漫画の神様・手塚治虫の最期の言葉

   

「となりの部屋へ行くんだ。仕事をする。仕事をさせてくれ。」

 手塚治虫病床での最期の言葉

 

 

手塚 治虫(てづか おさむ) 本名:手塚 治

生誕:1928年(昭和3年)11月3日 

死没: 1989年(平成元年)2月9日)

 

日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身。

 

大阪帝国大学附属医学部 在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。

 

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。

 

藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多くの人間が彼に影響を受け、接触し漫画家を志した。

 

 

手塚治虫は生き仏?生きながら神と呼ばれた男 

「日本人は、大人も漫画を読んでいる・・・」とバカにする外国人がいたら、こういいかえしましょう

「あなたの国に、手塚治虫がいなかったですね お気の毒に」っと

 

ギネスブックにも載る手塚治虫全集(講談社)は個人の作品集としては世界一の巻数。約300冊以上の巻数をほこっています。最盛期の仕事量は、週刊連載が8本に、月刊誌2本に、他に読み切りっと。1日の平均睡眠時間は2~3時間、その間に趣味の映画も年間100本以上見ていたというから驚きです。

 

現代の漫画家でも、週刊での連載は過酷すぎると敬遠されるそうです。16ページの原稿をしあげるのに、6日間でやっとこさっというレベル。「HUNTER×HUNTER」で有名は富樫先生は、休載と連載を繰り返すことで有名です。そんな中、手塚先生は、数十年と語り継がれる作品を不眠不休の現場から送り出してきたのだから驚きです。仮に先生の作品を週刊ジャンプで週一で連載すると、165年かかると言われています(*_*) 世の中に『〇〇の神』と呼ばれる男は数あれど、存命中に呼ばれることは、稀なこと。『漫画の神様』と呼ばれた手塚先生は、自他ともに認める漫画界のトップランナーであり、生き仏とも思える功績を遺したのでした。

 

先生の活躍した時代は、漫画ばかり読むとバカになるっと、言われなき差別をうけた時代です。

たくさんの連載は、差別との戦いでもあり、また先生の作品を心待ちにしている多くの子どもたちのためのプレゼントでした

 

財を遺すは下。業をのこすは、中。人をのこすは上

今でこそ総理大臣でさえ漫画をよむ時代になりましたが、社会に影響を与えたという側面では、明治期に活躍した夏目漱石や、芥川龍之介と比較しても、桁違いの実績をのこされています。手塚先生へのリスペクトは、まだまだ足りないものだと感じないでしょうか?

 

手塚先生の最期の言葉は、「仕事をさせてくれ」というもの。これだけの業績を残しつつも、死の淵にたってまで、なお執筆活動をやめなかった手塚先生。先生の特徴は、大御所なのに仕事を選ばず、ダボハゼのように、仕事を受けまくる姿勢です。黎明期の陽の当たらない業界をけん引してきた先生には、漫画界を代表しているとの自負がありました。しかしその義務感が、わずか60余年となった先生の寿命を縮めることになったのかもしれません。

 

仕事中毒ともいえる先生の生き方を反芻すれば、きっと天国でも好きな漫画を描き続けているでしょう

あの世にいったら、先生の新連載が、天国のコンビニに並んでいるかもしれません!・・・ちょっと死ぬのが楽しみです(ー_ー)!!

 

財を遺すは下。業をのこすは、中。人をのこすは上。アトムや、火の鳥、リボンの騎士に、ブラックジャック、幾多のキャラクターは、すべてが先生の子どもです^^ そして、先生の遺した作品に囲まれて育った私たち昭和世代に子供時代をすごした子供たちもまた、先生の子供なのかもしれません。

 

漫画の神様・手塚治虫が降臨した日本という国に生まれ本当に良かったです! 

