ラオウとジャンプの天下布武

 

 

 

『わが生涯に一片の悔いなし』

 

 

 

 

 

 

 

『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作:武論尊、作画:原哲夫による日本の漫画作品

 

核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、水と食料といった残された資源をめぐって争いが繰り返されるという最終戦争後の199X年が舞台。暴力が支配する弱肉強食の世界に現れた、伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。

 

『週刊少年ジャンプ』(集英社)1983年41号から1988年35号に連載。1980年代の『週刊少年ジャンプ』を代表する作品の一つであり、漫画家・原哲夫と漫画原作者・武論尊の最大のヒット作にして代表作である。 

 

宿命的な物語の他に、主人公の使う北斗神拳により人間の頭や胴体が破裂する描写、「ひでぶ」「あべし」「たわば」などといった断末魔の悲鳴、ケンシロウが相手に対して「お前はもう死んでいる」と死を告げる台詞や、「秘孔を突く」といった表現などが人気を博し一大ブームを巻き起こした 

 

ラオウは、主人公の最大のライバルとして登場し、独特な存在感をしめしたキャラクターです。世紀末覇者拳王を名乗り、拳王軍を率いて、核戦争後の荒廃した世界を恐怖と暴力で制圧した暴君という設定でした。原作者の武論尊は、名前は修羅の王様という意味で付けたと語っています。

 

北斗神拳四兄弟の長兄にしてトキ、サヤカの実兄、ジャギ、ケンシロウの義兄であり、カイオウの実弟。忘れ形見に、リュウがいる。愛馬の黒王号も有名。戦いの際は、相手が雑魚ならば何人だろうと黒王の上からまとめて吹き飛ばす(同時に黒王も雑魚を蹴り飛ばし、踏み潰し、吹き飛ばしている)。また、レイやヒューイ、シュレンなど、かなりの実力を持った者と戦う時ですら黒王の上からは降りずにそのまま相手をする、アニメとはいえ、いくらなんでも強すぎる男です。

 

物語のなかでは主人公のケンシロウに打ち負かされるラオウでしたが、その生き様に共感した読者もおおく、家訓二ストもその一人です。

世紀末覇者をなのり、自らの欲望をかくさず。実はかなりの弟おもい。義理人情に厚く、女には・・・ めっきりもてない(>_<)

一方、ケンシロウは闘いには強いが、世の中の秩序だの、食糧の手配には無頓着。荒くれ者が集う世紀末の世に、ラオウという暴君は秩序をもたらしていたのではないでしょうか? 

 

漢(おとこ)として生まれたからには、ラオウのごとく、自らの声だけをたよりに生きてみたいものです。

ハタヤテツタロウ41歳。その生涯を閉じるとき、「わが生涯に一片の悔いなし!」とは叫べなそうです(+_+)

 

■ラオウ名言集

 

・このおれの剛拳 いつまで受けきれるかな!

  

・世に覇者はひとり

  

・ならば神とも戦うまで!!

 

・この世に生をうけたからにはおれはすべてをこの手に握る!!

 

・名もいらぬ 光もいらぬ このラオウが望むものは拳の勝利!!

  

・このラオウにもまだ涙が残っておったわ・・

 

・うぬの右足は一国にも値するわ

  

・強くなれ!男なら強くな

 

 ・意志を放棄した人間は人間にあらず!ただ笑いと媚びに生きてなにが人間だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■革命をおこした!?世界を席巻するジャパニメーション

 

先日、朝の情報番組で、日本人も知らない古いアニメがフィリピンで大人気であるとのニュースが紹介されました。

来日しているフィルピン人に聞いたところ、作品の認知度は脅威の100%

そして、作品の背景をほりさげると、アニメをきっかけに実際の革命がおこったという嘘のようなホントの話までとびだします。

 

日本のアニメは世界各国の放送局に放送権が販売され、各国語での吹き替えで放送されています。

フィルピンで大人気の日本製のアニメ「ボルテスV」は1978年フィリピンで放映されTV史上最大の大ヒットになりました。登場人物は五人の若者。彼らはそれぞれ自分の宇宙船を操縦し、五つの宇宙船を合体させ一つのボルテスVというロボットになった時、最大の力を発揮し宇宙を悪の手から守る内容です

 

最高視聴率が58%を記録。当時テレビアニメといえばアメリカ作品しかなかったフィリピンでは、子供たちにとって『ボルテスV』の登場は衝撃的な出来事であったと予想できます。しかし、当時の放送の担当者には、本作による子供への悪影響を心配した親や教師から「本作の内容が暴力的であり、道徳的でない」としたものや「子供がボルテスVに夢中になるばかりにキャラクターグッズを欲しがったり、勉強をしなくなる」ことを心配する抗議の声が寄せられた。また、第二次世界大戦後のフィリピンでの反日感情のしこりから、最終話直前の1979年8月、時の大統領フェルディナンド・マルコスが放送禁止を宣言し、国営放送での『ボルテスV』は放送中止されます。

