水戸徳川家の家訓 徳川光圀と斉昭

 

   

■水戸徳川家 家訓

 

「水戸家はどんな状況になっても、朝廷に対して弓を引くようなことはしてはいけない。これは光圀公以来の代々受け継がれて来た教えであるから、絶対におろそかにしたり、忘れてはいけないものである。もしもの時のためにお前に言っておく。」

※徳川斉昭(父)から、慶喜に渡された家訓

 

徳川光圀 

生誕:寛永5年6月10日(1628年7月11日)

死没:元禄13年12月6日(1701年1月14日)

 

水戸藩初代藩主・徳川頼房の三男。徳川家康の孫に当たる。儒学を奨励し、彰考館を設けて『大日本史』を編纂し、水戸学の基礎をつくった。

 

 

■徳川光圀とは?  

 若き日は「かぶき者」

水戸黄門こと徳川光圀は寛永5(1628)年6月10日に、初代水戸藩主徳川頼房の三番目の子として誕生しました。三番目の子ですから普通は家を継ぐことはないのですが、光圀の場合は六歳の時、兄の頼重を差し置いて嗣子と定められます。非常な秀才を発揮したためと記録されているものの、六歳の子が兄を超えて嗣子と定められることはかなりの異常事態とも言え、そのはっきりした理由は分かりません。また、その後光圀は頼重の子を自らの養子とし、後を継がせることで水戸の血筋を兄へと返しています。 嗣子とされた光圀でしたが、十代の頃には「かぶき者」として鳴らしたと伝えられます。「かぶき者」とは奇抜な服装や行動を好む人のことを言い、今で言えば光圀は「ぐれていた」ということでしょうか。正義の味方・黄門様がぐれていたというのはなかなか衝撃的です。お世継ぎとしてのプレッシャーもあったのかもしれません。 ところが、ぐれていた光圀を一変させる出来事が起こります。中国の歴史書『史記』との出会いです。この『史記』中の「伯夷伝」に感銘を受け、以後勉学に励むようになるのです。多くの学者を招いて学問を教わったり、当時一流の大学者であった林羅山とも交友を持ちました。ここから光圀は「名君」への道を歩み始めるのです。

 

藩をあげての大事業
学問に目覚めた光圀は特に歴史をテーマにした書物を数多く編纂しました。中でも名高いのが『大日本史』。明暦3(1657)年に江戸に支局を開設し、これを後に彰考館と名付けて編纂を行いました。『大日本史』は光圀が生きている間には完成せず、水戸藩をあげての大事業としてその死後も編纂が継続されました。江戸の中期ごろには大体の形が出来上がるのですが、それでも手が加え続けられ、結局全てが完成したのは1906(明治39)年。もちろん江戸幕府も水戸藩も存在していませんから、のん気な話と言えばのん気な話でした。 しかし、この250年にもおよぶ大事業は、尊王思想や国家思想を尊ぶ水戸学と呼ばれる学風を形成しました。この水戸学は幕末の尊王攘夷思想にも大きな影響を与えました。桜田門外の変や天狗党の乱など、維新の動乱期には水戸藩と藩出身者が多く登場します。光圀の思想・事業が遠く時を超えて人々を動かしたとすれば、歴史のつながりというものに思いを馳せずにはいられません。 ちなみに、彰考館には数多くの学者が集められ、『大日本史』の編纂が行われていましたが、彼らの中に安積澹泊、佐々十竹という学者がいました。二人とも彰考館の総裁までつとめた優秀な学者であったのですが、澹泊はまたの名を覚兵衛、十竹はまたの名を介三郎といいます。そう、覚さんと介さんです。この二人、字こそ違っていますが、あの助さん格さんのモデルと言われています。

 

