ゴーン家の家訓と逮捕劇

 ゴーン家 家訓

真実を語るのが人生のよりよい生き方

 

カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)

生誕:1954年3月9日 

 

フランスの自動車会社ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)にして、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)。

 

両親はレバノン人で、ブラジルで誕生。幼少期をブラジルで過ごし、中等教育は父の母国であるレバノンのベイルートで受けた。フランスの鉱業学校を卒業した後、フランス大手タイヤメーカー、ミシュランに入社し18年間在籍。同社での業績を評価され、ルノーに上席副社長としてスカウトされ、同社の再建にも貢献した。1999年3月、当時経営と財政危機に瀕していた日産がルノーと資本提携を結び、同年6月、ルノーの上席副社長の職にあったゴーンが、ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産の最高執行責任者(COO)に就任。

 

「コストキラー」の異名をとるゴーンは、日産再建に向け社員とともに「日産リバイバルプラン」を作成。短期間で日産の経営立て直しを果たし、2003年にフォーチュン誌は、彼を「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」と称している。

 

日産の危機

1993年頃の日産は、技術は一流との評価をうけていたものの様々な要因が重なり企業経営が行き詰っていきます。1995年4月に円相場は初めて東京市場で1ドル=80円の相場を突破し、3億ドルもの為替差損が発生。さらに8代目サニーの価格引上げによる失敗。また社内でも多くのスキャンダルがつづきます。

 

この危機に、フランスの自動車メーカー・ルノーから資金を入れ危機を乗り越えました。事実上吸収合併される形をとったのです。この時送り込まれた経営者こそ「壊し屋」の異名をもつカルロス・ゴーン氏でした。

 

2万1000人の人員削減計画というリストラとコスト削減、合理化の推進で2001年には3311億円の黒字に改善されました。 車種を絞りこんだ、徹底的な購買コスト削減、為替の徹底的な管理、新型モデル投入などが成功の要因と言われています。 しかし好事魔が多し、平成30年11月、突然逮捕され、日産の危機、そしてゴーンさんの華麗な経歴に暗雲が立ち込めるのでした

 トヨタと日産の違い

 

華美を戒め、質実剛健たれ」豊田綱領より

 

 

トヨタと日産の違い

日本を代表する企業として日産自動車とトヨタのライバル関係は、国内にとどまらず世界のマーケットで厳しい争いを続けています。今回、ゴーンさんの逮捕劇をうけ、改めて、日産とトヨタの「違い」を研究すると、その背景には【成り立ち】の違いが浮かび上がってきました

 

日本の自動車メーカーの特徴は、トヨタやホンダ、スズキ、マツダと、それぞれオーナー一族の名字がそのブランドに掲げられていることがわかります。しかし日産にはそれがない。日産の歴史は、3人の創業者と言われる創業期の合併や買収から始まります。

 

グローバル社会にあって、資質でなく『血』で経営者を選ぶ同族経営は時代遅れとの指摘が数多くあります。しかし、同族企業には、同族企業ならわでのストロングポイントもあります。その1つが超・長期的経営の視点にたった経営戦略です。

 

ゴーンさんに代表される欧米の経営者は、数十億もの報酬をうけとるかわりに1年ごとに結果を出し続けるカルマを背負っています。利益をあげることは企業にとって、絶対の『善』です。しかし、結果をあせるばかりに、優良な資産を食いつぶすこともあるのではないでしょうか? この時の『資産』とは、工場や技術。そしてなにより優秀な社員さんの存在です。

 

ゴーンさんは2万人もの社員さんをリストラし、瀕死にあった日産自動車を再生させました。その功績は余人をもって代えられるものではありません。しかし多くの日本人にとって違和感があったのは、リストラ後の決算でゴーンさんの報酬が10億円を超えていた点です。日本の多くの経営者はまず身銭をきり、謝り、リストラに踏み切るというのが一般的でした。ゴーンさん自身、そうした日本のメンタリティーを忖度する形で以後、報酬を増加させませんでした。しかしその裏で闇報酬を抱え込んでいたっというのが、今回の逮捕劇の内幕です。

