と邂逅している。

 

西行は出家しても、なかなか自分が俗世への未練を捨てきれないことに苦悩したようだ。百人一首では「嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな」の歌が選ばれているが、西行ならば他にも旅の歌で多くの名句を読んでいるにもかかわらず、定家はあえて恋の歌を載せている。月を見て西行が思い出すのは、自分が捨てた妻か、それとも待賢門院、はたまた美福門院だろうか?今となっては、永遠の謎である。

 

また「世を捨つる 人はまことに 捨つるかは 捨てぬ人をぞ 捨つるとはいふ」と、自分が出家して本当に良かったのかを問う歌も残っているなど、出家しても超然とせず、常に人間的な悩みを抱えてところに、西行の魅力があるのかもしれない。

 

旅を続けながら己自身を見つめ直す西行にも、遂に最期の時が訪れる。かつて彼は「願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月の頃」と遺言めいた歌を詠んでいる。仏教の祖・釈迦の入寂のような死に方に憧れていた西行は、果たして桜の木が咲き誇る中、西行は釈迦の命日と一日違いで、和歌の通りに桜の木の下で静かにその生涯を閉じる。その最期は、後世の歌人にも多大な影響を与えた。