名君・徳川光圀

光圀は歴史事業のみならず、藩政の充実にも尽力しました。経済政策から福祉、軍事まで光圀が着手した分野は数多くあります。中には効果をあげられなかった政策もありましたが、光圀の施策がスタート直後の水戸藩の体制を整えたのは間違いないことで、民衆の支持も勝ち取りました。やがて光圀は兄の子・綱条(つなえだ)に家督を譲り、藩主の座を降ります。 政治や学問以外のことでも、光圀に関するエピソードがいくつか残っています。「貧乏で困っている百姓に薬や食べ物を与えた」など、光圀の人格者ぶりを伝えたものも数多く、真偽のほどは別として、こうしたエピソードが名君としての光圀像を形づくる助けとなりました。 「水戸黄門」のお話が「水戸黄門漫遊記」として成立したのは明治の終りごろ、大阪の講談界においてと言われています。光圀が実際に日本全国を歩き回ったことはないようですが、『大日本史』の資料収集のために関東近辺を旅行したことはあったようです。その業績やエピソードが後世においてミックスされ、現在まで愛される時代劇の大ヒーロー「水戸黄門」誕生へとつながったのです

 

  

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳川斉昭(とくがわ なりあき)

生誕:寛政12年3月11日(1800年4月4日)

死没:万延元年8月15日(1860年9月29日)

 

江戸代後期の大名(親藩)。常陸水戸藩の第9代藩主。江戸幕府第15代(最後)の将軍・徳川慶喜の実父である

 

■徳川斉昭とは?  

水戸藩では、光圀が編纂した『大日本史』に始まる「水戸学」が学ばれていました。幼少期から非常に優秀だったという斉昭公は「水戸学」を学び、強烈な尊王思想を持つようになります。

当時、常陸国(茨城県)に外国船が多数見られるようになり、文政7年(1824年)にはイギリス船が水や食料を求めて上陸する事件が起き、“尊王”思想と相まって、“尊王攘夷”思想へと展開していくことになります。

 

藩主に就任後は、会沢正志斎(せいしさい)や藤田東湖(とうこ)をはじめとした改革派の家臣と共に藩政改革を行っていきました。下級武士の登用や新田開発、殖産興業などを推し進め、藩校「弘道館」を開校し、農村部には郷校を開いて次世代の教育にも努めます。

(水戸市に残る「弘道館」は国の特別史跡で、正庁や正門、至善堂は国の重要文化財となり、2015年には日本遺産に認定されました)

  

また、「攘夷!開国反対!」と言っている割に海外のものにはとても興味があったらしく、蘭学者を登用して西洋砲術を取り入れて軍制改革を行っています。 幕府に対しても海防のための蝦夷地開拓や大船の建設許可を提案して改革を迫ったそうです。ちなみに、日の丸の旗は、国際法にのっとり国旗をきめる際、斉昭、島津斉彬の推挙で決定されています。

 

斉昭は、さらなる幕政改革のため息子、慶喜をおしたてていきますが、一橋派は敗れて、徳川慶福が跡取りに決まりました。

そして、井伊直弼は大老に就任し、勅許を待たずに「日米修好通商条約」に調印し、直弼に激怒した斉昭さんは江戸城に乗り込むのですが、無断登城の罪で直弼から謹慎処分を下され、事実上の政界引退を突きつけられてしまいました。

 

さらに、 天皇の力をかりて改革をすすめる「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」 (※幕府を無視して水戸藩へ下された勅命)を得て起死回生の一手をはかるものの、 この一件で、直弼はさらに激怒し、斉昭公は水戸で永蟄居(死ぬまで謹慎)を命じられ失意の中で生涯をおえていきます。(「安政の大獄」)

 

しかし時代は、斉昭の死後、一橋家の養子となっていた慶喜が将軍となり、さらに大きなうねりを迎えていくのです

 

 

■水戸学とは

 

水戸藩では、光圀が編纂した『大日本史』に始まる「水戸学」が学ばれていました。幼少期から非常に優秀だったという斉昭公は「水戸学」を学び、強烈な尊王思想を持つようになります。

