鴻池家(江戸時代の豪商)の家訓

 

 

 

 

 

 

 

 

■鴻池(こうのいけ)家とは?

江戸時代に成立した日本の財閥。16世紀末、鴻池家が摂津国鴻池村(現・兵庫県伊丹市鴻池)で清酒の醸造を始めたことにはじまる。その後、一族が大坂に進出して両替商に転じ、鴻池善右衛門家を中心とする同族集団は江戸時代における日本最大の財閥に発展した

 

鴻池家の始祖は鴻池新六(直文)である。家伝では、新六は尼子氏家臣の山中鹿介(幸盛)の子という

 

 

後に、鴻池は海運、酒造から手を引き、金融業と大名貸中心となり、成長を続けた。全国百十藩が鴻池家からの融資を受けていたと言われる。江戸時代にあっては、徳川家はもとより各藩に財務能力が乏しく、民間人である豪商に丸投げする形で財務管理を行った。

 

幕末期には鴻池家の資産は銀五万貫にも達しており、「鴻善ひとたび怒れば天下の諸侯色を失う」とまで言われた。「鴻池の犬」という落語があるが、日本を代表する豪商として徳川期を通じて広く知られ、長く繁栄した。

 

 

大阪の準大手ゼネコン鴻池組は、大侠客として知られた鴻池忠治郎が創業した企業であり、鴻池財閥とは直接の関係がない。鴻池組から分かれた鴻池運輸や、鴻池組の会長・社長が設立した鴻池奨学財団も同様である。参議院議員鴻池祥肇は鴻池忠治郎の弟鴻池藤太郎の孫であり、本人も認めているように江戸期の財閥鴻池家とは結びついていない。

 

 

■鴻池家 家訓

 

人は堪忍を第一とす。

忍の徳たる、万行苦戒もおよべからずと、仏言にものたまえり。

己怒りて人に向へば、人また怒りて己に向ふ。

衣服飲食、行住座臥、万事己が心に任せず、もっともこらえしのぶべし。

ただへりくだり驕らずして、父母の遺体を守るべき事。

 

(意訳)

 人は堪忍を第一にするのがよい。

「忍」が立派な行いであることは、あらゆる修業や苦しい戒めも及ばないとお釈迦様もおっしゃっている。

怒りの心で人に向かえば、人も怒って自分に向かってくる。

日常生活の全ては。なかなか自分の思うようにいかない。だからこそ、たえしのぶ事が大事なのだ。

ただ謙虚で驕ることなく、父母からいただいた体を粗末にしないこと

 

 

■美味しい日本酒が飲めるのは、鴻池さんのおかげ?

 

お酒は、その国の風土をあらわします。たとえば、厳しい自然をもつスコットランドでは、ウィスキーが発明され、またメキシコではサボテンを原料にしたテキーラが、またブドウの収穫にむいた地中海沿岸では紀元前からワインづくりが行われていました。そして、日本にはお米を原料にした「日本酒」が存在します。この日本酒は発酵酒としては世界最高のアルコール度数をほこっています。2014年には、ユネスコによって「和食」が世界文化遺産にも登録され、日本を代表するお酒として、世界各国に輸出され、人気をはくしています。

 

この日本酒の歴史をつくったのが、鴻池家の家祖である新六であったといわれています。

 

鴻池の歴史は山中鹿之助の次男新六が摂津国川辺郡鴻池村に逃れてきたことからはじまります。戦国の時代がおわり、武士を捨て濁り酒の行商を始めたそうです。ちなみに「鴻池」の屋号はこの村の名からとったものです。

 

あるとき商人として成功した新六に恨みをもつ男が商売用の酒樽の中に灰汁(あく)を投げ入れました。翌朝、樽の中を見ると酒はきれいに澄んでいた。灰のおかげで清酒になったのです。これは、灰のもつアルカリが、白濁している酒に作用したもので、基本的な原理は今も踏襲されている大発明となりました。

 

転んでもただではおきない?鴻池家^^

,その後、新六が改良したとされる醸造法(鴻池流)は清酒の大量生産を可能にし、一般に流通する契機となり今に続く、日本酒の文化を今につたえています。

 

 

■明治以後の鴻池家

 

結論から言えば、現在の鴻池家は大阪で資産管理をおこなう会社として存続しています。ただし往時の隆盛とは比べようにもありません。

 

