【論語とソロバン】

明治時代500もの会社を設立し、日本の資本主義の父といわれた渋沢栄一。その講演録をまとめた「論語とソロバン」は、ベストセラーとなり、いまもなお名著として多くの経営者を導いています。

 

渋沢がいきた明治期に活躍した経営者たちと、その家訓。そして、家訓ニストがお送りする平成の「論語とソロバン」、「どうして一流の経営者は靴をそろえるのか?」を紹介します

 

渋沢と明治期の経営者たち

渋沢 栄一       500社をこえる会社を創業。著作「論語とソロバン」

大倉財閥の家訓    渋沢の盟友。ともに多くの会社を設立

安田 善次郎      安田財閥の祖。陰徳の経営者と

大原 孫三郎       クラボーの創業者、美術館も有名 

岩崎弥太郎と三菱財閥 渋沢のライバルにして、三菱財閥の創始者

 

  

スペシャル―①

論語と算盤(そろばん)   渋沢栄一の著作。日本資本主義の父が説いた商道徳

 

スペシャル―②

 「なぜ一流の経営者は靴をそろえるのか」と二宮尊徳

 

なぜ一流の経営者は靴をそろえるのか?と天明先生
「どうして一流の経営者は靴をそろえるのか」との質問について

 

 

 

 

 

  

   【二宮尊徳とトヨタ】

江戸時代の儒学者であり、実践家であった二宮尊徳は、荒廃した農村を復興した偉人として知られています。しかしその功績は、死後さらに発展することになります。尊徳の弟子たちが、尊徳の教えをひろめ、農村振興だけにとどまらず、多くの商人たちを導いてきました。その1人に、トヨタグループの創始者・豊田佐吉がいます。そんな尊徳を尊敬する経営者たちを家訓・社訓と共に紹介します。

 

① 石田 梅岩       江戸時代、商人の道徳を説いたレジェンド

② 豊田 佐吉       大工から身を起した元祖ベンチャー トヨタグループの祖

③ 安田 善次郎      安田財閥の祖。陰徳の経営者として有名

④ 渋沢 栄一       500社をこえる会社を創業。著作「論語とソロバン」

 松下 幸之助      松下電器を創業

 

⑥ 御木本 幸吉       世界初の養殖化に成功した真珠王 

⑦ 土光 敏夫         多くの会社の再建をになった清貧の経営者

⑧ 大原 孫三郎       クラボーの創業者、美術館も有名

⑨ 伊那食品工業      48期増収増益の奇跡の会社。尊徳の志をいまに

⑩ ピーター・ドラッカー   コンサルティングの神様。二宮尊徳を絶賛。

  

スペシャル―①

二宮尊徳の偉業      農村復興や今に通じる日本人と道徳心を創った男

 二宮尊徳 「遺訓」      「遺訓」をベースに尊徳先生の偉業を紹介 

二宮尊徳と「陰と陽」     世界は「陰と陽」で出来ている!「一円観」の境地

論語と算盤(そろばん)   渋沢栄一の著作。日本資本主義の父が説いた商道徳

二宮尊徳 「報徳訓」     「報徳訓」を紹介

ながらスマホと金次郎像   全国で撤去がすすむ金次郎像の問題とは  

 

スペシャル―②

豊田家の歴史① 佐吉    豊田自動織機を創業。報徳思想の実践者

豊田家の歴史② 喜一郎  佐吉の長男、トヨタを襲った未曾有の危機

豊田家の歴史③ 章一郎   トヨタ自動車初代社長。佐吉の孫

豊田家の歴史④ 章男    トヨタのジャパニーズ・スタンダード

 

 

 

 

 

  

   【倒産としくじり先生】

 

創業30年で99%の会社が倒産するというデータがあります。はからずも市場からフェイドアウトした法人も、すべてが失敗だったわけでなくいい時代もあったはずです。いつ、ダレが、何をすれば「倒産」をさけられたのか?そして再生した会社は、何をして?再生にこげつけたのか?そんな多くの企業の失敗をあつめ、【倒産としくじり先生】として紹介します。

 

しくじり先生

  乾電池王 屋井先蔵
  幻の大財閥 鈴木商店の栄光と落日
  土光敏夫 ダメ企業の治し方
  三菱自動車の問題と失われた理念
  2016年05月12日 - 中内功と落日のダイエー
  2016年05月19日 - 国鉄改革とJRの奇跡
  2016年05月24日 - 堀江貴文 ライブドア事件と国策捜査
  経営危機からの復活「吉野家」の物語
   
  2016年05月13日 - 上手な会社のつぶし方
  2019年10月17日 - 災害時に試される「人間力」
  2016年06月22日 - 敗者の品格 小栗忠順の最期の言葉