 

ちなみにトヨタ自動車の豊田章男さんの報酬は3億円あまり。家訓二ストはこの金額は反対に安すぎるっとも感じます。ゴリゴリすぎても違和感があり逆に謙虚すぎても、それはそれで?がつくもの、過ぎたるは猶及ばざるが如し。経営とは難しいものです。

 

今回、図らずも対照的な姿をみせることとなった日産とトヨタのライバル物語。創業者なき巨大企業、日産自動車の最大の弱点の本質は、『血』です。この時の『血』とは、生物としてのブラッドでなく、会社に流れる創業者の意思や、想いといったDNAの血です。事実、本田技研の創業者・本田宗一郎は、子息を会社にいれることを避け、現在創業家は経営にタッチしていないものの、ホンダという会社には宗一郎の遺した夢や想いがビンビンに残されています。またトヨタには、創業者の豊田佐吉の遺訓である『豊田綱領』がのこされており、重要な経営判断をする際のよりどころになっているそうです。

 

華美を戒め、質実剛健たれ( 豊田綱領より)

トヨタの強さは、無借金経営に代表される堅実さです。また評論家や他社の動向に惑わされず、自身のスタイルを貫ぬく点です。

 

すべての車に私の名前がついている

プリウスは、トヨタ自動車が1997年に製造・販売を開始した世界初の量産型ハイブリッド専用車です。現在、世界93ヵ国で発売され、燃費・性能ともに優れたハイブリット車として、今現在も人気の車種です。アメリカでは、何億もかせぐハイウッドのセレブたちが競って、プリウスに乗り、授賞式に現れたのも時代をかえた印象を遺しました。

 

その後、2006年に販売台数世界一を記録することになるトヨタ自動車にとって、「プリウス」の時代をさきどるイメージは、お金に換算できないメリットをもたらしています。しかし、「好事、魔が多し」の格言どおり、2009~2010年にプリウスのブレーキの急加速問題が浮上します。豊田家の血脈をつぐ章男氏が社長に就任するのも、ちょうどこの頃です。世界でも例をみない巨大企業の世襲体制と、プリンスの危機管理に注目があつまりました。

 

のちに言いがかりと判明するプリウス問題は、アメリカのカリフォルニア州で「プリウスが急加速。事故発生」という報道からはじまります。この頃から激しいバッシングを浴びせられます。問題を受け、アメリカの運輸安全委員会が調査を実施。その結果、運転していた男性の証言に信憑性がないことが発覚します。クルマにはアクセルとブレーキをどのぐらい踏んだのかが電子的に記録されており、不正が判明したのです。 

 

しかしトヨタ バッシングがつづき、時を同じくして、アメリカの複数の州から次々と提起。また、韓国系アメリカ人による集団訴訟も起こり、トヨタ問題はますます広がりを見せ始めます。また韓国系のライバル企業がシェア拡大のための動きさえ始まりました。メディアもこの問題をセンセーショナルに報道をしはじめ、米ABCテレビはトヨタの急加速を番組内で実験まで行い、実際にプリウスが暴走するシーンを再現バッシングの渦は頂点に達します

 

こうした背景のなか、トヨタ自動車は、米国下院公聴会での豊田章男社長の冒頭説明原稿を発表しています。この時の発言のなかで、「すべての車に私の名前がついている」

 

ほぼ言いがかりのトヨタバッシングでしたが、公聴会での誠意ある対応が評価され、以後、トヨタへの逆風は、追い風に変わっていきます。題は2009年から、どんな力が動いたか分かりませんが、この危機がきっかけで、一時は売上を落としたものの、その後はV字回復をはたしています^^

 

就任が不安視された章男社長は、見事に危機をチャンスにかえました。

 

また危機の回避には、アメリカ国内で、トヨタの工場をもつ自治体や議員、そしてたくさんのユーザーたちの支援があったとも言われています。企業は、ピンチのときこそ、その実力が問われるもの、すべての車に名前を冠する「TOYOTA」家の歴史が、プリンスをすくった瞬間でした。

