黒澤明とスターウォーズ

 

 

 

 

 「僕は戦いに敗れることを活力源にして次々に戦いに挑んでいる」

 

黒澤明の一生を支えていたものは「失敗」です。数多くの名作は、失敗作のあとに生まれています。代表作「生きる」は不評だった「白痴」がなければ生まれなかったと言われています。何があっても前に進む。失敗は成功するための因であると断言できます。

 

 

 

黒澤 明(くろさわ あきら)

生誕:1910年3月23日

死没:1998年9月6日)

 

日本の映画監督、脚本家、映画製作者。妻は元女優の矢口陽子。

 

映画史の中で最も重要かつ影響力のある映画監督の一人であり、ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出した。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に世界的にその名が知られており、作品もアカデミー賞と世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)で受賞され、多大な評価を得ている。また、北野武、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどの映画人にも大きな影響を与えており、「世界のクロサワ」と呼ばれた。

 

映画監督として初めて文化勲章と国民栄誉賞に選出。ほかの栄典・称号に文化功労者、従三位、東京都名誉都民など。1990年に日本人初のアカデミー賞名誉賞を受賞。1999年には米週刊誌『タイム』アジア版の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」に選出されている。米国映画芸術科学アカデミー会員

 

■妥協を許さない演出

 

完璧主義とも呼ばれる黒澤は、妥協を許さない厳しい演出で知られる。

時は映画の黄金時代。とはいえ、予算を度外視した演出は、度々制作会社と衝突していたと言われています。

 

有名なエピソードとしては、『天国と地獄』では、高台の家から見える風景に1軒だけあった2階だての家が気に食わず、なんと家を壊させたとの伝説がのこっています。(壊された家は、映画会社が責任をもって新築の家に建て替えたそうです((+_+))

 

 

俳優の演技はごく自然に見えるまでリハーサルを何度も何度も行い、徹底的に役になりきらせている(当時の映画界ではリハーサルは重視されなかったが、黒澤はデビュー作からリハーサルを入念に行った)。また、本読みの段階から衣装を着させることもあるそうです。

 

また黒澤作品の美術は細部まで綿密に作られる巨大であるセットでは、『野良犬』では30杯ものセットを作ったといわれ、『羅生門』では高さ20メートルに及ぶ巨大な門を大映京都撮影所前に建設した。カメラに写らないところにまで大道具小道具を作り込むのも特徴で、『赤ひげ』では薬棚の引き出しの中にまで漆が塗られ、『羅生門』では「延暦十七年」と彫られた門の瓦を4000枚も焼いている。

 

『蜘蛛巣城』のクライマックスとなる、三船演じる鷲津武時が城兵の裏切りにより、全身に矢を浴びせられてハリネズミのようになり最期を遂げるシーンでは、本物の矢が三船に射かけられるという命がけのスタントが行われ、三船は黒澤に「俺を殺す気か‼︎」と怒鳴ったほどである

 

『天国と地獄』では、特急こだまからの身代金受け渡しシーンで、本物のこだま用国鉄151系電車を一編成チャーターし、実際に東海道本線上を走らせて撮影を行った。

 

ほかにも、スタッフと役者を待機させながら演出意図に沿った天候を何日も待ち続けたり、撮影に使う馬はレンタルせず何十頭を丸ごと買い取って長期間調教し直してから使ったり、今でいうハリウッド並みのこだわりとコストが多くの名作を生み出す原動力になりました。

 

 

■世界のKUROSAWA

 

テレビが発展する前、日本映画界は娯楽の王様として庶民に親しまれ、空前の好景気に沸いていました。

そんな環境にたくさんの才能が引き寄せられ、黒澤明だけでなく、小津安二郎などの名監督や、スターや女優や、名優が時代をリードしてきました。その影響は国内にとどまらず、直接作品の中で模倣されたものだけでも枚挙に暇が無いほどです。

 

ここでは、世界の黒澤がパクられた作品を紹介していきます!

 

ジョージ・ルーカスは代表作『スター・ウォーズ』の登場キャラクターを『隠し砦の三悪人』から着想したと述べており(そもそも『スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望』のストーリー自体が『隠し砦の三悪人』に酷似しており、ファーストシーン・ラストシーンともそっくりである)、C-3POとR2-D2は同作の登場人物である太平(演千秋実)と又七(演藤原釜足)がモデルとなっている。

 

スティーヴン・スピルバーグの『未知との遭遇』において砂嵐の中からジープが現れる場面は『蜘蛛巣城』を、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で主人公が後ろ姿だけで顔を見せない冒頭は『用心棒』を、『シンドラーのリスト』のパートカラーは『天国と地獄』を、『プライベート・ライアン』のオマハビーチの戦闘シーンは『乱』をそれぞれ模したと言われる。

 

フランシス・フォード・コッポラの『ゴッドファーザー』のファーストシーンの結婚式の場面は、『悪い奴ほどよく眠る』の手法を模したと言われる。

 

マーティン・スコセッシは黒澤映画を名画座に通い続け鑑賞し、また実際にフィルムを手にしカットの構成を研究し尽くしたという。また、ジョン・ミリアス、ジョージ・ミラー、ロン・ハワードも黒澤映画の大ファンであり、自身の作品に大きく投影されている。

 

