北里柴三郎 「英知と実践」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「研究だけをやっていたのではダメだ。それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ」

 

 

 

北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう)

生誕:1853年1月29日(嘉永5年12月20日)

死没: 1931年(昭和6年)6月13日

 

日本の医学者・細菌学者である。従二位・勲一等旭日大綬章・男爵・医学博士。

1889年(明治22年)には世界で初めて破傷風菌だけを取りだす破傷風菌純粋培養法に成功、1890年(明治23年)には破傷風菌抗毒素を発見し世界の医学界を驚嘆させた。さらに血清療法という、菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す画期的な手法を開発し医学を通じ、人類に大きく貢献した偉人。

 

■北里柴三郎とは?

 

 (参照:北里大学HPより)

 

北里柴三郎は、現在の熊本県阿蘇郡小国町で代々総庄屋をつとめる家に生まれました。1871(明治4)年、18歳で熊本医学校に入学してオランダ人医師マンスフェルトの指導を受け、医学への道を志しました。

 

  1874(明治7)年、東京医学校(のちの東京大学医学部)に入学し、在学中に「医者の使命は病気を予防することにある」と確信するに至り、予防医学を生涯の仕事にすることを決意しました。その志を実践するため、1883(明治16)年に大学を卒業すると、内務省衛生局に奉職しました。

 

  1886(明治19)年からの6年間、ドイツに留学し、当時、病原微生物学研究の第一人者であったローベルト・コッホに師事して研究に励みました。留学中の1889(明治22)年に破傷風菌の純培養に成功、さらにその毒素に対する免疫抗体を発見して、それを応用した血清療法を確立しました。この功績により、一躍世界的な研究者としての名声を博すことになります。

 

  1892(明治25)年に帰国、その年に福澤諭吉らの協力を得て私立伝染病研究所(のち、国に寄付して国立)を創立し、伝染病予防と細菌学の研究に取り組みます。翌年にはわが国で最初の結核治療専門病院である土筆ケ岡養生園

(北里研究所病院前身)を設立して、結核予防と治療に尽力しました。また、1894(明治27)年、ペストの蔓延している香港に政府から派遣された北里は、病原菌であるペスト菌を発見するなど、予防医学の先駆者としても活躍しました。

 

  1914(大正3)年、伝染病研究所が内務省から文部省に移管されたことを契機に所長を辞任、ただちに私立北里研究所(1918年に社団法人に認可)を設立して、初志である実学の精神を貫いたのでした。ほかにも慶應義塾大学医学部の創設や、日本医学会の創設など、北里の活動の場は教育や社会活動にまでおよぶ幅広いものでした。

 

  明治・大正時代という近代日本の黎明期に予防医学の礎を築いた北里柴三郎は、1931(昭和6)年6月13日、脳溢血により78歳の生涯を閉じました。

 

 

■門下生に託した北里の想い

  北里大学は、北里が成した学統を受け継ぎ、北里が顕現した「開拓」「報恩」「叡智と実践」「不撓不屈」を建学の精神としている。 

 北里は常々、「事を処してパイオニアたれ。人に交わって恩を思え。そして叡智をもって実学の人として、不撓不屈の精神を貫け。」と門下生に説いた。これを淵源とする建学の精神「開拓」「報恩」「叡智と実践」「不撓不屈」は、各々以下の意を表わしている。 

  

開 拓 :「事を処してパイオニアたれ」 

科学の世界ではパイオニアとなり独創性に富んだアイディアを持つ。

  

報 恩 :「人に交わって恩を思え」 

自分を育ててくれた人と社会に感謝し社会に貢献することで、恩に報いる。

 

叡智と実践 :「そして叡智をもって実学の人として」 

学んで得た知識と技術を実践の場に活かし社会に還元する。

 

不撓不屈 :「不撓不屈の精神を貫け」

そのためには、いかなる困難にも屈することなく、果敢にチャレンジする。

 

本学に学ぶ者は、この精神に徹して学業に励み、技能を磨き、徳性を養い、将来有為なる科学人たらんことを期すことが求められる。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■人類の敵「感染症」との闘い

 

人類の大量死は、戦争や虐殺だけではなく、感染症でも起こってきました。

第1次世界大戦は900万人、第2次世界大戦は5000万人もの死者をだしましたが、中世のペストでは7500万人が、スペイン風邪では5000万人が亡くなられています。

 

感染症の怖さは、具体的には症状の激しさ、死亡率の高さがあがられます。そして、医学が未発達であった中世ではこの恐怖が何倍にもふくれあがり、得体の知れない(悪魔)が引き起こす禍(わざわい)に違いないと、城門を堅くとざし、またいわれのない差別を引き起こす遠因にもなりました。

 

天然痘はヨーロッパで、アジアで、さらにはアメリカ大陸で、しばしば蘇ったように猛威をふるい、権力者も平民も同じように苦しめてきた歴史があります。日本では、隆盛を誇っていた藤原氏が次々に病にたおれることとなり、貴族政治が衰退していきます。また最も残酷なのは、コロンブスのアメリカ大陸「発見」に伴って、西洋人が持ち込んだウィルスは、数万年と隔絶された環境で暮らしていた新大陸のインディアンの30%、キューバ・ハイチの原住民の50%を死に追いやる結果となりました