  

世界に冠たるトヨタ自動車ですが、ご存知の通り、ここは「豊田一族」が大きな権限を持つ「同族企業」です。日本には、『オーナー企業』や『同族企業』がたくさんあるなか、さもするとオーナー企業の経営者一族は、「バカ殿と茶坊主」の世界であり、内紛が報道されることも祟ります。

 

そんななか、「世界のトヨタ」の経営者一族は、さぞや素晴らしい生活をし、トヨタ社内で独裁的な権力を持ち、石油王的な生活を想像しがちですが、『豊田一族』の家訓は、「質素倹約」、「現場主義」であり、非常に慎ましやかな、しかも、お高く留まることもなく、庶民と普通に交流しながら生活しています。

 

アメリカがけん引するグローバルスタンダートと正反対な、世襲制度をひく「トヨタ自動車」ですが、マーケットは、章男が率いる豊田家を選びました。

 

会社の金で自家用ジェットを乗り回すアメリカの経営者たちと比べ、トヨタ家の持つ歴史と伝統、そして創業者から受け継ぐ「家訓」(精神性)に、22世紀のスタンダードを感じる家訓二ストでした

 

 「家訓なき」日産の暴走

 ゴーンさんの逮捕劇はまだはじまったばかりです(平成30年12月現在)。事件の進行によっては、無罪になる可能性も十分あります。理由は、複雑な節税スキームは、合法とはいいずらいけど、違法ともいいずらい盲点をつくものだからです。

 

しかし、違法じゃないからといって何でもやって言い訳ではないっという視点もあります。そうしたコンプライアンス、あるいはエビデンスの拠り所となるのが、社訓であり家訓ではないでしょうか?

 

家訓なき日産の暴走。ゴーンさんには、経営者としてでなく、ご家族が著作に示された『ゴーン家の家訓』に立ち戻ることを提案します。正しいことは正しい、悪いことは悪い。そんな人間として当たり前の感覚を大事にすることで、逮捕後から始まるカルロス・ゴーンの栄光歴史の第二章がはじまると確信しています。 

ゴーン家の家訓

 

リタ・ゴーンさん (リタ・ゴーン)

1965年レバノン、ベイルート生まれ。レバノン内戦の戦禍の中で少女時代を過ごし、84年に厳しい奨学生枠試験に合格。仏・リヨン大学薬学部への入学が決まり、初めてフランスを訪れたその日にカルロス・ゴーン氏に出会い、翌年結婚。以後ブラジル、アメリカ、フランス、日本と移りながら、19歳の娘を筆頭に3女1男を育て上げてきた

 

1.過剰な愛情は誰のためにもならない
2.人生にとって大切なのは基本的なしつけ
3.ママのダメは、絶対ダメ
4.妻は夫が父親になれるように手伝う
5.子どもだからと言葉を変えない
6.常に人生のステージの最優先事項を考える
7.学校は学力を伸ばし、公平さを教える場所
8.不正に親は協力して立ち向かう
9.平日は家でテレビを見せない
10.ルールを決めたら、簡単に変更しない
11.学校探しは、引っ越し前にする
12.子どもたちの友だちより、親であれ
13.危機には臨機応変に対応する
14.サインを察知し、ことの是非を自分で考えさせる
15.欠点や弱点を指摘するときは、いい側面をほめる
16.間違いに気づいたら、きちんと謝罪する
17.真実を語るのが人生のよりよい生き方
18.家族にとっていちばん大切なのは団欒と会話
19.ほしいものはタダでは手に入らない
20.子どもは18歳で自由にさせる
21.家族の大きな決定は、必ず夫婦ふたりの同意で
22.夫婦はカップルである
23.妻は夫の応援団長
24.どの国にいても、家族のいる場所が「ホーム」
25.母親が幸せならば、家族全員が幸せである

  

 

「ゴーン家の家訓」と奥様のインタビュー

 

 

(参照:楽天ブックス 著者インタビュー) 

http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/ghosn_r/

 

