マルクスの最期の言葉

 

 

 

 

 

「最後の言葉が必要なのは生前、十分に語りつくさなかった馬鹿者だけだ」

 

 

 

 

カール・ハインリヒ・マルクス

生誕:1818年5月5日

死没:1883年3月14日

 

プロイセン王国(現ドイツ)出身のイギリスを中心に活動した哲学者、思想家、経済学者、革命家。彼の思想はマルクス主義と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。

 

フリードリヒ・エンゲルスとともに、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義、いわゆるマルクス主義を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。資本主義社会の研究をライフワークとし、それは主著『資本論』で結実した。『資本論』に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれる。

 

マルクスは、その生涯の大部分を亡命者として過ごしています。元々は裕福な資本家と家に生まれたマルクスですが、放蕩生活がたたり、その生涯をひどい貧困の中で過ごしています。また生前はあまり有名な存在ではありませんでした。しかし、ロンドンでの彼の運動と著作は、その後の世界の社会主義運動に多大な影響を与えたのです。

 

マルクスの死後、十九世紀終わりから二十世紀初めにかけて、世界中にできた社会主義政党は、皆何らかの形でマルクス主義を採用した。マルクス主義の核心は、階級闘争と社会主義社会建設のための理論であり、経済的搾取と社会的不平等を根絶することを目指していた。マルクス主義の一派である共産主義は、レーニンによって、1917年のロシアで最初の革命を成功させ、コミンテルンが各国で創設した共産党は、世界中の注目と議論を惹き起こした。

  

マルクスの世界観の核心は、彼の経済システム論ではない。マルクスは、経済学を批判的に扱っている。また、彼の経済理論は、アダム・スミスやリカードに多くを拠っている。「資本論」は、経済の専門的分析というよりも、社会経済問題に対する制度と価値の考察を通じた規範的分析である。マルクスが「資本論」で訴えているのは、人類の救済であり、彼の理論で最も卓越していた点は、経済学というより歴史理論と政治学である。

 

 

■しくじり先生? 残念すぎるマルクスの生涯

先日、テレビ番組の「しくじり先生」でマルクスの生涯が紹介されました。

 

ざっくり要約すると、裕福な家に生まれ大学を卒業するも、堕落した生活をおくり、破たんした生活をおくります。その経験をバネに、後に「聖書の次に読まれた」と言われるほどの名著「資本論」をかきおえる

彼の死後、資本論に感化された人々が中心になり、当時世界最大の面積を誇ったソビエト連邦を誕生させます。「世界中から格差をなくす」という理想のもとに作られたその国は、しかしやがて崩壊の道を辿ることになりました

 

資本論には、格差社会が終わることが書かれていた。けれど、格差社会を終わらせた「その後」のことは書かれていなかった。「その後」を書かずに死に、「人類に夢を見せるだけ見せて大パニックを起こした」。それこそがマルクスのしくじりだった――というのが、しくじり偉人伝の概要でした

 

失意の生活のなか、自分がうまくいかない理由を社会論にすりかえ、その原因を資本家の搾取せいだっと、論破したのがマルクスの「資本論」です。

かれの言葉には信ぴょう性があり、そして社会の矛盾を上手に説明しています。しかしピカピカの理想はどこかもろいもの・・・人類に夢だけをみせたっとの見解も、あながちウソではないようです 

 

日本にもかつてマルクスの掲げる理想に共感し熱狂した若者たちがいました。50年代に隆盛をほこった学生運動の徒です

そんな左翼学生の間にはやった格言があります。

「学生時代にマルクスにかぶれない奴は馬鹿だ、大人になってもまだマルクスにかぶれ てる奴はもっとバカだ」っと

 

・・・マルクス先生は罪ふかい(*_*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■ソ連の崩壊・・・

  

ソ連崩壊とは、1991年12月25日のソ連大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。

 

1917年11月7日のロシア革命(十月革命)からロシア内戦を経て1922年12月30日に成立したソビエト連邦は、第二次世界大戦後にはアメリカ合衆国に伍する超大国として君臨しました。しかし69年後の1991年12月25日に崩壊しています。

 

ロシア革命後のロシア内戦や諸外国の干渉戦争を勝ち抜いて1922年12月30日に正式発足したソビエト連邦は、1920年代後半からヨシフ・スターリンによる独裁体制が成立し、急速な工業化が進んだ。第二次世界大戦では、1940年にバルト三国を併合し、1941年からの独ソ戦に勝利して東ヨーロッパ諸国の衛星国化を実現させ、戦後は東側陣営の中心としてアメリカと世界を二分する超大国となりました。

 

他方で、大粛清に象徴される一般国民の大量処刑・追放、領土併合や集団強制移住による強圧的な民族政策など、後にスターリニズムと呼ばれる強権統治に対して、ソ連国民の不満や恐怖は根深く浸透していた。

 

 

ソ連の崩壊の原因  

理想の国家づくりに挑戦した旧ソ連。しかし、マルクスの予言した資本主義の終焉は一向に訪れず、また共産党による独裁体制の弊害で、国力は徐々に失われていきます。

 

 全てが国営企業のために、社員も企業も生産性や技術などの努力をしない状態がつづく一方、 アメリカとの軍事競争が経済破綻をまねきます。実は、アメリカも、実質は破たん状態であり、経済・財政の2つの赤字は改善されるどころか、いまも赤字を増やしています。しかし、赤字(国債)をも商品にして売り飛ばすしたたかな資本主義陣営と比べ、共産主義はいささかまじめすぎる部分があり、内包する矛盾に耐え切れなくなったというのが破たんの原因ではないでしょうか?

