スティーブ・ジョブスの最期の言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul"Steve" Jobs)

生誕:1955年2月24日

死没: 2011年10月5日

 

アメリカ合衆国の実業家、資産家、作家、教育者である。アップル社の共同設立者の一人である。アメリカ国家技術賞を受賞している。

 

■創造と革新の担い手

 

その時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった

成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。

何事につけても不確かさは増したが、私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた

 

(※自らが立ち上げた会社を追われることとなったジョブスがのちに語った言葉)

 

 

1976年、スティーブ・ウォズニアックと共に初期のホームコンピュータ「Apple I」、その後「Apple II」を開発した。Apple IIは大成功を収め、自宅からスタートしたアップル社は、シリコンバレーを代表する企業としてサクセスストーリーを築いた。1980年の株式公開時に2億ドルもの巨額を手中にし、25歳でフォーブスの長者番付、27歳でタイムの表紙を飾った。

 

1984年に発売した「Macintosh」が搭載したグラフィカルユーザインターフェースは当時のあらゆるパソコンを凌駕する洗練されたもので、新たなコンピュータ像を創造した。しかし、本人の立ち居振舞いが社内を混乱させたとして、1985年にアップルから追放される。

 

アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。のちに数々のヒット作品をうみだし、アップルにつづく第2の創業を成功させ、再び億万長者となる。

 

その後、経営危機に陥ったアップル社は、ジョブス氏を招へい。

2000年には、TunesとiPodによって音楽事業に参入、音楽事業をパソコンと並ぶアップルの事業の柱にした。2007年1月9日、Macworld 初日の基調講演にてジョブズがiPhoneを発表する。iPhoneはスマートフォンを再定義する製品となり、ジョブズがCEOを退任する2011年までに、携帯電話事業はアップルの総売上高の5割を占めるまでに成長したのでした。

 

復帰暫定CEOに就任して以来、基本給与として、年1米ドルしか受け取っていなかったことで有名であり(実質的には無給与であるが、この1ドルという額は居住地の州法により、社会保障番号を受けるために給与証明が必要なことによる)、このため「世界で最も給与の安い最高経営責任者」とも呼ばれた。

 

2009年3月に肝臓の移植手術を受けていて、医師からはジョブズの肝臓は4月までもたないと宣告されるものの、手術後一旦体調は回復。2010年5月にはお忍びで京都に家族旅行に出かけるなどしていたが、2010年11月以降再び体調が悪化し、以降、闘病生活にはります。

 

2011年1月18日、公式発表で病気を理由に休職することが発表された。

ジョブズがCEOを退任する8月には、アップルは時価総額でエクソンモービルを抜き、世界最大の企業となっていました。すでにこの時ジョブズは自力では歩くことができず、車椅子で取締役会に駆けつけたそうです。

 

ジョブスの跡をうけた社長にはこんなメッセージをのこしています。

 

「スティーブならどうするだろ?」

と、考えるな!

 

 人まねを嫌い、枠に入らない活躍をみせたジョブスが、次代の経営者にむけたメッセージは、その人生と同じく、「ジョブス」という枠にはいるな!という優しくも、強烈なメッセージとなりました

 

■日本とスティーブジョブスの関係

 

つねにオリジナルであることを、誇りにしていたジョブスでしたが、唯一尊敬していたと言われる経営者こそ、ソニーグループの創業者、盛田さんです。

 

盛田氏が、世に送り出した「WALKMAN」は、録音機能を省き開発したことで、社内でも売れ行きを懸念する声も大きかったそうです。

しかし、外で音楽が聴けるっという新しい商品は、たちまち社会に受け入れられ、社会にイノベーションをおこしました。

 

イノベーションとは、単に新しい!という意味だけでなく、人々の人生を豊かにする革命です。

 

