ヨーロッパ連合の母 クーデンホーフ=カレルギー光子

 

 

 

 

 

 

 

 

 『日本人としての誇りを失わないこと』

(渡欧の際、皇后さまより賜ったお言葉)

 

  

 

 

クーデンホーフ=カレルギー光子

生誕:1874年7月24日

死没:1941年8月27日

 

旧名:青山 みつは、オーストリア=ハンガリー帝国の貴族ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の妻で、パン・ヨーロッパ運動によりEUの礎を築いたリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の母。そのため「パン・ヨーロッパの母」と言われ、現代においては「EECの母」と言われる

日本人でただ1人、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と会話した人物でもある

 

 日本が明治維新の頃、青山みつは、東京府牛込で骨董品屋を営む青山家に生まれた。東京にある青山通りは、みつの実家に由来します。明治25年、当時のオーストリア=ハンガリー帝国の駐日大使として東京に赴任してきたハインリヒ・クーデンホーフ伯爵に見初められ、大使公邸に小間使いとして奉公する。クーデンホーフ伯爵が騎馬で移動中に落馬したのを、みつが手当てしたのがなれ初めだといわれる

 

1893年、周囲が反対する中、青山みつはクーデンホーフ伯爵と結婚する。長男・ハンス光太郎、次男・リヒャルト栄次郎の2人の子を東京でもうけた。書類が残る正式な国際結婚の第一号と言われている。

 

1896年に光子は、夫の祖国であるオーストリア=ハンガリー帝国へとわたる。その際には、明治天皇の皇后美子から「異国にいても日本人の誇りを忘れないでください」と激励された。

 

クーデンホーフ家はボヘミアとハンガリーに跨る広大な領地をもつ伯爵家であり、クーデンホーフ一族は極東アジアからきた東洋人で仏教徒でもあった光子を奇異の目で見た。ハインリヒは「光子をヨーロッパ人と同等の扱いをしない者とは決闘をする」と言い、光子の庇護に努めた。その後、三男ゲオルフほか4人、合わせて7人の子をもうける。

 

18ヶ国語を理解し、特に哲学に関しては学者並みの知識を持つ教養豊かな夫と、尋常小学校を卒業した程度の学力しかない妻とでは教養のレベルの差がありすぎ、子供たちのこと以外に夫婦でつながりを持てるものは少なかったが、光子も渡欧後に自分の無学を恥じて、歴史・地理・数学・語学(フランス語・ドイツ語)・礼儀作法などを家庭教師を付けて猛勉強した。

 

1906年5月14日にはハインリヒが心臓発作を起こし急死した。ハインリヒの遺産は全て光子が相続するように遺言がなされていたものの、一族が財産を巡り訴訟を起こすが、光子はこれに勝訴する。以後、夫の遺産を相続し、伯爵夫人として家政を取り仕切った。そして子供たちの教育のため、財産を処分しウィーンへ居を移す。

 

1914年に始まる第一次世界大戦では、オーストリア=ハンガリー帝国と日本は敵国として戦うことになり、光子への差別は強まった。また、ハンスとゲオルフの2人の息子が兵士として従軍したり、光子自身も赤十字社を通しての食糧供出に奔走するなど多難な時期を送る。

 

1918年に戦争が終わると、次男リヒャルトが舞台女優イダ・ローラントと結婚すると言い出し、光子と対立する。リヒャルトは家を飛び出し駆け落ちをした。その後、この次男は「汎ヨーロッパ主義」を著し、一躍ヨーロッパ論壇の寵児となっていくのでした。

 

 

■EUの母と呼ばれるミツコ

 

香水で有名なゲラン社の製品に、「ミツコ」という有名な香水があります。どこか東洋的な香りがする、淑女を思わせる、大人のための香水です。そしてこの香水のモデルになったのが、クーデンホーフ光子です。

  

日本人としての誇りを忘れない

大正3(1914)年、第一次世界大戦が始まります。「オーストリア=ハンガリー帝国」と「日本」という二つの祖国が、互いに敵国として戦うことになってしまったのです。

 

光子の長男と三男も、兵士として戦場に出ていきました。にもかかわらず、「敵国」出身の光子には人々から「黄色い猿め!」との罵声がとびました。

他の日本人はみな、あわてて別の国に行ってしまいました。しかし光子は、歯をくいしばって耐えたのです。光子は、人々のヒステリックな敵対心を自分の振る舞いでやわらげ、消して行きました。彼女には、人々との共生の心、共栄の心が根づいていたのです。それは、もとより日本にいたときに培われたものでした。