おなじ共産主義の国でも中国では、いち早く資本主義を導入しています。共産党がすすめる資本主義?という大矛盾をも、何食わぬ顔で推し進めるしたたかさも大切なことなのかもしれません

 

理論と実際の矛盾 

マルクスの共産主義理論によると、資本家が労働者を搾取して資本の蓄積を行い、労働者に還元しないのが社会の矛盾をうみます。この問題解消のための唯一の手段が革命であり、そして労働者自身が貧富の差のない社会をつくるべきとのメッセージをのこしています

 

しかし人間はそう単純なものではありません

マルクスの嫌がる欲や、向上心こそが社会をつくってきたとの一面もあるのではないでしょうか?

 

誰だって戦争より平和の方がいい。格差や差別がある社会より平等で公平な社会の方がいい。が、人間にとって生きるということは競争そのものです。競争がなければ人間も社会も進歩しない。競争があれば、当然ながら格差と差別が生まれる。つまり、進歩と発展は競争が前提なのであり、格差と差別はその裏返しにすぎないと家訓ニストは考えます。

  

労働者に団結をよびかけ理想の社会建設の燃えたスターリンは、のちに独裁化をすすめ、大粛清によって78万人以上(一説には700万人)の同志や市民を処刑し、無作為なな大飢饉によって少なくとも400万人以上(一説には1,450万人)の農民を餓死させています。

一方、中国を建国した毛沢東は、大躍進政策によって2,000万人以上(一説には3,600万人)の餓死者を生み、文化大革命によって400万人以上(一説には1,000万人)の同志や市民を虐殺しています

 

マルクスが名指しで批判した「資本家」(社長さん)を追い出したはずが、独裁者というとんでもないモンスターを生んだ・・・それが共産主義の歴史的な皮肉です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■世界で一番成功した社会主義国は、日本?

 

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言されました

 

確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。

経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?

 

ソ連時代に自由主義の要素を加えるために日本に来た学者も「これは社会主義だ、研究にならない」と言ったとか。「年功序列」「終身雇用」や規制等により新規参入を国家が調整することなどがそう見えたのでしょう。

 

日本における「会社」とは人間関係そのものであり、西欧における地域共同体と同様の意味を持ったため、そういう「社会主義」的な環境であっても「滅私奉公」というような会社に対する忠誠心が保たれ、労働意欲の減少に繋がらなかったのではないでしょうか。ただこの企業共同体への忠誠心も薄れてきていますので、新たな展開が始まっている気がします。

 

それと企業間の競争は保たれ、創意工夫、発想の自由が認められていること、企業内でもボトムアップ社会で個人の発想を企業が受け入れる柔軟性や向上心が個人でも企業でも保たれたことがあるでしょう

 

マルクスが夢みた理想郷、日本

世界で一番成功した社会主義国、日本。その原風景は、日本の農村にあったと家訓ニストは考えます。江戸時代、農村部では、土地の所有という概念は薄く、共同作業で水の管理や里山の手入れをする一方、まじめに働けば田畑が増やせる社会的な明るさも担保されていました。

マルクス主義の影響をうけた作家の一人に、ジブリで有名な宮崎駿さんがいます。「となりのトトロ」に代表される世界観に、共鳴する人も多いのではないでしょうか? 本来の共産主義とは、独裁や、革命などオドロおどろしいものでなく、非常に牧歌的な風景であり、人々が助け合うことの美しさをといたものです。

 

また、ヨーロッパでは資本家と労働者は、食うか食われるかっと、二元論で語られるものが、日本では、どこか家族的であり、そこまでの対立構造はみえません。中小企業の経営者が、田畑をうり身銭をきって給料をはらうことって、よくある話のようですが、ヨーロッパ社会ではないお話しです。こうした優しすぎる経営者の存在も、世界で一番成功した社会主義国と言われる由縁であると考えます

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■人気ブログが本になりました。大好評発売中!

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063

 

 

 ■著者 幡谷哲太郎(はたやてつたろう)氏 経歴

茨城県水戸市生まれ。日本青年会議所「徳溢れる心醸成会議」に所属中に家訓づくりを始める。

家訓づくりを広める活動を「家訓ニスト」と命名し、全国160カ所以上、7,000人の受講者に対し、家訓づくりのセミナーを開催。セミナー後に、「家訓を作り、家族での唱和を実践した」という家庭の100%が、「家族に変化があった」と回答するなど、大きな変化を与えている。

セミナー開催数、受講者数、WEBアクセス数、いずれも日本一の実績(協会調べ)を誇り、自他ともに認める家訓づくりのスペシャリスト。現在は、明るい豊かな社会の実現のため、家訓ニスト協会(仮)を立ち上げ、ノーベル平和賞受賞をめざし活動を広げている。