  

レバノン出身のリタさんが「日本の人にレバノンの味を知ってもらいたい」と2年前にオープンしたレストラン、マイ・レバノンでインタビューは行われました。

 

--今回、『ゴーン家の家訓』を1冊の本にまとめようと思ったきっかけは何でしょう

ひとつは6年間暮らした日本を離れることになったこと、もうひとつは私自身について書くことで、レバノンという国をもっと知ってもらいたいと思ったからです。日本のニュースでレバノンについて取り上げられるのは戦争のことばかりで、どうしてもマイナスのイメージが先行してしまいます。でも、本当はもっと違う側面があるのです。日本に住む間に、私はたくさんのチャンスをもらいましたから、今度は自分が親善大使となり、日本の方たちにレバノンの魅力を伝えられればと考えました。でも、自分のことを語るのは本当に難しい。自分が語る私というのが、他人から見た私の姿と一致するとは限りません。ですから、忠実に事実を伝えて、リタ・ゴーンが何者かという判断も含めて、あとは読んでくれた方にゆだねるつもりでこの本を書きました。

 

--この本の中には25の家訓が紹介されていますが、こうした家族のルールはどのように作り上たのでしょう?

カルロスと私は、いってみれば水と油の夫婦です。目的は同じでも、そこに辿り着くための手段が面白いぐらいに違います。だから喧嘩ばかりですよ(笑)。その違いを調整するために、私はまず自分の意見を伝えます。といっても自分の考えを押し付けるのではなく、彼を理解するために最大限の努力をするのです。相手を理解するには自分自身を知らなければなりません。私は「これはしたくない」ということがはっきりしていますが、やりたくなくてもやらなければならないこともあります。そんな時は自分で理性的に折り合いをつけるわけですが、夫婦や子どもとの間でも、お互いの意見を説明し合う作業は必要ですね。

 

--内戦が続く故郷を離れ、大学進学のためにフランスに到着したわずか数時間後に、運命の人、カルロスさんに出会ったというのは驚きでした

子どもの頃から率直に自分の意見を言うので、母から「こんな娘と結婚したがる人はいない。絶対に売れ残るわよ」といつも言われていたんですよ(笑)。カルロスと出会った当時、彼は31歳で私が19歳。レバノンから出て来たばかりなのに、ものおじもせずに次々と質問する私は、彼がそれまでにつきあったガールフレンドたちとはだいぶ違っていたので、驚いたと同時に興味を持ったのでしょうね。結婚後、私が戦争中であってもレバノンに帰ることに、彼はとても驚いていました。そのうち戦争を怖がって、普通の生活にも慣れて行かなくなるだろうと思っていたようですが、結婚以来、年に1度は必ず行っています。私は戦争の中で育ちましたし、家族も住んでいますから、これは欠かせないことなのです。

 

--「子どもたちの友だちより、親であれ」と家訓にあるように、リタさんの親としての姿勢は非常に厳しいですね。

子どもにとって何が厳しくて、厳しくないかという定義自体が、親によっても違うのかもしれません。アメリカで7年近く暮らしましたが、周りのお母さんたちからは「モンスターママ」だと思われていたみたいです(笑)。アメリカでは夏休みになると、あまり勉強しなくてもよい風潮がありますが、私は休みに関係なく、1年中子どもたちに勉強させていましたから。水泳教室に参加している長女を待ちながら、次女に問題集をやらせていたりするので、かなり奇妙で厳しい母に映ったようです。 -- そこまで厳しくする理由とは? カルロスの仕事の都合で、私たち家族はいつ、どこに引っ越さなければならないかわかりません。子どもたちが引っ越した先の暮らしに馴染むためには、新しい学校で落ちこぼれないことが一番良い方法だと思ったからです。勉強をしっかりやっていればどの国に住んでも、どの学期から入っても、クラスの子たちと同じレベルでやっていけるのだから勉強しなさいと。子どもたちにはいつもそう教えてきました。

 

--子どもたちから反抗されたことはないのですか?

