黒田官兵衛と黒田家の家訓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田官兵衛

生誕:天文15年11月29日(1546年12月22日)

死没:慶長9年3月20日(1604年4月19日)

 

黒田 孝高(くろだ よしたか)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩祖となる。また長政はその息子。

 

諱(実名)は初め祐隆(すけたか)、孝隆(よしたか)、のち孝高といったが、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、あるいは剃髪後の号をとった黒田如水として広く知られる。豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀と評され、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された

 

■秀吉も恐れた才能

 

天下平定を実現した晩年の秀吉は、「もし豊臣家がつぶれたら誰が天下を獲るか?」との質問に、黒田官兵衛の名を挙げたといわれています。

官兵衛は、豊臣秀吉の参謀として活躍し、秀吉の天下取りを支えた超切れ物の大軍師です。本人も天下取りの野望があったようで、秀吉や家康にバレないように、隠居して名を「官兵衛」から「如水(じょすい)」と改めています。

 

その名が知られるようになったのは、「中国大返し」での立ち回りからです。

織田信長の家臣明智光秀が謀反を起こし、京都・本能寺を襲撃した事件。この事件で信長は自害。その頃、中国攻めを行っていた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)は動揺してしまいますが、黒田官兵衛がチャンスと進言します。

 

「秀吉様、ご運が開けましたな。天下をお取なさいませ」といって、中国大返しの段取りをしています。

 

官兵衛の段取りで、世に言う「中国大返し」は成功し、明智光秀を討つことに成功し秀吉は天下取りを実現することとなりました

「中国大返し」とは、毛利との高松城の戦いにあった羽柴秀吉が主君織田信長の死を知り、毛利と講和し、主君の仇を討つため京に向けてわずか数日で戻り、明智光秀を討ち取った軍団大移動のこと。官兵衛の助言もあり、秀吉は天下を取るが、あまりにうまく行き過ぎて、秀吉に警戒され飛ばされてもいます。。。

 

■官兵衛の大博打。関ケ原の半日天下?

 

関ケ原の戦いは、石田三成(西軍)と徳川家康(東軍)の関ヶ原で20万もの大軍が繰り広げられた合戦です。隠居していた官兵衛は天下取りの好機と見て、動き始めます。それまでに貯え込んだ財産を投げ打ち、浪人を集めてにわか軍勢を作ります。関ヶ原の戦いで、手薄になった隙に、九州を治める。その後、中国・近畿と攻め上がり天下をとる算段だったと言われています。 

 

関が原の戦いが膠着し、長引けば両軍疲労しているはず。その隙をついて天下を取ろうという作戦です。

天下取りの野心がバレないように、息子を徳川家康側に送る用意周到ぶりです。しかし、歴史は皮肉なもので、優秀すぎた息子・長政の大活躍で、関ケ原の戦いはわずか半日で終結し、官兵衛の一世一代の大博打は露と消えてしまいました。

 

 

息子の長政は、西軍の小早川秀秋や吉川広家を寝返らせて、家康軍を勝利に導くという大手柄をあげました 

 

のちに長政は、官兵衛に家康が自分の手を取り、なんどもお礼を述べたことを告げ、家康から「よくやってくれた」と言われたのを自慢げに話しました。 

 

官兵衛  「そのとき、内府(家康)はお前のどちらの手を取った?」

長政    「右手でした。」

官兵衛  「その時、お前の左手はどうしていた?」

長政    「・・・」

 

 

 これは、なぜ左手で家康を殺さなかった?という意味。

 秀吉が畏れた官兵衛の才能は、ダテではなかったというエピソードです。 

 

■官兵衛の『水五訓』

  

一、自ら活動して他を働かしむるは水なり

一、常に自ら進路を求めて止まざるは水なり

一、自ら清くして他の汚水を洗い清濁併せ容るるの量あるは水なり

一、障害に逢い激しくその勢力を百倍するは水なり

一、洋々として大海を充たし、発して蒸気となり雲となり雪と変し霰(かすみ)と化し凝(こ)っては玲瓏(れいろう)たる鏡となる、而(しか)もその性を失わざるは水なり

 

※黒田如水(官兵衛)水五則 原文は王陽明との伝あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田 長政(くろだ ながまさ)

生誕:永禄11年12月3日(1568年12月21日)

死没:元和9年8月4日(1623年8月29日) 

 

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。筑前福岡藩初代藩主。

 

戦国武将・黒田孝高(官兵衛・如水)の嫡男。九州平定、文禄・慶長の役で活躍した。特に関ヶ原の戦いでは東軍につき大きな戦功を挙げたことから、徳川家康より筑前名島に52万3千余石の大封を受け、福岡藩を立藩し、初代藩主となった。父の孝高と同じくキリシタン大名であったが、棄教した