 

近代になっても、第1次世界大戦中に2400万人が死んだスペイン風邪に代表されるインフルエンザは、今も姿を変え時・ところを変えながら人間界に出現し、世界の防疫機関を慌てふためかせています。

 

そもそも感染症をひきおこす「ウィルス」とは非生物に位置づけされる単純な構造の細胞です。その特徴は自分で増殖できないこと、そのために他の生き物に忍び込み細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体を媒介にして増殖する特徴をもっています。

 

爆発的な感染症をもたらした原因をさぐると、人類の交流の歴史と重なります。

エジプトやローマの繁栄は、活発な経済交流を招く一方、記録される最初の感染症をまきおこしています。また中世のペストの蔓延には、モンゴル帝国の確立による東西文化の交流が、原因となったと指摘する声があります。日本でも、遣唐使による交流、また幕末には外国船の流入により、「コロリ」と言われたコレラが発症。数万人の犠牲者がでたことが知られています。

 

地球上で繁栄を極める人類は、多くの動植物を絶滅においやり、なお自然破壊をとめません。20世紀には、宇宙にも進出し、もはや無敵の存在です。しかし、何ミクロンという極々小さなウィルスは、人類の進化と共に宿主をかえ、また変異をくりかえすことで、我々に脅威をつきつけます。

世界は「陰と陽」で出来ている。人類の歴史を「陽」とするならば、ウィルスは「陰」。人類の歴史につきまとってきた感染症は、おごるホモサピエンスたちの体内で、今日も爆発の瞬間をまっているのかもしれません。

 

強みは、弱みであり、弱みはまた強みでもあります。目の見えないウィルスを抑えるためには、身の回りを清潔に保つことが対策の1つとしてあげられます。多くの被害を出してきたヨーロッパにくらべ、日本ではその被害は最小限に抑えられてきました、島国であるということと、昔から清潔を好む習慣が、背景にはあるのではないでしょうか? ウィルスという弱みを強みにかえるため、手洗いうがいから始めましょう^^

 

 

 

■人口の半分が死んだ 暗黒の中世ヨーロッパ

 

それは1347年のことでした。すでに極東で猛威を振るっていたその疫病は,今やヨーロッパ東端近くにまで達していました。 

クリミア半島にある,防備の施されたジェノバ人の交易所カッファは,モンゴル人によって包囲されていました。ところが,モンゴル人はその謎の病気によって壊滅的な打撃を被り,攻撃を打ち切ってしまいます。しかし,撤退まぎわに,いわば最後の致死的な一矢を放ちました。巨大な投石機を使い,疫病の犠牲者のまだ生暖かい死体を市の城壁の向こう側に投げ込んだのです。疫病はその町でも蔓延し,後にガレー船でそこを脱出したわずかな数のジェノバ人の兵士たちが,寄港する先々でその病気を広めました。

 

  何か月もたたないうちに,ヨーロッパ全土は死人であふれかえりました。病気は急速に広まり,北アフリカ,イタリア,スペイン,イングランド,フランス,オーストリア,ハンガリー,スイス,ドイツ,北欧諸国,そしてバルト海沿岸に伝播しました。2年余りの間に,ヨーロッパの全人口の4分の1以上,つまり約2,500万人が,「人類史における最も残忍な,人口統計学上の大惨事」と言われるもの,つまり黒死病の犠牲になりました 

 

黒死病の死者数 

大流行は1370年ごろまで続いたが、ヨーロッパ全体での犠牲者は、総人口の3分の1とか4分の1と言われているが、正確な数字は不明である。ある説によると、当時のヨーロッパの総人口約1億として、死者は2500万程度と推定されている。このペストについては、当時の人々は流行の原因がわからず、一部ではユダヤ人が井戸に毒をまいたからだ、などという噂からユダヤ人に対する虐殺が起こったりした。<この項、村上陽一郎『ペスト大流行』岩波新書 による>

 

 

■10万年の闘いの歴史を2日で終わらした人類史史上最高の英雄

 

北里の功績は2つ。

1つはペストの発見、もう1つはワクチンの開発に成功した点です。

 

微生物学の歴史は、1674年にオランダのレーウェンフックが顕微鏡観察によって細菌を見出したことに始まり、その後1860年にフランスのルイ・パスツールが生物学や醸造学における意義を、1876年にドイツのロベルト・コッホが医学における意義を明らかにしたことで大きく進展しました。特にコッホが発見し提唱した「感染症が病原性細菌によって起きる」という考えが医学に与えた影響は大きく、それ以降、感染症の原因は寄生虫を除いて全て細菌によるものだと考えられています。

 

北里は留学の際、このコッホに師事し、数々の研究をサポート、この間にワクチンの開発方法を発明します。これが血清療法で、菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す画期的な手法でした。現在も、インフルエンザ・ワクチンは同じ原理で製造されています。ニュース等で、大量のタマゴに菌体を宿らせる映像をみられた方もいるのではないでしょうか?