 

結局、国営放送で本作の残りの回が放映されたのは、革命でマルコス政権が倒れた直後の1986年となりました。そのため「ボルテスVを放映させるために革命が起き、マルコス政権が倒れた。」という都市伝説が語られることになりました。評論家の岡田斗司夫は、『オタク学入門』の中で、ストーリー後半が革命を示唆する内容であったため、独裁的な政権運営を行なっていた当時のマルコス政権による政治的圧力で放送が禁止された、と解釈しています。

 

さらに時代が下り、1999年から『ボルテスV』の再放送が始まると、リバイバルブームがおこりました。最高視聴率が40%、日本語の主題歌「ボルテスVの歌」も大ヒットし今にいたります。主題歌を歌った堀江美都子がフィリピンでライブを行った際は、国賓並みの待遇を受けたというエピソードが伝わっています。 

 

対外債務に悩むフィリピンに日本は、民間からの投資はもちろん、ODA(政府開発援助)で道路、鉄道、農業などに惜しみない財政援助を続けています。日本がおくった病院や橋などの公共工事がフィルピンの人々にどれだけの幸せを届けられたか?実際の反応はわかりません。しかし、日本は「ボルテスファイブ」という贈り物を通じ、勇気や希望を届けることができたのではないでしょうか? 

 

ペンは剣よりも強し。

そしてアニメは、ペンよりも強し

 

21世紀の国際交流、そして国際貢献に、日本発のアニメが果たす役割に、益々注目が集まりそうです。 

 

勇気 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■少年ジャンプとは? 

  

 「北斗の拳」を生んだ週刊少年ジャンプは、その他にも「ドラゴンボール」や、「スラムダンク」、そして今世紀の最大のヒットとなっている「ONE PEACE」などの名作を次々に誕生させています。 

 

 海外でも人気のたかいハイパーな作品群は、『少年ジャンプの三大原則』といわれる 「友情・努力・勇気」を軸に物語が展開し世の男たちを男にし、そして女子にも圧倒的な人気を誇ってきました

 

最盛期は90年代、とくに1995年3-4号は653万部を発行し、歴代最高部数を記録 (ギネスブックに登録)。そして定価は驚きの210円!

1冊に20以上の作品を掲載しつつ、なおかつ安い。このシステムは、漫画を安く提供し、その後アニメ化やグッツ化で手堅く儲けるビジネスモデルを構築したからに違いありません。

  

掲載順はアンケート結果を元に副編集長がその週ごとの雑誌構成を考慮して決めており、また、タイアップ商品の広告や関連の企画記事など、アニメ化、ゲーム化の連動を重視しているのも特徴です。

 

現在のネット社会では、グーグルやヤフーのように、お客様にサービスを無料で提供し、広告料収入で運営をするスタイルがひろがっています。ジャンプの黄金期は、まさに時代を先取りしたビジネスだったといえます。また、ジャンプをはじめ、マガジン、サンデーといったライバル誌を交え、たえず競争し、読者に刺激や面白さを提供してきた結果。膨大な数の作品数が世の中に輩出していくこととなります。

 

漫画が原作となる映画、ドラマはもちろん、いまではハリウッドでのリメイクされる作品まで登場しています。

そして、漫画を軸に、制作されてきたアニメが、世界中で大人気になっています。日本発のアニメをジャパニメーションと呼び、いま注目をあびています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ジャパニメーションの歴史と未来

 

日本のアニメは海外でも人気があるというのはあちこちで聞く話です。

 

お金をはらい学校や橋を建設するODA。政治家や官僚はその成果を声だかに主張しますが、世界ではもっと効果的に日本の素晴らしさを伝えてきたツールが存在します。それがジャパニメーション(Japanimation)といわれるアニメのコンテンツです

 

人気の理由を次のようにあげられます

 

・外国では大人向け(大人が見てもおもしろい)のアニメはないから

・日本のアニメは大人も楽しめるようになっているから(ジブリ作品、萌え、エロ)

・アニメで競おうなんて思わないから

・ストーリー性があるから、

・日本のアニメは主人公が成長していくから楽しい。

 

黎明期、主に1970-1980年代に使用された日本製アニメーションは、国内での寿命がすぎると世界に輸出されていきました。その理由は安さ。ほぼ無料に近い形で、海外のテレビマンに買われて、しらない内に多くの作品が海を渡っていきます。

 

ただなのに、しかもそのクオリティーがすごい。この構図は浮世絵が評価されていった背景によくにています。

江戸時代後期、多くの芸術家を魅了した浮世絵は、陶磁器を輸出する際のクッションとして使われていたものが流通していったと言われています。斬新な構図に西洋ではなかった色遣いに、日本人が知らない間に、浮世絵の絵師たちは世界的な名声を手に入れていきます

