海軍大将・東郷平八郎と日露戦争

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『勝って兜の緒を締めよ』

 (日露戦争終結後の解団式の訓示にて)

 

 

 

 

 

 

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう)

生誕:弘化4年12月22日(1848年1月27日)

死没:昭和9年(1934年)5月30日)

 

日本の幕末から明治時代の薩摩藩士、軍人。階級は元帥海軍大将。栄典は従一位大勲位功一級侯爵。

 

明治時代の日本海軍の指揮官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献し、日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた一人である。日露戦争においては、連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を一方的に破って世界の注目を集め、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)としてその名を広く知られることとなった。当時、日本の同盟国であったイギリスのジャーナリストらは東郷を「東洋のネルソン」と、同国の国民的英雄に比して称えている。

 

日本では、大胆な敵前回頭戦法(丁字戦法)により日本を勝利に導いた世界的な名提督として、同じく日露戦争における英雄である陸軍大将・乃木希典陸軍大将と絡め「陸の乃木 海の東郷」とも)と称され国民の尊敬を集めた。

 

最期は膀胱がんを患い、86歳で亡くなりました。葬儀は国葬の形で行われ、世界各国から海軍の大物が来日し弔意を評しました。

 

■東郷平八郎 至極の言葉

 

「皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」

 注釈:ロシアのバルチック艦隊を迎撃する際に発した訓示。 

 

「神明(しんめい)は、ただ平素の鍛錬に力(つと)め、戦わずして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平(ちへい)に安ずる者より直ぐに之を奪う。古人曰く、勝て兜の緒を締めよ、と」

注釈:日露戦争に勝利し、連合艦隊を解散し、平時編成に戻すことになった。その際に連合艦隊解散の辞として東郷が読み上げた訓示(起草は参謀秋山真之とされる)。この訓示は米国のセオドア・ルーズベルトが感銘を受け、英訳文を全米の海軍将兵に配布したほどの名文といわれる。

 

「五省」

至誠(しせい)にもとるなかりしか(誠実さを失っていることはなかったか)

言行(げんこう)に恥ずるなかりしか(言葉と行動に恥じるところはなかったか)

気力に欠くるなかりしか(気力に欠けているところはなかったか)

努力に憾(うら)みなかりしか(努力に足りないことはなかったか)

不精(ぶしょう)にわたるなかりしか(何をするにもめんどうくさがっていないか)

注釈:後ろの( )は現代語訳

 

「兵器に格差があるときには、百発百中の大砲一門だけで、百門をもっているが一発しか当たらない大砲群と互角に戦うことができる」 

 

「天は正義に与し、神は至誠に感ず」 

 

「わしは、天祐や神助が、必ずあるものと、信じている。ただ、それは、正義あっての天祐、至誠あっての神助だ」 

 

「我らが、真に一念、お国の為に、今度の一戦は、勝たねならないと、必死になって、準備しておいたので、天祐もあり、さらには、神助もあり、何も彼も、好都合に運んだわけである」 

 

「訓練には制限はありますまい」 

 

「咲くもよし散るもよし野の山桜、花のこころは知る人ぞ知る」

 

「遇直と笑わるるとも、終局の勝利は必ず誠実な者に帰すべし」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「天気晴朗ナレドモ波高シ」

 (作戦参謀 秋山正之の起草文より)

  

 

■日本海 海戦とは?

 

島国である日本は、貿易や食料調達のため船での航行がかかせません。海の安全を確保することは日本の生活を守ることとイコールです。明治時代、制海権を握ることは、国の命運を握る死活問題であり、制海権を握られた国家は植民地として隷属することを覚悟しなくてはならないそんな厳しい時代だったのです。

 

東郷平八郎は、日露戦争において、連合艦隊司令長官として海軍の作戦を指揮し、バルト海から増派されたバルチック艦隊を対馬沖で迎えうち、日本海海戦において、世界に例のない大勝利をおさめ、日本の勝利に大きく貢献しました。なお、バルチック艦隊に接近後、左に大きく変針し、敵の前方をさえぎり、集中砲火を浴びせた作戦は、T字作戦(トーゴーターン)と呼ばれ、世界的に有名です