「勉強させるのは私の役目。私は自分の役目を果たしているのだから、あなたたちも自分の仕事をするのよ」と言い続ける私に反抗しても、意味がないとよく知っています(笑)。それに母親の姿勢は変わらないとわかれば、子どもたちは何かしら工夫し始めるものです。ディズニーランドに行きたいなら、その日は勉強時間が取れないから、前の日に2時間余分に勉強しようという風に、「やりたいこと」「やるべきこと」の時間をコントロールする方法を自然に学びますね。

 

--家訓に「ママのダメは、絶対ダメ」とあるように、リタさんの子どもたちに対する態度は厳しいだけでなく、絶対にぶれない気がします。

親の態度がぶれるのは、最もいけないことです。あとは親も正しい目的のために努力しているのだと、子どもたちが理解することが大事です。最近、16歳の次女が学校の先生に「あなたみたいな家庭に育つと甘やかされることも多いのに、なぜ常にベストを尽くして勉強できるの?」と聞かれたことがありました。娘は「自分の本分をやらなければ、本当にやりたいことはできないと母に教えられてきたから」と答えたそうで、この言葉は最高にうれしかったですね(笑)。

 

--6年暮らした日本を離れた今、どのような生活を送っているのですか?

カルロスについてアメリカに行くこともあります。アメリカの大学に通う長女以外の3人の子どもたちがパリの学校に通っているので、パリにいることも多いですね。それからこのお店(マイ・レバノン)の仕事があるので、2ヶ月に1度は日本に来るようにしています。世界はとても広いですが、私はその中を動き回っている感じでしょうか(笑)。

 

--大企業の経営者であるカルロスさんも“コスト・カッター”として有名ですが、無駄なお金を使わないというのもゴーン家の家訓ですか?

コスト・カッター!確かにそう言われていますね(笑)。でも、彼は家庭ではそうでもないんですよ。それにコストカットといっても、質を落とす意味ではありません。削るべきところは削り、あるものから新しい何かを生み出すことは私にとっての挑戦でもあるのです。何か作り上げて自分を表現することの大切さは、子どもたちに教えていることのひとつですね。

 

--リタさんもカルロスさんも、どんな立場になっても前向きに努力する人という印象があるのですが、その原動力はどこから?

レバノンの人たちは人生を謳歌することが大好きなので、「どうしてそこまで頑張るの?お金なら十分にあるのに、なぜ人生を楽しまないの?」と聞かれることもあります。でも努力がなければ、私たちは今のような立場にはなっていなかったのです。とはいえ、カルロスも私も、お金を稼ぐことが最大の関心事だったことはありません。常に自分の壁に挑戦し、何かを築き上げることを目標にする、それが私たちにとって、仕事や家族への情熱の源なのです。

 

--今後はどのような活動をしてみたいですか?

レバノンと日本の交流という意味では、レバノンで焼き鳥屋さんを始めてみたいですね。焼き鳥が大好きなので(笑)。レバノンではブリッジを若者たちに教える学校も始めました。ブリッジは私が人生で出会った最も素晴らしいもののひとつで、決断力など多くのことを学びました。マイ・レバノンの収益は、レバノンの学校の運営にあてています。私はかなり珍しい人生を歩んできました。これだけの人生経験をさせてもらったのですから、社会に対して、自分の経験を役立てながら、何か恩返しをしていくのは私の役目だと思うのです

 日産自動車とは?

 

1911年に設立された日産自動車は、トヨタ自動車に次ぐ国内第2位の自動車メーカーとして日本に大きな存在感を示してきました。

 

 

「日産」という名称は、当時グループの持株会社であった日本産業が由来となっている。 創業期より先進技術の吸収に積極的で、日産自動車は日本フォードや日本ゼネラル・モータースなみの大型乗用車を製造するため、昭和11年にアメリカのグラハム・ペイジから設計図や設備などを購入し、また戦時中の技術的空白を埋めるため、昭和27年にイギリスのオースチンと技術提携しています

 

