看護婦さんが聞いた後悔の言葉ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ナースに聞いた患者さんが死ぬ前に語られる後悔のランキング

 

(参照:POUCHより 

http://youpouch.com/2012/02/06/53534/

 

(1位)自分自身に「 忠実 」に生きれば良かった 

 

(2位)あんなに「一生懸命」働かなくても良かった  

 

(3位)もっと自分の気持ちを表す「 勇気 」持てば良かった 

 

(4位)「 友人関係 」を続けていれば良かった  

 

(5位)自分をもっと「幸せ」にしてあげればよかった

 

 

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

 

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアのBronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです

 

    

■いつ死ぬか分からない・・・ それが人生

 

一度しかない自分の人生。後悔ばかりではもったいないと思いませんか?

社会生活をおくる上で、多少の我慢や自分を殺すことも必要です

 

でも何のために我慢するのか?そもそも自分にとっての幸せとは何なのか?を持てている方、持てない方の差は、人生の中で大きく開いてくると思います

 

家訓づくりは、そんな人生の「軸」を定める効果があります。

病床で後悔するぐらいなら、まず今日から自分にとっての幸せを見つめなおしましょう^^

 

家訓づくりプログラムで紹介している王貞治さんの家訓にはこんな一節があります。

王家家訓:「外出するときは、新しいパンツをはく」

 

一瞬「えっ?」と感じる内容ですが、王さんの真意は

「外出先で倒れた時に、汚いパンツを見られたら恥じだ」という意味に加え、「いつ死んでも、誰にも恥ずかしくない一生を送れ!」という深い意味があります。

 

自分の人生を終える時、ベットの上で後悔できるのは、まだ幸せなのかもしれません。それほど人生は唐突に、そして前触れもなく、終えてしまう方が殆どなのでしょう。

 

かくいう幡谷も、1日の2度の交通事故で死線をさまよい、また去年の8月には下血してしまい1週間の病院生活をおくることもありました

 

あなたもボクも、起きたその日が、人生最期の日かもしれない・・・

そう考えれば、今日やっておくことも、また人に優しく接することも簡単な事ばかりです^^

 

さいごに、こんな家訓も紹介させていただきます。

「自分が幸せになるには、他人を幸せにしろ」

 

幡谷にとっての幸せは、「家訓づくり」で地球上の人を幸せにすること、そして愛する嫁と、仲良く毎日を過ごすこと、そしてそして、阪神タイガースが勝つことです!

いろいろあった2016年ですが、その日、その日を輝く最高の1日にするために、阪神がんばってくれ! 今年もプロ野球開幕です^^