お市の方 辞世の句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (お市の方)

 「さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな」

 

 (柴田勝家)

「夏の夜の 夢路はかなき 跡の名を 雲井にあげよ やまほととぎす」

自害する前に夫の柴田勝家と辞世の句を詠いあったそうで、下記のお市の辞世の句に対して勝家が返句しています

 

 

市の方(おいちのかた)

生誕:天文16年(1547年)

死没:天正11年4月24日(1583年6月14日)

 

 

戦国大名・織田信長の妹)で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ、母は土田御前とされている。信行、秀孝、お犬の方は同腹の兄姉という。 初め近江の大名・浅井長政の正室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の後妻となった。

 

子に茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)がいる。

 

孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子、千姫、徳川家光、徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となったので、今上天皇の先祖に当たる人物でもある

 

   

茶々(豊臣秀吉側室)、初(京極高次正室)、江(徳川秀忠継室)のお母さん。織田信長の妹であり、浅井長政の妻。

その後、柴田勝家の妻となり共に自害した『戦国一の美女』といわれる肝っ玉母さん!

そしてなんと今上天皇のご先祖にあたる人物。

 

 

人物年表 

1567年       兄信長の名により近江国(滋賀県)の浅井長政に嫁ぐ。 

1570年       兄信長が『朝倉への不戦の誓い』を破り越前の朝倉義景を攻める。

            夫長政は朝倉家との同盟を重視し、信長軍を背後から急襲する。

      

1573年       小谷城の戦いで小谷城が陥落し夫長政とその父久政が自害する。

            その中でお市は3人の娘と共救出される。 

1582年       本能寺の変で兄信長が死去。

            その後、秀吉の仲介により織田家筆頭家老柴田勝家と再婚する。

 

1583年       勝家が織田家の後継者問題で秀吉と対立し、賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れる。

            その後、越前北ノ庄城にて夫勝家と共に自害する。享年37。

 

 

戦国一の美女と言われるほど美人さんだったようで、信長に一番可愛がられた妹みたいです。

いつの世も妹というのはかわいいのですね。

また、元々織田家は美男美女の家系のようで信長もカッコ良かったらしい。

  

自害する前に夫の柴田勝家と辞世の句を詠いあったそうで、下記のお市の辞世の句に対して勝家が返句しています。 

 

■戦国の純愛 二人の辞世の句 

 

(お市の方)

さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな

 意味:ただでさえ寝る頃合いなのに、これはまるで夏の夜に別れを誘い鳴くホトトギスみたいですね。

 

(柴田勝家)

夏の夜の 夢路はかなき 跡の名を 雲井にあげよ やまほととぎす

 

自害する前に夫の柴田勝家と辞世の句を詠いあったそうで、下記のお市の辞世の句に対して勝家が返句しています

 

妻・お市の方とはわずか7ヶ月余りの夫婦でした。勝家はお市に逃げるように勧めたが、お市はこれを拒み、勝家と運命をともにした。勝家はお市に惚れていたため生涯独身を通したともされています

 

過酷な運命のなか生涯をおえたお市の方。しかし遺された3人の姉妹たちは、それぞれもっとドラマにとんだ人生がまっていました。

この母にして、この娘あり・・・ 事実は小説より奇なり。年のはなれた柴田勝家に嫁いだお市の方でしたが、政略結婚との声もあるなか、句だけをよむと案外、純愛であったのかな・・・と夢想します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大人気・家訓ブログが本になりました!

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

“家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、

初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~ 

 

■書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063