病原体をみつけても治す方法がなければ意味はありません。「叡智と実践」を旨とする柴三郎だったからこそ成し遂げられた偉業でした

 

さらに、北里の続きます。西欧の研究者たちが誰も発見できなかったペストの原因菌を発見した功績です。香港でのペストの流行にあわせ海を渡った柴三郎は着任から2日後にネズミから菌の採取に成功。これが人類誕生以来、つねに猛威をふるってきたペストとの闘いに終止符をうつ発見となったのです。

 

北里の類まれな「叡智」に賞賛があつまる一方、人種差別の酷い時代に、東洋からやってきた若者がこれまで研究を凌駕したことに、やっかみや批判もまきおこります。現在でも北里の実績について正当な評価が得られていないのはそのためではないでしょうか?

 

 

 

■奪われたノーベル賞と100年後の雪辱

 

「北里柴三郎博士が第1回の候補。そのときは残念ながら無念の涙をのみましたが、1世紀をこえて大村博士がその栄誉あるノーベル賞を受賞されますことは、非常に感慨深い」。平成27年、受賞決定を受けた大村さんの記者会見の冒頭で、北里研究所の藤井清孝理事長は、まず創始者の名前を挙げた。大村さんも「尊敬する科学者の一人。北里先生の『実学の精神』を若い人に伝えたい」と述べています。

  

 「ノーベル賞」(中公新書、矢野暢著)によると、1901年の第1回医学生理学賞には46人が推薦され、北里は15人に絞られたうちの1人だったことが分かっています。

 

 この年の受賞者は、ジフテリアの血清療法を考案した同僚のエミール・ベーリング。北里は受賞を逃したが、実はベーリングの研究の元になった実験データを提供しています。第1回医学生理学賞の解説文にも「ベーリングは北里と共同で、微量で働きを弱めた破傷風菌やジフテリア菌を動物に注射すると、動物の血液中にそれらの菌を無毒化する物質ができることを発見した」と明記されているそうです。

 

しかし、実際は、データの大半が、北里が手掛けたものであり、人種差別の強い時代に、東洋人である北里の受賞を拒否する勢力があったことは明白です。

 

 岸本忠三・元大阪大総長は、「北里博士が抗毒素を発見してから、感染症をいかに防ぐかが最大のテーマだった近代医学がスタートした。現在でもがん治療薬の多くが抗体医薬で、100年たった21世紀でも中心的な薬の原理原則を発見した功績は大きい。今であれば当然、共同受賞になる成果だった。北里研究所の系譜にある大村さんが今回受賞したことは、喜ばしいことだ」と話しています。

 

 北里は欧米の研究所から誘われたが、日本に帰国。福沢諭吉らの支援を受けて、研究と教育活動に尽力した。伝染病研究所を経て、1914年に北里研究所を設立、赤痢菌を発見した志賀潔や、黄熱病研究の野口英世らを育てた。福沢の恩義にこたえるため、慶応大医学部も創設されました。

 

 北里大薬学部6年の小熊沙季さん(24)は大村さんの講義を受けたときに、北里柴三郎の精神に触れながら「諦めずに人のため世のためになることに取り組みなさい」と教えられた。「北里先生の業績もノーベル賞をとっておかしくないもの。天国でとても喜んでいらっしゃると思います。私も一人でも多くの人を救いたい」と話しています。

 

奪われたノーベル賞受賞の栄誉が、100年の時をこえ、大村さんが雪辱の受賞を実現させました。

大村さんは、北里先生の遺志である「研究だけをやっていたのではダメだ。それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ」との問いに正面から向き合い、微生物から薬の特効薬をみつけだし、多くの患者を救う一方、その資金を北里先生の名を冠する北里研究所の運営資金に、充て後輩の育成に努めてきたことが知られています。

 

金を残すのは下、業を残すのは中、ヒトを残すのは上。

ノーベル賞という栄誉はならなかったものの、金でも、業績でなもなく、一番尊い「ひと」を北里先生は遺してくださったのかもしれません

 

※大村先生の業績と家訓は、こちらのページに!

 http://kakunist.jimdo.com/2015/10/07/ノーベル医学賞-大村智先生の家訓/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好評発売中!

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063

 

 ■著者 幡谷哲太郎(はたやてつたろう)

 

経歴 茨城県水戸市生まれ。日本青年会議所「徳溢れる心醸成会議」に所属中に家訓づくりを始める。 家訓づくりを広める活動を「家訓ニスト」と命名し、全国160カ所以上、7,000人の受講者に対し、家訓づくりのセミナーを開催。セミナー後に、「家訓を作り、家族での唱和を実践した」という家庭の100%が、「家族に変化があった」と回答するなど、大きな変化を与えている。 セミナー開催数、受講者数、WEBアクセス数、いずれも日本一の実績(協会調べ)を誇り、自他ともに認める家訓づくりのスペシャリスト。現在は、明るい豊かな社会の実現のため、家訓ニスト協会(仮)を立ち上げ、ノーベル平和賞受賞をめざし活動を広げている。