 

■竹中半兵衛に救われた命

 

長政の幼名は松寿丸。その命は信長の命令で、絶たれるはずのものでした・・・

しかし天下の軍師と称えられた竹中半兵衛の機転で、命は救われています。のちに福岡藩の藩主になったあと、長政はその恩を忘れず半兵衛の遺児を家臣として迎えたという話も伝わっています 

 

さらに、君主である御着城城主・小寺政織も荒木村重に呼応して謀叛を企てていると知り、官兵衛はまず小寺政織を説得に行きます。そこで小寺政織は、荒木村重を説得できたら織田方から離反しないという条件を出してきました。

 

1578年10月、天下布武を狙う信長の配下にいた官兵衛は、摂津の有岡城の荒木村重の説得にむかいます。しかし面談を求めた官兵衛に対して、荒木村重は会うことなく牢屋に幽閉してしまいます。

 

信長は有岡城へ説得に行ったきり、戻ってこない官兵衛を裏切ったと思い、摂津・有岡城を包囲。さらに信長は、人質になっていた官兵衛の息子・松寿丸を殺せと命じます。これに対して竹中半兵衛は、官兵衛は裏切らないこと、中国征伐には欠かせない人物であると信長を説得しようと試みますが怒りはおさまりません。そこで竹中半兵衛は、松寿丸を密かに逃がして匿ったのでした。

 

有岡城へ説得に行ったまま、牢に入れられてしまった官兵衛。その牢は城内にあり、沼地と竹やぶのある、あまり日の差さない湿気の多い場所といわれています。織田方の攻めが一年近く続いた1579年9月、荒木村重は数名を連れて城から抜け出しました。その翌月の10月、有岡城は開城し官兵衛は栗山利安に無事救出されたのです。約一年の幽閉生活で、髪は伸び、全身に皮膚病が広がり、膝を悪くして歩行もままならなかったといいます

 

官兵衛と忠義と不屈の魂。そしてそれに呼応した半兵衛の機転に、「漢」(おとこ)がしびれるエピソードです 

 

■長政の「異見会の三つの掟」 

 

黒田長政は生存中、毎月日を決めて「異見会」を開いていた。その三つの掟とは、

 

一、身分を忘れる

二、何でも言い合っても後にしこりを残さない

三、秘密を守る

 

出席者は、部屋の釈迦像に向かい、手を合わせてこの三つを誓う。この「異見会」は幕末まで続き、黒田家の安泰の礎となった。

 

また長政は嫡男忠之へ遺言として、次のような言葉を遺しています

 

兵法は平法と心得よ

(意:居ながらにして、天下を平らげることこそ真の兵法。民百姓まで安楽にあってこそ兵法である)                         

 

  

 

■黒田家 家訓「淀書の事」

 

「忘れるな、治世の武、乱世の文」

 

(COMPUTER SYSTEM HOUSE ホームページより転用)

http://www.csh-web.co.jp/blog/se/detail/article-id152.php 

 

およそ一国を治める武将たるものは、特別な自覚がなくてはならぬ。

普通の人と同様な心がけであってはならない。

それには、まず自分自身の行動を正しくし、私心によって政治を乱すことなく、万民をいつくしむことである。

また、自分の趣味嗜好についても、よくよく考えねばならない。

主君の好むことは武士たちも好み、百姓町人にいたるまで、それを楽しむようになるからである。

楽しみごとは、一時のものであっても目立たぬようにせよ。

自分が士農工商の人びとの手本であることを片時も忘れるな。

 

およそ一国の主たるものは、つねに慈愛の心を忘れず、讒言をしりぞけ、ひたすら善政を行うことを努めとせねばならない。

政治は青空に太陽のごとく公正を旨とし、一事もあやまることのないよう、深く思慮を尽くして行うのである。

 

文と武とは車の両輪であり、どちらが欠けても国をたもつことはできない。

もちろん、治世には文、乱世には武が中心となるのであるが、治世において武を忘れず、

乱世にも文を捨てぬという心がけこそ、もっとも大切なのである。

 

世が平穏に治まっているからといって、一国の主が武を忘れるならば、まず藩の軍備がおろそかとなり、

家中の武士たちは自然と柔弱になって武士道を忘れ、武芸を怠り、武器のたぐいも不足して、

先祖から伝わった武具までも銹び腐って、いざというときの役に立たぬ状態となろう。

 