 

当時、日本とロシアの国力の差は10倍以上。 世界中のどの国も、日本が勝つことはないと確信していました。そもそも、 日本自体、勝てるとは思っていなかったとも言われています。しかし、戦いは避けられない状況のなか、ロシアの属国になってしまうことを避けるため、乾坤一擲の作戦を練り上げていきます。それには、戦いの最初で、アジアにいるロシアの軍隊を破り、日本有利なうちに講和に持ち込む作戦です。

 

陸軍は、乃木希典大将のもと、持てる全てを投入し、多大の犠牲を払いながら勝利しました。 次は海軍の番でした。ヨーロッパから、世界最強といわれるバルチック艦隊が日本に向かっていた。 日本の連合艦隊は、バルチック艦隊を全滅させなければならなかった。  


そして、運命の5月27日の朝を迎えた。巡洋艦から敵艦発見の連絡を受け、東郷平八郎は午前6時21分に、「敵艦見ゆとの警報に接し、吾艦隊は直ちに出動、之を撃滅せんとす。此の日、天気晴朗なれど波高し」と大本営に打電しています。
   
   

連合艦隊作戦参謀、秋山真之は、アメリカで海軍の作戦・戦術について研究し、帰国後は海軍大学校の教官として勤務していましたが、東郷に認められ連合艦隊の作戦参謀になっていました。バルチック艦隊を撃滅するために、戦艦・巡洋艦による砲撃、駆逐艦・水雷艇による魚雷発射、機雷敷設などを組み合わせた7段がまえの作戦を考え、日本海海戦の圧倒的な勝利に大きく貢献しました。バルチック艦隊と戦うために連合艦隊が出動したときの「天気晴朗ナレドモ波高シ」の電文や、連合艦隊が戦時編成を解いたときの解散の辞は、秋山作戦参謀が起案したもので、名文として知られています。  
     
ロシア側の人的被害は戦死5046名、負傷809名、捕虜6106名。一方日本側の損害は、水雷艇3隻、戦死者116名、負傷538名であった。(平間洋一『日露戦争が変えた世界史』による)結果は日本軍の圧勝であり、日本軍のこの勝利で日露戦争の趨勢は決定的となったのである。日本海海戦における日本勝利のニュースは世界を驚嘆させ、殆んどの国が号外で報じたという。有色人種として初めて白人国家に勝利した日本を自国のことにように狂喜したアジアやアラブ諸国。またロシアの南下を阻止したかった英米にとっても、日本の勝利に賛辞をおしまなかったと伝えられています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■コロンブス以来の大事件! 「日露戦争勝利」の意義

 

(参照:日本人の覚醒)

http://kabukachan.exblog.jp/19062401/

 

白人国家 VS 非白人国家」での非白人国家の最初の勝利 

陸の乃木、海の東郷と称えられた2人の英雄の導きにより、日本は大国ロシア相手に奇跡的な大勝利を手に入れました

日露戦争での「日本の勝利」は、その後のアジア諸国にどの様な影響を及ぼしたのでしょうか? この点について考えてみます

 

それまで、欧米列強に浸食されていたアジア・アフリカ諸国は、「自分達がどう転んだ所で、欧米列強には敵(かな)いっこない」と諦(あきら)めていました。そこへ、最近までチョンマゲを結っていた極東の小さな島国が、欧米列強の一大国・ロシアに勝利したと言うビッグ・ニュースが飛び込みます。

 

このニュースは、植民地支配に苦しんでいたアジア・アフリカ諸国の「希望の星」になったと同時に、それまで欧米列強には敵わないと諦めていた国々に「独立」と言う希望を抱かせたのです。その後、第三世界に次々と新たなリーダーを輩出させていきました

 

 

「コロンブス以来の大事件」

有色人種の国家が最強の白人国家を倒した。というニュースは、世界史の大きな流れからすれば、コロンブス以来の歴史的大事件となりました。

 

