山本五十六 「常在戦場」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本五十六の座右の銘(長岡藩の藩是)

「常在戦場」

 

山本 五十六(やまもと いそろく)

生誕:1884年(明治17年)4月4日

死没:1943年(昭和18年)4月18日)

 

日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。最終階級は元帥海軍大将。栄典は正三位大勲位功一級。1943年に前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。旧姓は高野

 

  

■誰よりも戦争を嫌った軍人、山本五十六とは?

 

山本五十六は、新潟県長岡市の生まれで、太平洋戦争時には、連合艦隊司令長官として真珠湾攻撃を指揮した人物です。

海外での留学経験もあり、戦争を回避すべく努力していた人間が、その矢面に立たざるを得なくなってしまった歴史の皮肉です

 

太平洋戦争直前近衛文麿首相に戦争の見通しを聞かれたとき、五十六は対米戦争には最後まで反対しながらもこんな発言をのこしています。

「私にやれと言われれば、1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれます。しかし、その先のことはまったく保証できません。」

 

 

 

対米戦争には「負けるに決まった戦争するやつがあるか!」と強硬に反対するものの、時代の流れにあがらえず、いよいよ開戦と決まると、親友の堀悌吉中将への手紙に「個人の意見と正確に正反対の決意を固め、、、」と心情を吐露しながらも、乾坤一擲の作戦となった真珠湾攻撃を立案、見事成功させたのでした。 

 

なお、よく言われる真珠湾攻撃の最後通牒の遅れは山本五十六の責任ではなかった。山本自身は何度も参謀に「最後通牒は攻撃前に相手に届く様になっているんだろうな」と念を押しています。しかし最後通牒や宣戦布告は政府の権限・責任です。そして遅れたのは外務省とワシントンの日本大使館の怠慢でした。(日本大使館では、退任する大使の送別会を企画し深酒。外電にきづかなかったっというアホさ加減でした)

 

 

■残念すぎる山本五十六の死没の真相

  

五十六は、1943年に前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死しています。日本海軍部内では山本長官戦死の事件を「海軍甲事件」と称し、約1ヶ月間秘匿していました。

 

ラバウル基地から山本長官視察日程を次のように詳しく打電した暗号が、アメリカ軍に解読され、これを基に山本長官が暗殺されてしまいます。通常、最高機密でもある長官の行動が筒抜きだった問題にくわえ、1分1秒まで、計算通りに行動をする日本軍の特性も裏目にでた悲劇でした。

山本長官を乗せた一式陸攻が予定通りに行動しなければ接触もできない紙一重の暗殺計画でしたが、時間に厳格な軍の規律どおり、予定時間に長官機があらわれ、準備万端で待ち構える米軍機に撃墜されています。

 

暗号の解読は、近代戦において、生死をきっする最重要事項です。

アメリカ軍ではあらゆる先入観をすて合理的に情報を管理することに長けていました。その1つが米軍が採用した八木式アンテナです。日本生まれのアンテナでしたが、日本軍は、民間人のつくったレーダーを信用せず旧式の軍用品を使い続け情報戦に敗北しています。

 

戦争を早くを終わらすために、指揮をとった五十六が、情報戦を軽視した日本軍の無智によって、想定外の死に見舞われました。大東亜戦争は早期講和は実現せず、未曾有の悲劇に招いていくことになります。

 

資源のない東洋の島国が、アメリカやイギリス、そして中国まで相手にし戦いを挑むことは、五十六の見識がなくとも、無謀な決断でした。なおかつ、硬直化した組織は、大局の判断を見誤り、連合艦隊長官を犬死させたのでした。

 

長官の死後1ヶ月の間、ときの軍の幹部が、五十六が死亡したとの情報の可否を訪ねた時があったそうです。

その時の海軍の答えは、「軍事秘密のため答えられません」というもの。軍の幹部でさえ、ふせられた情報は、たんに秘密という意味でなく、軍による失敗を隠ぺいするための保身のための「秘密」であったと推測されます。

 

強すぎる外の連合軍に、保身に走る内部の敵。

暗号が解読された事実も伏せられたために、後の作戦においても、重要情報はことごとく解読され日本は敗戦にむかいます。

日本は負けるべくして負けた。五十六を殺したものは、米軍でなく、保身を走った「組織」だったのかもしれません。

  

 

■山本五十六の名言 

 

・苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これをじっと我慢していくのが男の修行だ。

 

・百年兵を養うは、ただ平和を守るためである。

 

・私にやれと言われれば、1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれます。しかし、その先のことはまったく保証できません。

 

・人は誰でも負い目を持っている。それを克服しようとして進歩するものなのだ。 

 

・ やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ

 

 男は天下を動かし 女はその男を動かす

 

 

■山本五十六の遺書

※死後、戦艦武蔵の一室から発見された遺書。 五十六は、座右の銘のとおり「常在戦場」を実践し、つねに遺書を書いていたといわれる

 

征戦以来幾萬の忠勇無雙(そう)の将兵は

 

命をまとに奮戦し護国の神となりましぬ

 

あゝわれ何の面目かありて見(まみ)えむ大君に

 

将又逝きし戦友の父兄に告げむ言葉なし

 

身は鉄石にあらずとも堅き心の一徹に

 

敵陣深く切り込みて日本男子の血を見せむ

 

いざまてしばし若人ら死出の名残の一戦を

 

華々しくも戦ひてやがてあと追ふわれなるぞ

 

昭和十七年九月末 述懐

 

 

七五調でつづられたこの内容は、

 

「開戦以来、幾万もの比類なき忠勇の将兵たちは

命を的に奮戦し、護国の神となっていった

ああ、私は天皇陛下に面目が立たぬ

将官たちや戦友の家族に告げるべき言葉もない

我が身は脆いものだがこの堅い一徹な決心で

敵陣深く切り込んで日本男児の血をみせてやろう

若者たちよ、死を覚悟した最後の戦いをしばし待つがいい

私もまた華々しく戦って後を追うから

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大人気 家訓ブログが本になりました!

 

口コミだけで7,000人以上が共感! “家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売。本書は、簡単な家訓づくりのコツを教え、それを通じ、家族はもちろん、子供の成長、さらにはお孫さんの代まで、役立てるコツを指南する。

 

目次 : お母さんの悩みを家訓で解決/ 1分で実践できる素敵な習慣―家訓のある家庭の風景/ 身に着けたい正しい習慣/ 究極の育児は夫婦仲で決まる/ 親の背中が一番の教科書/ おばあちゃんの知恵で楽々子育て/ がんばれお父ちゃん/ 大事なことは先祖に学べ!偉人の家訓の勉強会/ 現代に生きる家訓で育った有名人たち/ 創作家訓の紹介―家訓のある風景

 

 

■ご購入はこちら ↓↓↓

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063