『七人の侍』が米映画『荒野の七人』(ジョン・スタージェス監督)、『用心棒』が米映画『ラストマン・スタンディング』(ウォルター・ヒル監督)などに翻案された。イタリア映画『荒野の用心棒』(セルジオ・レオーネ監督)のように、盗作問題に発展したケースもある。

  

 『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(ピーター・ジャクソン監督)の合戦シーンでは、『七人の侍』の雨の中で弓を引く勘兵衛のショットがそのまま引用されていたり、『ラストサムライ』(エドワード・ズウィック監督)では雨や風、馬や屍の使い方など、黒澤映画から引用されたショットが多数に渡っている。

 

 

黒澤を尊敬しているとコメントした映画人は数知れないほどです。

その中には、ベネチア映画祭で、黒澤明に続き賞を獲得した世界のKITANOこと、ビートたけし含まれています。

 

黒澤明は生前、一般の日本人が北野映画を酷評するなか、その作風を絶賛していました。

      

1993年に黒澤明と北野武は御殿場にある黒澤家で対談をし、次のような言葉をのこしています


 「僕は君の映画が好きでね。余計な説明をしないでズカズカ撮っているでしょ。そこにリズムとリアリティがある。それに君の映画は間が良い。カットとカットの切り替わるところに映画の命が吹き込まれる。」と褒めると、
北野武は「僕は日本の映画はほとんど観てなくて 技巧的なことはわからないんですが、画面の緊張感を生む黒澤監督の色んな技法を盗ませてもらいました。生意気ですが・・・(笑)」
とテレた敬愛で返していたそうです。

 

次の日本映画界をけん引するのは北野武だと予言をし黒澤明はこの世を去ります

その後のたけしさんの活躍をみれば、黒澤明の心眼の正しさが際立つエピソードです。ホンモノは、ホンモノをしる!ということでしょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■黒澤明とスターウォーズ

 

黒澤のファンとしてその影響を受けた(当時まだ無名だった)ジョージ・ルーカスが監督を務めた『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)では、ルーカスからオビ=ワン・ケノービ役で出演オファーがあったが、三船は「そんな子供だましの役をやれるか」と断った。さらに、ダース・ベイダー役でのオファーも同様に断った。三船のダース・ベイダーが実現していればダース・ベイダーはマスク無しの素顔の予定だったが、三船が断ったためマスク着用となり、そのマスクは三船の顔に似せて作られた。

 

※これらは、断片的なエピソードや噂として伝えられていたが、2012/10/12にテレビ朝日系で放送された、「Oh!どや顔サミット 伝説の超有名人を親に持つ2世タレントが大集合!今だからこそ話せるあんなコトやこんなコト!全部ぶっちゃけちゃいます!3時間SP!」にて三船美佳が一連のエピソードとして明かした。

 

他にもジュダイの騎士は、時代劇から摸写したとも、言われ、ルーカス本人も、面白いね^^とコメントするなど、黒澤作品へのオマージュについて、包み隠さず語っています。


ジョージ・ルーカスが尊敬する映画監督が黒澤明であり、スター・ウォーズは「隠し砦の三悪人」に大きな影響を受けたと述べ、そこから日本や東洋の文化に興味を抱くきっかけとなりました


 作品にも日本や東洋の文化が大きく反映されています。
例えば、衣装。
ジェダイや女王などには着物、ベイダー卿は武士の兜とドイツ軍服の融合。また、アミダラ女王の白無垢化粧なども芸者の風貌を取り入れたその代表と思われます 


個人的には、ルーク・スカイウォーカーの衣装は、柔道着をモチーフにしたものだと思います。子どもの時から、柔道着に似ているな・・・っと感じていました。

実は、黒澤明の映画を見るようになったきっかけは、このスターウォーズからです。日本の文化の素晴らしさを教えてくれるのは、こうした外国の方だったりします^^;

 

スティーブン・スピルバーグ監督はフランスのドービル映画祭に参加中。黒澤明監督死去について米CNNテレビに「クロサワは現代における映像のシェークスピアだ」と述べ、巨匠の他界を悼んだ。

ジョージ・ルーカス監督は、 「世界は貴重な財産を失った。黒澤監督という天才は、洗練された感覚で、素晴らしく、かつ力強い映画を我々に遺産として残してくれた」「黒澤監督は私の映画に大きな影響を与えてくれた。」と語っています。

 

本質を究めた「ホンモノ」には、時代と国境をこえる魅力が宿すものです。

黒澤明の才能と、それを生んだ日本の映画界。そして、自分自身が21世紀のKOSAWAとなれるよう、映画や、絵画などちょっと「ホンモノ」にふれる機会を増やしていきたいと思います^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■「世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方」絶賛発売中!!

 

口コミだけで7,000人以上が共感! “家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売

 

本書は、簡単な家訓づくりのコツを教え、それを通じ、家族はもちろん、子供の成長、さらにはお孫さんの代まで、役立てるコツを指南する。

 

目次 : お母さんの悩みを家訓で解決/ 1分で実践できる素敵な習慣―家訓のある家庭の風景/ 身に着けたい正しい習慣/ 究極の育児は夫婦仲で決まる/ 親の背中が一番の教科書/ おばあちゃんの知恵で楽々子育て/ がんばれお父ちゃん/ 大事なことは先祖に学べ!偉人の家訓の勉強会/ 現代に生きる家訓で育った有名人たち/ 創作家訓の紹介―家訓のある風景

 

■書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063