このように軍備がおろそかにされていれば、いざというときの対策を不断から立てておくことがないから、

予測せぬ戦乱が起こったときには、ただ、あわてさわぎ、議論もまとまらず、作戦を立てることもできない。

したがって、武将の家に生まれたからには、治世にあっても、武の道をひとときも忘れてはならないのである。

 

また、乱世であるからといって、文の道を捨てるならば、法律制度が乱れ、行政は私心によって曲げられ、

家中の人々や領民に対する愛情に欠けるため、人びとの不満が高まるであろう。

また合戦にあたっても、血気の勇にはやるばかりで、武士道をはずれたやり方が多くなるため、

士卒の心が一つにまとまることなく、忠義の働きをするものも現われまい。

このような状態では、たとえ一時の勝利は得られようとも、のちに必ず負け戦となるものである。

 

そもそも一国の主として文の道を好むというのは、決して書物を多く読み、詩を作り、むかしのことに

通じることだけをいうのではない。

国を治めるにあたっての正道を知り、万事について詳細に検討考慮し、筋を外さず、誤りを防ぎ、

善悪の事実を明らかにして賞罰を正しくし、家中領民を憐れむ事こそが、文の道を重んずるという事なのである。

 

また、武の道を好むというのは、単に武芸をさかんにして、いかめしいふうをすることではない。

合戦の道をよく心得、つねに油断なく兵乱を鎮める知略をめぐらして、士卒の訓練にはげみ、

功あるものには恩賞を与え、罪あるものは刑罰に処し、剛勇のもと臆病なものとの評定を誤ることなく、

どのような治世にあっても合戦を忘れることがないのを、武の道を重んずるというのである。

ただ武芸のみを好んで、個人の武技にふけることは匹夫の勇であり、国王・武将にとっての武道とはいえない。

 

当家の軍法には、とりわけて変わったことはない。

君臣ともに正しく法令を守り、士卒が一致結束することが、その基本である。

 

日ごろの無事なときには家臣に情をかけ、功績のあるものには惜しむことなく恩賞を与えて、

そのような君主の姿勢を人びとによく知らせておくならば、その恩を慕って、上下が心を合わせ、

危急の場合には一致結束して武勇にはげむゆえ、その軍勢はすさまじい強さを発揮して、

勝利を得ること疑いないのである。

 

また、武将たる人には、威厳というものがなくてはならぬが、これを間違って、意識的に威厳を装う事は、

かえって大きな害となるのである。

人びとから恐れられるような態度をとることが威厳であると思いこみ、家老に向かってもいばりかえって、

必要もないのに荒い言葉を吐き、人びとのいさめをも聞き入れず、自分に過ちがあっても強引に押し通し、

むりやり自分の意見を通すようであれば、家老も諫言することもなく、自然と消極的になってしまうであろう。

家老でさえ、このような状態であれば、まして、一般の家臣や武士たちにいたっては、ただ君主を恐れるばかりで、

忠義の思いをするものとてもなく、ただ自分の保身だけを考えて、真剣に奉公を努める事も無くなってしまうであろう。

君主がこのように高慢で人びとをないがしろにするならば、家臣たちをはじめとして万民の心は離反し、

必ずや国を滅ぼす原因となるものであるから、よくよく心得ねばならない。

 

さて、真の威厳というものは、まず自分自身の行動を正し、善悪を明らかにして賞罰を

正しく行うことによって生まれる。そのようであれば、別段、人びとに対していばったり、

おどしたりせずとも、家臣も領民も君主を敬い恐れ、決してあなどったり軽んじたりする

ことはなく、おのずから威光がそなわるものである。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    頂点3000:http://www.hikanpou.com/product/CROWN3000.html (月曜日, 05 2月 2018 18:30)