当時、常陸国(茨城県)に外国船が多数見られるようになり、文政7年(1824年)にはイギリス船が水や食料を求めて上陸する事件が起き、“尊王”思想と相まって、“尊王攘夷”思想へと展開していくことになります。

 

藩主に就任後は、会沢正志斎(せいしさい)や藤田東湖(とうこ)をはじめとした改革派の家臣と共に藩政改革を行っていきました。下級武士の登用や新田開発、殖産興業などを推し進め、藩校「弘道館」を開校し、農村部には郷校を開いて次世代の教育にも努めます。

(水戸市に残る「弘道館」は国の特別史跡で、正庁や正門、至善堂は国の重要文化財となり、2015年には日本遺産に認定されました)

  

また、「攘夷!開国反対!」と言っている割に海外のものにはとても興味があったらしく、蘭学者を登用して西洋砲術を取り入れて軍制改革を行っています。 幕府に対しても海防のための蝦夷地開拓や大船の建設許可を提案して改革を迫ったそうです。ちなみに、日の丸の旗は、国際法にのっとり国旗をきめる際、斉昭、島津斉彬の推挙で決定されています。

 

斉昭は、さらなる幕政改革のため息子、慶喜をおしたてていきますが、一橋派は敗れて、徳川慶福が跡取りに決まりました。

そして、井伊直弼は大老に就任し、勅許を待たずに「日米修好通商条約」に調印し、直弼に激怒した斉昭さんは江戸城に乗り込むのですが、無断登城の罪で直弼から謹慎処分を下され、事実上の政界引退を突きつけられてしまいました。

 

さらに、 天皇の力をかりて改革をすすめる「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」 (※幕府を無視して水戸藩へ下された勅命)を得て起死回生の一手をはかるものの、 この一件で、直弼はさらに激怒し、斉昭公は水戸で永蟄居(死ぬまで謹慎)を命じられ失意の中で生涯をおえていきます。(「安政の大獄」)

 

しかし時代は、斉昭の死後、一橋家の養子となっていた慶喜が将軍となり、さらに大きなうねりを迎えていくのです

 

 ■水戸徳川家とは?

水戸徳川家は、家康十男・徳川頼房を初代として始まります。一般に御三家といわれ、尾張、紀州と共に、将軍家を補佐する役目として設置されたといわれています。

 

二代目藩主となった光圀公は名君として誉れがたかく、のちに浪曲となり「水戸黄門漫遊記」として全国で人気を博しました。

光圀公は藩内で数々の実績をあげる一方、日本には歴史を現した史書がないことをなげき、「大日本史」編纂に着手します。この編纂は、250年に渡って続けられ、全巻が完成したのはなんと明治時代。そしてその過程で、日本中の学者や文献が水戸に集うこととなり、「水戸学」といわれた一派を形成していきました。

 

この「水戸学」の根本は、万世一系の天皇家の歴史を明らかにするものであり、また江戸時代のテキストともいえる「朱子学」ともあいなり幕末には「尊王攘夷」の旗頭になっていきます。藤田東湖や会沢のもとには、全国の志士が集い、とくに西郷隆盛や、吉田松陰は、水戸学に傾注していたといわれています。

 

しかし、実学を重んじる水戸学は、一部の藩士の暴走をうみ、安政の大獄への反感もあって、当時の大老、井伊を殺害します。俗にいう「桜田門外の変」です。その後、歴史はおおきなうねりを迎え、斉昭の子、徳川慶喜が将軍職となるころには、水戸藩内は、路線対立が顕著となり、内戦状態に陥ります。明治維新、そして新政府内に大きな影響を与えることもなく、歴史のなかの役割をおえました。

 

水戸が魁(さきがけ)と言われるのは、こうした歴史の端をひらいた功績からです。

司馬遼太郎は、桜田門外の変を「テロは、歴史をかえないが、唯一桜田門外の変だけは、歴史をかえたテロとなった」っと語っています。

 