 

光子は三人の娘とともに赤十字に奉仕に出ました。敵味方にかかわらず、苦しむ人々のために働いたのです。

前線の兵士が飢えていると聞くと、城の庭に畑をつくり、大量のジャガイモを収穫。それを袋詰めにして列車に積み込み、奪われないように自分が「男装」して見張りながら、無事、最前線に届けました。光子のジャガイモ作りは終戦まで続けられ、兵士だけでなく市民も救ったのです。こうしたことを通し、人々が光子を見る眼は変わっていきました。

こうしてミツコは、人種差別の偏見に打ち勝ち、なおかつ日本人として立派な行動をつづけたことで、多くの信用を手に入れたのでした。

 

ミツコは、子供たちに日本式の厳しい躾と教育をほどこし、全員が、それぞれ立派な大人に成長します。なかでも東京で生まれた次男のリヒャルト・栄次郎・クーデンホーフ・カレルギー伯爵は、その著作で「欧州統合」を主張し、いまでいう“EU”の概念を打ち立てた人物です。

  

ヨーロッパの28の民主主義国家が、アメリカのような一つの連邦国家としてまとまるべきだ、という大胆な提案です。リヒャルトの理想に、人々は、分析を特徴とする西洋思想に対して、総合・統一という東洋的考え方を感じ取ったそうです。

 

そしてその著者の母は日本人であるという驚くべき事実が伝えられてくると、さまざまな新聞がミツコに新しい名称を贈りました。「欧州連合案の母」っと・・・

 

リヒャルトの生涯をかけたた理想と運動は、その後もヨーロッパの政治思想に大きな影響を与え、続けます。 

第2次大戦後のヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)、ヨーロッパ経済共同体(EEC)、そして現在、ヨーロッパには、ヨーロッパ連合(EU)が誕生しました。

 

リヒャルトは母についてこう述べています。

彼女の生涯を決定した要素は3つの理想、すなわち、『名誉・義務・美しさ』であったと。

 

ミツコは自分に課された運命を、最初から終わりまで、誇りをもって、品位を保ちつつ、かつ優しい心で甘受していました。

 

名誉と義務と美しさ。この3つは日本人の日本的な日本人であるがゆえの美徳です。 そしてそういう美徳は、私たちの父祖祖先が、血を吐くような努力の中で築き上げてきた美徳です。

ミツコの半生を知れば知るほど、日本の精神を、もっと大切にしていかなければならないと強く感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国家どうしが争うのではなく、「欧州は一つ」(Europe is One)になるべきなのだ

 

 

 

 

 

リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー

生誕:1894年11月16日

死没:1972年7月27日

 

クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家。汎ヨーロッパ連合主宰者。日本人名の幼名を持ち、その名は、青山栄次郎(あおやまえいじろう)。 

クーデンホーフ=カレルギーの汎ヨーロッパ運動は1922年10月に始まった。彼は汎ヨーロッパの構想を新聞紙上で発表した。

 

1923年に単行本『汎ヨーロッパ』(パン・ヨーロッパ)を著しセンセーションを起こし、汎ヨーロッパ運動は組織化されていくのでした

 

本は「全欧州の青年に告ぐ」という文言で始まり、「汎ヨーロッパ連合に加入します」というハガキが付いた著作は、センセーションをおこします。第一次世界大戦後のヨーロッパは戦勝国・敗戦国ともに大損害を被っているにも拘らず分裂しているが、ヨーロッパはロシアの脅威に対抗しなければならず、米国と経済競争をしなければならない、というものである。欧州は統合することによって、勃興する米国、日本、ソ連に対抗することができと説いたのです。

 

そしてこの理想は、のちのヨーロッパ連合(EU)の結成につながりました。

ヨーロッパの名家の出身でありながら、日本人の血もひくクーデンホーフ=カレルギーだからこそ、違う民族同士が認め合い、そして連携することの大切さを説けたのではないでしょうか?