 

 

 

 この子にして、この親あり、

手塚治虫の母の物語

 

 

 

あなたが親だとして、20をこえた息子が、「医者をやめて、漫画家になりたい」と相談してきたら、どうこたえるでしょうか?ましてや、時代は戦後すぐの医者不足の世の中。大阪大学を卒業し、医者の免許もとった治虫青年は、ほぼほぼ将来の成功が約束されていました。そんな息子に、母は、「好きな方(漫画家)を選べ」と答えます。

 

この聡明な母のアドバイスがなければ、漫画家・手塚治虫も、その後につづくジャパニメーションのブームもなかったと断言できます。この子にして、この親あり。手塚治虫と母の物語を紹介します。

 

 

(参照:コペル 代表 大坪信之) 

https://copel.co.jp/category2/24-%e6%89%8b%e5%a1%9a%e6%b2%bb%e8%99%ab%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%89%8d%e3%82%92%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%81%9f%e6%af%8d%e3%81%ae%e6%84%9bnew/

 

  『漫画の神様』と呼ばれた伝説の漫画家手塚治虫を育てた母の愛にあふれた子育てについてお話したいと思います! 手塚治虫を知らない人はいませんよね。 漫画家、アニメーター、医学博士など様々な肩書を持つ彼は戦後日本における漫画の第一人者として現代にまでにつながる日本の漫画表現の基礎を築き上げた天才です。 『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『ブラックジャック』等に代表されるヒット作を次々と手がけ、世界中の子どもたちに夢と希望を与えました。 そんな彼は1928年に大阪に生を受けます。治虫の家庭は比較的裕福で、新し物好きのお父さんが収集した当時は珍しい漫画が本棚にありました。このような環境も彼の才能を引き出した要因の一つと言えます。

しかしそれ以上に、彼が母から受けた影響はとてつもなく大きいものでした。

 

治虫のお母さんはとても優しく理解のある人で、いつも彼のありのままを受け入れてくれました。軍人の娘として厳しい躾を受けて育った彼女は、非常に忍耐強い女性でもありました。幼少期にいじめられっ子だった手塚少年に彼女はいつも

「堪忍なさい」

「我慢しなさい」

と言い聞かせていました。治虫は大人になってから、

「癇癪持ちだった自分が、大人になってなんとか腹の虫を抑えることができたのは、母から教わった忍耐のお陰かもしれない」

と述べています。彼の中で母の言葉が重みを持って響いて長く心に残っていたことがよくわかるエピソードです。

 

治虫の人並み外れた想像力の才能に気付いていた母親は、熱心に本や漫画を読んで聞かせました。登場人物に応じて声色を変えたり、感動的な場面では心をこめて語りかける姿は女優さながら。治虫は本や漫画の世界に引き込まれ、夢中で瞳を輝かせていたそうです。

 

その内に治虫少年は小学生になりました。池田師範付属小学校というかなりの進学校に通うエリート少年だったのです。ある日の授業中のことです。当時から漫画が大好きだった治虫はノートに漫画を描いていました。すると先生がそれを見つけて、たいへんに怒って母を呼び出します。当時の漫画は認められておらず、市民権を持たなかったのです。

 

学校に呼び出された後、家に帰ってきた母は、治虫にこう尋ねました。

「どんな漫画を描いていたのか見せてちょうだい」

治虫が持ってきたノートを母は何も言わずに最初から最後までじっくりと読みました。

そして次のように言ったのです。

「治ちゃん、この漫画はとてもおもしろい。お母さんはあなたの漫画の、世界で第一号のファンになりました。これからお母さんのために、おもしろい漫画をたくさん描いてください」

 

すごいと思いませんか?

普通の親であれば頭ごなしに叱ってしまう場面かもしれません。しかし彼女は彼の才能を見出し、たとえ世間に咎められようとも認めて褒めてあげることで天才を引き出したのです!治虫も大好きなお母さんが味方になってくれると思えば自信を持って漫画に集中することができたのでしょうね。

 

治虫は医学博士の肩書も持っていて、その医療の知識は『ブラックジャック』の作品づくりに生かされたそうです。大学時代には医者への道を目指した治虫ですが、次第に医学と漫画の両立に悩むようになりました。

 

そこで母親に相談したところ、彼女はこう尋ねました。

「あなたは漫画と医者とどっちが好きなの?」

治虫は母の前に素直になって即座に答えました。

「漫画です」

すると母は

「じゃ、マンガ家になりなさい」

とあっさり答えたそうです。当時の漫画家の地位はとても低く医者とは比べ物にもならなかったにも関わらず治虫の才能と情熱を信じて背中を押してくれたのです!