■水戸徳川家の家訓を考える

天下人となった家康は、ある密命を10男の頼房に託していたともいわれ、それが水戸藩の家訓になっていた考えられます。その密命とは、天皇家への尊崇の立場です。

 

これは一種の保険とも考えられます。つまり、家康はあっけなく滅びた豊臣家の二の舞を踏まないよう、天下騒乱が起こることを想定し、子孫の中に、将軍ではなく、天皇を尊ぶ家をつくりました。そして家訓を守らせる他に、水戸家からは決して、将軍を出さないように、つけ加えていたとも言われています。

 

親藩でありながらも、光圀公や、斉昭公のように将軍家に意見する独特の立場はこうして形成されていきました。

 

この家訓は名文化されませんでしたが、のちに最後の将軍になる水戸家出身の慶喜公の証言や、代々正室を京都の公家より迎いれてきた事実でも証明できます。水戸徳川家の幕末期の血統をみれば、有栖川家をはじめ有力な公家と婚姻関係があり、慶喜自身、将軍家より公家に近親者が多かったのです。

 

200年以上さかのぼっても家康につながらない血筋より、天皇家に近い将軍、それが慶喜の特異性です。そして、慶喜には父、斉昭から口伝で授けられた家訓がありました。明治期に遺された証言では、こんなやりとりが記録されています。

 

斉昭:「水戸家はどんな状況になっても、朝廷に対して弓を引くようなことはしてはいけない。これは光圀公以来の代々受け継がれて来た教えであるから、絶対におろそかにしたり、忘れてはいけないものである」

 

歴史の皮肉は、天皇を第一に考える慶喜が、将軍になった点です。

 

幕威回復の期待を一身に背負い鳴物入りで将軍位に就くと、「権現様の再来」とまでその英明を称えられた。慶喜の英明は倒幕派にも知れ渡っており、特に長州藩の桂小五郎は「一橋慶喜の胆略はあなどれない。家康の再来をみるようだ」と警戒されていました。

 

しかし、尊皇を一義に考える慶喜公は、錦の御旗をかかげる新政府側と、全面対決することなく、270年に渡る徳川幕府を終演させました。鳥羽・伏見の戦い後の「敵前逃亡」など惰弱なイメージがあったが、大政奉還後に新たな近代的政治体制を築こうとしたことなどが近年クローズアップされ、加えて大河ドラマの放送などもあり、再評価する動きもみられます。

 

家康がのこした密命は、半分は当たり、半分は外れました。

天皇家を第一に考えた水戸家によって、徳川家はかろうじて生き残り、そして、将軍にしてはいけない水戸家を将軍にすえたことで、幕府の政治は終焉したのです。

 

勝ち戦よりも、負け戦の締めくくりの方が100倍難しいもの。

家康の再来と言われた慶喜だったからこそ、300年の歴史に終止符を打てたのではないでしょうか?明治というまぶしい時代をつくった陰には、偉大な敗者、慶喜がいたことを忘れてはいけません。

 

■水戸家の家訓(転載)  

常磐神社HPより

http://www.komonsan.jp/kura/post_57.html

 

 

明治34年の頃、私、渋沢栄一(しぶさわえいいち)が大磯から帰る汽車の中で、伊藤博文(いとうひろふみ)公爵と出会ったとき、伊藤公爵が次のような話をされました

 

「渋沢さんはいつも徳川慶喜(とくがわよしのぶ)公を誉めたたえておられますが、私は立派な大名の一人くらいに思っておりましたが、今はじめて慶喜公という方は普通の人でない非常に優れた立派な方であると言うことを知りました」と話されました。

伊藤公は、なかなか人を信用し認めない方であるのに、いまこのように話されるのは、と疑問に思ったので、なぜですか?とたずねました所、

「一昨夜、有栖川宮家で、スペインの王族の方を迎えて晩餐会があり、慶喜公も私も相客に招かれ、宴会が終わってお客が帰られた後、私は慶喜公に「維新のはじめに貴方が尊王というものを大事に考えられたのは、どのような動機からですか?」