    hi漢方:http://www.hikanpou.com
    蟻力神(第五代):http://www.hikanpou.com/product/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5%9E.html
    三體牛鞭:http://www.hikanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BD%93%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
    狼1号:http://www.hikanpou.com/product/%E7%8B%BC1%E5%8F%B7.html
    狼一号:http://www.hikanpou.com/product/狼1号.html
    三体牛鞭:http://www.hikanpou.com/product/三体牛鞭.html
    D10媚薬:http://www.hikanpou.com/product/D10.html
    D10催情剤:http://www.hikanpou.com/product/D10.html
    威哥王:http://www.hikanpou.com/product/威哥王.html
    巨人倍増:http://www.hikanpou.com/product/巨人倍増.html
    中絶薬:http://www.hikanpou.com/product/中絶薬RU486.html
    RU486:http://www.hikanpou.com/product/RU486.html
    妖姫:http://www.hikanpou.com/product/youhi.html
    紅蜘蛛:http://www.hikanpou.com/product/紅蜘蛛.html
    三體牛鞭:http://www.hikanpou.com/product/三体牛鞭.html
    五夜神生精片:http://www.hikanpou.com/product/wuyeshengjing.html
    巨根カプセル:http://www.hikanpou.com/product/%E5%B7%A8%E6%A0%B9.html
    壮根精華素:http://www.hikanpou.com/product/%E5%A3%AE%E6%A0%B9.html
    超強黒倍王:http://www.hikanpou.com/product/%E9%BB%92%E5%80%8D%E7%8E%8B.html
    バイアグラ:http://www.hikanpou.com/product/weigw.html
    SEX&ON(性1号)女性用媚薬/催淫:http://www.hikanpou.com/product/xingyihao.html
    SPANISCHE FLIEGED6:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGE-D6.html
    蒼蝿水(FLY D5原液):http://www.hikanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B4.html
    SPANISCHE FLIEGE D6II:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED6.html
    Spanish sex drops D8:http://www.hikanpou.com/product/SpanishFliegeD8.html
    SPANISCHE FLIEGE D9:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED9.html
    SPANISCHE FLIEGE D5:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED5.html


    ホーニージェル狂潮嬌娃:http://www.hikanpou.com/product/kuangchaoaowa.html
    五夜神生精片:http://www.hikanpou.com/product/wuyeshengjing.html
    速勃100:http://www.hikanpou.com/product/hayabotu.html
    蔵八宝(くらはちほう):http://www.hikanpou.com/product/%E8%94%B5%E5%85%AB%E5%AE%9D.html
    植物偉哥 vegetal vigia:http://www.hikanpou.com/product/%E8%B6%85%E7%B4%9A%E5%81%89%E5%93%A5.html
    五夜神生精片:http://www.hikanpou.com/product/wuyeshengjing.html
    夜狼神(やろうしん):http://www.hikanpou.com/product/yelangshen.html
    虫草鹿鞭:http://www.hikanpou.com/product/%E8%99%AB%E8%8D%89%E9%B9%BF%E9%9E%AD%E5%AF%B6.html
    魔鬼天使Muira.PuamaII:http://www.hikanpou.com/product/moguitianshiMuiraPu.html
    魔根金虫草:http://www.hikanpou.com/product/%E9%AD%94%E6%A0%B9.html
    魔鬼天使性欲粉(Muira Puama):http://www.hikanpou.com/product/%E9%AD%94%E9%AC%BC%E5%A4%A9%E4%BD%BF.html
    999神油 女性用:http://www.hikanpou.com/product/999shengyounvxingyong.html
    A9生精片:http://www.hikanpou.com/product/a9shengjinpian.html
    M6生精片:http://www.hikanpou.com/product/m6shengjingpian.html
    鹿茸腎宝:http://www.hikanpou.com/product/%E9%B9%BF%E8%8C%B8%E8%85%8E%E5%AE%9D.html
    米国金根:http://www.hikanpou.com/product/beikokukingne.html
    新倍柔情高級人体潤滑剤:http://www.hikanpou.com/product/%E5%80%8D%E6%9F%94%E6%83%85.html
    縮陰膏(超級潤滑剤):http://www.hikanpou.com/product/%E7%B8%AE%E9%99%B0%E8%86%8F.html
    k-yジェリー潤滑剤:http://www.hikanpou.com/product/K-YJelly.html
    天然山羊の眼:http://www.hikanpou.com/product/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E5%B1%B1%E7%BE%8A%E3%81%AE%E7%9C%BC.html
    人の助 媚薬:http://www.hikanpou.com/product/hitonosuke.html
    妻之友外用避妊薬:http://www.hikanpou.com/product/%E5%A6%BB%E4%B9%8B%E5%8F%8B.html
    セックスドロップ ドイツ(SEX DROPS):http://www.hikanpou.com/product/SEXDROPS5.html
    ARDOUR(持久熱情粉)媚薬:http://www.hikanpou.com/product/chijiu.html
    蒼蝿粉 INVERMA 粉剤媚薬:http://www.hikanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E7%B2%89.html

    MaxMan(MMCII代)ペニス増大:http://www.hikanpou.com/product/MaxMan.html
    蔵秘雄精:http://www.hikanpou.com/product/%E8%94%B5%E7%A7%98%E9%9B%84%E7%B2%BE.html
    MACA:http://www.hikanpou.com/product/MACA.html
    回春堂海狗王:http://www.hikanpou.com/product/hchaigouwang.html
    福潤宝カプセル:http://www.hikanpou.com/product/furuibao.html
    頂点3000:http://www.hikanpou.com/product/CROWN3000.html
    花痴:http://www.hikanpou.com/product/花痴.html