これは、明治維新の際、他の豪商とくらべ、明治以後、政商に徹しなかったからだと言われています。住友・三井はもとより、新興財閥・三菱が飛躍的に発展したのは、土佐出身岩崎弥太郎が癒着で着々と地盤を固め多角的に事業を拡大していったことが背景にあります。

 

他の三井・住友・安田など同様政府払い下げの鉱山の利権獲得など、或いは戦争とともに肥大化していくことなります。一方鴻池、近代的な総合大財閥に発展しなかったのは、政商的運動を展開せず、事業の手を広げず堅実性、あるいは古い伝統に拘束されていたことが要因ともいわれています

 

明治時代の癒着や、賄賂のレベルは、現代の法規でいえば、完全にアウト(*_*)

 

そもそも、江戸時代の方が、商いに道徳があったともいわれ、公の意識が高かったというのが定説です。明治期の政治家の汚職は桁違いのレベルで、豪商が保有していた鉱山を圧力で国有化し、さらにその鉱山を財閥に売り飛ばし売却益は懐にいれてしまっています。100億とも1000億ともいえる収賄でしたが、本人が罰せられることも、鉱山をかった財閥も罰せられることはありませんでした・・・

 

やったもんの勝ちという無政府状態のなかで、鴻池家は出遅れることとなりましたが、そこには江戸時代への郷愁と、徳川家へのリスペクトがあったのではないでしょうか?

 

清酒の製造からはじまり、以後、鴻池は稼ぎに稼いで全国に名だたる豪商になりました。やがて両替商に転出→三和銀行→三菱UFJへと、鴻池の遺した遺伝子は、少なからず今の経済界に影響を与えています。鴻池系の金融機関は、老舗の伝統にのっとり、堅実経営の色合いが濃厚といわれています。

 

現在では、他の財閥の子孫なども、直接経営にタッチすることもないようでしたが、鴻池家を筆頭に、多くの足跡を現代にみることができます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■両替商とは?

 

(参照:まなぼうMAN@BOW) 

http://manabow.com/zatsugaku/column09/2.html

 

  江戸時代は、モノによって代金を「金貨で払うもの」、「銀貨で払うもの」、「銅貨で払うもの」に分かれていました。

 

また、高額な取引の場合、関東エリアでは「金」を、関西エリアでは「銀」を使う独特の風習("関東の金遣い、関西の銀遣い")もありました。 さらに、金・銀・銅ではそれぞれ単位も呼び名も違っていましたし、いくらの金貨といくらの銀貨を交換するのかという相場も頻繁に変わっていたので、買い物のときは計算が大変でした。

 

そこで発達したのが「両替商(りょうがえしょう)」でした。 両替商とは文字通り、金・銀・銅の交換を専門とする商人ですが、経済活動が活発化するにしたがって巨大な富を得るようになり、単なる両替だけではなく、人々からお金を預かったり、貸し付けたり、遠く離れた土地へ送金をしたりするなど、今の銀行のような役割を果たしていました。

 

特に有名な両替商には鴻池(こうのいけ)、三井、住友があります。このうち三井・住友はそれぞれ現在の大手銀行グループへと発展していくことになります。 江戸時代につくられた貨幣は、大変質が高かったと言われていますが、江戸幕府の財政が苦しくなり、貨幣の材料となる金属が不足するようになると、金や銀の質を落とした貨幣がつくられるようになりました。

 

しかし、国の経済規模をはるかに上回るほどのお金を発行してしまうと、物価がどんどん上がる現象(インフレーション)が起こります。日本の江戸時代も同様で、質を落とした貨幣を次々と発行した結果、幕末期にはインフレが発生。当時の人々の生活をたいそう苦しめたといいます。

 

 

■商人の屍(しかばね)の上に成った明治維新

 

 (参照:金貸しは国家を相手に金を貸す) 

http://www.kanekashi.com/blog/2008/08/618.html

 

明治4年5月、新通貨「円」が誕生しました。

(1両=)1円=1ドル、長きにわたり流通していた金貨(両)は廃止され、外貨と交換するのは明治政府が発行する円だけになりました。ドルと交換できる通貨を作ったのです。

 

その2ヵ月後、明治4年7月、新政府は「廃藩置県」を断行します。

これは薩長の首脳7人(木戸孝允、井上馨、山縣有朋、西郷隆盛、大久保利通、大山巌、西郷従道)で秘密裏に練られてきた政策です。

 