とたずねたところ、

 

慶喜公は迷惑そうに

「自分はただ昔からの家の教えを守ったに過ぎません。ご承知のように水戸は義公の時代から皇室を尊ぶということをすべての基準にしてまいりました。私の父、斉昭も同様の志しを貫いておりまして、常々の教えも、我らは三家(水戸藩・尾張藩・紀伊藩)三卿(田安家・一橋家・清水家)の一つとして、幕府をお助けすることは勿論でありますが、これから後、朝廷と徳川本家との間で争いが起きて、戦争でもするような大変なことにもならないとも限らないが、そのような場合には、水戸家はどんな状況になっても、朝廷に対して弓を引くようなことはしてはいけない。これは光圀公以来の代々受け継がれて来た教えであるから、絶対におろそかにしたり、忘れてはいけないものである。もしもの時のためにお前に言っておく。

と教えられてきました。しかし、幼いときは、それほど大事な事とは考えていませんでしたが、二十に成り、(安政4年・1857)小石川の水戸家の屋敷に参りましたとき、父、斉昭は姿勢を正して、現在は黒船が来たりして大変な時代に成っている。この後、世の中はどのように変わって行くか分からない、お前も20歳になったのであるから、先祖から代々教え継がれて来た水戸家の家訓を忘れるではないぞ。と言われました。この言葉がいつも心に刻まれていましたので、ただそれに従ったまででございます」

 

と慶喜公は答えられました。

本当に奥ゆかしい答えではありませんか。慶喜公は本当に偉大な方です。と伊藤公が言われました。私は後に慶喜公にお会いした 時に、このことを尋ねましたら、そのような事があったなあとおっしゃいました。

 

(渋沢栄一著、徳川慶喜公伝・第4巻から。現代文に訳)

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    頂点3000:http://www.hikanpou.com/product/CROWN3000.html (月曜日, 05 2月 2018 18:22)

    hi漢方:http://www.hikanpou.com
    蟻力神(第五代):http://www.hikanpou.com/product/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5%9E.html
    三體牛鞭:http://www.hikanpou.com/product/%E4%B8%89%E4%BD%93%E7%89%9B%E9%9E%AD.html
    狼1号:http://www.hikanpou.com/product/%E7%8B%BC1%E5%8F%B7.html
    狼一号:http://www.hikanpou.com/product/狼1号.html
    三体牛鞭:http://www.hikanpou.com/product/三体牛鞭.html
    D10媚薬:http://www.hikanpou.com/product/D10.html
    D10催情剤:http://www.hikanpou.com/product/D10.html
    威哥王:http://www.hikanpou.com/product/威哥王.html
    巨人倍増:http://www.hikanpou.com/product/巨人倍増.html
    中絶薬:http://www.hikanpou.com/product/中絶薬RU486.html
    RU486:http://www.hikanpou.com/product/RU486.html
    妖姫:http://www.hikanpou.com/product/youhi.html
    紅蜘蛛:http://www.hikanpou.com/product/紅蜘蛛.html
    三體牛鞭:http://www.hikanpou.com/product/三体牛鞭.html
    五夜神生精片:http://www.hikanpou.com/product/wuyeshengjing.html
    巨根カプセル:http://www.hikanpou.com/product/%E5%B7%A8%E6%A0%B9.html
    壮根精華素:http://www.hikanpou.com/product/%E5%A3%AE%E6%A0%B9.html
    超強黒倍王:http://www.hikanpou.com/product/%E9%BB%92%E5%80%8D%E7%8E%8B.html
    バイアグラ:http://www.hikanpou.com/product/weigw.html
    SEX&ON(性1号)女性用媚薬/催淫:http://www.hikanpou.com/product/xingyihao.html
    SPANISCHE FLIEGED6:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGE-D6.html
    蒼蝿水(FLY D5原液):http://www.hikanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E6%B0%B4.html
    SPANISCHE FLIEGE D6II:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED6.html
    Spanish sex drops D8:http://www.hikanpou.com/product/SpanishFliegeD8.html
    SPANISCHE FLIEGE D9:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED9.html
    SPANISCHE FLIEGE D5:http://www.hikanpou.com/product/SPANISCHEFLIEGED5.html