 

治虫はこの時のことを振り返り自伝に感謝の言葉を述べています。

「母はいいことを言ってくれたと思います。母のこのひと言で決心がつき、本当に充実した人生を送ることができました」

手塚の作品の中ではしばしば母子の温かい絆が扱われています。いかに彼の中で母親の存在が大きかったかがよくわかりますね。

 

「今のあなたのままでいいのよ」

という損得を顧みない絶対肯定の愛情は治虫の才能を伸ばし天才を育てたのです。 

ジャパニメーションの元祖『鉄腕アトム』

 

いまや7兆6000億となったマーケット 

手塚治虫がけん引した漫画界。いまや日本のマンガ市場規模は概算で紙の市場と、電子書籍の市場合わせて4570億円(推定)と言われています。そして、手塚先生のもう1つの功績は、アニメ業界への挑戦です。

 

ある調査によると、漫画やアニメといった日本がリードする業態は、全世界では、7兆円をこえるとの試算があります。  

 

初の国産アニメの放映となった『鉄腕アトム』は、ジャパニメーションといわれる日本製のアニメの金字塔であり、出発点となった作品です。日本のアニメは、子ども向け作品であっても、単純な勧善懲悪のストーリーにとどまらず、複雑な世界観を提供するのが特徴です。鉄腕アトムも、悪者をやっつけるだけでなく、戦う意味や、ロボットと人間の融和、そして暗すぎる生い立ちのトラウマと葛藤する姿が描かれていました

 

アトムは、国内初のテレビアニメシリーズであり、事実上世界初の試みです。手塚治虫は漫画はもちろんアニメについても基礎を作った人物といえます。ちなみに視聴率の最高はなんと40.3%、平均25%です

 

そして特筆すべきは、赤字覚悟の出発だったこと。ディズニーにあこがれアニメーションに進出した手塚先生は、放映をしぶるテレビ局を説得するために、1話80万以上(今でいう800万)かかる製作費を50万で受注してしまい、以後、人気になった後も赤字は埋めきれず、最終的には、虫プロの倒産(神様の破産)という結果を招いていきます

 

ただし、この歴史的なダンピングのおかげで、世界で唯一、日本だけで、アニメというマーケットが誕生しました。他にも、赤字を埋めるために販売されたキャラクターグッツによる販売収入や、マスコミとのタイアップなど、いまのパテントビジネスの基礎はこの時代に構築されていきました

 

また、アニメはその後、タダ同然の価格で諸外国に輸出されていきます。そのことで、手塚作品だけでなく、ルパンや、ガンダム、キャプテン翼など、無数の作品が、アメリカ、アジア、ヨーロッパにアフリカまで、ひろまっていき、世界中に日本のアニメのファンと、そして多くの親日家を誕生させました。

 

一部の国では、日本のアニメを暴力的だと規制する動きがあるものの、基本的には「努力」「愛」「友情」といった哲学がベースにあるのがジャパニメーションの特徴です。

その博愛主義は、人種や宗教、そして時空をこえた「生」への普遍的な愛に満たされています。

 

真の世界平和を考えた時、手塚先生がノーベル平和賞を受賞していても良かったのではないでしょうか? 

