横山大観

 

 

 

 

 

 『無窮を趁ふ』 

 

 

 

 横山 大観(よこやま たいかん)

生誕:1868年11月2日(明治元年9月18日)

死没:1958年(昭和33年2月26日)

 

日本の美術家、日本画家。茨城県水戸市出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。帝国美術院会員。第1回文化勲章受章。死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。茨城県名誉県民。東京都台東区名誉区民。本名、横山 秀麿(よこやま ひでまろ)。

 

岡倉天心を師と仰ぎ、明治・大正・昭和の90年を生きた大観は「一切の藝術は無窮を趁ふの姿に他ならず-芸術は感情を主とす-世界最高の情趣を顕現するにあり」を座右の銘としました。

 

 明治維新で水戸藩士の身分を失った父とともに上京、東京府中学校(現日比谷高校)を優秀な成績で卒業後、明治18年、東京大学予備門とその付属英語専修科の両方を受験しました。それを問題視する声があがり、掛け持ち受験した全員と共に不合格となってしまいます。そこで私立の東京英語学校に入学します。ここで学んだ語学力は後年の画家・大観を大いに助けることとなるのです。進む道を変更し、明治21年、東京美術学校(現東京芸術大学)を受験し、一期生となります。卒業後は東京美術学校助教授となるも、校長岡倉天心とともに辞職し、日本美術院創立に参画します。明治36年にインドに外遊、翌年渡米し、その語学力も生かし各地で作品を展覧しますが、これが大盛況となります。米国から欧州に渡り、各地を巡って帰国します。そして明治42年より上野池之端に居を構えることとなります。ここで精力的に作画に取り組みました。昭和5年、ローマでの日本美術展では使節として赴くなど、日本の美術界を牽引し活躍しました。昭和12年には第一回文化勲章を受章しました

 

■「無窮を趁ふ」とは? 

 

有限を将(も)って無窮を趁(お)うこと莫れ 

⇒ 有限(限りある身)で、無窮(永遠)を趁う(求める)ことなど愚かなこと。 

 

「無窮を趁(お)う」とは、横山大観の師、岡倉天心が好んで使った言葉です。

以後、天心をしたう弟子たちがおのおのの座右の銘として、受け継がれていきました。

 

大観は、「芸術は終生の修行である」との言葉ものこしており、「芸術」に終わりなく、また「美」にゴールがないことを天心、そして大観たちは意識していました。

しかし、ゴールがないのならもういいやとは考えずに、限りがないことを百も承知した上でそれを知りつつも究極に向かって精進し続ける。

芸術の道は「無窮を趁う」ようなものだ。と決意を固めたメッセージです。

 

一回しかない人生、どうせなら、無窮をおっていきたいと思いませんか?

 

 ■横山大観 名言集

 

「己が貧しければ、そこに描く富士も貧しい」

 

 

「人間ができてはじめて絵ができる」

 

 

「良い絵とは、ああっと言うだけで、ものが言えなくなるような絵だ。どうだこうだと言える様な絵、言いたくなる様な絵は大した絵ではない」

 

 

  「金もうけされるのも結構だが、このへんでひとつ世の中のためになるようなこともやっておいたらどうですか」

注釈:親交が深かった実業家、山崎種二(山種証券創業者)に言った言葉。この言葉がきっかけとなり山崎は後に山種美術館を設立する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■師・岡倉天心との関係

 

明治時代、西洋化の荒波に逆らい、日本独自の美を目指して美術界をけん引した岡倉天心。横山大観をはじめ菱田春草、下村観山などそうそうたる画家たちを育て上げ、“近代日本画”を打ちたてた。

 

師の天心と弟子たちは固い絆で結ばれていた。天心が東京美術学校校長の座を追われた時には、一緒に学校を去って、日本美術院を立ち上げた。その美術院が経営難から茨城県五浦に“都落ち”した時には、天心と一緒にこの不便な地に移住した。「人の型を踏むな」「芸術は無窮を追え」と独創性を求めた天心。弟子たちはその言葉を座右の銘とした。

 

岡倉天心は、アメリカ人フェノロサとともに、明治21年、上野公園内に東京美術学校を開いた。翌1月には入学試験が行われ、天心は橋本雅邦や川端玉章らとともに、受験生の作品の審査にあたった。

   

そのときのこと。大学予備門(のちの一高)から受験している横山秀磨という学生の合否が問題になった。彼の絵にはとても及第点はつけられなかったが、天心は、「美校は絵がうまいだけの職人をつくるところであってはならない。どうも、美術家にはほかの学問ができない者が多い。大学予備門の在学生なら秀才だろうから、一人ぐらいはそういう人間も本校に入れておこうではないか」

 

といって、特別にその学生を入学させた。その学生が、やがて巨匠、横山大観となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大好評発売中!

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063

 

■著者 幡谷哲太郎(はたやてつたろう)氏

 

茨城県水戸市生まれ。日本青年会議所「徳溢れる心醸成会議」に所属中に家訓づくりを始める。家訓づくりを広める活動を「家訓ニスト」と命名し、全国160カ所以上、7,000人の受講者に対し、家訓づくりのセミナーを開催。セミナー後に、「家訓を作り、家族での唱和を実践した」という家庭の100%が、「家族に変化があった」と回答するなど、大きな変化を与えている。セミナー開催数、受講者数、WEBアクセス数、いずれも日本一の実績(協会調べ)を誇り、自他ともに認める家訓づくりのスペシャリスト。現在は、明るい豊かな社会の実現のため、家訓ニスト協会(仮)を立ち上げ、ノーベル平和賞受賞をめざし活動を広げている。