「とと姉ちゃん」 小橋家の家訓

 

 

 

 

 

「 朝食は家族皆でとること」

(朝の連ドラ「とと姉ちゃん」より)

 

 

 

 

 大橋 鎭子(おおはし しずこ)

生誕;1920年〈大正9年〉3月10日

死没:2013年3月23日

 

日本の編集者、エッセイスト。暮しの手帖社社主・元社長で同社の雑誌『暮しの手帖』を創刊した。妹の大橋芳も同社創業メンバーの一人で、エッセイスト

 

日本製麻勤務の父と、小樽育ちで女子美術学校出身の母のもとに、東京・麹町の榊病院で生まれる。父親の転勤のため、1才で北海道に移住。だが、父親が肺結核になったため、東京に戻り、小学5年生の時に父が死去。父が亡くなるまでの5年間療養所を求めて、伊東、鎌倉、大森などを転々とし、家族で看病に明け暮れる経験をした。大井町に落ち着き、父が1930年(昭和5年)に死去すると、11歳でその喪主を務めた。

 

東京府立第六高等女学校(現東京都立三田高等学校)を1937年に卒業。後輩の石井好子とはその後も交流が続く。日本興業銀行に入行し、調査課に勤務する。3年で退行し、日本女子大学に入学するが1年で肺結核となり、学業を断念。

 

大学を中退して静養ののち、創刊されたばかりの日本読書新聞に入社。編集部員大幅変更時、戦争末期の休刊時、戦後の復刊時と、常に編集部に所属した。

 

戦後、日本読書新聞でカットの仕事をしていた花森安治と知り合う。1946年、花森、鎭子・晴子・芳子の三姉妹と横山啓一で衣装研究所(現・暮しの手帖社)を銀座で設立して社長となり、雑誌『スタイルブック』を創刊。1948年には花森編集長の元で『美しい暮しの手帖』(後の『暮しの手帖』)の創刊に参加。1951年社名を暮しの手帖社と変える。

  

2013年3月23日午前8時37分、肺炎のため東京都品川区の自宅で死去。93歳没。

 

2016年度(平成28年度)前期放送予定のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は、大橋をヒロインのモデルとして『暮しの手帖』の創業の軌跡を描くフィクション作品となるそうです。

 

 

 

 ■NHK朝の連ドラ「とと姉ちゃん」で考える「家訓」の役割

 

あなたの家に家訓はありますか?

ベネッセの調査では7割の家に家訓がないそうです。そして全国8000名の受講者を招いた家訓二ストの調査では、50人に一人。実に98%の家庭に家訓がないというのが実情です。

 

大橋 鎭子さんをモデルにしたNHKの朝の連ドラ「とと姉ちゃん」の第一話では、家訓をやぶることから物語がはじまります。

この後の物語でも、「家訓」が物語の軸になっていく予感がします^^

 

幼くして父を亡くした長女(大橋 鎭子さん)でしたが、父の代わりに一家の大黒柱として奮闘する姿を物語として描いていくそうです。タイトルもずばり、父ちゃんの代わりの姉ちゃん(=とと姉ちゃん)です^^

父親がいないからこそ、父親の遺した言葉の意味、そして実際の父親は「いない」けど、家訓を通じて「いる」。そんな姿が描かれることを夢想します。

 

幼い子ども達を残し逝去した父親の無念は、計り知れないものと想像できます。

そして人生はあまりに短く、いつ自分自身が死んでしまうか?は誰にもわかりません。だからこそ、普段の生活のなかでこそ家訓を守り伝える必要があります

 

子ども達に「理想の食卓」という絵を描かせたところ7割の絵にお父さんの姿がなかったそうです。

これは、一緒に飯をくっていない・・・ということでなく、父親の存在がきちんと伝えきれていない証拠です。「いる」のに「いない」お父さん。でも「とと姉ちゃん」で描かれる大橋さんのご家族。そして、家訓をもつご家庭には、父親の存在がきちんとつたえられています。

 

「家訓」がある家庭には家族の軸。そして家族にとって大事な価値観が確認できるメリットがあります。今回の連ドラに登場している「朝食は家族皆でとること」との家訓は、プロ野球で活躍された王貞治さんの家訓としても知られています。

 

98%の人に家訓がない一方、逆に家訓の持つ様々な効果が見直され、新たに創作家訓をつくる家庭がちょっとずつ増えています。

物語をきっかけに「家訓」の素晴らしさ、朝ご飯をみんなで食べる、そんなちょっとした家族の幸せのありがたさが拡がることを祈念しています 

 

※ドラマに描かれた家訓がフィクションなのか、大橋 鎭子さんの実話なのか?は、調査中です。

 裏が取れたら、再編集のうえ、おって紹介させていただきます 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大人気・家訓ブログが本になりました!

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

“家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、

初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~

 

 

■書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063