   

あのディズニーがパクッた!? 疑惑の王様「ライオン・キング」

 

疑惑の王様「ライオン・キング」

令和元年「ライオン・キング」が実写化され、再注目があつまるなか、ネットでは、ディズニーによる盗作議論が加熱しています。米映画誌HollywoodReporterは、両作品を改めて比較する長文の記事を公開するほどです。

 

同誌によると作品のテーマは2作品とも人生や命の壮大さであり、アフリカの子供ライオンが主人公。どちらも主人公の父親が早くに亡くなっている。ちなみに「ジャングル大帝」の主人公レオの名は、英語版だと「キンバ」であり、ライオン・キングの主人公「シンバ」と名前も似ています。

 

さらに両作品とも、悪役はたてがみが黒く、左目部分に傷があるなどとても似ている。またそれぞれにハイエナが子分としてついているという部分も類似しています。そもそも、ジャングル大帝のOPのアニメそのものが、ライオンの色を白から茶色にかえて「ライオン・キング」で再現されているようにしか思えません。こうした指摘に、あくまで偶然の一致を装うディズニー側に対し、手塚プロは、「手塚本人が生きていたら、ディズニーに影響を与えたら光栄だと」

 

・・・ っていうか似ているレベルをはるかに超えるパクリ度のなか、大人の対応をみせる虫プロさん。せめて金はいいから、作品の最期に「手塚先生に贈る」とでもクレジットを入れられないものでしょうか?

 

ハリウッド映画にもパクリ疑惑!? 

映画監督スタンリー・キューブリック(「2001年宇宙の旅」他)は、実際に映画のスタッフとして手塚治虫に参加を呼び掛けています。監督は手塚治虫の漫画、アニメに深い感銘を受けていました。しかし手塚治虫は「1,2年ぐらい休んでくれ」という条件もあり、スタッフや、なにより手塚先生の新作を楽しみにまつ読者が許してくるわけもなく、アメリカ行を断念します。幻となった先生のハリウッド進出。しかし、先生の作品は、ひそかにパクられ続け、前述の「ライオンキング」を筆頭に、「猿の惑星(鳥人体系?」や「ミクロの決死圏(鉄腕アトム)」等々、幻でなくリアルに海外のアーティストに影響を与え続けたのでした。

 

先生の存命中、中国で海賊版の鉄腕アトムが発刊された際には、先生は憤慨し、「こんな作品を読ますわけにはいかない!」っと、自分で書き下ろした新作のアトムを中国側におくったそうです。海賊版ならではの荒い編集が気にくわなかった先生・・・っていうかそこですかっ???

 

漫画の神様・手塚治虫。しかし商売人としては、二流三流だったのかもしれません。

 

手塚治虫のルーツ「陽だまりの樹」 

 

 

手塚 良仙(てづか りょうせん、または良庵(りょうあん)、文政9年(1826年) - 明治10年(1877年)10月10日)は、幕末から明治時代初期の医師・蘭学者。名は光享。息子は司法官の手塚太郎。大槻俊斎は義弟にあたる。漫画家の手塚治虫の曾祖父である

 

江戸の蘭方医・常陸国府中藩医の手塚良仙(手塚光照)を父に生まれ、緒方洪庵の適塾に入門。福澤諭吉らと親しむ。江戸に帰って、伊東玄朴・大槻俊斎らと図り、お玉が池種痘所設立。父の跡を継ぎ、良仙と改名。幕府歩兵屯所付医師となり、維新後、大日本帝国陸軍軍医となる(大尉相当官)。

西南戦争に従軍、九州で赤痢に罹り、長崎陸軍病院にて死去した。

 

手塚家のルーツとは 

陽だまりの樹は、医者でもあった手塚先生によって書かれた作品で、幕末の日本と、自らのルーツを描いた記念碑的作品です。手塚家は江戸時代から続く、医者の家柄で、その先祖は若き日の福沢諭吉をはじめ、多くの志士達と交流があったそうです。

 

「陽だまりの樹」は、幕末期の日本を舞台に、当時の開国、西洋文明と西洋人の流入からやがて続く倒幕、そして戊辰戦争という時代の流れの上で、対照的だが友情で結ばれた男の人生を綿密に推敲されたストーリーで描きだしました。

 