 

日本から輸出されたアニメたち、たとえば「アルプスの少女ハイジ」をみたスイス人は、このアニメをスイス人がつくったと信じて疑わなかったそうです。

また、日本のアニメは「友情」や「努力」を全面に打ち出していたことで、西洋にはない価値観を子どもたちを魅了していくことになります

 

全世界で3億冊ものセールスを実現している「ドラゴンボール」の主人公、孫悟空は強敵と対する度に仲間の助けを借り修行して強くなっていきます。それまでの欧米のヒーローは、とくに何もしていなくても強い(>_<) 子供たちは、努力して強くなっていく孫悟空に自分を重ね合わせ、物語に没頭していく、そんな中毒性もジャパニメーションの特徴の1つです。

 

 海外にも『アニメーション』は存在するのに、何故日本の『アニメ』だけが突出しているのでしょうか。

 

一昨年、『スター・ウォーズ』の特撮監督で、8個ものオスカーを持っているリチャード・エドランドが来日した時、こんなことがありました。水墨画のコレクターである彼は、ちょうど開催されていた雪舟展に行ったのですが、作品を見た彼の感想は、『素晴らしい。だけど、中国のパクリだね。』でした。いかに作品として優れていても、それが『模倣』である以上、評価はされません。だがエドランド、さらにルーカス、スピルバーグらも日本のアニメは『オリジナル』の文化として賞賛しているのです。

 

海外のアーティストは、国宝である雪舟よりも、「ドラゴンボール」や「北斗の拳」にオリジナルを感じ高く評価していることが分かります。

 

アニメの黎明期、ディズニーに代表される制作会社は、たっぷりと時間とお金をかけ作品をつくっていました。

これに対し、手塚治虫が手掛けた日本のアニメ(「鉄腕アトム」)の場合、当初から制作費が少なくコマ数も少なかったため、リアルな動きが実現できず、その分を技術でカバーし、新しい手法を次々に開発していきます。

 

こうして安価に作品を制作できるノウハウを携えた日本のアニメ業界は、有象無象の作品群を輩出してそれゆえに日本アニメは、『センス・オブ・ワンダー』の宝庫となったのです。

 

違いは、ストーリーにもあります。『風の谷のナウシカ』や『もののけ姫』は自然の持つ凶暴さと恵みと人間との共生というテーマに挑戦し、『攻殻機動隊』は情報ネットワーク社会の相克を描き、『AKIRA』は都市の黙示録でした。日本のPTAから低俗とレッテルを貼られている『クレヨンしんちゃん』劇場版『おとな帝国の逆襲』は、辛い現実から逃避し70年代の懐かしさにハマッタ大人達を、しんちゃんが身を挺して『苦しい現実に生きろ』と引き戻すという途方もない物語でした。

 

子供市場に向けて作られた作品でも、このように平気で大きな物語を作ってしまう。今だに『悪を倒す正義のヒーロー』というイラク戦争のようなコンセプトでしかストーリーが作られない米国製のアニメとは違い、アニメという文化そのものについての価値観を変えてきたのが『日本アニメ』なのです。

 

 さいごに、総理大臣をつとめられ、現在も閣僚として日本の政治をけん引する麻生太郎先生のジャパニメーションに対する期待と、応援のメッセージを添えさせていただきます

 

麻生太郎:

中近東に行ったら「キャプテンマージト」って言うんです。今年あった(サッカー)ワールドカップの世界大会で、フランスのジダンが、イタリアのトッティが、「あなたは何でサッカー始めたんです?」って聞いたら、みんな「キャプテンマージトのおかげだ」と。

これ日本人が書いてる漫画、「週刊ヤングジャンプ」に連載してるかな、今。

この漫画を読んで、あの世界一のサッカーのキャプテンになったんですよ。我々はこの事実を知っていましたから。

 

ジダンという人はアルジェリア出身です。中近東では翼の事をマージトという、名前がついています。

このキャプテン翼のロゴを大きく伸ばして、日本がイラクのサマワに送った給水車のタンクに、このキャプテンマージトのロゴマークを貼って、自衛隊は全部、あの地域で襲われることはありませんでした。

国旗よりよほど、このキャプテンマージトを生んだ国だというところが値打ちなんです。

 

 BBC放送、イギリス国営放送がやった調査で、世界33カ国、4万人を対象にやったアンケート調査の中で、「あなたは世界の中で最も貢献している国はどこだと思いますか」と、いうのに対して、その中の答えとして出たのは、日本が最も貢献している国の1番に上がってるんですよ。
 それが世界の国々が見ている日本に対する目です。