戦後焼野原になった日本から誕生したSONYが、社会に与えた影響は計り知れません。それまでも家電は人々の生活を便利にしてきましたが、「WALKMAN」の誕生は、電化製品を家電の世界から飛躍させ、ファッションとして、娯楽として、人生を豊かにしていく友として、社会をかえる(イノーベーション)可能性を示した最初の例となったのです。

 

ジョブス氏と盛田氏が初めて会ったのは1979年とされています。ジョブス氏がソニーの3.5インチフロッピーを初代Macに搭載するためにソニーを訪れました。その時、盛田氏はジョブスのために初代「WALKMAN」をとりよせプレゼントしています。ジョブス氏は感激しその場で分解したという逸話が残っています。

 

ソニーの工場視察ではユニフォーム(同じジャンパー)を着て働く工員たちを見て盛田氏に質問をすると「絆だよ。」という答えに感動し、ソニーユニフォームをデザインした三宅一生氏にわざわざデザインを依頼し、持ち帰ります。

 

しかしアップル社での導入に社員は猛反対、断念しました。ジョブス氏は自分だけのユニフォームとして三宅一誠がデザインした黒のタートルネックを着るようになり、生涯それを愛用していました。

 

iPodの発売の際には、人を真似することが大嫌いであることが知られていたにもかかわらず「これは21世紀のWALKMANだ」と周囲に自慢した事も知られています。盛田氏の訃報を聞いてアップルのカンファレンスで「盛田昭夫氏は、私とAppleのスタッフに多大なる影響を与えました。」と弔意を表しました。

 

以上のような、エピソードからもジョブス氏がいかに盛田氏に心酔していたかが分かります。

国と時代が違えども社会にイノベーションを起した男たちだけが分かる「友情」がそこにあったのかもしれません。    

 

 

 

■ハングリーであれ、バカであれ

 

「ハングリーであれ、バカであれ」とは、2005年に米国のスタンフォード大学の卒業式での伝説のスピーチで使われた言葉です。スティーブ・ジョブズは、このほかにも多くのメッセージを世界に発信しました。

ここでは、そんな名言を紹介させていただきます。

 

 

・アップル社再建の妙薬は費用を削減することではない。現在の苦境から抜け出す斬新な方法を生み出すことだ

 

・多くの場合、人は形にして見せてもらうまで,自分は何が欲しいのかわからないものだ 

 

・美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい??そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ。 

 

・私たちはこの世界に凹みを入れてやろうと思ってここにいるんだ。そうでないならなんでそもそもここにいる必要があるんだい? 

 

・イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。アップル社がマックを開発したとき、米IBM社は少なくとも私たちの100倍の金額を研究開発に投じていた。大事なのは金ではない。抱えている人材を、いかに導いていくか、どれだけ目標を理解しているかが重要だ  

 

・残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか? 

 

・1年で2億5000万ドルも失ったのは、知っている限りでは私だけだ……。人格形成に大きな影響を与える出来事だった 

 

・イノベーションは誰がリーダーで誰が追随者かをはっきりさせる。 

  

・マイクロソフト社がマックをコピーすることに長けていたわけではない。マックが10年もの間コピーしやすい製品だっただけだ。それはアップル社の問題だ。独自性は消えてしまった 

 

・方向を間違えたり、やり過ぎたりしないようにするには、まず「本当は重要でも何でもない」1000のことにノーと言う必要がある。 

 

・私がここに戻ってから当社をのみこもうとする連中がいなくなった。どんな味がするのかと恐れているのだと思う 

 

・『iMac』(アイマック)は1299ドルだが、来年の新しいコンピューターだ。昨年のコンピューターを999ドルで売るのとはわけが違う 

 

・アップル社には、きわめて大きな資産があるが、ある程度手をかけてやらなければ、会社はたぶん、たぶん――適切な言葉を探しているんだ――たぶん、死んでしまうだろう

  

・盗んだものを驚くほど効率的に配布できるシステムがある。インターネットと呼ばれているシステムだ。インターネットが閉鎖される可能性はない 

 

・仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。 

 

・あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。 

 

・未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。 

 

・私がこれまでくじけずにやってこれたのは、ただひとつ。

自分がやっている仕事が好きだという、ただそれだけなのです。

 

・画面にはとても見た目のよいボタンを配した。思わずなめたくなるだろう

  

・飢餓感を持て。バカであれ。

 

・私はずっと、自分たちの事業に関わる主要技術を保有し、自由に操りたいと思っていた

  

・海軍に入るくらいなら、海賊になったほうがいい

 

・従業員4300人以上を抱える20億ドルの企業が、ブルージーンズをはいた6人と競争できないとは信じがたい

 

・自分がクオリティの基準となりなさい。ひとによっては、常に優秀であることが期待されている環境に慣れていないのだから  

 

・消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えるだけではいけない。完成するころには、彼らは新しいものを欲しがるだろう

 

・墓場で1番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ

   

・30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない

 

・毎日、今日が人生最後の日かもしれない、と考えるとすれば、いつか、必ずその考えが正しい日が来る

 

 

■ジョブスの最期の言葉

 

I reached the pinnacle of success in the business world.

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

   

In others’ eyes, my life is an epitome of success.

他の人の目には、私の人生は、

成功の典型的な縮図に見えるだろう。

    

However, aside from work, I have littlejoy.In the end, wealth is only a fact of life that I am accustomed to.

    

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた

人生の単なる事実でしかない。

   

At this moment, lying on the sick bed and recalling my whole life,I realize that all the recognition and

wealth that I took so much pride in, have paled and become meaningless in the face of impending death.

  

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

  

私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして

色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

   

> In the darkness, I look at the green lights from the life supporting machines and hear the humming mechanical sounds,

  

この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。

   

I can feel the breath of God and of death drawing closer…

   

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。

   

Now I know, when we have accumulated sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue other matters that are unrelated to wealth…

   

今やっと理解したことがある。

   

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。

   

Should be something that is more important:

 

もっと大切な何か他のこと。

    

Perhaps relationships, perhaps art,perhaps a dream from younger days ...   

   

それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。

   

Non-stop pursuing of wealth will only turn a person into a twisted being, just like me.

   

終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。

  

God gave us the senses to let us feel the love in everyone’s heart, not the illusions brought about by wealth.

   

神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。

  

The wealth I have won in my life I cannot bring with me.

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)一緒に持っていけるものではない。

   

What I can bring is only the memories precipitated by love.

   

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。 

 

That’s the true riches which will follow you, accompany you, giving you strength andlight to go on.

    

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるものあなたの道を照らしてくれるものだ。

    

Love can travel a thousand miles.Life has no limit. Go where you want to go.Reach the height you want to reach.It is all in your heart and in your hands.

    

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。

  

行きたいところに行きなさい。   

望むところまで高峰を登りなさい。  

全てはあなたの心の中にある、   

全てはあなたの手の中にあるのだから

   

What is the most expensive bed in the world? -"Sick bed" …

    

世の中で、一番犠牲を払うことになる

「ベッド」は、何か知っているかい? 

シックベッド(病床)だよ。

    

You can employ someone to drive the car foryou,make money for you but you cannot have someone to bear the sickness for you.

   

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。

お金を作ってもらうことも出来る。

だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は

見つけることは出来ない。

  

Material things lost can be found.But there is one thing that can never be found when it is lost – "Life".

   

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。   

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、

再度見つけられない物がある。

   

人生だよ。命だよ。

   

When a person goes into the operating room,he will realize that there is one book that he has yet to finish reading – "Book of

Healthy Life".

  

手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない

本が1冊あったことに気付くんだ。

   

「健康な生活を送る本」

  

Whichever stage in life we are at right now, with time, we will face the day when the curtain comes down.

  

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、

誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

   

Treasure Love for your family,love for your spouse, love for your friends...

     

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。

  

Treat yourself well. Cherish others.

  

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。