コロンブスの新大陸の発見が世界史上の大事件であったことを認めない人はいないはずです。

コロンブス以前の世界史では、それぞれの地域で起きた事件が別の地域に影響を与えるということは、ほとんどなかった。アレキサンダー大王が現れても、それはアメリカ大陸には関係がないし、また、漢の武帝の即位がアフリカに影響を及ぼすということはなかった。

 

ところが、コロンブス以後、大航海時代がおこり、世界中はひとつになった。ヨーロッパで起きた事件でアジアが動くという時代が始まったのである。この歴史の分水嶺から400年間に、世界史で何が起きたかといえば、白人が有色人種の土地にやってきては、それを植民地にするという時代がはじまります。

これに比べれば、その他の事件、たとえばアメリカの独立戦争(1775~83年)も、同じ文脈にそうことになります。それは小さな出来事に過ぎないのではないでしょうか?

 

アメリカが独立しようと、イギリスという国の植民地になろうと、それはあくまで白人同士の内輪もめであって、「世界史」全体からすれば、どちらに転んでもいい話である。インディアンたちにとって、アメリカ大陸の支配者が誰であろうと、白人であるかぎりは状況は変わらない。白人の植民地支配のほうが、ずっと大きな問題だったのである。

 

日露戦争がなかったら、あるいは日露戦争に日本が負けていたならば、この白人優位の世界史の流れはずっと変わらず、21世紀を迎えようとしている今日でも、世界中は植民地と人種差別に満ちていたであろうということには、豪毛の疑いもない。

 

ところが、日露戦争で日本が勝ったために、コロンブス以来400年ぶりに、世界の歴史の大きな流れが変わったのである。つまり、有色人種が白人の言いなりになりつづけるという時代に終止符が打たれた。それを日本が満天下に示したのであった。

 

そして、時間が経てば経つほど、誰の目にも日露戦争の世界史的意味は大きくなってくるのである。

ふたたび繰り返すが、ここ500年間の世界史の事件で、コロンブスの新大陸発見に匹敵する大事件は、日露戦争における日本の勝利しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■植民地支配とは?

 

植民地とは、ローマ時代にも見られた占領政策で、とくにコロンブスの新大陸発見以後、西欧列強がこぞってその支配をひろげていきます。初期は搾取型で、金銀財宝を盗んでくることを目的としています。中期には、産業革命によって可能になった工業品を高~く買わせることでお金を吸い上げます。また白人たちは、プランテーションといわれる大型農場を展開するようになり、更に儲けを積みます。農奴とかした現地の人々は、教育の機会はもちろん、民族の言葉や宗教をも奪われていきます、生かさず殺さずといった、巧妙な植民地経営は未来永劫つづくと思われました・・・

 

画像は1度でも植民化、あるいは影響下に入った国をぬりつぶした地図です。パープルの西欧諸国が世界中を支配していた状況がよくわかるのではないでしょうか?

 

この時代の象徴的な出来事は、イギリスと清(いまの中国)によるアヘン戦争です。紅茶の原料となるお茶の葉を購入していたイギリスは支払をしたくない故に、アヘンを売りつけることを画策します。怒った中国側が抗議のすえ戦争に突入すると艦隊をおくりつけこれを殲滅、戦いに勝ったイギリスは、香港という植民地を手に入れ、またアヘンの販売を公式に認めさせるに至ります。

 

っていうかメチャメチャ(*_*) 当時、鎖国政策をとっていた日本でしたが、大国と信じていた中国がいとも簡単に翻弄される姿に愕然とし、開国、そして明治維新と、植民地化に対抗することが国是となっていきます。

 

 

 

人気漫画「HUNTER×HUNTAER」で、怪物が無慈悲に人間を殺戮するシーンが登場します。その時、人間はこういいます

 

人間:「助けてください・・・」

怪物:「おまえらは、牛や豚の命を奪う時、その声に耳を傾けることはあるのかい?」っと

 

植民地化された国々では、当たり前のように人権や財産、そして民族のプライドを奪う政策が実行されていきました。

南アメリカでのスペインによる植民地支配は、卑劣を極めるものでした、数億ともいわれる徹底的な搾取と殺戮を基本とし、人口が足りなくなるとアフリカから奴隷を補充するという鬼畜ぶり、のちに殺しすぎるとプランテーションの運営に支障がでることから、生かさず殺さずという施策がとられるようになります。