領土領民を奪われるという突然の事態にも、ほとんどの大名たちはスンナリ従います。

なぜなら、幕末に膨れ上がっていた債務で各藩は破産の危機に直面していました。

大手両替商は貸し渋りするし、藩札の取付け騒ぎが起こるわ、外国商人の借金取立てが厳しい。消費階級のトップだった「殿様」はまさに「借金王」となっていたのです。

 

そこへ大蔵省が「藩札と外国商の借金を引き受ける」としたのだから抵抗する道理はありません。

そして「大名貸し(藩債)」については・・・

 

明治6年に定められた藩債引き受けの細則では

1843年以前の債務を帳消し。

1844〜1867年の債務は無利子50年賦、

1868〜1872年(明治元年以降の5年間)の債務は4分利子25年公債で償還。

 

となりました。

藩債のほとんどが1843年以前から積上げられていたもので、それがすべて貸し倒れとなります。特に新政府の中枢になった薩摩、土佐藩の債務は莫大なものでした。それが「無かったこと」になったのです。藩のカネを使いまくった(私用に流用した)藩首脳ほど、食い逃げして儲かる結果になりました。

 

さて、多額の「大名貸し」をしていた大坂の両替商にとっては最悪の事態です。

明治元年の「銀目停止(ぎんめちょうじ)」(関西で流通していた銀貨の取引停止)でも打撃を受けていた大坂の両替商はこれで息の根を止められます。

 

大手両替商の天王寺屋、加島屋、平野屋、升屋、炭屋、茨木屋、泉屋らが一斉に倒産しました。

この「銀目停止→新通貨移行→藩債帳消し」の政令によって、大阪は日本経済の頂点から転落。日本中のカネ(円)を中央政府に集中させ、政府首脳が食い物にする基盤が出来上がります。

 

新政府にとって、大阪に大資本が集中する構造はなんとしても転換しなければならない課題だったのでしょう。

一方で、徳川時代に外国貿易の担い手となった藩営事業(生糸輸出など。前橋藩や上田藩他)や各藩の所有船舶もすべて政府に取り上げられることになります。これがそのまま「政商」三井の手に渡るよう画策したのが日本国郵便蒸気船事業です。

 

経済学的な捉え方をすると、太閤検地から延々と続いた米本位制が崩壊したということになり、「土地経済」から「貨幣経済」へ移行しました。

 

その意味で近代の自由経済市場はここから始まったという言い方も間違いではありません。しかしそれは支配者が邪魔者をつぶして市場を独占する奸計を成し遂げたということに他ならないのです。

 

結局、詐欺まがいの徳政令により商人が持っていた債権を紙くずにして大阪商人を潰し、新通貨を中央政府の特権階級のもとに集中させる仕組みをつくる。

つまり大阪に集まっていた富を中央政府に集める策略を正当化する政策が「廃藩置県」だったということです。

現在の世界経済事情もこの「廃藩置県」前夜とよく似た情勢になっているのではないでしょうか?そう考えると背筋が凍る思いが・・・

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    西口須現惠 (水曜日, 10 5月 2017 08:22)

    私は旧姓大眉と申します。朝の連続ドラマの「朝がきた」を見て何故大眉の先祖が没落したのか?がわかりましたが、なおいっそう府に落ちました。ありがとうございました。

  • #2

    巨根カプセル:http://akanpo.net/product/50.html (月曜日, 05 2月 2018 18:17)

    五夜神:http://www.xn--dlqq0x36z.com/
    威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html
    巨人倍増:http://www.xn--gmq15an1qquf7nnhnq.net/
    巨人倍増:http://www.akanpo.net/product/36.html
    蟻力神:http://www.akanpo.net/product/154.html
    黒倍王:http://www.akanpo.net/product/85.html
    中華牛鞭:http://www.akanpo.net/product/134.html
    RU486:http://www.akanpo.net/product/232.html
    頂点3000:http://akanpo.net/product/462.html
    巨根カプセル:http://akanpo.net/product/50.html
    蟻力神(第五代):http://www.akanpo.net/product/86.html
    妻之友:http://www.akanpo.net/product/390.html
    五夜神生精片:http://akanpo.net/product/624.html
    MaxMan:http://www.akanpo.net/product/246.html
    中華牛鞭:http://www.xn--fiqx59fy7lwts.net/
    中華牛宝:http://www.akanpo.net/product/591.html
    夜狼神(やろうしん):http://www.akanpo.net/product/570.html
    天然山羊の眼:http://www.akanpo.net/product/349.html
    (妻之友)外用避妊薬:http://www.akanpo.net/product/390.html
    M6生精片:http://www.akanpo.net/product/685.html
    福潤宝:http://www.akanpo.net/product/678.html

