■受講者の声より

 

その① 富山市立 芝園小学校PTA

 

   

家訓づくりプログラムでは、5年間で7000名の受講者をお招きしてきました。

 

「大変良かった」「よかった」と回答いただいた割合は、驚異の97.9%!

 

ここでは、2013年度に開催させていただいた富山県芝園小学校での家訓づくりの際のアンケート結果を紹介させていただきます。受講いただいた皆様の生の声をお聞きください^^

 

■感想

・とてもいい雰囲気の中で、改めて「家訓」というものについて考えさせられました。大変ありがとうございました。

・ 何気ない日常生活の中で、こんなにも伝えたい事がたくさんあるという事を改めて考えさせられた良い機会となりました。ありがとうございました。

・今後の子供達への接し方の参考にさせて頂きたいと思います。講師の方の話し方も非常に分かりやすくて良かったです。 改めて「我が家」を見る良い機会となりました。

・プロの司会者みたいで分かりやすく上手かった。

・家でやってみたいと思った。両親にも聞いてみようと思った。

・聴くことだけでなく、Group Workがあったので、色々楽しかったです。結構盛り上がりました。

・漠然と躾のために子供に注意していたが、こんな風に「家訓」としてつくると楽しく守れそうに思いました。

・ 「家訓」という言い方に少し戸惑ったが、家族の中のルールは、小さい頃から決まっています。これを家訓にすることで、どんな風に子供たちが変わっていくのか見ていきたい。

・家訓を考えることで、当たり前の事ができていない自分を改めて気付かされた。

・家族の幸せを考える良い機会となった。

・グループで話し合う事により、他の家族のすばらしい教えを知る事が出来たのがとても良かったです。

・「徳」をもっと考えようと思いました

・親の価値観が自分を創っていることを改めて認識しました。とても為になり勉強になりました。

・子供達に伝えていきたいと思いました。改めて子供に伝えたい事や、自分が心がけたい事を考える良い機会でした。改めて自分が子供達に言っているルールを見直したいかな?当たり前の事がなかなか出来ない・・・けど、やっぱり伝えて行かないといけない事。

・様々な家訓を知ることが出来て良かった。BGM付きで楽しい時間が過ごせた。ありがとうございました!                                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その② 唐津編  

 

 平成26年8月23~24日 唐津青年会議所さまが企画された「親子で徳キャンプ IN 七山 ~大自然のなかでありがとうを探しにいこう」にて、家訓づくりプログラムを活用いただきました。

 

 

家訓づくりプログラムの正式名称をご存知でしょうか?

「徳溢れる心プロジェクト 家訓づくりプログラム」です。親学や、価値観の再認識などたくさんの効果があるものの、本来の趣旨は、「徳」を身に着けていただく手法の1つ。そうした意味で、徳キャンプの中に、プログラムを採用いただいたことは、制作者として一番うれしい採用です^^

  

設問1

プログラムを受講していかがだったでしょうか?

 大変良かった・・・17名

良かった  ・・・20名

とくになし ・・・ 1名

つまらない ・・・ 1名

 

設問2

本プログラムについて、ご意見ご要望がございましたら、お書き下さい

 

家訓を考えられて良かったです。

決まりごとが色々あって、すごいなと思いました。

親子共に勉強になりました。

子どもがいつも言われている事が再確認できたようです。

色々な意見、家訓を知れてよかったです。

子どもと一緒に考える時間がもててよかったです。

テント張りも子どもに体験させたかった。

今までに体験できなかったことができて良かった。

今までにない経験が出来ました。

親子で考えることが多かったので良かった。

学校からチラシを頂いて帰ってすぐにファックスさせて頂きました。本当に参加してよかったです初めての事ばかりで家族でいい経験になりました。

みんなで最初から考え直すことで家訓が大事だと分かった。

みんなで考えたりしてよかった。

家族で考える時間ができて良かったです。

家の守りごとを再認識させて頂きました。

普段、仕事で忙しく子どもと接する時間があまりなかったけど、子どもと考えながら作業ができた事など良かったと思います。

他家のことがよく分かったので勉強になりました。

伝えることの大切さを学びました。

分かり易かった。

今まで家族で家訓を考えたことがなかったので、よい経験ができました。家訓は家に帰って完成させたいと思います。

 

■本日作成された家訓を記載下さい。

 

・やる事はやる

・人の気持ちを考える。

 

・みんなで食事をする(1日1回)

・なんでも話す

・何事も前向きに取り組む

・父親をうざがらない

 

・人に会ったら必ず挨拶をする

・勉強は自分のためにする

・親に言われたら「はい」と返事をして、すぐ行動する

 

・あいさつは大きな声で

・週に1度は家族で食事をする

・お酒を飲まない日を作る

・食べ物を粗末にしない

・人に何かをしてもらった時はありがとうを言う

 

・人に迷惑をかけない

・何事も感謝の気持ちを忘れない

 

・働くものしか食うべからず

・楽あれば苦あり

・やる事は最後までやる

・健やかに生きる

・しっこは流す

 

・大切な人たちを悲しませないこと

 

・約束は守る

・素直に聞く

・おもいやり

・挨拶をする

 

・大人の人がいない家には遊びに行かない

・昼前には家に帰る。1時から遊ぶ。基本、外で遊ぶ

・朝寝、朝起き、朝ご飯

・何事にも集中

・食事は出された物は残さない

・箸はきちんと持つ

・物は大切に扱う

・挨拶 感謝することで自分に返ってくる

 

・ゴミだしをします

 

・挨拶をする

・整理整頓をする

 

・基本の事を確実に!!

・何事もやってみなきゃ始まらない(結果を先に考えず、0.1%の奇跡を信じて)好きなこと→限界までチャレンジする。嫌なこと→意外に楽しかったり、将来役に立つ。

・何事も全力で!遊ぶ、学ぶ、チャレンジする。

 

・勇気いっぱい

・嘘はつかない

・こころやさしく

 

・溜まる前に勉強する

・決まった時間で終わらせる

 

・まっすぐ生きる

・こつこつ頑張る

・とにかく頑張る

 

・沢山ごはんをいっぱい食べる

・いいことをする

・我慢する

 

・心やさしい

・嘘はつかない

・精一杯いきる

 

・経験は大事

・しっかりする

 

・途中であきらめない

・人に感謝する

・ありがとう、ごめんなさいを言う

 

・挨拶は誰にでもする

・片付けはきちんとする

 

・嘘はつかない

・残さずに食べる

・人にやさしくする

 

・礼儀あいさつをきちんとする事

 

・何事にも集中してあきらめるな

 

・大切な人たちを悲しませない

 

・出したらしまう

・落ちたらひろう

・出されたものは残さず食べる