 

そんな白人さんにとっては天国、そして大多数の有色人種にとっての地獄の時代が約400年間つづいていきます

そして、その理不尽な時代を終わらせる「分水嶺」となったのが「日露戦争」です。分水嶺とは、山の頂で、雨水が異なる水系に分かれる場所のことをさし、転じて、物事の方向性が 決まる分かれ目のたとえです。水の流れは1滴、2滴でも植民地時代を終わらせたた「日露戦争」は、時代をかえる頂だったのです。

 

以下、WEBサイトの投稿から、植民地支配と、日露戦争の意義を改めて検証してみます。

 

(参照:輝きはじめた日本)

http://japan.alowy.com/?p=124

 

今から約百年前のこと、世界は欧米(ヨーロッパやアメリカ)の国々が支配していました。彼らは、主に白色人種(肌の色が白い人種)で、世界中に植民地を持っていました。そして、有色人種(白色人ではない人種)を差別して、奴隷のように扱っていたのです。

 

白色人種のロシアも例外ではありません。1898年、ロシアは満州(中国東北部)を占領しました。次にねらうは、朝鮮半島。そして、その後は、日本です。

 

このまま何もしないでいれば、やがて、ロシアに占領されると思った日本は、1904年2月、ロシアに戦いを挑みました。

これが、日露戦争です。

 

 日露戦争について理解するには、司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』を読むことをお勧めします。この当時の日本人全員が、いかに苦労して国のピンチを乗り越えたのかよく伝わってきます。感動します。NHKのドラマにもなりました。しかし、ドラマでは、様々なしばりがあって、作者の言いたいことが伝わりにくく、あまり感動しません。大人になるまでに、是非、原作を読んでみてください。
 

先輩の公野衛教論は、「日本人の必読書だ」と言っていました。わたしも同感です。

さて、この当時の日本は、まだ近代化したばかりで、力の強い国ではありませんでした。ロシアより、ずっと力の弱い国でした。比較すると国のお金も軍隊の力も、ロシアのほうが約十倍も上回っていました。

 

まるで、大人と子供です。

みなさん、日本は、こんな強い相手に戦いを挑んだのです。

無謀だと思いませんか?

世界中の人々が、ロシアの勝利を予測しました。

そして、思いました。

「日本は、戦争に負けてロシアの植民地にされるのか」と。

 

しかし、少ない資源を有効に活用し、智慧を叡智を結集し、奇跡ともいえる勝利を実現したのです。

 

★20世紀に入る頃の白人による植民地支配は、

 次のような状況になっていました。

  

南米大陸 (南アメリカ大陸)

  ポルトガル、スペインが支配

 

北米大陸 (北アメリカ大陸)

  イギリス、フランスが支配

  途中でアメリカが白人国家として独立

 

アフリカ大陸

イギリス、オランダ、フランス、ベルギー、ポルトガル、

スペイン、ドイツ、イタリアが支配

 

オーストラリア大陸

  イギリスが支配

 

中東アジア

  イギリスが支配

 

東南アジア

  インドネシアはオランダが支配

  マレーシアはイギリスが支配

  アメリカはフィリピン、ハワイを支配

  フランスはベトナムを支配

  イギリス、ドイツ、フランスでミクロネシア諸島を支配

 

極東アジア

  イギリス、フランスで中国を分割支配

  ロシアは満州を支配

 

上記の通り、地球上にある陸地は、ほぼ全てを白人が支配した状況になっていて、

最後の最後に残っていたのは、極東の日本と朝鮮半島だけでした。 

 

日本を植民地にすれば、白人による世界支配は完了だったと指摘する声があります。ギリギリのところで踏ん張った日本、そして日露戦争後、植民地は1つも増えていません。そして、圧政に苦しんだ世界の国々は次々と独立を果たしていきます。世界史に分水嶺があるとするならば、1つはコロンブスによる新大陸の発見、そしてその流れを変えたもう1つの峰は、日露戦争の勝利、すなわち有色人種による初めての勝利であったと断言できます