小林一茶 辞世の句

 

 

 

 

 

 

 

 

 小林一茶 辞世の句

 『たらいから  たらいにうつる  ちんぷんかん』

 

小林 一茶(こばやし いっさ)

生誕:宝暦13年5月5日(1763年6月15日)

死没: 文政10年11月19日(1828年1月5日)

 

江戸時代を代表する俳諧師の一人。本名を小林弥太郎

 

宝暦13年(1763年)信濃北部の北国街道柏原宿(現長野県上水内郡信濃町大字柏原)の中農の長男として生を受ける。3歳の時に生母を失い、8歳で継母を迎える。継母に馴染めず、安永6年(1777年)、14歳の時、江戸へ奉公に出る。

 

25歳のとき小林竹阿(二六庵竹阿)に師事して俳諧を学ぶ。

 

寛政3年(1791年)、29歳の時、故郷に帰り、翌年より36歳の年まで俳諧の修行のため近畿・四国・九州を歴遊する。

 

享和元年(1801年)、39歳のとき再び帰省。病気の父を看病したが1ヶ月ほど後に死去、以後遺産相続の件で継母と12年間争う。父の発病から死、初七日を迎えるまでの約1ヶ月を描いた『父の終焉日記』は、私小説の先駆けと言われる。

 

正岡子規は「俳人一茶」(1897)の「一茶の俳句を評す」の中で「俳句の実質に於ける一茶の特色は、主として滑稽、諷刺、慈愛の三点にあり。」と述べている。幼少期を過ごした家庭環境から、いわゆる「継子一茶」、義母との間の精神的軋轢を発想の源とした自虐的な句風をはじめとして、風土と共に生きる百姓的な視点と平易かつ素朴な語の運びに基づく句作が目を引く。その作風は与謝蕪村の天明調に対して化政調と呼ばれる

 

■一茶の代表作

 

雪とけて村いっぱいの子どもかな

めでたさも中位(ちゆうくらゐ)なりおらが春

やせ蛙(がへる)まけるな一茶これにあり

雀の子そこのけそこのけお馬が通る

やれ打つな蝿(はへ)が手をすり足をする

名月をとってくれろと泣く子かな

うまさうな雪がふうはりふうはりと

ともかくもあなたまかせの年の暮(くれ)

我ときて遊べや親のない雀

 

 

■大人気?「かんたん短歌」の世界

 

俳諧といわれる俳句の世界は今も人気ですが、ちょっとオーバーエージの皆様の趣味という印象があります。

しかし、日本古来の五・七・五のリズムにのせて、自分の気持ちや、日常の些細な出来事を歌にして楽しむ「かんたん短歌」が人気です。

 

「かんたん短歌」は、歌人である枡野浩一さんが著作の中で奨めてきた発句の手法で、いまではその弟子や、多くの読者を巻き込んで様々な作品が生み出されています。また「ドラえもん短歌」など新しいジャンルも次々に誕生させているのも特徴です

 

従来の国語の概念や、表現の枠に収まらない自由な発想は、小林一茶の俳句に通じるものがあり、逆に200年も前に、現代に通じる作風を残された一茶の先進性が光ります。

 

幡谷が好きな一句は

「ともかくも あなたまかせの 年の暮」

 

一茶先生に負けない現代の歌人たちの名句を下記に紹介していきます^^

 

(ドラえもん短歌より)

 ・ドラちゃんの「えもん」を「エモン」と書くような 人とは結婚したくないです

・失恋をグウで殴ってもう決めた 私今日からジャイアンになる

・奥さんがどこでもドアを持ってたら  あたしたちもう会えなくなるね

・自転車で君を家まで送ってた  どこでもドアがなくてよかった

・ドラえもん 課長を殴ったくらいなら道具なしでも何とかなるよ

・ドラえもん 話を聞いてそばにいて  ひみつ道具は出さなくていい

・ジャイアンの歌で目覚めたような朝 それでも起きて会社には行く

・ドラえもんなしでここまで生きてきた 自分をもっと褒めてあげたい

 

・映画では あんなにいい奴だったのに ジャイアンはまた ジャイアンになる

 

 

(脇川飛鳥)

十九年風呂にも入り慣れてるし何も考えず全身洗える

 

(むらやまじゅん) 

地球には60億の人がいて友達3人 恋人はナシ

 

 (西尾綾「ペットボトル」)

わかり合うことは結果でわからせてやりたいだけの長いおはなし

 

傷ついて見えないらしい ならいいよ 血も出てないし涙も出ない

 

最後にはわかったんです 最初から投げ返す気のない人だって 

 

 

 (加藤千恵「今日は何の日?」) 

いくつもの言葉を知ったはずなのに大事なときに黙ってしまう

 

いつだって見えないものに覆われて知らないものに守られている 

 

 

 (佐藤真由美「脚を切る」) 

この煙草あくまであなたが吸ったのね そのとき口紅つけていたのね

 

いいことがあってもいいな なんとなく好きだった人が花くれるとか

 

目をつむり飛び込みかけた信号でやさしく拾ってくれるタクシー

 

 

 (柳澤真実「君と小指でフォークダンスを」)

SMAPと6Pするより校庭で君と小指でフォークダンスを

 

遠くから手を振ったんだ笑ったんだ 涙に色がなくてよかった

 

ケータイの普及のおかげで突然に女便所で振られた私

 

笑ってもココロはいつもノーパンでスースーするからめくらないでね

 

犬みたいなシッポが欲しい あのひとにうれしいって伝えられなかった

 

たくさんの色を混ぜたら灰色になった絵の具のような終章

 

  

 

最後に著者、枡野浩一氏の歌を! 

 

殺したいやつがいるのでしばらくは目標のある人生である

 

今夜どしゃぶりは屋根など突きぬけて俺の背中ではじけるべきだ

 

書くことは呼吸だだからいつだってただただ呼吸困難だった

 

絶倫のバイセクシャルに変身し全人類と愛し合いたい

 

誰からも愛されないということの自由気ままを誇りつつ咲け

 

気をつけていってらっしゃい 行きよりも明るい帰路になりますように