伊能忠敬 伊能家家訓

伊能家 家訓

 

 

  1.  

 

 

 

 

  1. かりにも人に対し、嘘、いつわりをせず、親には孝行。兄弟仲良く、正直であること

  2. 目上の人はいうまでもなく、目下の人の意見もよく聞いて納得のいく考えはとり入れること

  3. 篤く敬う心、謙譲をもって、言葉や行いをつつしみ、決して人と争い等してはいけない

 

 

伊能 忠敬(いのう ただたか)

生誕:延享2年1月11日(1745年2月11日)

死没: 文化15年4月13日(1818年5月17日)

 

江戸時代の商人・測量家である。

 

寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、足かけ17年をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした

 

伊能忠敬は、下総(千葉県)の佐原で、事業家として成功したあと49歳で隠居し、50歳のとき江戸に出て、天文・暦学を修めるきっかけをつかんで地図作りを始め、シニア世代の17年をかけて日本全土を測量し初めての実測による日本全図を作成という壮挙を成し遂げた。

隠居後、在職中を遥かに上回る大仕事を達成したことが、いまの世の中の関心をよんで、静かなブームとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ペリーをうならせた伊能忠敬の「日本全図」 

 

55才から73才に至る18年間、 日本全土の測量、地図製作という大事業を成し遂げた忠敬が作成した地図は伊能図として、

世界でも実測による地図として貴重であり、且つ精度も非常に高く、昭和の初期まで参謀本部20万地図に使われていた程です。

画像は、当時の地図を広げたイベントの様子です。地図の大きさはもちろん、日本国中をくまなく歩いた(実測)した忠敬の苦労がしのばれます。

 

嘉永6(1853)年、黒船を率いて日本に開国を迫ったぺリー提督は、幕府との交渉のかたわら江戸湾沿岸の測量に精を出しました。日本と開戦した場合に備え、地形を把握するのが狙いだった。3隻の船を使い、当時世界最先端だった三角点測量を繰り返したのです。そして意外な事実に気づく。測量結果と、携えていた日本の地図がまったく同じだったのでした。

 

この地図を作成したのは、ご存じ伊能忠敬。地図をつくるには数学や天体観測技術、地球の自転に対する理解など先端知識が必要。

このため、ペリーは正確な地図がつくれるのは文明の進んだ西洋の数カ国に限られると思っていた。ところが、予想に反して日本の技術レベルが高水準なことに驚き、測量を中止して引き揚げてしまった。このことがやがて「ペリーの艦隊と戦端を開かず、無事に(明治)維新を行う原動力となった」(日本人の育ての知恵、PHP文庫)とされています。

 

元々は、商人だった忠敬が、隠居後に、天文学を学び、その過程で地球の大きさを知りたいっと思ったのが、実測図をつくりはじめたきっかけでした。 地球の大きさは、緯度1度に相当する子午線弧長を測ることで計算できるが、当時日本で知られていた子午線1度の相当弧長は25里、30里、32里とまちまちで、どれも信用できるものではありませんでした。

 

忠敬は、自らおこなった観測により、黒江町の自宅と至時のいる浅草の暦局の緯度の差は1分ということを知っていた。そこで、両地点の南北の距離を正確に求めれば、1度の距離を求められると思い、実際に測量を行なった。そしてその内容を至時に報告すると、至時からは、両地点の緯度の差は小さすぎるから正確な値は出せないと返答された。そして、正確な値を出すためには、江戸から蝦夷地ぐらいまでの距離を測ればよいのではないかと提案され、果てしない旅にでることを決意したのです。

 

当初、実測図は、忠敬のポケットマネーで始められます。しかし11代将軍家斉に東日本の地図を披露し、そのあまりの精密さに、立ち会わせた幕閣は息を呑んだことで、忠敬には“続けて九州、四国を含めた西日本の地図を作成せよ”と幕命が下る。彼の測量はもはや個人的な仕事ではなく、多くの人の期待を担う正式な国家事業に変わったのです。

 

はじめ幕府は、一介の町人である忠敬の実力を信用していませんでした。しかし蝦夷地のあまりにも正確で立派な地図を作り上げたため、幕府は驚きそして忠敬に全国測量という任務を与えたのです。

 

伊能忠敬個人の能力、そして根性はもちろん、忠敬を生んだ江戸時代の商家の豊かさ、そして自由さがこの快挙につながりました。

50歳をすぎ偉業に挑んだ忠敬ですが、根性というより、ただただシンプルな好奇心。「地球の大きさを知りたい」という知的な欲求によりそった半生だった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大人気・家訓ブログが本になりました!

 

<新刊>口コミだけで7,000人以上が共感!

“家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、

初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~

 

 ■書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063