 タイトルは、水戸学の権威、藤田東湖が劇中で主人公の伊武谷万二郎へ語る当時の日本の姿です。19世紀後半、欧米が市場を求めてアジアへ進出した世界状況で、幕府の内部は慣習に囚われ倒れかけているとして、これを「陽だまりの樹」と呼んだことに由来します。

 

当時、中学生だった幡谷は、手塚治虫の作品の中で語られる藤田東湖の生き様と、幕末の動乱期、水戸が、次の時代をつくる期待を一身にうけていたことを学びました。

 

教科書では教えてくれない地域の歴史を、「陽だまりの樹」を通じて学びました

手塚先生が生きた時代、幡谷と同じようにたくさんの少年少女たちが、先生の作品を通じ、「鉄腕アトム」で、勇気を、「ブッタ」で命の大切さ、そして儚さを学んでいったのです。

 

多くの見識と、博愛に満たされた手塚作品には、子ども達を育むたくさんの「気づき」が隠されています。

そして大人になったおっさんだって、胸がときめき、子どもの気持ちに戻ることが出来ます^^

 

 

■手塚先生と茨城の関係^^

ちなみに、陽だまりの樹の着想したきっかけは、手塚治虫の先祖の業績が再評価されたことに由来します。そして、この先祖を主人公に漫画をかくことを思いついたのです。その人物とは手塚の曽祖父・手塚良庵です。そしてその父、良仙は、水戸藩の親藩、御連枝である常陸府中藩(石岡藩)のお抱え医師だったことが判明しました。つまり、漫画界の巨匠・手塚治虫のルーツは、茨城にあったのです!

 

手塚良庵は江戸時代末期、江戸小石川三百坂に暮らし、府中藩の藩医として松平播磨守に仕えた。若いころは大阪で緒方洪庵が開いていた適塾の門下生として福沢諭吉と机を並べて蘭学の勉強に励み、江戸へ帰ってからは父・良仙とともに種痘所の開設に尽力した。晩年は明治政府が設立した軍の歩兵駐屯所医師となるが、出征先の大阪で赤痢にかかり病死しました

 

 この手塚良仙・良庵父子のことは長く歴史の中に埋もれていたものが、医史学の研究をされている深瀬泰旦先生が1979年から81年にかけて発表した論文で初めてその事実が明るみに出たのです。またその深瀬先生の研究の過程で手塚良庵が手塚先生の祖先であることも判明します。そんなこんなで1981年、手塚先生は良庵を主人公とした大河マンガ『陽だまりの樹』を描いたのでした。

 

黒板にカリカリかくだけが学びではありません。お盆休や、お正月には、お子さんや、たくさんの親戚たちと、ルーツをめぐる『ご先祖さんジャーニー』に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

宇宙や、未来、過去に異次元、あらゆる設定の漫画を描いた手塚先生でしたが、陽だまりの樹だけは、自分のために描いた作品のようなきがします。先生も旅した「ご先祖さんジャーニー」には、ディズニーランドや教科書のなかでは学べない本当の学びがあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人気 家訓ブログが本になりました!

 

口コミだけで7,000人以上が共感! “家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売。本書は、簡単な家訓づくりのコツを教え、それを通じ、家族はもちろん、子供の成長、さらにはお孫さんの代まで、役立てるコツを指南する。

 

目次 : お母さんの悩みを家訓で解決/ 1分で実践できる素敵な習慣―家訓のある家庭の風景/ 身に着けたい正しい習慣/ 究極の育児は夫婦仲で決まる/ 親の背中が一番の教科書/ おばあちゃんの知恵で楽々子育て/ がんばれお父ちゃん/ 大事なことは先祖に学べ!偉人の家訓の勉強会/ 現代に生きる家訓で育った有名人たち/ 創作家訓の紹介―家訓のある風景

 

 

■ご購入はこちら ↓↓↓

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税 

URL  http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    名無し (水曜日, 20 7月 2016 11:53)

    手塚先生あの世でも漫画書いてるのかな、たまには、この世にも遊びに戻って欲しい合掌