    ホーニージェル狂潮嬌娃:http://www.hikanpou.com/product/kuangchaoaowa.html
    五夜神生精片:http://www.hikanpou.com/product/wuyeshengjing.html
    速勃100:http://www.hikanpou.com/product/hayabotu.html
    蔵八宝(くらはちほう):http://www.hikanpou.com/product/%E8%94%B5%E5%85%AB%E5%AE%9D.html
    植物偉哥 vegetal vigia:http://www.hikanpou.com/product/%E8%B6%85%E7%B4%9A%E5%81%89%E5%93%A5.html
    五夜神生精片:http://www.hikanpou.com/product/wuyeshengjing.html
    夜狼神(やろうしん):http://www.hikanpou.com/product/yelangshen.html
    虫草鹿鞭:http://www.hikanpou.com/product/%E8%99%AB%E8%8D%89%E9%B9%BF%E9%9E%AD%E5%AF%B6.html
    魔鬼天使Muira.PuamaII:http://www.hikanpou.com/product/moguitianshiMuiraPu.html
    魔根金虫草:http://www.hikanpou.com/product/%E9%AD%94%E6%A0%B9.html
    魔鬼天使性欲粉(Muira Puama):http://www.hikanpou.com/product/%E9%AD%94%E9%AC%BC%E5%A4%A9%E4%BD%BF.html
    999神油 女性用:http://www.hikanpou.com/product/999shengyounvxingyong.html
    A9生精片:http://www.hikanpou.com/product/a9shengjinpian.html
    M6生精片:http://www.hikanpou.com/product/m6shengjingpian.html
    鹿茸腎宝:http://www.hikanpou.com/product/%E9%B9%BF%E8%8C%B8%E8%85%8E%E5%AE%9D.html
    米国金根:http://www.hikanpou.com/product/beikokukingne.html
    新倍柔情高級人体潤滑剤:http://www.hikanpou.com/product/%E5%80%8D%E6%9F%94%E6%83%85.html
    縮陰膏(超級潤滑剤):http://www.hikanpou.com/product/%E7%B8%AE%E9%99%B0%E8%86%8F.html
    k-yジェリー潤滑剤:http://www.hikanpou.com/product/K-YJelly.html
    天然山羊の眼:http://www.hikanpou.com/product/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E5%B1%B1%E7%BE%8A%E3%81%AE%E7%9C%BC.html
    人の助 媚薬:http://www.hikanpou.com/product/hitonosuke.html
    妻之友外用避妊薬:http://www.hikanpou.com/product/%E5%A6%BB%E4%B9%8B%E5%8F%8B.html
    セックスドロップ ドイツ(SEX DROPS):http://www.hikanpou.com/product/SEXDROPS5.html
    ARDOUR(持久熱情粉)媚薬:http://www.hikanpou.com/product/chijiu.html
    蒼蝿粉 INVERMA 粉剤媚薬:http://www.hikanpou.com/product/%E8%92%BC%E8%9D%BF%E7%B2%89.html

    MaxMan(MMCII代)ペニス増大:http://www.hikanpou.com/product/MaxMan.html
    蔵秘雄精:http://www.hikanpou.com/product/%E8%94%B5%E7%A7%98%E9%9B%84%E7%B2%BE.html
    MACA:http://www.hikanpou.com/product/MACA.html
    回春堂海狗王:http://www.hikanpou.com/product/hchaigouwang.html
    福潤宝カプセル:http://www.hikanpou.com/product/furuibao.html
    頂点3000:http://www.hikanpou.com/product/CROWN3000.html
    花痴:http://www.hikanpou.com/product/花痴.html