創業時より技術力の高さから「旗は日の丸、車はダットサン」、「技術の日産」として親しまれ、故障が少なく高速走行を得意としたことで医者の往診に愛用されたことから「医者のダットサン」としても親しまれた

 

売上高  :1048252000万円(20143月期)連結 

営業利益 :         49836500万円 

従業員数  :         142925

   

 

ゴーンさんの逮捕・・・

 

(参照:東洋経済オンライン) 

https://toyokeizai.net/articles/-/251124

  

「ゴーンによる長年にわたる統治の負の側面と認めざるをえない」

 

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の会長(日産のみ当時)を兼務するカルロス・ゴーン氏(64)が11月19日、東京地検特捜部に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された。同日夜に記者会見した日産の西川廣人社長は事件の背景として、20年近く日産のトップに君臨してきたゴーン氏による長期政権の弊害があると言い切った。

 

報酬を約50億円過少記載

特捜部によると、ゴーン氏は日産の代表取締役を務めていたグレッグ・ケリー氏(62)と共謀し、2010〜2014年度の有価証券報告書に、実際にはゴーン氏の報酬が計約99億9800万円だったにもかかわらず、計約49億8700万円だったと約50億円過少に記載した疑いがある。日産はゴーン氏が会社の投資資金や経費を私的に流用するなど「複数の重大な不正行為」もあったとする。

 

内部調査の結果などを受け、日産は11月22日、臨時取締役会を開き、ゴーン氏の会長職を解任し、代表権を外すことを全会一致で決めた。同様にケリー氏の代表権も外された。ただ、2人を取締役職からも外すためには後任の選任も含めて株主総会の決議が必要なため、同社はできるだけ早期に臨時株主総会を開催することを検討している。また、ゴーン氏が代表取締役会長を務める三菱自動車も11月26日夕方、臨時取締役会を開いて、会長職の解任を決める方針だ。

 

資本提携したルノーから日産にゴーン氏が送り込まれたのは1999年。2兆円を超える有利子負債を抱えて経営危機に陥った日産の再建請負人として、経営再建策「日産リバイバルプラン」を策定。村山工場(東京都)など国内5工場の閉鎖や2万1000人の人員削減、部品メーカーとの系列取引廃止など大ナタを振るい、業績のV字回復を成し遂げた。

 

しかし、その実績と強力なリーダーシップによって、日産社内でゴーン氏は徐々に「ワンマン化」していった。2005年には日産株式の44%(当時)を保有するルノーの社長兼CEOにも就任。日仏の大手自動車メーカーのトップを兼務することで、権力集中はますます加速した。西川社長は「(日産の)CEOとして貢献はあった」としつつ、「非常に注意しなければいけない権力構造だったのに、一人に権力が集中しすぎた」と反省の弁を述べた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 ■大人気・家訓ブログが本になりました!

 口コミだけで7,000人以上が共感! “家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、 初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売~叱らない、見守る子育ての極意を教えます~

 

■書籍概要

書籍名: 世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方

著者 : 幡谷哲太郎

発売日: 2015年6月1日

出版社: セルバ出版

価格 : 1,600円+税

URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/4863672063

 

 

 「世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方」絶賛発売中!!

 

口コミだけで7,000人以上が共感! “家訓のスペシャリスト”の幡谷哲太郎氏が、初めての書籍『世界一簡単な「幸せを招く家訓」のつくり方』を発売。本書は、簡単な家訓づくりのコツを教え、それを通じ、家族はもちろん、子供の成長、さらにはお孫さんの代まで、役立てるコツを指南する。

 

目次 : お母さんの悩みを家訓で解決/ 1分で実践できる素敵な習慣―家訓のある家庭の風景/ 身に着けたい正しい習慣/ 究極の育児は夫婦仲で決まる/ 親の背中が一番の教科書/ おばあちゃんの知恵で楽々子育て/ がんばれお父ちゃん/ 大事なことは先祖に学べ!偉人の家訓の勉強会/ 現代に生きる家訓で育った有名人たち/ 創作家訓の紹介―家訓のある風景