    紅蜘蛛:http://紅蜘蛛.akanpo.net/
    勃動力三體牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
    妊娠中絶薬:http://www.xn--fiqs66igff.net/
    三体牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
    中絶薬:http://www.xn--fiqs66igff.net/
    D8催情剤:http://www.akanpo.net/product/81.html
    SPANISCHE FLIEGE D5(催情剤):http://www.akanpo.net/product/113.html
    蒼蝿水FLY D5(原液):http://www.akanpo.net/product/103.html
    SPANISCHE FLIEGE D9:http://www.akanpo.net/product/124.html
    SPANISCHE FLIEGE( D6):http://www.akanpo.net/product/125.html
    D8催情剤:http://www.akanpo.net/product/81.html
    vegetal vigia 植物偉哥:http://www.akanpo.net/product/62.html
    威哥王:http://www.akanpo.net/
    紅蜘蛛:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/
    威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html
    三體牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
    三體牛鞭:http://www.akanpo.net/product/91.html
    999神油 女性用:http://www.akanpo.net/product/684.html

    男根増長素:http://www.akanpo.net/product/446.html
    壮根精華素:http://www.akanpo.net/product/37.html
    速硬100持久丸:http://www.akanpo.net/product/634.html
    狼一号:http://www.akanpo.net/product/92.html
    狼1号:http://www.akanpo.net/product/92.html
    D10催情剤:http://www.akanpo.net/product/315.html
    蔵八宝(くらはちほう):http://www.akanpo.net/product/449.html
    同仁堂牛黄清心丸:http://akanpo.net/product/286.html
    999皮炎平:http://akanpo.net/product/345.html
    五夜神:http://www.xn--dlqq0x36z.com/
    鹿茸腎宝:http://www.akanpo.net/product/195.html
    蔵秘雄精:http://www.akanpo.net/product/571.html
    SEX&ON(性1号)催淫剤正規品100%保証:http://www.akanpo.net/product/494.html
    五夜神:http://www.xn--dlqq0x36z.com/
    ホーニージェル狂潮嬌娃:http://www.akanpo.net/product/664.html
    縮陰膏 超級潤滑剤:http://www.akanpo.net/product/116.html
    新倍柔情高級人体 潤滑剤:http://www.akanpo.net/product/356.html
    新k-yゼリー潤滑剤(媚薬):http://www.akanpo.net/product/322.html
    人の助 媚薬:http://www.akanpo.net/product/608.html
    (外用-)愛妻楽:http://www.akanpo.net/product/350.html
    セックスドロップ(sex drops):http://www.akanpo.net/product/100.html
    ARDOUR(持久熱情粉)催淫剤正規品:http://www.akanpo.net/product/499.html
    蒼蝿粉(INVERMA 粉剤媚薬):http://www.akanpo.net/product/105.html
    米国金根:http://akanpo.net/product/689.html
    MACA:http://akanpo.net/product/690.html
    回春堂海狗王:http://akanpo.net/product/691.html
    速勃100:http://www.akanpo.net/product/688.html
    A9生精片:http://www.akanpo.net/product/686.html
    Muira.PuamaII(魔鬼天使):http://www.akanpo.net/product/120.html
    魔鬼天使性欲粉(Muira Puama)強力催情:http://www.akanpo.net/product/112.html
    D10媚薬:http://www.akanpo.net/product/315.html
    大印象減肥茶:http://www.akanpo.net/product/10.html

    三葉---減肥茶:http://www.akanpo.net/product/410.html
    碧生源減肥茶:http://www.akanpo.net/product/574.html
    催淫薬:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
    威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html
    巨人倍増:http://www.akanpo.net/product/36.html
    催淫剤:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/

    五夜神:http://www.xn--dlqq0x36z.com/
    蟻力神:http://www.xn--tfry51gvxj8qe33e.com/
    壮根精華素:http://www.akanpo.net/product/130.html
    中華牛鞭:http://www.xn--fiqx59fy7lwts.net/
    女性用精力剤:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
    女性用媚薬:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
    女性媚薬:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/

    紅蜘蛛.akanpo.net