母・ミツコが日本人としての誇りを忘れなかったように、息子栄次郎も、また母を通じ、日本人としての誇りを自らの理想として世に説いた半生を歩みました

 

 

■EU(ヨーロッパ国際連合)とは

 

EU。1993年、それまでのEC加盟12ヶ国(ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、イギリス、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン)により批准されたヨーロッパ連合条約(マーストリヒト条約)の発効によって発足。ヨーロッパの政治経済の統合を目指し、加盟国間の相互協力を強化することを目的として設立された超国家機構。1995年にオーストリア、スウェーデン、フィンランドが、2004年にはポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、キプロス、マルタ が加盟し、現在の加盟国は25ヶ国。本部はベルギーのブリュッセル

 

人口3億2600万人を擁する経済圏となっている

 

血で血を洗うヨーロッパの歴史

かつてヨーロッパといえば、古代から近代に至るまで戦乱にあけくれた地でした。

 ヨーロッパは多くの国が集中して存在している地域です。しかし、国境線をはさんで紛争や戦争が絶えず、第一次世界大戦も、第二次世界大戦もこの地で勃発しました。

 

 しかし戦後、状況は一変しました。そこはヨーロッパ史上かつてない平和と繁栄の地となったのです。それは国々の間に、強い連帯が生まれたからです。今日、ヨーロッパには、EUすなわちヨーロッパ連合というものがつくられています。これは、経済の結びつきをはかったかつてのヨーロッパ経済共同体(EC)を、さらに発展させたものです。

 

 今日では、共通の通貨(ユーロ)も発行され、人々は国境を越えて自由に行き来し、また経済活動、人々との交流ができるようになっています。そのためにヨーロッパはかつてなく発展し、繁栄するようになっているのです。EU=ヨーロッパ連合は、民族も言語も違う国々が連合体をつくり、共栄を目指したものです。このような国家の連帯、統合は、ヨーロッパ史上また人類史上、画期的なものといってよいでしょう。

 

 

■ クーデンホーフ=カレルギーも影響をうけた「大アジア主義」

 

リヒャルトが提唱した「汎ヨーロッパ主義」(Paneuropa)とは、アジアが一つなのに、なぜ欧州が一つになれないことがあろうか、国家どうしが争うのではなく、「欧州は一つ」(Europe is One)になるべきなのだ、という主張でした。

 

このAsia is One とは、岡倉天心を中心に展開された「大アジア主義」のことをさします。自らも日本人の血をひくクーデンホーフ=カレルギーは、この思想に心を大きく動かしたといわれています

 

大東亜共栄圏に触発されてEU構想が生まれた 

 カレルギー伯は、EUの構想を生み出しますが、それはもともと、大東亜共栄圏思想の元となった岡倉天心の「アジアは一つ」という大アジア主義にヒントを得たものでした。さらに彼は、大東亜共栄圏を生み出そうとする日本の奮闘を見聞きし、その「刺激的伝播」を受けて、EUの創設を着想したと語っています。EUは、ヨーロッパ版の「大東亜共栄圏」なのです。

 

 

 彼女をののしる者はもういなくなりました。彼女の存在は、ヨーロッパで一筋の光となったのです。本当の平和、本当の共存共栄は、民族を越え、敵味方をも越えた彼女のような心にあるのではないか、人々はそう思うようになったのです。光子は、大東亜戦争が始まる数ヶ月前の昭和一六(一九四一)年八月に、六七歳でこの世を去りました。しかし、彼女の輝いた姿はヨーロッパの人々の心から消えることはなかったのです。

 

 彼女は晩年に、「ヨーロッパ統合の母」と呼ばれました。とりわけ彼女から深い影響を受けたのが、彼女の子どもたちでした。とくにヨーロッパ統合運動を始めたリヒャルトです。彼は、

 「母がいなかったら、私は決してヨーロッパ統合運動を始めることはなかったでしょう

 と語りました。一人の人間の内にあった共栄の心が、やがてヨーロッパ統合運動として、そこに平和と連帯と繁栄をもたらしていったのです。

 

日本とオーストリアの架け橋となり、さらにその友愛の精神は、のちの欧州連合の発足に大きな影響を与えたのでした。

ミツコの日本人として誇りを失わない人生に感服です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大好評発売中!

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063

 

  ■著者 幡谷哲太郎(はたやてつたろう)氏 経歴

 

 茨城県水戸市生まれ。日本青年会議所「徳溢れる心醸成会議」に所属中に家訓づくりを始める。 家訓づくりを広める活動を「家訓ニスト」と命名し、全国160カ所以上、7,000人の受講者に対し、家訓づくりのセミナーを開催。セミナー後に、「家訓を作り、家族での唱和を実践した」という家庭の100%が、「家族に変化があった」と回答するなど、大きな変化を与えている。 セミナー開催数、受講者数、WEBアクセス数、いずれも日本一の実績(協会調べ)を誇り、自他ともに認める家訓づくりのスペシャリスト。現在は、明るい豊かな社会の実現のため、家訓ニスト協会(仮)を立ち上げ、ノーベル平和賞受賞をめざし活動を広げている。